イギリスのクリスマス料理 | エコーセンターのブログ

エコーセンターのブログ

サスーン公式代理店
サスーン留学の老舗による、サスーンとイギリスの美容関係のブログです


テーマ:

クリスマスのイルミネーションが

美しい時期になってきました。

 

ロンドンでも至る所で

イルミネーションを楽しむことが

出来ます。

 

 

さて、花より団子(笑)

日本ではクリスマスにチキンを

食べますが、イギリスでは

何を食べるのでしょうか?

今日はイギリスの一般的な家庭で

どのようなクリスマスディナーを

楽しむのかをご紹介したいと

思います。

 

 

◆前菜

・小さいサイズの野菜スープ

・メルバトースト

 

シンプルな野菜スープと

乾くまでカリカリに焼き上げられた

メルバトーストと呼ばれるトーストで

ディナーはスタートします。

チーズが一緒にサーブされることも

多いようです。

 

 

◆メイン

・ターキーのロースト

・スタッフィン

・付け合わせのホットベジタブル

 

日本ではあまりなじみがありませんが

ターキーのローストがメインです。

そのターキーの中に詰めてある

スタッフィンは各家庭で味が違い

クリスマスに帰省した人々は

「これこれ!これがウチの味」と

なるそうですよ。

 

 

◆デザート

・クリスマスプディング

 

日本ではショートケーキや

ブッシュドノエルを食べることが

定番ですが、イギリスの

クリスマスにはこのプディングが

欠かせません。

 

ケーキを作る通常の材料に、牛脂や

ラム酒などのお酒、そしてドライフルーツや

ナッツ「願い事をしながら」混ぜて焼き上げ、

クリスマスまで寝かせるのがイギリス流。

かなりのアルコール度数(火が付くほど!)

ですので、お酒に弱い人は食べる量を

ほんの少しにしておいた方が

良いかも知れません。

 

 

◆飲み物

・モルドワイン

こちらもイギリスの冬に欠かせない物。

いわゆるホットワインです。

赤ワインにスパイス、柑橘類、レーズン

そして蜂蜜や砂糖などを入れた飲み物です。

家庭で飲むだけでなく、

クリスマスマーケットにもこの

モルドワインの屋台が出たりします。

 

ちなみに使われるスパイスはそれぞれですが、

聖書に登場する三博士が贈った

キリストのお祝いの品である

「乳香、没薬、金」の象徴

「シナモン、クローブ、ナツメグ」は

どこで飲んでも必ず入っています。

 

 

イギリスの食事はあまり評判が

良くないですが、

美味しい物もたくさんあることが

分かりますね。

 

留学中、現地のお友達から

クリスマスディナーに

誘われることがあったら

是非臆せず参加してみてください。

その際は手土産もお忘れなく♪

 

 

 

留学の資料請求はこちら

 

サスーン留学なら、エコーセンター


エコーセンターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス