当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、歯科恐怖症(デンタルフォビア)について書きます。

恥ずかしながら、私は小さな頃から歯科治療を受ける機会が多々あり、今でも治療を受けるのはそれなりに緊張をします。

専門的な知識を持ち、治療で何をするのかよく分かっているにも関わらずです。

ですから、一般の方が歯科治療を受ける際の不安や緊張、苦痛などはよく分かります。


歯科治療は、出来ることなら、誰も受けたくはないでしょう。

特に、小さな子供は、治療の必要性を理解できないので、治療を受け入れられないのは無理もありません。

ここで、痛みを伴う治療を無理強いしてしまうと、歯科治療に対して非常に強烈でネガティブな印象を植えつけ、将来に渡り治療を受け入れることが出来なくなってしまうことがあります。

大人になってからの歯科恐怖症の患者さんには、このようなトラウマが少なからず存在しています。

したがって、小さな子供のうちに虫歯を作らないよう、是非、食習慣、間食の取り方、ブラッシング、食器の共用など、正しい理解を是非身に付けて、予防を覚えていただきたいのです。


一方、歯科恐怖症で悩んでいる方であっても、治療前にどのような治療を行うかきちんとした説明を十分に行い、痛みを感じないような愛護的な処置を行えば、普通に治療できる方もたくさんいます。

歯科治療を受けるのは、老若男女問わず、誰でも恐怖や不安を覚えるものなのです。

治療が怖いのは、決して特別なことではないことを、まず知っていただきたい。

それでも、どうしても治療を受けられない方は、抗不安薬の内服や笑気吸入鎮静、静脈内鎮静、全身麻酔などを併用することで治療を受けることが可能です。

まずは、歯科医師の思いやりのある言葉や対応が必要ですね。


                     ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ           にほんブログ村