いつかあったあのそらへ

 いつかあったあのそらへ

  そらからのおくりもの 大地にみちて
  そして
  いつかあったあのそらへ


                    そらからのおくりもの 大地にみちて


                    いつかあったあのそらへ


                       

                         地上で出会う愛のエッセンス

                         その愛のかたちはさまざまで

                              人・動物・草花

                        時には風となり雲となり大地となり

                          降り注がれる愛のメッセージ

  

                        地上でみつけた幸せ色のエッセンス

                         小さな幸せをたくさんみつけて

                           いつかあったあの場所へ

                           いつか出会ったあの空へ

                           いつか あった あなたへと・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



             Aer Crystal online shop


                  あなたに出会えるクリスタルジュエリー

                       

                        今、あなたが望むものはなんですか

  

                 美しい大地が長い歳月をかけ育んできたクリスタルたちが

                    あなたのこころへそっと語りかける愛のメッセージ


                     クリスタルたちがあなたを光の扉へと導きます


                   

   

                  クリスタルたちがいつも気持ちよく呼吸ができますように

               見えない光の糸や、流れる風に包まれるようにいられますように

      

               そんな想いを込めてぶんわりとやさしく包むクリスタルジュエリー



                ※ お申込みやその他の問い合わせは こちらからどうぞ → そらからのおくりもの 大地にみちて-hana





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

 

ひまわりさんが

 

な~らんだ

 

ぺこりとさげた

 

みんなのおじぎ姿が

 

かわいいね

 

 

 

 

少しずつ涼しくなってきましたね^^

 

少し前まで空を見上げるように

ピン・・・・とたっていたひまわりたち・・

 

気づかないうちに 

もうすっかり季節も移り変わっているのでしょうか

夏にありがとう と お礼といいながら

次へ繋ぐ命の種たちを

たくさんたくさん

育んでいましたよ^^

 

彼女たちの横を通りかかったその時に

ふと肩が触れてしまって

思わず出てしまったごめんなさい

 

『 あ。。ごめんね 』 


地球の育む草花と

いつものように交わす言葉が・・

なんだか嬉しい

 

また来年 お会いしましょうね

 


 


テーマ:

 

 

一瞬・・・

 

 

時が止まった

 

 

 

 

 

海辺をドライブしていると

馬たちに出会いました

 

今は砂浜・・と言えば

多くは 人 人 ヒト・・・

けれども

昔はこんな風に

馬やほかの動物たちがいる風景も

よくみられたのかもしれませんね

 

それにしても不思議ほど

馬たちには海がよく似合っていて

一瞬 時が止まったかのように

想えたのは私だけなのでしょうか

なんだとても幸せ・・

 

*

 

そういえば・・

昔 母が私を身ごもった時に

馬の夢をみたらしく

一人の少年が白馬にまたがり

そのまま海へと潜っていき

おとぎ話で出てくるような

それはそれは美しい竜宮城を

夢の中でみてきたという

・・そんな夢

 

40年以上も経った今でも

その美しさは忘れることがないほどで

実家に遊びに行くとたまに

 その頃の夢を思い出し

嬉しそうに話してくれる母

 

その話を聞くたびに 

馬は神様の遣いであり

母自身なのかもしれない・・と

といつも思ってしまう

 

姉を身ごもる時

そして私を身ごもる時も

心にやきつくほどの美しい風景と

一頭の馬の夢を見たという母

 

馬たちのやさしい瞳

あたたかで愛情深いまなざしは

どことなく母の存在そのものに

似ているような そんな気がする・・・

 

馬年生まれの我が母に

心から感謝を

そして

あふれんばかりの愛情を

いつもありがとう

 

どんな時も応援してくれていることをしってるよ

ふと話した 困り事・・

私以上に心配して優しく見守りながら

いつも神様へ手をあわせてくていることを

私は知っています

 

本当にありがとう

 


テーマ:

 

 

 

だめだめだめ~っ・・

 

ね・ね・・お嬢ちゃん

 

お願いだからさっ

 

放してちょ~だいっ

 

 

 

 

心地のいい川の流れに身を任せ

『 きっもちいいよなぁ~ 』なんて

チョコンといただけのはずなのに

我が家の娘に捕まってさぁ大変・・

『 ママ ママ 見て~ 』の声とは裏腹に

『 放せ 放せ 』と必死にもがくサワガニさん

 

もう少し・・

もうほんのちょっとの間だから

娘の相手をしてあげてくださいね

もう会うこともないからさ・・

 

ほらほら

一期一会って言うじゃない・・

 

きっと娘の心に刻まれるはずだからさ

君との思いでも・・

 

 


テーマ:

 

 

人生は短いですから・・ 

 

昔は厳しいお御舅さんと一緒にくらし

 

毎日がほんとに一生懸命でした

 

とても厳しい御舅さんでしたから

 

とてもとても大変でした

 

今の子たちには到底無理でしょう

 

今は私の子供たちも独立していきました

 

人生は短いですから

 

 

私は運転が大好きだから

 

ずっとずっと運転していたいの

 

でも最近目が悪くなりました

 

今度 白内障の手術をするんです

 

人生は短いですから

 

よくなってまた 運転しますから

 

 

 

人生は短いですから

 

人生は短いですから

 

 

 

 

 

ある日

一人のおばあちゃんに出会いました

御年82才のおばあちゃん

 

これと言って特別な会話をしたわけでもなく

ただただ一心に語りかけてく言葉たちが

妙に私のこころに響いてきました

 

こちらから何を話すでもない

時折うなずくくらいの少しの会話

 

彼女の内包する光たちが

彼女の言葉を通しここに語りかけたかったのだと・・・

何かを伝えたかったのだと・・・

そんな風に想えてなりませんでした

 

言葉たちが

パタンパタン ・・と私の心の奥深くに

丁寧にたたまれてゆく時間

 

彼女が言葉を一つ また一つ・・と放つ度に

まるで・・ここだけ・・この空間が・・時間が

止まっているかのように想えたのは

わたしだけだったのでしょうか

 

彼女の放つ言葉の一つ一つが

今まで過ごした彼女の時間の全てを

包みこんでいるかのように・・

それが、あたたかく そして優しい

 

『人生は短いですから・・』

彼女が幾度となくその言葉を口にした・・

 

今を一生懸命生きなさい

一瞬一瞬を大切に過ごしなさい

今この瞬間が幸せであることに気づきなさい

真剣に・・そして楽しみ 頑張って生きなさい

笑って 泣いて 怒って 悲しんで 

一生懸命生きなさい

そして それがどんなに幸せであるかということを

 

 

『 イマココデ シリナサイ 』

 

 

 

人生は駆け足ですよ・・

ぼやぼやしていたら

幸せという 『今』 を見失ってしまいますよ

だから

今 この瞬間を大切に 大切に

生きなさい

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

『 ママ、ハナかんむり作って~ 』

 

一つ摘んでは 

 

また一つ・・と

 

誰もが憧れる

 

花かんむり

 

もうこれくらいでいいかしら・・・

 

 

 

 

 

いつの日か 新しい時を迎える日

 

花かんむりをする日がくるのかな・・

 

いつの日か思い出す日がくるのかな

 

一緒に作った花かんむり

 

わたしの願い・・・

 

それは・・

 

あなたがいつも幸せでいてくれること

 

 

 

*

 

 

 

娘と花冠を作りました

花冠といえば

女の子は一度は憧れるものなのかも

 

子供の頃、一つ摘んではまた一つ、と

少しづつ冠が大きくなっていくのが嬉しくて

一心に編んでいたことを思い出します

 

もっともっと・・

大きいのを作ってね。。

・・・娘の想いとは裏腹に

このまま咲かせてあげておきたいな・・と

心がゆらめく今・・

 

けれども、花たちはそんな想い知りながらも

私たちにそっと微笑んでくれました

 

摘まれることをためらわず・・

娘の楽しむ姿を見て

そして・・娘が幸せに微笑む姿を

共に喜んでくれるかのように・・・

そんな花たちの柔らかな優しさの波動が

ここに伝わってくるのです

 

こころからありがとう

この日、私たちと遊んでくれたこと・・

あなた方のやさしさを・・・

ずっとずっと忘れません

 

 

※まだまだ小さな娘・・

でもきっときっと

娘の胸にも刻まれているから・・

 

 


テーマ:

 

 

かわいい子ちゃん

 

み~つけた・・

 

 

 

幼稚園の帰りにみつけた

可愛らしいフウセンカズラたち

一度は通りすぎたはずなのに

あまりの可愛らしさに

おもわず振り返ったわたし

『 君たちかわいいねぇ~ 』

 

子供ができてからというもの

遊びに行った先でみつけたり

ご近所の人たちから娘に・・と一枝いただいたり

何かとお目にかかることが多いけれど・・

 

黄みどり色のまあるい子らが

漸く歩き始めた幼い子供たちにも思えて

なんだか可愛い

 

じ~っとみていると

その子らがお互いに顔を見合わせながら

サワサワ サワサワと

おしゃべりを始めたよ

 

 

 


テーマ:

 

 

Aer Crystal

本日UPいたしました

 

* 必要な方の元へとお届けできますように *

 

 

 

夢紡ぎのクリスタル

 

小さな子供をもつ

 

ハーキマー水晶

 

初めはもっと全体に

 

白っぽかったのだと記憶しているのですが

 

ある日気が付くと

 

どんどん透明度が増していて

 

キラキラと

 

美しい虹が生まれていたクリスタル

 

夢紡ぎの水晶

 

 

 

ほんとは、クリスタルたちはそのままの姿が一番。

これまで大地が優しく育んできたクリスタルたち。

出来れば、そのままの姿で愛でてほしいな・・。

・・・と、心からそう想うのですが、そんなクリスタルたちだからこそ

その美しさに魅かれ、誰もがこの身につけていたい。・・・と

そう想うのも事実ですよね。^^

今日はそんなクリスタルの一つをペンタントにさせていただきました。

 

一人一人がもつ才能をひきだし、夢の実現へ導いてくれると言われるハーキマー水晶。

こちらの水晶を初めて見つけた時の印象は

それはそれは『 かわいい~♡ 』の一言で、一目ぼれの水晶でした。

ちょこん。。と座るその姿がとても愛らしく、おまけに子供の水晶がぷくっ・・と、ついていて

しかも、そのバランスが絶妙・・。これはもう、お持ち帰りするしかないでしょ。。。

と、そんな出会いでご縁を頂いた水晶です。

 

ほんとうは、もっともっと全体に白く濁っていて・・

おまけに表面には砂岩の跡なのでしょうか、小さな窪みが少しあって・・

けれども、どうしてもこの子だけはつれて帰りたいな。。と

今思えばきっと、その姿よりも、内側に隠された小さな光の存在にに魅かれていたのでしょうね。

数か月経ったある日、ふと気づいたのです。

輝きが。。透明度が増していたのを・・・。

そしてまた、その数ヶ月の間に沢山の虹が生まれていることにも気づきました

 

~ 銀河 ~

今では、そんな風に連想させられるようなクリスタル

中央に、昔の名残。星を散りばめたような白い宇宙に。・・・

けれども周りは驚くほど透明で

キラキラと虹が輝いている。

そんな、ハーキマーの水晶です。

 

ハーキマー水晶。

夢紡ぎのクリスタル。

夢はハートから願うものでなくてはなりません。

私利私欲のものでなく、全ての人たちが幸せになるように願う想い。

 

あなたの夢は何ですか・・。

そしてその夢は、どうしてあなたの夢となったのですか。

それが目指す意味は・・・。

 

この水晶は夢への実現へとサポートしてくれるクリスタルです。

そしてまた、愛を運び愛を広げていくことを祈りとする水晶なのだと思います。

ですから、その夢を同じくして持つ方々に・・

そんな方々に持っていて頂きたい・・と

そんな風に願っています。

 

そして、いつか夢が叶った時には

『 ありがとう 』・・・と

優しく紡いだ糸をほどいて

そのままの姿で愛でてほしいのです

やさしく・・掌で包んで、コロンコロンッ・・と撫でたり

そうして、愛してあげてほしいのです。

 

 

 

Aer Crystal

 


テーマ:

 

 

 

なんとなく

 

つまらない夜も

 

あったりするけど

 

・・・・

 

お空の上からみてみてよ

 

*

 

きっとそれも

 

しあわせなんだから

 

 

 

『 片付けなさ~い 』

 ٩(๑òωó๑)۶

 

バタバタと

片づけては散らかされ

また

片づけては散らかされ

 

『 ママ~来て~ 』

・・と呼んだかとおもったら

泣かれて

 

これができないといって

機嫌が悪くなり

 

そうかとおもったら

笑顔になって

『ママだ~いすき』って・・

 

あぁ・・私の気の休まる日ってあるのかなぁ・・

 

毎日が娘に振り回される日々

だけどさ

知ってたんだけどさ・・

しっかりママしてるんだよね

 

だから・・

いざ いないとなると

ちょっと淋しいな

 

*

 

今日はおじいちゃんたちの家に

お泊りです

 

 


テーマ:

 

 

 

そらからのおくりもの大地にみちて

 

そして

 

いつかあったあのそらへ

 

*

 

新しい始まりの鈴の音が

 

また

 

聴こえてきたよ

 

 

 

 

 

最近変更をしたブログのタイトル

いろんなことが変化してゆく中で

今というこの時期が

新たな旅立ちの時を迎えているという 

そんな予感

*

漸く始まったばかりの新たな出発に合わせ

いままで綴ってきたブログを

わたしなりに少しづつ整理してきました

 

ここに来るまでには必要だったのだけれど

今はもう・・必要がなくなったもの

前へと進むために今までは必要だった

肩書きのようなものを

一つ一つ整理しながら

 

新しい旅立ちの準備へ・・と

 

そんな想いで歩み始めた更なる出発点

わたしなりに・・というのはまだまだ未熟なもので

伝えたい何かがそこにあっても

その術すら まだ確かなものとして見つけられていない

・・・というのが現状で

 

その中の一つでもあるのが ブログの始まりのトップ写真

頭の中でのイメージングは明確にできていたのけど

今は まだそれを撮れる時期ではないことも知っている

心地悪いな・・と思いながらも

今ここにある中のものでは

かえって心地悪い

 

そんな折にかかってきた一本の電話

ブログをみていた姉が私以上に心地の悪さを覚えたようで

見るも見かねてたずねてきてくれたのです

 

一つ そしてまた一つと

わたしのイメージと重ね合わせながら

丁寧に仕上げてくれたトップ画像

 

ブログの表を飾る 美しい風景

 

これから歩み続ける

更なる可能性を秘め

今ここに・・・

 

 

 

*

 

チリンチリン♪

 

心に鈴の音が鳴ったよ

 

心からありがとう

 

 


テーマ:

 

 

 

自分がぶれることのないように

 

かっこよく生きなさい

 

常に自分を見失うことなく

 

かっこよく生きなさい

 

 

 

 

 

 

それはページを開いたその場所に記してあった

もう7年も前のことだけど

いろんなことで悩み苦しんでいたあのとき

父が伝えてくれたあの言葉

 

自分がぶれることのないように

常に自分を見失うことなく

かっこよく生きること

 

あれから7年・・

はたして・・私はあの頃よりも

かっこよく生きていくことが出来ているのだろうか・・

内側の自分を磨いてゆけているのだろうか

どんな時もぶれない自分を

みつけることが出来たのだろうか

改めて 自分に問いかけ始めたたこの瞬間

きっと意味があるからこそ この目にとまったのだろうな・・

 

いつもは寡黙な父だけど

必要な時には必要な言葉を

そっと投げかけてくれる

そして、それを私が私のここへ(ウチガワヘ)と落とし込むまで

ずっとずっと待っていてくれる

それが・・父・・

 

幸せだな・・・って

改めてそう思う

 

*

 

今日はどんな写真にしようかな・・と思っていたところに

今年撮ったばかりの

父が大切に育てているイカリ草の写真があったので

なんとなくそれを載せることにしました・・

初めて咲いたときには

『 香織。この花知ってるね? 』

『 イカリ草っていうんよ・・。 』・・と

嬉しそうに言っていたことを思い出します。

今は丁度葉だけの時期ですけどね・・。

お恥ずかしい話ですが、既に名前も忘れてしまっていたので

先ほど父に連絡して教えてもらったのですけど・・^^

 

イカリ草

花言葉を調べてみると

『 君を離さない 』 『 あなたをつかまえる 』

という意味があるそうです

その花の形が船の碇に似ていることから連想されたのが

花言葉となったようなのですが・・

 

波にさらわれないようにしっかりと固定する碇

そして、どんなときもぶれない自分

幾度となくおしよせる波に身を任せ

ゆらゆらと揺れながらも

その場所から離れることなく常にここに在る

 

うふふ^^

ふと見つけた画像だったのですが

なんだかピッタリ

 

そしてもう一つ嬉しいことに このイカリ草

4月8日・・・お釈迦様の誕生日の誕生花だそうで

なんだか嬉しさ倍増~

 

ん?

これって。。

やっぱりこの瞬間に改めて問い返されてない?

自分に問い 自分を見つめ返すとき

自分がどうありたいか

自分が何を大切にし、何を軸として生きてゆくのかを

改めて問い返すとき

いままでの反省と新たな決意と・・

 

全てに・・

ありがとうございます

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス