乳歯は、永久歯と比べて、歯質がとても軟らかく、虫歯の進行が極めて早いのが特徴です。

また、乳歯は歯の神経である歯髄が大きいため、歯に穴があくほどの虫歯になると、歯髄に細菌感染が起こり、歯髄が壊死することも珍しくありません。


一般医の先生方は、歯髄壊死した乳歯を割と簡単に抜いてしまう傾向にあります。

しかし、乳歯は、永久歯が正しく生えるための最良の補隙装置です。

もし仮に、乳歯を早期に失うようなことになったら、永久歯列は間違いなく歯列不正になるでしょう。

したがって、乳歯が虫歯で歯髄が壊死しても、根管治療が可能ならば、なるべく歯の保存に努めたほうが得策です。

乳歯の根管治療は、歯根が溶けて吸収を起こすため確かに難しいですが、なるべく乳歯を保存するように努めていただきたい。

一般医の先生方には、是非ご理解いただきたく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ

AD