花庵/東京都立川市

花庵/東京都立川市

草月流いけばな/NFDフラワーアレンジメント/プリザーブドフラワー/アーティフィシャルフラワー/レッスン/装花/ギフトフラワー
お花で世界を面白く 人生を楽しく 豊かに 意味あるものにしてみませんか

《災害発生地域の皆様方やその関係者の皆様方に 心よりお見舞い申し上げます》
🌺 ブログ訪問・読者登録/コメント/いいね!等ありがとうございます!
🌺お花がお好きな人・お花を楽しみたい人大歓迎!よろしくお願いいたします!
🌺 ブログは備忘録のようなもので 一定期間で主にお花の記録を残します。外部の宣伝広告は当方とは一切関わりはございません。

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

 

遅くなりましたぽってりフラワー

『俳句甲子園』

再放送まで気付かず見逃してしまい

この番組で取り上げられていて

本戦の様子はなく

一部?だけなのかは解りませんが

観ることができました

常に言葉を探している

新しい表現を探している

ナレーションが『君の名は。』のノリで

シチュエーションに合っていました

デーブ・スペクターさんの

古池や出川飛び込む水の音

ナイスでした

 

 

 


人気ブログランキング


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

おはようございますぽってりフラワー

今年は三連休が多いそうです

いいお月見できるでしょうか

 

 

『隠密・奥の細道』

最近になって知ったのですが

かなり前の番組の再放送らしく

親族の隠密が

芭蕉さん達の道中を陰ながら見守り

各藩の内情を探り事件を解決しながら

芭蕉さん達は史実通りに

吟行するストーリーになっています

芭蕉さんが登場するシーンはほっこりします

旅をするシーンと

句会のシーンがほとんどなのですが

歩き方とか食事の仕方とか

演技の細かい違いで

その時点の状況まで

察することができます

 

 

 

ケイトウも様々な色や形状が出ています

とても見事に立派に育てられたケイトウです

感謝感謝

 

 

 

Wikiさんより

ケイトウ (鶏頭学名:Celosia argentea) はヒユ科の一年生植物。狭義にはC. argentea f. cristataシノニムC. argentea var. cristata)をいうが、本記事では特に断らない限りC. argentea をケイトウということにする。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する[1]。ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。

からにかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリ鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。

原産地はアジアアフリカ熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。アルカリ性の土壌を好み、栽培は簡単である。花穂の形状の異なる羽毛ケイトウ、久留米ケイトウ、トサカケイトウなどの系統がある。

花と葉はアフリカと東南アジアで食用とされている[2]。日本でも食用植物として栽培されていた時期がある。朝鮮では穂粒を豚の餌にしている。根や茎は干した後にいぶしてネズミ除けに用いられる。

日本では江戸時代狩野派の画家狩野永徳が鶏頭を描いている。

 

検索すると

別名、セロシアとかカラアイとも呼ばれます。学名のCelosiaは、ギリシア語の燃焼したという意味の「keleos(ケレオス」が語源になったといわれています。
また、カラアイと呼ばれている語源は、日本へかなり古い時代に、朝鮮半島を経て、中国の方より日本へ入ってきたといわれおり、万葉集でもケイトウをよんだ歌が「韓藍(からあい)」の名であることから、別名、カラアイとも呼ばれています。
日本では、ケイトウという名前でも出回っており、漢字では「鶏頭」と書きます。これは、花の部分が鶏の頭に似ていることから、「ケイトウ」という名前になったと言われています。
今では、アイスクリームのような形のケイトウもよく出回っています。

 

 

 


人気ブログランキング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス