Easygoing Life in NZ
  • 20Jan
    • 目が!目がぁぁぁ!!!…なのでメガネを作ろう。の画像

      目が!目がぁぁぁ!!!…なのでメガネを作ろう。

      というわけで、ムスカ的なタイトルにしてみました。笑忙しい、とか1つ前のブログに書いておきながらの連投。これはね、実は最近できれば夜はPCに触らないようにしてるんだけど(ブログはPCから派)、今日の夕方に園のOwnerから急ぎで園のとあるデータを集計して明日までに提出してほしいと頼まれまして。。アナタ、シッテルカ?ワタシ、ホリデーチュウ。。ということで社畜のわたくし、必死にデータを取って集計をまとめておりましたためPCの前におります。。。さて、目について。わたくし、中学校の頃から視力矯正人生が始まりまして。高校までは授業だけメガネかければOKだったのが、大学だったかなぁ・・・の頃からコンタクトレンズ使用になり。その後、NZに渡航をした20代後半。渡航してけっこうすぐに、コンタクト入れたら吸血鬼的に白目が全て赤くなる現象が起き出し。。。。(充血のレベルじゃない)流石にまずいとなけなしのお金をはたいて眼科(Optometorist)に診察を受けたところ・・・「なんか角膜の層が足りない」といわれ。コンタクト使用を中止宣告されました。そこからもう10年以上、Fulltime眼鏡っ子です。サングラスも度入り。。。ほぼ毎回、日本に帰国したタイミングで近所にあるZoffでメガネ作りなおしてたのですが、先日旅行中にメガネの右目ど真ん中あたりに傷が入ってしまい、視界に常になんかいる・・・的な。。。そういえばAAのメンバーって2年に1回、Specsaverの検診受けられるじゃなかった?って特典を思い出して早速予約。検診していいのがあればつくっちゃお!と思っていたのですが。NZのメガネ・・・高いのにチョイスがない!!!!今はセールでBuy1 Get1 freeだそうですが、そのBuy1でまともなの買おうとしたら400ドルコース。しかもその日にオーダーしたらまずメガネができるのに3〜4週間、そこからうちの近所の支店でピックアップするとしたらさらに1週間だそうな。ええ・・・その場でできちゃう日本のZOFFに慣れすぎた私がいけなかった。色々考えた結果・・・オンラインでZoffで買って実家から送ってもらうことにしました。笑(どんだけZoff好き・・・笑)でもさすがZoffよ、来週には実家に届く予定が送られてきたよ。次回の実家からの救援物資の発送がいつになるか次第だけど、下手したらSpecsaverより安くて早いのでは?笑データは今日Specsaverからもらってきたもの(プリントアウト)があったんだけど、最近は便利なのね〜。あと1つだけ数値がわからないもの(瞳孔間距離)があったのですが、アプリで計測できました。。。ちなみに検診結果は、視力自体は少し落ちていたんだけど、それ以上に右目の乱視がすごい進んでいたそうで、気持ち悪くない?と聞かれたわ。笑早速Zoffのウェブから登録して見てみると。なんてことでしょう!すごいチョイス!安いお値段!やっぱね、アジア人は視力矯正率が高いからなのかね、このバラエティに溢れたチョイスとお値打ち価格!(昔オークランドのトップ男子校の前を通ったらアジア系男子がごそっといて、その場にいた全員が眼鏡かけてたのを思い出したわ。笑)ちなみに子供たちもメガネほしい〜とかいうのですが、母は言います。母もその昔、メガネに憧れました。しかし、いいですか。メガネは邪魔です。メガネはめんどくさいです。ジムに行けば鼻に汗をかき、温泉や泳ぎに行けば何も見えず。こんな面倒なことはありませんので、やめときなさいと。だから視力は死守しろと必死に説き伏せました。ちなみに昔からずっと旦那氏が言ってたんだけど、ぜーーーーったいに子供たちに遺伝してほしくない私の特徴は、「視力」だそうです。笑ですよねーーーー!!!!

  • 19Jan
    • 夏休みが終わっていく…なんか忙しい。。の画像

      夏休みが終わっていく…なんか忙しい。。

      こんにちは!まずはじめに、少し日数がたっていますが、トンガ沖での噴火とそれに伴う津波の影響ですが、家族や友人からも安否確認ありましたが、NZもサモアも、近距離の割に大きな被害はなく無事に過ごしております。トンガには学校時代の友人もいるので、心配です・・・NZやAUSの軍が救援フライトや輸送船を出しているみたいですが通信網が途絶えているとのことで1日も早い救援(特に水と食料)が届くことを願っています。ちなみにNZ、元々津波の日の前後は台風の影響でうねりがひどいのでビーチには近づかない方が良いというアナウンスがされていたので(とは言え友達ビーチにいってたけど。笑)大きな被害にはならなかったのかな。。。_____________さて、旅行が終わって帰ってきて、旦那氏も仕事が再開して、知らぬ間に既に1月も後半にはいっていたという。。。長い長いと思っていた夏休みもあと2週間。日本のように宿題がないのがせめてもの救いか?笑(↑夏野菜収穫)遊ぶ予定も対してはいってないのに忙しいのは・・・WOFで引っかかった車の修理。ポニョの予防接種。定期婦人科検診。(SMEAR)私の眼科検診(メガネ作り直し)その合間に私のジム通い(週2ですが)と娘っこの公文(こちらも週2)が入ってくるからなのですね。家にいる日はできるだけ娘っこの日本語の勉強も進めてますが・・・漢字の画数が増えてきてなかなか進まない。涙あとは作文がなかなか難しい。年明けから新しいオンラインの先生にお願いをしているんだけど、なかなかうまくいってます。今までとは違うアプローチですが、本人も楽しんでるみたい。(↑今も横で遅れまくりの進研ゼミ中)そしてなぜかホリデー中のはずなのに、どうしても事務作業に手が付けられないとマネージャーに泣きつかれ、オーナーからも許可がでて在宅勤務もしているからってのもあり。(とは言っても1日2〜3時間がマックスだけど。)それにプラスしてちょっと今ストレスを抱えているのが。次女っこの昔の園と揉めていて、新しい経営者及びマネージャーの対応がひどく(さらにこちらへの被害まで発生。法的にもどうなん?!みたいなレベル。)に教育省に話をしていることもあってその心因性ストレス。。。(↑姉様の公文待ち中の次女っこ運転手。ほんとに転園を決めておいてよかったよ・・・)あとは娘っこのワクチン(5−11)よね・・・。諸外国(日本はまた別だけど)と比べると、まだオミクロンが入ってきていないNZでは、多分それほど危機感もない様子。でも子供の接種は打つことも、また打たないことも、なんか声に出すことはタブーみたいな雰囲気があるのがちょっとね・・・。(まぁ娘っ子の仲良しのママ友グループとは少し前から話をしてるので状況把握してるけど。)子供の接種をするかどうかは親の判断で、それによって行動制限が出ることはないとされているけど、でも12歳からは既に学校行事への参加もできない状況みたいなので、そうなったら11歳まではできるのに誕生日迎えたら参加できなくなる・・・?ってのはなんかどうなんだろうと最近思う。せめて学校就学年齢(18歳くらいまで?)はワクチンパスの義務化をやめればいいのにと思うのだけど・・・18歳からはきっと親の了承がなくても接種ができるので個人の自由で済むと思うけど、子供はまた別の話ではないのかな。難しいね・・・。ただ、子供の接種が始まってからのアンチの方々の活動には甚だ疑問を感じざるを得ないのは私だけ?自分や自分のこどもの権利についてのProtestはしたら良いと思うんだけど、周りの人を無理に説得したり、時と場所を選ばずに子供を恐怖に陥れたり、我が家はビラがたまに入ってくるようになったし。初日の接種会場で5人倒れたみたいなSNSのネタがあったんだけど、それも結局捏造だったらしい・・・。ちょっと前だけど、学校でやろうとしてるバスの集団接種にSNSで爆破予告だしたりね・・・もはやテロ?!なんかこういうことがあると新興宗教の布教活動みたいで怖いと感じてしまう。。。まぁもうとりあえず世界的に、誰もが言えることは、「マジもうコロナ、そろそろいい加減せぇよ!」でしょうな。

  • 11Jan
    • NZゴールデンルートを旅する⑤最終話の画像

      NZゴールデンルートを旅する⑤最終話

      NZゴールデンルート最終日。この日はホテルをチェックアウトしたあと、中心部でのんびりして帰宅の予定。。。というわけで、まずは朝イチでどうしても行きたかったFergbakerへ!Home - Fergbakerfergbaker.comこちら、言わずと知れたFergburgerの姉妹店というかお隣さん。バーガーも食べたかったけど、混んでるしね。ってことで今回はBakeryの方へ。めっちゃ美味しそうなパンがたくさんあって悩んだけど、朝食なので、やっぱりということでみんな大好きパイになりました。娘ズはFerg & Cheese(もうフルサイズ1人1個いけちゃうんだよね・・・)、私はPork belly、旦那氏はLamb Shanksをチョイス。実はこの日すっごい寒くて、一応レインジャケットは持っていたのでそれを着て凍えながらお外で食べましたよ。笑それからホテルに戻ってチェックアウトまでゆっくり過ごし、Queenstown Gardensをお散歩することに。気持ちよかったよ〜。その後、Wakatipu湖のビーチで石投げにハマる。。。昼はいらないんじゃない?なんて話してたのに、結局子供たちはお腹が減ったと言うので、事前にちょっと調べて気になってた湖畔のFish & Chipsのお店でテイクアウトして、ビーチで座って食べました(かもめと戦いながら)。Erik's Fish and Chips - Queenstown and WanakaTry traditional fish and chips in New Zealand at Erik’s. Local ingredients & gluten free options. Dine in, takeaway & delivery in Queenstown & Wanaka.www.eriksfishandchips.co.nzとりあえず食べてばっかりでしたが(笑)無事に空港に向けて出発、レンタカーも返して空港へ。どうしてもコーヒーが飲みたかった父母のご相伴に預かり子供たちはここでまたアイス。(はんぶんこ!)さらば南島!また会う日まで。(↓娘っこ撮影の雪山とニュージーランド航空。なかなかうまい)いつか南島の南西方面にもいきたいんだよね。氷河とかみたり、ミルフォードサウンドも行きたかった!でもこれをするには子供たちがもうちょい大きくならないと無理かなぁ。そしてもっとお金もかかるな・・・これにて楽しかったホリデーもおしまい。今週から旦那氏は仕事復帰。次女っこは新しい保育園に入園(もっと遅く開始でもよかったんだけど事情があり)。しばし娘っことお家ホリデーを楽しみます。このコロナ禍、海外旅行(日本やサモア)ができないことで国内旅行にもいつもよりだいぶ予算を使うことができましたが、日本やサモアが優先の我が家としては、国境が開いたらちょっと厳しいかなぁ・・・うーん、貯金に励みます。。。

  • 10Jan
    • NZゴールデンルートを旅する④の画像

      NZゴールデンルートを旅する④

      Queenstown2日目。この日は朝からアクティビティなど予約いれまくりだったので、着替えも詰め込み朝から出かけました。まずはWakatipu湖でWater Activity。本当はカヤックがしたかったのですが、予約が午後までいっぱいということで、Aqua Bikeというのに挑戦しました。旦那氏と娘っこ、私と次女っこのペアです。何気に娘っ子はペダルにも足が届いて、うまく操縦もしており、旦那氏リラックスモード。私チームは足が届かない次女っこのために母、必死にこぐ・・・その後もしばし湖を堪能。。。その後ちょっと小腹が減ったのでこんなものを食べにいってきましたよ。ミニクッキーアイスクリームサンドを食べました!そして午後は・・・蒸気船にのってファームを旅するツアーに!このツアー、蒸気船にのって対岸の島?にあるファームを訪問、動物とふれあい、牧羊犬ショーをみて、アフタヌーンティをいただくという盛りだくさんのツアーでした。ちなみに4歳児次女っこ、今回の旅でいろいろなところが5歳から有料というところが多く、このツアーも無料でした。こんなに大きいのにInfant料金扱い・・・笑次回からは子供料金ね。すっごい景色も綺麗で素敵な島でした!そして動物たちもスタッフもとってもフレンドリー!牧羊犬たちも一緒にツアーを回ってくれて最後にデモンストレーションをしてくれたんだけど、このわんこたち、お仕事が大好きなんだな〜って様子がとってもよく伝わってきました。アフタヌーンティでちょっとお腹の膨らんだ御一行様ですが、この日のディナーは、すでにブラジリアンBBQに予約済み・・・(ちなみに食べ放題コースは6歳まで無料ですって!)Home — Fogo Brazilian BBQ RestaurantFOGO STORY From The Pampas to The Remarkables….. The traditional Churrasco (Barbecue) method was forged by the Gaúcho (cowboy) of the South Brazilian plains. After a long day…www.fogo.nzただ、食べ放題は無理すぎるということで、アラカルトから選びました。すっごい美味しかった!!!お腹がいっぱいなのが悔しすぎるほどに・・・子供たちは案の定、チップスとチキンとサラダしか食べずだったけど。笑

  • 09Jan
    • NZゴールデンルートを旅する③の画像

      NZゴールデンルートを旅する③

      さー、3日目。この日は移動日。テカポから一路、クイーンズタウンへ向かいます。道中どこでどう寄り道しようか、色々悩んだ結果、私の独断により(笑)2箇所の寄り道をしました。まずは、前日に行ったMt Cook/Aoraki方面のPukaki湖から少し進んだところにあるTwizelという街。この街にあるHigh Country Salmonさんにお邪魔することに。High Country SalmonFrom glacier to plate - we'll show you great salmon! We are a boutique salmon farm in the pristine waters of New Zealand's hydro canals. We grow, process and sell our glacial mount…www.highcountrysalmon.co.nzこちらは、氷河の雪解け水を利用したサーモンの養殖で有名です。(通販もできるらしいよ!)本当は釣り堀でサーモン釣りたかったのですが、持って帰れるあてもないので、ここではサーモンの餌付け(Donation)と、朝ごはん代わりにサーモンを食べましたよ。9時過ぎに行ったのに既にかなりの人の量でしたよ。ちなみに前日に教会でお会いしたご夫婦ともばったり再会したり。みんな同じルートなんだね。笑それからしばし、子供たちが爆睡する中(うねうね道だったから寝れくれてよかったよ・・・)、一路南へ・・・Cromwellという街にやってきました。Queenstownまでは後一歩ですが、ここで休憩!さくらんぼ狩りをすることにしましたよ〜!一部の農園ではWhite Cherryといって、Dark Cherry(アメリカンチェリー)とは違う品種の日本っぽいさくらんぼが取れるのです。我が家はここにお邪魔しました。Dam Good FruitPick Your Own Cherriesdamgoodfruit-pyo.co.nz娘ズも梯子にのぼって上手にとってくれました。本当はいっぱいとりたかったけど、旅の途中なので、一応ルール上にある大人1人1キロ以上ってことで2キロちょいだけ取ってきました。(ちなみに電波が全くないのに、途中で旦那氏とはぐれ、30分くらい農園を彷徨いました。笑)そしてQueenstownへ。ホテルのチェックインまで1時間くらいあったのでちょっと街を散策・・・が、すごい人ごみ。やっぱ正月+ロックダウンの反動で一気にみんな人がきてるんだろうかね、Queenstown・・・この日はPatagonia Ice creamだけいただいて、早々にホテルにチェックイン。運転お疲れ様の旦那氏、ホテルのプールで泳ぎたい女子たち。いろいろな思惑が合致し・・・夕飯はホテルのレストランで食べることになりました。笑(ちなみにレストランのサーバーさんに日本人の女性の方がいました。日本人が来るの久しぶりです〜、なんておっしゃってましたが。。。そりゃそうだよね・・・)

  • 08Jan
    • NZゴールデンルートを旅する②の画像

      NZゴールデンルートを旅する②

      ゴールデンルート旅行記第二話。この日は曇り空ながらなかなかの気温。(後で聞いたらオークランドは30度越えだったそうな)朝はまずテカポといえば、の良き羊飼いの教会(Church of the Good Shepherd)。最近は海外からの観光客がいないので、写真も撮りやすいという情報でした。The Church of the Good Shepherd | Lake Tekapo, New ZealandWelcome to the Church of the Good Shepherd built to the glory of God, situated on shores of Lake Tekapo New Zealand amongst the natural beauty of the lake & mountainswww.churchofthegoodshepherd.org.nzちなみにルピナスが咲く時期がベストなのですが、今はちょこっと季節外れ。まだ咲いている所は咲いてたけど境界周りにはあまりなく、別のお花で我慢。(似てるからよし!笑)それからテカポをベースとしてMt Cook/Aorakiを見にいきましたよ。山に登るのは無理なので、Mt Cook VillageのVisitor Centreへ。ここ、なかなか良い展示物がたっくさん。タダでいいの!?って感じです。Aoraki/Mount Cook National Park visitor centreThis world-class visitor centre is a 'must-do' activity during your visit to Aoraki/Mount Cook National Park. Entry is free. www.doc.govt.nz個人的にはここで、AorakiのMythの話なんかもあったら嬉しかったんだけどなぁと思いつつ。。。(これ、私自分の学生時代に学んだGuidingの授業の中で一番興味深かった話。なんでAorakiの山頂に立ってはいけないのか。何故AorakiがMaori文化にとってSacredな場所なのか。ご興味ある方はぜひ調べてみてください。)子供たちには自分の記憶を頼りに、Aorakiの3兄弟の話をしました。Visitor centreで教えてもらった一番簡単なトレッキングコースがあるのがTasman lakeにあるTasman Gracier View point(往復40分)だったのでここに挑戦。ずっと階段でしたがっ!!!!ものすごい暑くて、子供たちはなんのために上がらねばならないのか、帰らせろ!とずっと文句・・・(綺麗なものが上にあるから!っていったら次女っこ、まさかの「え?ダイヤモンド?」だって。おいおい・・・汗)やっぱり真夏なので絶景!ってほどではなかったですが、氷河が好きすぎる私(NZに移住を決めた理由も氷河があるなら・・・(本当はカナダが第1希望だった)ってなくらいだったしな。笑)。久々の白い山に見惚れる・・・お天気がピカーン晴れだったらもっと絶景だったろうけどそしたら暑すぎて無理だったな。下山して、駐車場の裏手にあった、氷河の雪解けの川で休憩。子供たちは冷たすぎる水にここでもクレーム。(確かに5秒マックスくらいしか足をつけられなかった)でも父と母はこの澄んだ冷たい水にも大感激でしたよ!帰りの車でも絶景が続いたので、途中止まってパシャリ。。ついでに何故か突然現れたラベンダーファームでアイス休憩となりました。笑NZ Alpine Lavender – The largest organic lavender farm in the Southern Hemisphere.nzalpinelavender.comアイスにラベンダーオイルが入っているようですが、基本バニラ以外はラベンダーを感じることはあまりなく。笑バニラには食用ラベンダーの花が入っててなかなか美味しかったよ!この日はアイスが重すぎて夕飯はスキップしました。。。食べたいものがたくさんあるってのはなかなか取捨選択が厳しいものです。。。涙

  • 07Jan
    • NZゴールデンルートを旅する①の画像

      NZゴールデンルートを旅する①

      ただいまオークランドに戻りました〜!(昨日。汗)昨日は疲れすぎて帰ってきてシャワー浴びてばったん寝ました。汗さて、我が家は新年明けてから南島を旅してきました。NZにきてからずっとLake Tekapo~QueenstownといういわゆるNZのゴールデンルートとされる道を旅することを夢見ておりましたが、10年以上経過してやっと!実現できました。この旅行を予約したのは5月。NZにはオミクロンどころかデルタさえ入ってくる前の平和な世の中でした・・・とはいえ世界的に猛威をふるっているコロナなので、何が起きても対応できるように、フライトもホテルもレンタカーも、全部高めだけど自己都合でキャンセルしても全額返金のあるものにしていました。デルタが入ってきてロックダウンとなり、もう無理かな・・・と思っていたところにロックダウンの解除、オークランドの鎖国解除、とトントン拍子できたところのオミクロン。なんとか市中に出る前に旅をすることができました。オークランド民は南島にくるな!という声も多々聞こえてきた中でしたが、道中はそんな声を聞くこともなく過ごせてホッとしました。(思われていたかもだけど)さて、初日はオークランドからクライストチャーチへのフライト。出鼻から私が免許忘れたり、次女っこが車によってゲロったりしましたが、なんとか無事に旅立ち。フライト中に飲食禁止がちょっと子連れには厳しかったけど、1時間ちょいだからね、なんとか乗り切りました。レンタカーを無事にピックアップして一路この日の宿のあるLake Tekapoへ!道中見えてきた氷河!おぉぉぉ〜〜〜母の大好物の氷河ですよ!!!!ちなみに普段あまり外食したりしないってのもあってワクチンパスの存在を忘れることが多々あり、一度携帯充電してたのでホテルに置いて温泉いっちゃったり。(子供と旦那氏だけ先にはいってもらって私は携帯取りにとんぼ返り。近くてよかった。)夕飯はずっと一途に決めてました、Lake Tekapoといえばの湖畔さん!娘ズはサーモン大好き娘で、お子様ランチだとサーモンが・・・いくらもない・・・ということで。単品で色々頼むことになりました。ちなみに私のサーモン丼のいくらは全て娘ズに食べられましたよ。あ、ちなみに旅行中は治外法権(By林真理子さん)という教えを忠実に守って(笑)、旅行中は置き換えダイエットは気が向いた時だけにしておりましたよ。笑というわけで、初日ながらに色々堪能してこの日を終えました!その②に続く・・・

  • 02Jan
    • 2022年、おめでとうございます!旅の始まり。の画像

      2022年、おめでとうございます!旅の始まり。

      あけましておめでとうございます1日遅れましたが、、、あけましておめでとうございます🎍自己満足ブログですが、今年もよろしくお願いします🤲年末に義実家行事が1日おきペースで入ったものでバタバタしすぎて元旦はだらだらでした年内ギリギリに届いた実家からの救援物資でお餅とお蕎麦を入手できたので、年越し蕎麦とお雑煮だけは何とか用意しました。お節はね…無理…笑あっても子供もあんまし食べないしねー。いつかまた日本に行ったらいただきましょどんな1年にしたい?「あと10キロ」元旦の朝にみんなで今年の抱負を話しました。(まずは抱負とはなんぞや、殻の長い話だったわ。笑)次女っ子はひらがなとアルファベットを頑張るそうです。娘っこは漢字を頑張るそうです。旦那氏は年内目標貯金額を設定。私は、、、あと10キロダイエット!を年内目標にします!あ〜ぁ、言っちゃったよ。どうすんだ、この目標…と、言うわけで、我が家は今日からホリデー✈️2年ぶりのフライト、機上からのブログ投稿してます。(便利になったねぇ)飲食禁止、マスク必須(マスクは子供は任意)、席移動は追跡のため必ず事前申告というなかなかのルール。とくに子供の飲食禁止がきつい。持ち込みのものもダメで、水だけはリクエストベースでもらえるそうな。流石に国際線は別なのかな??ちなみにワクチンパス、Air NZのウェブから事前アップロードしたら当日確認はありませんでした。(オンラインチェックイン済ませてたからってのもあるかも?)あんなに厳しく言われたIDの確認もなく。名前変更ホントに必要だった?でもまぁ安心料だね。。ちなみに空港にいくとき、まさかの私の免許忘れに途中で気づき、慌てて戻ったりしたせいもあってか、次女っ子…空港着いた瞬間、車内で嘔吐🤮幸い、朝食前で水飲んだだけだったので最悪の事態は避けられましたが、、何というスタートか国内線はイヤフォンはもらえないのですが、キッズ用は持参してたので、利用はOKだそうで2人ともアングリーバードしてますまた旅が終わったらブログかきまーす。では!

  • 30Dec
    • やってもうた・・・の画像

      やってもうた・・・

      いや〜、ホリデーです。先日は義家族20名御一行様(笑)で、Motuiheという島に日帰り旅行へ。すっごいよかったよ〜!曇りの日の紫外線を侮って真っ赤になりましたが。笑(子供にはちゃんと日焼け止め塗って帽子も被せたのに)次回はキャンプに行きたいっ!義妹夫婦が持参したパドルボードに挑戦!旦那氏、子供を無事におろした直後にど派手にひっくり返りましたが。笑さて・・・置き換えダイエット&ジムの併用で実はホリデー開始前にマックスで9月から数えて9キロダイエットに成功しており、よし、年内にあと1キロのマイルストーンや!と思っていたんですが・・・。①仕事が休みになり動かなくなる②ジムが休暇に入る③ホリデーで食べまくるというホリデーの三大禁忌をお供につけ、そこから1キロ強のリバウンドに成功(涙)しております。やってもうた〜〜〜!!!もう仕方ない、これは「だ〜いえっとは来年から〜」ってことよね、うん。そのせいがあってか、無関係か・・・今朝、肩をやっちまいました。。。朝コーヒー飲みながらポニョが後ろにいたので振り返ったらピキーン!っと。きっとこれ、ぎっくり腰と同じ要領だと思うのよね・・・ただ場所が、左肩甲骨の上部あたり。首を後ろに倒すと痛みが増すので、多分その辺の筋をやってもうたんだと思う・・・実は我が家、日本から持ち帰っていた湿布がついにそこをついておりまして・・・こういう痛みってやっぱ湿布よね・・・と思ったんですが、ふと、先日中華版湿布を見つけた時に買っていたことを思い出して使ってみる。タイガーバームの湿布。なかなかの香りでしたが1日無事にやり過ごしましたよ。3枚で10ドル。なかなか高い・・・。今はとりあえずこれと家にあったイブプロフェン(筋肉とか筋とかの炎症系の痛みにはこれが良いと昔フィジオで教えてもらった)を飲んでやり過ごしております。腰とかだったら確かにやばかったね・・・でも1日、次女っこが体当たり抱っこ〜!とくるのを必死で抑え、ポニョが脱走すれば必死に追いかけ。(最近どんどん行動範囲が広がりまして・・・早くアウトドアランを完成させてくれ・・・)寝て起きたら多少なりともマシになって無事に大晦日をお迎えできますように・・・

  • 26Dec
    • Meri Kirihimete!真夏のメリークリスマス!の画像

      Meri Kirihimete!真夏のメリークリスマス!

      遅ればせながらメリークリスマス!(↓マオリ語のメリークリスマス!)今年も無事にクリスマスを終えることができまして、これであとは年末までに今年こそは大掃除ができるか・・・笑という年の瀬的な気分になってきました。夏休み1週目の先週は、なんだかんだと忙しく過ぎていきました。長年の約束だった映画と、プレイデートに車の修理に。映画館はワクチンパス必須、マスクは必須ではないけど、子供以外はみんなしてました。我が家は子供もつけてったんだけど、ポップコーン食べるからほぼしてなかったという。。プレイデートは娘っこの学校のお友達と。この日にあった2人は、ロックダウン以降まだ学校に戻ってきていないお友達だったので実に4ヶ月ぶり!(オンラインでは会ってたけどね)それぞれに予定があったりで2時間くらいしか遊べなかったけど、その間に母たち(父も1人きてたけど)は来年のクラス編成のこと、ワクチンのことなどいろいろ語りあってきましたよ。(1人が税関(空港)勤務でもう1人が医療従事者だったのでブースターの件や子供のワクチンの件も。)そしてクリスマス当日。あまりに興奮した子供たち5時半に起床。危うくちょっと娘っこからサンタの存在を疑うような発言がありましたがなんとかやり過ごしました。笑お友達ともプレゼント交換を多々してたので、いきなり結構な数のプレゼントをあけ。(包装のゴミの山・・・)そこから母と父は必死にランチの準備をして、義実家へ。いとこたちとも4ヶ月ぶりの再開に大興奮。(火曜にまた一緒に日帰り旅行に行くんだけどね。笑)この日は最高気温が28度を超えたらしく、めっちゃ暑かった・・・みよ、このプレゼントの量!笑友達に見せたら「中入ってるやつ?ディスプレイ用の空の箱?笑」と言われたほどの量。全部詰まってますよ、プレゼント。この日は義両親と義姉妹とそのパートナー家族だけだったので大人が8人、子供が5人かな?(義弟は海軍でただいまカナダに駐屯中。義継兄はWhanganui在住で今年はオークランドへの集合は避けたそうです。)今年は義姉妹とは、シークレットサンタにしたので全員分じゃなくてすみましたが良いものをいただきましたよ!私はマッサージ機!(いぇい!)、旦那氏はずっと欲しがってたDiggerのレゴ。笑子供たちもたっくさんプレゼントをいただき(義継兄家族からもプレゼントもらってしまい、送ってないので焦る)、家の中には新しいおもちゃが散乱状態です。先日学校で「Christmas is not about presents, you are the gift to your family and your family is agift for you」という有難いお言葉をいただいたはずなのにすっかりプレゼントの魅力にやられた娘ズ。一応クリスチャンなので、キリスト生誕劇を見ながらクリスマスを終えました。今日はもうどっと疲れたので、とりあえずどうしても年内にやりたかったバスルームの大掃除だけ終えてあとはぐったりのんびり過ごしました(暑かったしね)。明日は本当は旦那氏の親友一家と遊ぶ予定だったんだけど、年内にどうしても終わらせたい、ポニョ(うさぎ)の庭のケージを作りたいので、1日お庭でDIYになりそうです。(↓ここまで大きくないけど、こんな感じにする予定)そして火曜は、義家族とExtended family(叔母家族やいとこなど親戚)も参加、総勢20名強での日帰りトリップ。久々のビーチ、雨予報ですが(涙)楽しんできたいと思います。

  • 19Dec
    • 夏休みと転園決定!の画像

      夏休みと転園決定!

      と、いうわけで今年の仕事納めを終えて(とは言っても、ちょこっと来週自宅からやらないといけない仕事があるんだけど)、夏休みに入りました〜!!子供たちは「え〜、学校(園)いきたい。」と言っておりますが。ですよねぇ・・・結局学校・園にフルで戻って2週間ちょいの登校・登園だったしねぇ。来年はコロナが終息方向に向かって、学校に行くリスクが下がることを願うばかり。娘っこの親友ちゃんも、既往症があるので、リスクが高い今の段階では医師からストップがあって登校ができずにいたけど、2月には戻ってこれるかな。NZは先日Provisionalの承認が降りて1月末には子供の接種が始まるのではとのこと。5−11歳の接種は本当に賛否両論だよね。私は先日オーストラリアの病院主催の小児科医(特にワクチンの専門家)のウェビナーの録画を見たり、アメリカでの子供への接種のデータ調べるなど、いろいろ情報を入れております。そういえば次女っこの園。正式にホリデー明けから転園することに決めました!前回のブログの翌日に別の園の見学にいって、ちょ〜っと教室の暗さが気になったんだけどそれ以外は、園庭も前よりかなり広くなるし、雨の日に外遊びできるスペースも広くてよかったよ。(暗さは、前に見学に行ったことのあるReggioの園の照明の感じに似てて、自然光を取り入れて電気照明を避けているような感じなのかな〜とは思うんだけど、行った日が雨だったのもあるかもだけど、教室がちょっと暗く感じたんだよね。。。)現在の園の退園を決めてから、やっぱり決めてよかったと思たのが、最終日の昨日に登園した時に、新しいHead Teacherが子供に話す様子を見ていて、私的にすっごい気にいらなかったこと。まだ信頼関係ができていないからってのもあるのかもしれないけど、目も合わせずに上から押さえつけるような指導の仕方をしてて、「Child lead(子供主導)」の方針といっているけど放置しているようにしか見えず、子供へのscaffolding(導きというかな?)をしている様子が見えない。さらに突き放すような言い方をして、その後にサポートをする様子がない、ってのを見てなんだかなぁと。まぁタイミングもあったのかもしれないけど。あとはアナウンスされた新経営陣の指導哲学が自分に合わなかったってのもあったかな。合う合わないってのは、ご家庭のチョイスですが、わたくし、直感型のB型ですので、だらだらと続けて悶々とする前に早々に決めてよかったと思ったよ。さ〜、とりあえず1ヶ月半の夏休み。年内はとりあえず美容院行くくらいしか予定なかったんだけど、義家族御一行様(20人くらい、内子供が9人)で近郊のMotuiheという島への日帰り旅行が入ってきましたよ。(↑こちらから拝借)あ、あとクリスマスランチは入ってくるだろうけどね。今年は何作ろうかなぁ。旦那氏の会社からクリスマスハムの支給があるから、それは確実。↓去年初めて頑張ったハム。。。あとはタコが手に入ればココナッツクリームで煮るかな。とりあえずクリスマスショッピングは全部終わったので、ほっと一息。仕事が終わって、緊張の糸が途切れたか、、、なんかどっと疲れが出てきて体がだる〜い感じです。週末もジムいくつもりだったけど気力が起きずダラダラ。今日は日曜なのでとりあえずゆったり過ごさせてもらいまして(家事も放棄)、明日からまた夏休みに一気にやりたいと思っている子供の日本語の勉強やら、年末に向けて大掃除をいろいろ再開させていきたいと思います。

  • 15Dec
    • 4歳半だけど転園する?の画像

      4歳半だけど転園する?

      こんばんは。いや〜、久々に衝撃的すぎて人前で涙ぐんでもうたわ。次女っ子の保育園。今の家に引っ越してきて、娘っこも卒園し、私も実習をさせてもらった本当に大好きな園だったのですが。。。この度売りに出されまして、先週売れたそうで。その結果、Centre Managerが今日付で退職することになったと聞いたのは今週の月曜日のこと。先生たちについてはアナウンスがなかったのでそのままなのかと思ったら、今日降園時に涙ながらのお別れの挨拶が。。↑去年のクリスマスコンサート。素敵な振り付けをしてくれた先生もお別れ↑え?!と思って聞いたら、まさかの9割の先生が今日で最後。えええええ!!!!!Offerはされたみたいだけどほぼ誰もサインしなかったんだって。いやね、今の園を決めたのもね、何よりも先生たちと、その先生たちがつくる雰囲気だったわけで。あまりの衝撃に先生たちの前で涙ぐんでもうたよ。実はロックダウン中に前後して3人の大好きな先生が退職してたんだけど、まだ他の先生もいるし、卒園まで残り半年だしと思ってたんだけど、ここへきてまさかの心のコネクションを感じている(母娘共に)先生たち、全員いなくなるんだそうで。↑いろんな体験をさせてもらいました。↑こそっと仲の良い先生に聞いたら、実はロックダウン中にやめた先生のうち2人と、今回退職する先生のうち5人が、近隣の同じ園に行くことが決まっていることが分かりまして。だったらもういっそ、うちの子も移動させようかなと先生にこそっと相談したり。(でも同じ室内に新しいマネージャーいたの知らなくて焦った。笑)ただ、次女っこの交友関係もあるしなぁと思っていたら、実は仲良しのクラスの子のうち2人、移動する先生の子たちだったりするもので、もちろん親と一緒に園移動するよね。もう1人、すごい仲良し(毎朝全力ハグで会い、帰宅時は今生の別れの如く別れる。笑)の子がいて、その子が2月から小学校なので、その子がいなくなったら移動しようかな〜なんて思ってたら、そのママから今連絡があって、先に移動してる先生と個人的に仲が良いらしく、残り1ヶ月でも受け入れてくれることになったので、明日見学に行ってよかったら年明けから移動することにしたと。なのでもはや思い残すことはなにもない(次女っこも、その子と一緒で大好きな先生がいるなら新しいところがいいと。)、というわけで、明日見学に便乗させてもらうことにしました。ちなみにその子は進学先の小学校も一緒なので、もうずっと仲良しでお願いします。(でも誕生日の関係で学年が1個ずれるんだけどね。でもうちの小学校2学年合同クラスなので、しばらく一緒。)ちょうど来週からはホリデーで3週間お休みになるので、その間に退園届けを出せば年明けから新しい園に入れると思うので、今動けばちょうどよい。旦那氏はもう半年なんだしいいんじゃん?というけれど、よほどのことがなければ転園の方向で考えてます。実はロックダウン中にやめた先生で、今その園のHead teacherをしている先生が、もともとPrimary trained(小学校教員免許保持)の先生なんだけど、特にECE-PrimaryのTransitioningのプログラム作りを力をいれている人で、個人的にもめちゃくちゃ尊敬する先生だったので、やめた時は本当にショックだったんだよね。だからもしこの先生のもとで次女っこが小学校進学の準備ができるなら、本当に私としても安心できるかな。ただ、今の園での費用が、Centre Managerとめっちゃネゴして帰りの時間を早くする条件で、朝早くてもお値段据え置き(笑)にしてもらってたので、多分移動したら費用は高くなるかな。でも次女っこにとっても大事な時期だと思うので致し方ない!

  • 12Dec
    • 日本から送りたいもの。の画像

      日本から送りたいもの。

      週末が終わってもうた〜。でも今週1週間頑張ればなが〜いホリデーだーーー!!!というわけで今週末に一気にクリスマスショッピングを片付け・・・また散財が続きました・・・涙子供も寝たのでただいま一気に包装完了!ちなみに買い出しに行く時に車でBTSかけてたら大熱唱の女子2人。2人とも何気に結構普通に歌えててびっくり。笑 ところで先日書いたAir NZですが・・・Wellingtonに住むお友達も同じ状況だったようなのですが、、、Air NZに聞いたら、ワクチンパスと一致するIDを持っていればフライト予約の名前と一致していなくてもOKと言われたんだそうな。え。それって逆にフライトの名義的にはいいの?!と思ったけど・・・私がかなり厳しく言われたのはオークランド出発便だからという可能性も0ではないですよね。。。(オークランドを出るためにはワクチンパスもしくは72時間以内の陰性証明が必要)ただ、いつもながらNZあるあるで、コンタクトセンターと現場の人もいうこと違うので結構賭けよね・・・涙Air New Zealand passengers can now link My Vaccine Pass to mobile app - NZ HeraldMake your first AirNZ flight of summer even easier with this new app feature.www.nzherald.co.nzさて、日本に最後に戻って早2年半。(本気であのタイミングで扁桃腺取っておいてよかったよ)普段は年1回程度帰った時に日本から色々買ってくるようにしてて、特に船便がなくなってからは重いものを中心にね。とはいえ、お金さえ出せば結構オークランドは日本のものは揃うようになてきたし、まぁNZにあるものでもなんとでもなるのでそこまで困っているものはないんだけど。ただどう〜しても、こっちのもので合わなかったのが化粧水。こっちはトナー(拭き取り化粧水的なやつ)が一般的で、化粧水で潤す的なものはほぼ見かけたことがなく(高級品とかだったらあるのかもだけど、私、プチプラ希望の残念アラフォーなもので。。。涙)。毎回大量に詰め替え用を買って帰ってきてたんだけど、この度ついに底をつきまして。色々探した結果、、、先日Chemist Warehouseでこれを購入してみました。左側がHydrating Mist Tonerだそうで、右側がFacial Moisturiserだそうな。これを使って早1週間が経過しておりますが・・・めっちゃいい!肌の調子がめっちゃいい!1個11ドルとかだったので、いっぱい使ってもあまり気にならない。。。オーストラリアの自然派のスキンケアの商品らしい。多分見たことあるのでスーパーでも売ってるよね?これでやっと、スキンケア系も日本で調達しなくてすみそうだわ〜今後どうしても日本から送ってもらわないといけないのは、これで子供の日本語の教材くらいになりそうです。次女っ子も毎度毎度言いますが、あんだけでかいのに(6歳児平均の身長体重)まだ年少さんですのでまだ定期的ではなくドリルをちょこちょこ買って送ってもらってたんですが、来年年中になるタイミングでこどもちゃれんじに加入します。娘っこも、この長〜い夏休みで遅れてた進研ゼミと漢字の勉強を一気にやりたいと思います!加入してたのに全く知らなかった進研ゼミの電子図書館、まなびライブラリーを最近教えてもらって、娘っこも日本語の本を色々読んでますよ〜。あとは、じじばばが送ってくれる美味しい日本のおかしくらいね。笑(ちなみにうちの母(娘ズのばば)がよくこし餡のパックを送ってくれるのですが、娘ズあんこ大好きすぎていつも勝手にあんこだけで食べてるという・・・。羊羹も大好きだからね。。。和菓子最高です!また苺大福作ろうっと!)じじばば、いつもありがとう〜

  • 09Dec
    • Air NZとの戦い。。の画像

      Air NZとの戦い。。

      こんにちはっ。なんかここ数日暑い日が続きますね。。。この数年毎年いってるんですけど・・・なんかNZの湿度高くなってきてません?あつい〜。。。今日は27℃、明日もこの近辺は29℃近くにいくそうです・・・これ、NZの猛暑。。。今日も職場の坂道をマスクで駆け上がったら途中でくらっときたわ・・・日本の人ってすごいよね。日本の暑さレベルの夏でマスクしてたんだもんね・・・涙↑自家製マスク↑ちなみに一応、職場でも建物内にいるときと、屋外でも保護者と会うときはマスク着用。でも外遊び中にクラスサポートに入るときはマスク無理・・・。明日はたまたま娘ズの学校と園は水遊び日らしく、水着持ちです。。。私も入りたい・・・水。。。さてはて。Air NZの国内線が来週からワクチンパスが必要になるとのことで、ここへきて今までちょっと余裕かましてた国内線の予約名(旧姓)が、ワクチンパス(旦那姓)と統一されていない件。搭乗72時間以内の検査ですが、、、戻りも必要なことをすっかり忘れており、旅行で移動中に検査受けるの(しかもPop-up testing siteとかないだろう地方)も難しそうなので、やっぱりワクチンパスをどうにかせねばと。。。Air NZにメールで問い合わせたら的外れな「もうすぐ詳細が発表になるからそれ見てね!」的な提携文をもらうまでに1週間かかりましたが。。。涙MoHのワクチンパスの担当のコールセンターに電話をして状況を説明し、旧姓ー旦那姓の複合姓にワクチンパスを変更してもらいました。これで大丈夫かな・・・(パスポートは括弧書きだし)と思ったものの念の為Air NZにも電話で確認を・・・えっと、、、45分待ち。いや、待ちましたよ。頑張って。やっと繋がったので説明したところ・・・開口一言目に、100%一致していなければ搭乗は認めません。ってなことをため息混じりに伝えられました。涙(多分この細かいルールが発表になったのが今日だったので関連の問い合わせ多いんだろうね・・・)Requirements for Travel within New Zealand | Air New ZealandFind out more about travelling safely within New Zealand. The wellbeing of our customers and people is our top priority to ensure we have a safe journey together.www.airnewzealand.co.nzで、日本のパスポートが旦那姓が括弧で入っていると説明したら「括弧は予約できません」と。いや、だからどうすればいいの?って聞いたのに。で、色々話し合った結果、名前変更(旦那姓)を依頼するということになり(有料)、手続き方法を聞いてる最中に電話切れた!!プツッと!!45分待ったのに!!!で、また45分待って別の人に相談して、手続きを説明され。状況から見てマネージャー判断だそうで、メールで証明書類(名前)を送って、その後30分したらまた電話してくださいとのこと。で、また35分(今度はちょっと短かった)待ったところで電話がつながりすんなり話が通り、その場で名前変更のApprovalをマネージャにとってくれて変更手続き、支払い($50)と新しいチケットの発券をしてくれました。で、またMoHに電話してワクチンパスの名前を元々の旦那姓に戻してもらいました。(ここもまた30分待ち)電話しすぎてちょっとグロッキー。。。涙とりあえず、心配事はこれでクリアになりましたので、あとはこれ以上状況が悪化しないことを願いつつ(オミクロンよ、くるな・・・涙)、ホリデーを待ちましょう。にしても、国内線でこれなので、国際線が本気で不安になってきた今日この頃です・・・(いつ乗れるのかはわからないけど・・・それまでにワクチンパスポートがなくなっていることを願うばかり。。。)

  • 04Dec
    • 信号方式REDに移行した師走の世の中。。。の画像

      信号方式REDに移行した師走の世の中。。。

      あっという間に師走です。木曜の夜中、つまり実質は金曜からTraffic light systemなるものに移行したニュージーランド。。。そのこともあって先週は仕事も忙しく(ECEも多少の条件はあるものの園運営が8割程度は通常にもどったような感じです)、しかも師走なので、ホリデー期間中の前倒しの仕事や、ロックダウン中から遅れに遅れている仕事もあり、頭も体もついていかん。。。涙さらに我が家にやってきたうさぎのぽにょのこと(ワクチンやうさぎ小屋の建設(今の1m x 1mだと狭すぎるとのことで、庭の一角を整地してランを建設中)、旅行中の預け先、食べ物のこと、Hutchを温める方法など)、そして車のWOFや子供のホリデープログラムの手配、さらにはクリスマスショッピング。旦那氏は忙しいを言い訳に(いや、本当に忙しいんだけど)うさぎ小屋のこと以外は放置なので母さんが夜なべをして作業をしております。。。師も色々と走理回すほろ忙しいだろうけど、母も走っています。師走ならぬ母走(ぼわす?)です。笑そして子供たちが学校に行く日のルーティンがすっかり抜け落ちてしまい夕方もバッタバタ。年内は娘っこの小学校が時短なので、私の勤務時間も後ろに1時間ずらしてもらっているので、職場からぎりぎりダッシュでお迎えに間に合う感じでなんか常に時間に追われている感じ。。今週は特に出勤日がまた暑い日だったもんで、疲労も蓄積。しかもママ友からのお誘いで夜のウォーキングにいったりしたし。(ジム友でもあるのでジムも来週から再開・・・か?体もつのか?!)アラフォーの体力は回復に時間がかかっているようでちょっとぐったりです。涙さて、オークランドは、新方式のシステムでもまだ市中にコロナがいる状態で一番リスクのあるRedからのスタートなのですが、金曜から、飲食店を含む色々なお店がワクチンパスを利用することで利用が可能になりました。とは言ってもリスクがなくなるわけではないので、特に子連れの時はマスク着用の上、できる限り建物の中にあるモールは避けることにしてます(路面店系モールを利用)。今日の土曜も子供の日本語クラスの再開で朝から遠方まで送迎&その間にクリスマスショッピング。そしてサンタフォトとりにいったり。(サンタさん、髭の下のマスクが丸見えだったよ。笑)午後もまた追加ショッピング・・・と出たり入ったりでなんかぐったり。時間潰しで、ちょこっとはいったカフェも、念には念を入れて窓際の風が吹き荒れる席をチョイス。(屋外がなかった)風でナプキン飛びまくり。笑にしても、このスキャンをするために必要な人件費が大変そうだな・・・。ちなみに、多くの日系美容院はこのシステム移行が決定してすぐからすぐに予約が埋まる勢いだったようで、友人は2月まで予約できなかった・・・といっていました。が、私は11月の上旬にダメもとで12月下旬の予約をいれておりましたので無事に枠ゲットできました!!がただいま直面中の1つ問題が。。今のところよほど大きなトラブルが起こらなければ予定している年明けの国内フライト。国内線だからあまり意識してなかったんだけど、私が旧姓で予約してて(Airpointの関係で)、ワクチンパスが旦那姓。NZのIDは全て旦那姓。ということで一応Air NZに確認中。まぁ72時間前の検査を受けていけばいいんだけどね(どのみち行くまえに受けるつもりだし)。MoHには、NHIの登録を旧姓+旦那姓に変更できるかの確認を依頼しているけど(パスポート上には括弧書きで旦那姓も入っているので。)。面倒くさがらずに結婚したときに名前変えておけばよかった。次回帰国する時に家庭裁判所に申請してきます。。。そういえば唐突ですが、今日、弟が結婚しました!コロナ禍に、うちの上の子が小学校入学、兄夫婦に第1子が生まれ、弟が結婚。離れ離れの間にいろんなことがありました。いつ日本の姪っ子ちゃんに、そして弟の奥さんに会えるのだろうか。。涙

  • 29Nov
    • 家族が増えて、散財しました。の画像

      家族が増えて、散財しました。

      こんにちは、隔離後今日からまた職場復帰でした!暑かった・・・朝ちょっと涼しいと思ってロンTでいってしまい、まさかの灼熱・・・。昼前から屋外のサポートに入ってて、かつマスクもしながらだったから呼吸困難になりかけましたっ。先週、金曜に教育省からお達しがあって、Traffic light systemに移行したら園運営も変更となりBubbleの条件がなくなるなどの緩和があり、これで全ての園児が戻れることになります。が、小学校はまだ時短なので若干変則的ではありますが、私も来週からホリデーまでの2週間は週5勤務に戻ることになりました。リハビリ生活早くも終了!まぁスクールホリデーまであと2週間ちょいなんですけどね。もう仕事も私生活も、ちょっとずつ8月前に戻りそうな雰囲気のあるオークランドではあるものの、我が家の濃厚接触から始まり、先日あった保育園でのクラスター(8ヶ月の赤ちゃんも感染したとか)とか、オミクロンとか・・・色々不安はつきません。。特に国内のボーダーが開くので他の地域の人たちはもっと不安なのではないかと思います。。。ちなみにオミクロンで日本も鎖国になったし。。。(岸さん、菅さんとの違いを見せつけたかったか?!ビシッといったね。)さて、ロックダウンの緩和でお店に入れるようになったのにすぐに隔離になった我が家。。。隔離を開けた先週、たがが外れたように・・・散財しました。涙まずは、いちご狩りでに100ドルオーバー。笑取りすぎた。。。笑でも甘くて美味しいので、毎日4人でかぶりついてます。(もちろんアイスも食べてきた。案の定娘っこは食べきれず。次女っこはいつも通り完食!) そしてBlack Fridayで、元々ずっと狙ってた家のPCをMacbookに買い替えから始まり。(Windowsからの鞍替えです!)旦那氏が・・・執念でツテを辿ってついに幻のPS5をゲット!出費が続いていたのでめっちゃ迷いましたが、私も欲しいもの買ったし。今のタイミングを逃したら次ツテに繋がるかわからないし。(旦那曰く、コロナの関係もあって製造が停止されているとかでウェイティングしても次2手に入る可能性があるのは1年後くらいと言われたそうな。ホント?)そして・・・予定外の出費。我が家に新しい家族がやってきました!旦那氏が職場で保護したうさぎちゃん。2日ほど職場にいたそうです。。。うさぎってNZではPest(害虫)で駆除対象なんで届け出るに出れず。で、ずっとペットが欲しがっていた娘ズのために・・・旦那氏が連れて帰ってきちゃいまして。汗娘ズ大興奮。旦那氏も連れてきたって責任もあるかもだけど、すっごい可愛がっております。笑野生のうさぎって飼っていいのかな?とか思ったけど、FacebookにNZで野生のうさぎを飼うみたいなグループを発見し、色々情報を仕入れております。そんな我が家のアイドルうさぎちゃんのおかげで、この週末すごい金額の投資がされました。ケージから始まり、屋外用のハッチ、餌、ベッディング、水のボトルなどなど。トイレとか干し草のカゴとか、家にあるものも色々使いましたが。なかなかの費用に。汗多分オスなんだけど、まだ赤ちゃん?なのか、あまりクリアではないのでお名前はニュートラルに「ポニョ」になりました。笑娘っこはポニョが大好きすぎて、暇さえあれば常にハッチの前に座ってポニョと遊んでます。まだ庭に出したら多分いなくなってしまうだろうので、ハッチの中でなでなでしてます。次女っ子は可愛いものの、いざこっちに寄ってくると怖いらしく(ビビり)。こんなホリデー時期にペットをかい出しちゃいまして、もし予定通り旅行に行くのであればポニョ氏をどうするのか・・・。。。ただいま近隣のうさぎのボーディングの施設にお問い合わせ中。。。

  • 26Nov
    • 隔離が終わりました!の画像

      隔離が終わりました!

      最初から最後まで振り回されましたが、昨日で無事に隔離が終わり、今日から社会復帰です!!私は間際まで確定できなかったので今日までは在宅勤務にしてもらたので、来週から次女っこの保育園の割り当て日(まだ人数規制があるので割り当て日がある)の週3だけ職場勤務、残りの2日は在宅勤務が続きます。それにしても保健省さま、多分混乱状態なんだろうけどさ・・・結局最初から最後まで情報が錯綜しすぎでした。担当によって指示が違うと思いますが、娘っこが学校で濃厚接触者となった今回、受けた対応を記しておきます。。まずは以下がDay5の時点までに調べたこと。。。『園や学校で濃厚接触者になったら?(追記あり)』娘っこ、濃厚接触者になったと連絡を受けて早3日目。良いお天気の週末です。本当はいちご狩りに行くつもりだったのになぁ・・・。昨夜のBloody moonも綺麗…ameblo.jpしか〜し、色々異なりましたよ。・接触者の登録は教育省経由で自動的に完了する→こちらから何度も依頼したのに結局Day5まで登録されず。(隔離期間半分終わってますが。)・毎日連絡が入って確認される→毎日あったけど、メールでの健康と隔離状況のアンケートとテキスト。最終日の電話のみ。・Day11の朝の時点で症状がなければ自由になる→Day10に保健省から電話での最終確認で問題がないことが確認されればその時点で隔離終了。・NITCからのレター→学校・教育省からはレターが発行され、それがきたら学校に戻ってよい聞いていたのに最初の電話ではそんなレターは存在しないと言われる。しかし最終的にレターはメールで発行されると言われた(ただし丸1日経過してもメールきてないけど)。でもレターが来なくても電話で会話をしたあと隔離終了となるので学校もOK、ということは2箇所からの確認がとれたのでよしとします。今回かなりいろんな人と話したけど(Healthline 5名+NITC 2名)、おそらく・・・安定して言えることは・・・情報が誰一人として一致しない・・・涙特にDay5の登録で話をしたNITCの人は、電話していてもなんかイライラしていた感じ(お疲れなのかなと思ってたけど)だったけど、自分の考えを一市民に情報として伝えたことで、こちらとしては混乱させられたし。あれは国の機関としては良くないと思う・・・。あとはMoEがMoHから受け取ると言われていたレターの件も、結局発行されるみたいだけど、されなくても特に支障はないらしく。とりあえず一貫していたのは同居家族が一緒に隔離しない場合のスタンスね。これはみんな同じだった。バスルームと食事は別で、家の中でもSocial distancingとVentilateしましょうね。さて、気がつけばもう師走間際。こんな時期に隔離だったのでクリスマスの準備一切できておりません!例年やってるサンタフォトも、カレンダーの手配できてないし。。。子供のプレゼントに甥姪のプレゼント、義両親のプレゼント、義姉妹とのシークレットサンタ、そして職場のシークレットサンタ。ぎゃー、なんか色々あるぞ。ちなみにちゃっかりオンラインで自分のプレゼント(Macbook)だけ購入しちゃいましたが。だってBlackFridayセールしてたから。笑ちなみに旦那氏はまだPS5を諦められず探し回っています。(お店で聞いたらその店舗だけでウェイティング9000人といわれたんだそうな。)ちなみに我が家の義家族のクリスマスディナーは、Fully vaccinated adultsと子どもの参加にしてくださいというお達しが義父から届きました。。。高齢者、既往症のある人、子供&赤ちゃんもいるので、って。今まだ日付と場所(屋外)をグループチャットで色々模索中。意外と人数いるからね。。。接種率の低いパシフィカ・マオリ系の家族にしては何気に我が一族内の摂取率は高そうです。

  • 22Nov
    • 自宅隔離が難しすぎる件。の画像

      自宅隔離が難しすぎる件。

      我が家は娘っこが学校で濃厚接触者になったため、自宅隔離(Self-isolation)をしております。本日Day7。おかげさまでImmediateの検査(我が家の場合はDay3)とDay5の検査は両方ともNegativeが戻ってきました。明日、Day8の検査結果がNegativeで症状が何もなければDay10で隔離おしまい。今日は午前中の私の仕事中は二人で自室のドアをクリスマス仕様にすると(壁はだめだけどドアはもうテープ&シール許可しました)張り切って二人でドアの前に張り付いてた。 さて。。。NITCの登録が完了して土曜に電話を受けてから我々、やっと状況の確認を毎日していただいております。とは言っても、電話は土曜の1回だけで、残りの期間はメールとテキストでのやりとりです。毎日早朝にメールで「今日の体調と状況」についてのSurveyが送られてきます。それをやりなさいよ〜、とテキストもきますので、それを返信。(体調不良がないか、体温、その後外出していないか、同居家族の様子、ストレス度合いなどの設問があります)そして検査日の前日にリマインダーがテキストで届くようで、明日の検査のリマインダーが届きました。まぁあくまで濃厚接触なわけで陽性確認があったわけではないのでこの距離感で良いのですが、陽性の人にはもうちょっと手厚いサポートがあることを願っております・・・。(家族がいればいいけど、感染して熱が40度からひかないなんて時にこんなSurveyとかやってる余裕ないよね。。)濃厚接触者の娘っこは家庭内でも他の家族からさらに隔離をしなくてはいけないんだけど、ぶっちゃけ6歳児を隔離することは現実的に無理なので、その場合は、家族まるまる隔離か、もしくは自宅で外に出る人と距離をとって生活をするということが認められているようです。(但し、その人のワクチン接種状況によって条件が異なります。。)我が家の場合は、現在、旦那氏が仕事にいくため、彼だけ逆隔離状態です。一応家庭内で守っているのが、・食卓を分けること(料理の時も基本、手袋してます)・バスルームを分けること・家の中でもSocial distancingをとること・基本窓を全部あけておくこと・寝室別(元々お互いの安眠のため寝室離婚中。笑)をすることなどなど。我が家は最近忙しすぎの旦那氏が子供と平日(最近は土曜も出勤なので基本土曜も)に時間を共有できるのは夜、旦那氏が帰宅してから子供たちのBed timeまでの1時間半くらいの間だけなので、それはあまり厳しくないんだけど、大のパパっ子の娘っこ、一番こたえるのが寝る前のハグとキスができないこと。自分たちがリビングにいて、パパがダイニングにいて、見えるのに手を伸ばしてはいけないというのが究極に寂しいらしく。それをみて可哀想になった娘ズ大好きな旦那氏が、ついつい近くに行こうとするからそれを止めなくてはならないので家庭内の管理監督者の私が大変。。。(次女っ子は自由人なので、だめ?あっそ。残念だね。くらいだったけど。笑)一番きついのが昨日の日曜日・・・共有時間が長すぎた。(日曜が1回だけで済んでよかった・・・)お天気がよかったので、旦那氏は庭作業をしたり、デッキで主に過ごしていて、子供たちは主に自分の部屋ですごしてもらいました。(スクリーンタイムも長め許可)ちなみに今週のGrocery shoppingは初めてCountdownのデリバリーをお願いしました。お野菜とか見ながら買えないってのはちょっとなぁ・・・だけど、無駄遣いしなくて良いね。しかもおまけのLegoがきて(知らなかった)、ものすごい盛り上がった子どもたち。。。ちなみに今はまだ、濃厚接触者だから同居家族でもFully Vaccinatedなら仕事行くのOK出たけど(担当のNITCの人の個人的見解では避けるべし、だったけど)、これ、陽性の自宅隔離になったら流石にもう家族丸ごと隔離だよね・・・?その場合って給料でるのかな・・・Sick Leave?とも思って調べたら、なんとWINZからSubsidyがでるらしい。(あれ、Close Contactの子供がいる親でもいいって書いてある。でも私、家から働けちゃうから対象外だな。涙)詳細はこちら↓COVID-19 Leave Support Scheme残り隔離期間、3日。誰も体調崩さず元気に社会復帰できますように・・・(祈)

  • 20Nov
    • 園や学校で濃厚接触者になったら?(追記あり)の画像

      園や学校で濃厚接触者になったら?(追記あり)

      娘っこ、濃厚接触者になったと連絡を受けて早3日目。良いお天気の週末です。本当はいちご狩りに行くつもりだったのになぁ・・・。昨夜のBloody moonも綺麗に見れました。↑今やオークランド、右をみても左をみても学校でのコロナ感染者が確認されまくっております。報道されている学校は恐らくごく一部だと思います。(ちなみにうちの子どもの学校は現時点までに報道されてません。)これから感染が拡大するにつれてもっともっと、濃厚接触のケースが増えてくると思うので、私が今回Day5までに調べた、経験したことを記しておこうと思います。尚、長くなりますのでご容赦ください。笑実はちょうど、昨日、教育省(MoE)のWebinarに参加をしていて、もし学内や園内での感染確認がされた場合に学校・園はどう対応するのかについての指導を受けたところで、その情報もとってもためになりました。まず、学校や園などで感染の確認がされたことが報告された場合、学校や園は教育省(MoE)の地区管轄の担当に連絡をするのですが、その際に、感染していた人が学内・園内にいたのと同じタイミングでいた人が「Close contact」になるのか、「Casual +」になるのか、「Casual」になるのか、ということを調べることができるSpreadsheetが学校に送られています(尚、改良版が月曜に届くらしい)。それを管轄のMoE担当者に提出すると、保健省(MoH)と連携してClose Contactの登録がされるという仕組みなんだそうです。その後まず、学校や園から保護者への連絡。Casual+以上の人への連絡のレター、学校コミュニティにケースがあったことと学校の対応を知らせるレターを発行します。基本的に現在のところは感染確認がされても、学校を閉鎖する必要はありません。(ただし、隔離が必要な人は登校できないので閉鎖せざるを得なくなるところもあるかも。)Casual+以上の人へのレターは、学校でいつからいつまで感染者が登校していたか、またそれぞれの場合での隔離の条件のリストが掲載されています。Close Contactの場合、その後受けなくてはいけない検査の日も記載れています。ただ、学校はそのGeneralな情報しか持っていなく、学校からは「MoHから直接連絡が来るので詳細・質問はそちらに確認をするように」、と言われることが一般的になると思います。ちなみにCasual+以上は隔離や検査が必要になります。隔離期間や検査頻度はこちらのActions for contactsにまとまっているのでご参照ください。Contact tracing for COVID-19Information on contact tracing, types of contacts and when to isolate or stay at home.www.health.govt.nzClose contactの場合は、同居家族の隔離条件もありますので、ご参照ください。(ワクチンの接種状況による)ちなみに我が家の場合は、以下のようになります。娘っこ→Close Contactなので10日間の隔離。即日、Day5、Day8に検査が必要。次女っこ→Unvaccinated Secondary Contactなので5日間の自宅待機(隔離とは違うらしく、エクササイズなどに外には出て良いけど登園はできない)、娘っこのDay5の結果がNegativeなら規制解除。検査は不要。我々夫婦→Fully Vaccinated Secondary Contactなので制限なし。仕事も買い物もOK。ちなみに我が家、本来であれば、MoHの追跡チームからの連絡はすぐに入るはずなのですが、なんの連絡も入らない・・・Covid Healthlineにかけても一般情報しか得られないんですよね。我が家、接触日が他の関係者と違うみたいなので確認したいことがあったのですが。(学校に聞いてみたけど、MoHに聞いてくれと言われた。)どうやら、昨日のWebinarの情報によると、現在感染者が拡大してClose Contactも多く、はっきり言って追跡チーム、追いついていないそうです。また、本来は学校がMoEを経由してContact Listを出しているのでそこで登録がされているはずなのですが、私はClose Contactの連絡を受けて翌日、その翌日にもHealthlineに電話を入れてますが、結局登録されておらず、しかも毎日いうことが違う。やっと昨日、上の人に話を通してもらえて登録をしてもらえ、登録から追跡チームの連絡を受けられるのは平均2日だそうです。我が家、登録から2日後に連絡受けたとしたらすでに接触から1週間なんですが・・・私は能動的に情報収集、連絡をいれて自分の判断で隔離や検査の条件に従ってしていますが、情報を集めることができない人や集める気がない人だったらかなりまずいのでは。。汗ちなみに、Day8の検査が終わってNegativeで10日の隔離期間が終わっても、その後National Investigation and Tracing Centre (NITC)からの隔離終了許可のレターが来ないと、隔離を解除できません。しかし、昨日のWebinarによるとこのNITCのレターの処理も追いついていないそうで、一般的にここのところ、10日では隔離は終わっていないそうです。追記:先ほどNITCから連絡がありましたが、レターは発行しておらず、Day8のテスト結果がNegativeならDay11の日の朝、起きて症状が何もないのであれば隔離終了とする、Day10に特にNITCからの連絡は一切していないとのこと。完全に情報が錯綜しております・・・涙(追記の追記:なんと、結局レター発行されました。しかも日付の計算も最初の連絡の人は間違っていて結局1日早く解放になりました・・・)また、Secondary contactの隔離についても、Fully vaccinatedでも隔離すべきだと言われ、でもMoHのウェブには不要だと書いてあると伝えると、「That is a dilemma, though this is not a must, you should do what you think is right」といわれました。家庭内での隔離が完全にできているなら、職場に戻るのは良いだろうけど、その場合食卓もバスルームも全て分けることと、家の中でも2mの距離を取ることを言われました。(これは実施しているので我が家は大丈夫かな。)今の感染状況でこれだけ麻痺していたら・・・。12月15日のオークランドのボーダーが開いたらもはや国全体で対応しきれなくなること必須なのでは?感染者の自宅での隔離サポートについても死亡ケースが相次いておこり、問題が多く指摘されていますが、これ、今後もう感染者の把握すら追いつかなくなりそうな気がする・・・とりあえず、感染や接触の連絡を受けたらすぐにでも自分からリサーチなり、Healthlineへの連絡など、動き出すことをお勧めします。待ってたら多分隔離期間終わるまで連絡来ないんじゃないかしら。涙我が家はとりあえず次女っ子もDay8の検査結果が出るまで一緒に自宅待機させることにしました。あと必須ではないけど、Day5とDay8は検査を一緒に受けることにしました。Day5の検査は今朝受けてきましたが、娘っこも2回目なので、泣かずにできたし、次女っこはビビりながらも意外と「なんかムズムズしたね。」だけで終わりました。笑それにしても、園や学校、いつになったら不安なく送り出せるようになるのかな・・・涙5−11歳のワクチン接種、NZはいつ頃からになるんだろう。てっきり今月あたりに承認して年末年始のホリデー中に打って来年のTerm1に間に合わさせるつもりなのかなと思っておりましたが。(アメリカは多分そのつもりなのかな。すでに2週間で200万人の子が1回目を受けたとの報道。すごいな・・・。)今週、娘っこの学校のママ友数人と話をしていて、1人の子(娘っ子の親友)は既往症があるので、5−11歳のワクチンが打てるまで自宅待機をドクターから言われたそうで年内は戻れそうにないわ〜と。。。もう一人の子は、娘っこと一緒に濃厚接触者になりましたが(涙)、ママさんが医療従事者なので、自分が持ち帰る可能性が一番高いと思ってたらまさかの息子がClose Contactになっちゃったわと笑ってましたが、不安がつきないこともあり、打てるようになったらすぐにでも打つといっていました。私も今まで子供の感染についてどこか、対岸の火事的に考えていたところもあったのかもしれませんが、今回の件で一気に現実味を帯びてきました・・・

  • 17Nov
    • コロナはすぐそこに・・・の画像

      コロナはすぐそこに・・・

      こんばんは。あまりに衝撃的すぎて・・・なんだか気持ちが落ち着かないので思わずブログ。NZの小学校は今日から一般的に再開しましたね。うちの娘っこの小学校は準備のためにということで来週月曜から公式に再開、しかも週5の時短だけどほぼフルタイムという予定でした。多分小さな学校だからそういうことができたんだよね。で、うちの娘ズ、先日もブロにしたためました通り。私の仕事の関係で、学校再開に先立ちまして、月曜に1日登校・登園をしてました。やっと登校・登園!の朝↓仕事も週5で出勤しなくて良いということで、とりあえず学校には週3で戻ることにして、私もちょっとストレスから解放されるし、でも一気に戻さなくて良いことになって、ほっとしてたんですよ。そしたらね。たった今電話があったんすよ、娘っこの教頭先生から。「当学校でコロナ陽性が確認されまして、娘っこさん、濃厚接触者(Close Contact)になりますので即座にSelf-Isolate(自主隔離)にはいってください。これから先は保健省の担当者からの連絡が入るのでそれを待つことと、明日の朝イチでPCR検査にいってください。次女っこちゃんも、Day5の検査結果が出るまでは一緒に自宅待機が必要です。」というわけで。10日間の隔離が始まることになります。。。ぶっちゃけね、田舎の街だし、小さな小学校だし。近隣の地域みたいにLocation of Interestsも多発してないし、この辺くる前に他のところで出るだろうなんてたかを括っていたのは事実です。。。デルタ、どこにでも行くのね・・・ほんとに。とりあえずまだ保健省からの連絡は待っていますが、学校からの連絡で明日の朝イチで1回、Day5に1回、Day8に1回のPCRを受ける必要があるとのこと、そして次女っこはSecandary contactのUnvaccinatedというカテゴリーになるため、娘っこのDay5の結果がNegativeになるまでは一緒に隔離です。とはいえ、Day5で終わられても、園に送るわけにもいかないだろうので、一緒に10日間の隔離をするつもりです。ちなみに濃厚接触者となると、保健省から連絡が来る時に、National Investigation and Tracing Centre (NITC)というところに登録がされるようで、そちらからのOKがでないと、10日の隔離の後、学校に戻ることはできないそうです。これによって、次女っこの園、娘っこの習い事(学校でレッスンを受けている)、私の仕事、全てに連絡をして調整をする必要がありました。ちなみに、この濃厚接触になっても、ワクチンをうっているかいないかで、隔離の条件がかわるようです。我々夫婦はFully Vaccinatedなので同じくSecandary Contactだけど制約はありません。といっても娘っこいるから私はなにもできないし、仕事にいく旦那氏はできるだけ娘っこと距離をとって過ごしてもらうしかないですね。。自宅の自主隔離の場合は自宅でもできるだけ他の人と接触せずに過ごしてくださいとなっていますが、6歳の子供にそれは無理な話なので次女っこと3人ですごして、旦那を逆隔離の方向でいきたいと思います。とりあえず娘っこ、今のところ特に症状もなく、ブーブーと学校に行けないことに文句を言っていますが、その生徒さんとはそこまで接触をしていなかった(しかも1日だけ)だったので、検査を受けながらもちょっと様子をみていきます。ここのところ、特に免疫を強くするサプリも2種類飲ませていましたし、感染していないこと、万が一していても軽症であることを願うばかりです・・・NZ、小さい子供が飲める風邪薬がなく、自然系のハーブ(左)しかないんですよね・・・、右側が免疫力を高めるハーブ。これとビタミンCのサプリを常用させております。学校の再開、そして学校に戻すことを決めた時点でいつかはきてしまうかもしれないと思っていながらも、まさかこんなにすぐこんな展開になるとは思ってもいませんでした。もちろん感染が確認されたわけではないですが。。不安は不安です。実は今日仕事で、Covid19に対しての園のRisk ManagementについてのWebinarにも参加していて、これからこのポリシーとチャートの下書きをしなくてはいけないのですが、なんだか一気に現実味が帯びてきてしまいました。。。さらに今日、教育省のオークランド管轄のところから一斉に「園や学校で感染者が出た時の手順について、アナウンスレターやチャートのテンプレート」などが一式届いて、オーナーとマネージャーから、万が一に備えて準備しておいてね、と言われてたのですが添付が多かったのでまだちゃんとみていなかったのですが、早速娘っこの学校からのアナウンスで使い方を学ぶことになりました・・・涙コロナは、一番多いのが感染から4〜5日に発症みたいなので、この週末、しっかり様子をみて(2回目の検査もいかないといけないし)過ごしていきたいと思います。。。まずは前回のPCR検査で号泣して検査技師さんから失笑された娘っこを宥めて煽てて、PCR検査させることですね。(3日おきにやらねばならないらしい。。。)日本では理由が未解明ではあるもののコロナケースが消えていっているとのことですが、諸外国ではまだまだケースが多発、なんならぶりかえしているので、是非ともWHO(こいつも信頼ならんが)でも、どっかの機関でもいいので、一個人とかの都市伝説的な情報ではなくて、何があったのかを解析して、どうしたら良いのかを公式発表してほしいです・・・。涙