EartHeartH

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-14 23:48:59

2/3節分【自分のダイヤとパール富士レイラインの日を知る+1年間の傾向リーディング】

テーマ:富士山

 

冬の土用最終日、2月3日の冬の節分に、毎年恒例の「自分のダイヤとパール富士レイラインの日を知る+1年間の傾向リーディング」を、Sun Catcher photographer 太陽系太くんとのコラボで開催します。

 

昨年も、たくさんの皆さまが、1年間の、富士山頂上のパーソナルな太陽と月の光のラインを追い迎える中で、人生の素晴らしい活性化の喜びの報告を多数頂いています!

人生が、レイラインに導かれるようにして大変容&大変動た人たちも沢山です。

 

 

 

【自分のダイヤとパール富士レイラインの日を知る1年間の傾向リーディング

 

◉日 2月3日(日)・冬の節分(冬の土用明け)・極月・師走廿九(朔望率3%・満月近地点周期)

月出:5:32 / 月没:3:44 地心距離404924km

日出:06:42  日没:5:11

◉時:14:00~19:30

◉場 ◉場 EartHeartH(小田急線経堂5分・世田谷線宮の坂10分)

詳細はお申し込み時に

◉費 6000円(当日精算)

「富士は晴れたり日本晴れ」カレンダーと月の遠近カレンダー(西暦・太陰太陽暦版)の当日販売もあります。

※ キャンセルポリシー:前日半額、当日全額

◉問 earthanks@gmail.com (武田)かFBのDM

立沢系太くんのFBのDMまで

https://www.facebook.com/KeitaSUNrise

 

 

充実の内容は…

 

❶系太くんによる、皆さんのご希望の場所からに画像付きの太陽と月のレイラインの特定と、ぼくによる、皆さんのまつわる月と太陽と太陽系全体の動きと、参加者の皆さんの魂にチャネリングの公開リーディングの、コラボ企画の贈り物。

これは自分以外の皆さんのを見ても、他に類を見ない楽しめる面白い内容です。

 

 

❷系太くん&ももちゃんご夫婦のお二人で製作した、太陰太陽暦フォト&メッセージ カレンダー「富士は晴れたり日本晴れ」の、系太くんによるストーリー解説も含めたお披露目&展示販売。

ももちゃんのオンラインゲスト出演もあるかも!?

16時から16時40分(仮)

https://www.facebook.com/KeitaSUNrise

https://www.facebook.com/momoe.tachizawa

 

 

❸ぼくから、Moon Wave Project の月の遠近カレンダーのご紹介と一年の傾向と過ごし方についての解説&展示販売。

16時45分から17時15分(仮)

https://www.facebook.com/lovearthanks

(❷、❸は、時間帯は前後する可能性あり)

 

image

 

というところです。

 

開催時間は、14時から19時半頃で、ゆるく入退室自由スタイルで開催します。自分の個人リーディングのためや、カレンダーお披露目タイムだけに参加もありです。

もちろんフルタイム参加も大歓迎!

自分の個人リーディングのご希望時間帯のリクエストも受け付けます。

参加費用はこれだけ盛りだくさんでたったの6千円!

開催後は、近場の美味しいお店で懇親会も予定しています。

 

去年も大いに盛り上がりました!

しかも、2/3は、冬の大祓の冬の節分で、翌日の立春は、太陰太陽暦大晦日、2/5は、年間最遠地点新月からはじまる睦月お正月の元日という、何事もタイミング然りですが、なんとも素晴らしいタイミングでの開催です。

 

しかも、睦月正月の1ヶ月間は、望月はスーパームーンだったり、代替わりもある年になるだけにも、その他にも色々とあまりにもダイナミックな1ヶ月からのスタートとなります。

その辺りは、当日詳しくお話ししますね。

 

人生動きますよ〜∞

ぜひご参加ください!!

 

 

EartHeartH 代表 武田浩貴 

人と社会と生態系のセラピスト、ヒーラー、メンター、コンサル、そして暦師として17年目。

物部氏の中でも古代の麻績連の血統に産まれる。幼少期から神秘的な体験を重ね、1991年の日本と英国滞在時の1993年にウォークインを体験。内なる神を最たる師に、チャネリング、リーディング、個人や企業コンサル、エナジー&ボディーワーク、遠隔たりーディング&ヒーリング、オリジナル ヒプノセラピー、クリスタル リーディング、松果体活性などの自己調律道場(セルフチューニング)やセラピスト育成講座なども開催。

個人セッション、各種講座開催以来は随時受付中。

 

生誕から半世紀を迎えた2018年は、40代前半からの構想「エイジングケアの為のエナジーワークと栄養学」の講座も始動。

 

人と社会の意識改革と、消耗する生態系の回復のために直接的な環境と社会貢献活動の構想も。

 

月の朔望と遠近ウェーヴも視覚化した史上初の月の遠近カレンダーのプロジェクトメンバーとして各地で講座も開催。

Moon Wave Project

http://moon-wave-project.com

https://www.facebook.com/moon.wave.project/

 

 

 

1/20(日)に【活き生き癒しイベント】に出展&講演します。

 

 

 

2/1【太陰太陽暦元日に向けて大麻で注連縄作り】 〜創業百年「麻光」江藤富士江さんをお招きし〜

 

 

 

 

2019-01-13 09:42:00

2/1【太陰太陽暦元日に向けて大麻で注連縄作り】 〜創業百年「麻光」江藤富士江さんをお招きし〜

テーマ:イベント告知

 

恒例の「太陰太陽暦元日に向けて国産大麻で注連縄を綯う」会を、この度も、光栄にも、創業百年を越える麻問屋「麻光」の江藤富士江さんを講師にお招きしての開催です。

 

 

この度も、より多くの皆様にご参加いただければと、お昼と夕方の二枠ご用意させていただきます。

各部定員8名の人気企画にて、お早目のご予約をお待ちしています。

 

 

【太陰太陽暦元日に向けて大麻で注連縄作り】

〜創業百年「麻光」江藤富士江さんをお招きし〜

 

日:2月1日(金) 太陽太陰暦 極月(師走)二十七

第一部:12:30〜15:30(開場)12:15

第二部:15:45〜18:45(開場)15:35

場:EartHeartH(世田谷区経堂徒歩5分・世田谷線宮の坂徒歩10分)

  詳細は申し込み時に

費:8800縁(材料費・注連縄用の大麻と紙垂込み)各部定員8名

今開催で製作する注連縄の大きさは、二尺から三尺と、神棚や簡易の祭壇に程よい大きさとなります。

問:FBのDMかearthanks@gmail.com(武田宛て)

要 : 軍手と2本か5本指の靴下・スエットやスラックスなど楽な服装

 

 

元来、明治の改暦まで少なくとも国の暦として約1600年間続いた太陰太陽暦の元日は、立春から数えて最も近い新月です。

開催日2月1日は、未だ師走二十七で、伝統の極月(師走)はまさにきわまりの最中です。

 

この極月は特別で、西暦1月6日に部分日食の新月からはじまり、1月21日は皆既月食で、しかも日本では皆既月食が終わり、再びフルマークの満月に戻った直後に月の出を迎える満月です。

そして冬の土用明け冬の節分翌日の立春が大晦日とは、代替わりもある年らしい、なんともダイナミックな展開の中での開催です。

 

image

 

祓い清めの黄金の大麻を引き撫でながら往く年を振り返り、元来の伝統の大麻の注連縄を綯い、来る年をお迎えしましょう。

 

また、2/5元日は、年間最遠地点新月の太陰太陽暦睦月正月朔です。

長期的に見て大事なこと、土台めいた物事の展望が明らかになり、定まってもゆくだろう、特別な最遠地点新月からはじまる太陰太陽暦の来年は、いよいよ代替わりもあります。

そして、2/20は年間最近地点満月、その三日後の2/23は、世界富士山の日であり、次期天皇浩宮皇太子殿下生誕日です。

 

image

 

ぼく自身、ご先祖様には、古代物部の麻績連であり、暦師、風水師でもある陰陽師がおられる上も、殊に思入れも一入の開催です。

沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

開催に向けて、

講師の江藤富士江さんからのご挨拶です。

https://www.facebook.com/fujie.eto

こんにちは。

 

創業100年

麻と注連縄問屋 三代目

江藤富士江と申します。

現代の人が大麻の幣に触れる機会は、あまりございませんが…注連縄を通して麻に触れる事はとても良い事と思います。

長い長い歴史の中で…

人々と植物が共存共栄していた平和な古き良き時代の記憶を麻は持っています。

 

とても神聖であり、また生活に根付いていた植物です。

人が生きて行く為に、麻がとても必要だったからです。

人が移り住んで行く過程で、大麻も人々の生活の為に一緒に運ばれて日本全国に広がっていきました。

大麻で糸を績み衣服になり、また、縄を綯い紐や漁や猟に使われ、家屋の材料にもなり、炭も活用され、油も取れて天ぷらなどにして食されていました。

 

そしてまた、現代でもご神事には欠かせない神様の依り代。

祓い清めのツールとして、大切に使われています。

大麻は日本の歴史そのものです。

昔は、麻の事を緒『お』と言っていました。

繊維が取れた一番大きな麻なので、大麻と名付けられました。

その大麻の繊維でお家の注連縄を作ってみませんか?

注連縄とは、神様のいらっしゃる場所の縄張りです。

古来から神は自然の象徴とされており、人々の天地宇宙万物への感謝の想いが注連縄の形になり、現在まで語り継がれています。

注連縄に付ける垂れは雨、紙垂は雷、雨が降って雷が落ちる田んぼにはしっかりとした稲藁が授かりました。

昔からの人々の自然への感謝と祈りが形になったのが、この注連縄です。

注連縄でしっかりと縄張りを作ると…神様は安心してそこに鎮座されます。

是非、お家注連縄を皆さんの手で綯って…新しい年をお迎えしましょう。

 

 

 

 

2019-01-07 23:12:41

形骸化した節供 ∞七草節句は元来西暦の太陽暦に属さず、月の太陰暦に属する人日の節供

テーマ:暦 

 

今日西暦1月7日は「七草節句」

これは元来「人日の節供」と云い、太陽暦ではなく月の太陰暦に属する由緒ある伝統的風習です。

今年の正式な人日の節供は、西暦では2月11日(睦月七日)となります。

 

米英などの圧力と明治新政府による明治の改暦で根拠なく太陽暦というか西暦にあて嵌められたのです。

そして、その由縁からして、現代の人日の節供は、本質的には形骸化した風習と言っても過言はありません。

 

先ず、現代は節句と句読点の句で締められていますが、元来は節供と書きます。

要するにお供物の供です。

故に、祭祀を以って神社や神棚に奉納されてきました。

 

句と書き換えることにより、元来、国事行為、祭祀の存在意義から民衆の目を逸らす、切り離したかったのです。

 

現代は、正月明けの健康食としての意義のみが継承されていますが、そもそも節供は、人と自然界と宇宙の営みを合わせる、伝統的な祭祀、国事行為です。

 

元来の睦月七日は、毎年、大地の神様の土公神が冬の大地を養う「冬の土用」を過ぎたか、その最中。

大寒を過ぎて、初めて七草は充分な栄養素や祓い清めの効果を秘めているというものです。

故に、未だ冬の土用入りも程遠い西暦の1月7日では、大地も七草も準備が整ってはいません。

そして、農ヤクや化学肥料を使い無理に育成させることとなるわけです。

 

※ 元来の人日の節供に合わせて七草を生産される無農薬農家さんがいらっしゃれば、Moon Wave projectをあげて支援させていただきます。

その際はぜひお申し出ください。

 

今年の元来の人日の節供は、西暦2月11日、われこそは元来の正当な天皇系であると、自ら南朝を建てた後醍醐天皇の制定した、初代神武天皇が橿原神宮で即位した日とされる「紀元節」の日です。

その日を以って、今年で皇紀2678年目を迎えます。

その紀元節が建国記念日を名称を変えたのは、戦後GHQの命令でした。

 

以下に、人日の節供について明記しておきますので、ご拝読ください。

 

今年は、あまりにも特別なタイミングでの元来の人日の節供です。

太陰太陽暦の元日は、年間最遠地点新月で、さらに遡る古代の元日の名残の睦月望月は年間最近地点満月という、これをとってもあまりも意味深です。

 

 

○ 人日の節供(七草節供) ー 睦月(一月)・正月七日 

西暦2019年2月11日

即位年

年関最遠地点新月の睦月正月七日

睦月望月十六(西暦2/20)・年関西近地点満月(スーパームーン)・約1600年の歴史ある太陰太陽暦から遡ること古代のの元日の満月の名残の小正月の日

西暦2月23日(睦月十九)は浩宮皇太子殿下生誕日であり、世界富士山の日

 

睦月七日に人の世の占いを始めたということで、人日。ちなみに翌日八日は穀の占いを立てた。

この日の天候もその一年を占うものであり、晴れなら幸ありとされる。

また、三ヶ日を明けた胃もたれなどの調整に良いなどの薬効と栄養価については一般にも知られるも、実は、祓い清めの作用もあるとされるのが元来の七草の恩恵作用です。

・芹(せり)ー田んぼや川べりなど水辺に自生。競り合い勝つ。消化を助ける。

・薺(なずな・撫菜・ぺんぺん草)ー撫で祓い清める。視力回復や五臓に働く。止血作用、免疫力、痛風。

・御形(ごぎょう・母子草)ー母と子の人形の祓に由来。胃腸、痰、解熱作用。明治以前の草餅の草。

・繁縷(はこべら)ー繁栄。タンパク質、ビタミンBやCに富む、利尿作用、歯茎に良く、粉を歯磨粉に。

・仏の座(田平子)ー上の方の2枚の葉が仏様の円座に似ている。歯痛。 

・菘(すずな・鈴菜・蕪)ー神様を招く神鈴。消化、しもやけ、冷え。

・蘿蔔(すずしろ・大根)ー穢れ無き純白の神鈴の鈴緒。胃腸、咳止め、神経痛。

七草粥づくりは、先ず前夜、まな板の上に七草を置き、包丁で7×7=49回叩きます。

これを7日の朝、粥にして食べます。

この前夜の仕込みの時、「鳥追い歌」を歌う風習があります。

古代、疫病は渡り鳥が運んで来るとの言われがあり。そのため包丁でドンドンと音を立て、鳥を追い払うことで疫病を退散させるという意味もありました。

奈良時代以前の七草は、米・粟・稗・ミノ・ゴマ・アズキ・キビなどの穀類を用い、日付も睦月十五日望月頃でした。それは、太陰太陽暦導入以前の古代の元日の名残である、睦月最初の望月「小正月」にも対応しています。

 

 

開催講座スケジュール

 

江別1/10【Moon Wave】お披露目と活用講座+2019年の開運瞑想会

 

世田谷1/12【Moon Wave vol.56】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

葛飾区堀切1/13(日)【Moon Wave vol.57】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

image

2019-01-06 11:32:39

Neo Astrology ♾ 射手座頭部の部分日食新月

テーマ:Moon Wave



公式Moon Wave Project ページに投稿しました。


[Neo Astrology ]

1/6の部分日食の新月の瞬間を、射手座の頭部で迎えました。

Partial Eclipse New Moon on Sagittarius head at 10:28 Japan.

歳差運動の関係上、天の星座位置は72年に1度ずつ移行します。


明日1/7から3/6まで、全惑星が順行になります。

And from 1/7 to 3/6,all planets will be on Planetary forward.


1/21の満月は、皆既月食。

日本では、皆既月食終了後に再びフルマークの満月が月の出を迎えます。

Full moon on 1/21 is Total moon eclipse.

It wlll be moon rise in Japan just after the eclipse.




この太陰太陽暦師走(極月)は格別です。

そしてこれまた格別にも、年間最遠地点新月からはじまる太陰太陽暦睦月正月は、年間最近地点満月2/20を迎えます。




その3日後は、浩宮皇太子殿下生誕日。

水(三水)のお告げと書く浩宮皇太子殿下の生誕日は、現代の正確な星座位置では、魚座ではなく水瓶座です。


日本は代替わりとも連動し、高まっています。


歳差運動で地軸が約72年に1度ずつ移行する関係上、現代の正確な天の黄道13星座位置は、源流はバビロニア時代に遡る占星術の指標となった星座の位置は、既にギリシャ時代に一致しなくなっています。現代の正確な星座位置としては、バビロニア時代に意図的に省かれた蛇遣い座をも含めた天の黄道13星座分割の1ハウス分の約28度分、計約2016年分ほど移行しています。

.

天の黄道を一巡するには、約26000年の年月を用します。

まさにパラダイムシフトの最中の現代です。

.

2018.1.6

1/6の部分日食の新月の瞬間を、射手座の頭部で迎えました。

It’s because of Precession. 

Capricorn was in this position about 2016 years ago from now.

It is a great timing of the Paradigm shift.




開催講座スケジュール

 

札幌1/6【Moon Wave vol.54】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

江別1/10【Moon Wave】お披露目と活用講座+2019年の開運瞑想会

 

世田谷1/12【Moon Wave vol.56】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

葛飾区堀切1/13(日)【Moon Wave vol.57】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

image

2019-01-04 16:28:29

1/3は近日点 ∞ 月と地球・地球と太陽・太陽系と銀河系の近地点と遠地点

テーマ:Moon Wave

 

Moon Wave公式ページに投稿しました。

http://moon-wave-project.com

https://www.facebook.com/moon.wave.project/

 

1月3日14:20、地球は太陽に最接近する近日点を迎えました。

 

四季の長さと、季節感を示す二十四節気は、冬至と春分と近日点の位置関係で決まります。

 

 

現在は冬至と近日点が近く、これは、歳差運動と近日点の移動により、約21000年周期で入れ替わります。

 

地球の近日点は太陽からおよそ1億4700万kmで、近日点通過は毎年西暦1月上旬。

 

地球の遠日点は,太陽から約1億5200万km離れていて,その遠日点通過は7月上旬。

 

遠近差約500万kmで、地球と月の遠近差は平均で約384400kmの13倍。

 

 

太陽系と銀河系中心部は、約2万8000光年、その距離9兆4千600億km。

 

月と地球、地球と月が楕円軌道を描いて公転しているように、太陽系も銀河系中心部に対して楕円軌道を描いています。

 

そして太陽系は、銀河系の赤道面に対して、上下の波線運行しています。

 

それは、月と地球、太陽と地球の関係においても同様で、加えて公転軌道は固有に傾斜しているため、その関係上、月食や日食となります。

 

 

また、日食は、遠近距離の関係上、近いと皆既、平均距離より遠いと金環食となります。

 

 

 

西暦明け最初の新月は、太陰太陽暦では師走・極月朔です。

その朔は、日本全国で部分日食です。

その後の十六夜の望月・満月は、皆既月食です。

 

 

その皆既月食も特別で、日本は月食が終わった直後に月の出を迎えます。

そして、年間最遠地点新月を立春翌日に迎え、その新月は、太陰太陽暦の睦月正月の元日です。

そして、年間最近地点満月を2/20迎え、その僅か3日後の世界富士山の日2/23に浩宮皇太子殿下の生誕日を迎えます。

代替わりも大いに連動しています。

 

 

この遠近は、古代陰陽師の秘智であり、遠近は、月の育成リズムの朔望の齎らす作用を強調するなど、地球と月の生誕以来、絶妙な相互作用を齎し続けてきました。

 

それは、太陽と地球、太陽系と銀河系の関係性においても神秘の相互作用が延々と過去未来永劫続きます。

 

 

開催講座スケジュール

 

札幌1/6【Moon Wave vol.54】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

江別1/10【Moon Wave】お披露目と活用講座+2019年の開運瞑想会

 

世田谷1/12【Moon Wave vol.56】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

葛飾区堀切1/13(日)【Moon Wave vol.57】活用講座+2019年の開運瞑想会

 

image

 

 

EartHeartH 代表 武田浩貴 

人と社会と生態系のセラピスト、ヒーラー、メンター、コンサル、そして暦師として17年目。

物部氏の中でも古代の麻績連の血統に産まれる。幼少期から神秘的な体験を重ね、1991年の日本と英国滞在時の1993年にウォークインを体験。内なる神を最たる師に、チャネリング、リーディング、個人や企業コンサル、エナジー&ボディーワーク、遠隔たりーディング&ヒーリング、オリジナル ヒプノセラピー、クリスタル リーディング、松果体活性などの自己調律道場(セルフチューニング)やセラピスト育成講座なども開催。

個人セッション、各種講座開催以来は随時受付中。

 

生誕から半世紀を迎えた2018年は、40代前半からの構想「エイジングケアの為のエナジーワークと栄養学」の講座も始動。

 

人と社会の意識改革と、消耗する生態系の回復のために直接的な環境と社会貢献活動の構想も。

 

月の朔望と遠近ウェーヴも視覚化した史上初の月の遠近カレンダーのプロジェクトメンバーとして各地で講座も開催。

Moon Wave Project

http://moon-wave-project.com

https://www.facebook.com/moon.wave.project/

 

 

 

1/20(日)に【活き生き癒しイベント】に出展&講演します。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス