異なる大宇宙の創造主達 生まれ変わる宇宙と未来PART3

TAKESHIです
地球のアセンションは思わぬ方向に転がり始めました。
一般の皆さんはこのような創造主が、宇宙に存在している事さえも信じられないでしょうが、これが地球のアセンションの裏側で起きている真実です。
地球のアセンションは、ただ地球の波動が上がって地球人が進化していくというようなお気楽なお話ではありません。
それは、自分自身の成長をないがしろにして、地球人をアセンションさせないためにダークピープル達が仕組んだ罠なのです。
本当のアセンションは、光の創造主対闇の創造主、スターピープル対ダークピープル達がしのぎを削って争いあう世界なのです。
そして何も知らない地球人だけが、のんびりと夢を見ながら生きているのです。

異なる大宇宙の創造主達 生まれ変わる宇宙と未来PART3
 
第20評議会の創造主は、自分が作った宇宙が、まだ未熟である事を思い知らされたようです。
第20評議会の創造主の様な大宇宙を創造できる創造主は、私達の宇宙以外にも数名いるようです。
そして彼らは第20評議会の創造主を指導する第21評議会や第22評議会の創造主のもとで宇宙の創造を行なっています。
今回の件は、第20評議会の創造主では解決できない問題でしたので、第21評議会と第22評議会の創造主達がその解決のために、私達の宇宙に介入してきた宇宙の創造主と話をしてくれたようです。

翌日、第21評議会の創造主が私に事の成り行きを教えてくれました。
「TAKESHIさん、今回の事は第20評議会の創造主にはとても大きなショックだったようです。
彼が自分の闇との統合を図っている間、彼が作った大宇宙は大きなエネルギーの変調に見舞われました。
その様子は、他の大宇宙の創造主達にもはっきりと分かるほどだったのです。
そのために、他の大宇宙の創造主達が、皆さんの大宇宙を調べる為に、その変動の中心でもある地球に、物理世界に近い創造主達を送り込んできたのです。
元々彼等は、皆さんの宇宙を支配するつもりなど全くありませんでした。
彼等は、その当時あふれていた闇のエネルギーの波長に、自分達の波長を合わせて、私達の宇宙に入ってきたために、光40%台の世界と最初に遭遇し「メデユゥーサのような創造主」と出会ったのです。
彼等は「メデユゥーサのような創造主」が、この宇宙の本来の創造主であると思い、彼女の言葉を信頼したようです。
その後しばらくして「メデユゥーサのような創造主」が皆さんによって光に返されてしまいました。
その様子を見ていた異なる宇宙の創造主には、この宇宙は平和な宇宙ではなく、争いや支配が横行する宇宙のように見えたのでしょう。
確かに、少し前まではそうでしたので仕方がないことです。
彼等は、「メデユゥーサのような創造主」を再度生きかえらせると共に、彼らの方法で、皆さんの宇宙に統一感をもたらそうとして、自分達の宇宙のエネルギーを光40%台の宇宙に流し込んだようです。」

私達は、自分達が行なった事も、彼等に誤解されてしまったのだと思いました。
「彼らの宇宙のエネルギーは、光40%台にいる多くの創造主達の意識を変えてしまいました。
自分たちの仕事が終わるまで余計な邪魔をされたくなかったためでしょう。
彼らの思考には、今迄とは何の変化もない宇宙に見えるようにされていました。
そして、彼らの宇宙のエネルギーが光40%台の世界に満ち溢れてくると、この世界で優勢だった闇の力が今まで以上に強くなってきたのです。
彼等の宇宙には、闇と光という概念はありません。
私達の世界に2つの異なるエネルギーがあるので、優勢な方のエネルギーを強くすることで統一感が出ると考えたのかもしれません。
皆さんの多数決の理論と同じです。
その世界が同じエネルギーになって行けば、争いなどは少なくなっていきます。」

「しかし、他の宇宙の創造主が、アセンションの途上にある宇宙に関わる事は決して望ましい事ではありません。
皆さんの宇宙は、現在アセンションの只中にあり、進化の過程を体験しているところなのです。
皆さんの宇宙の未来は、皆さん自身の判断にゆだねられていますので、他の宇宙からの介入は止めなくてはいけません。
私達は、この宇宙の創造主のもとに行き、皆さんの宇宙との間にひらいているゲートを閉じで、異なる宇宙の創造主は撤退してもらう事をお願いしました。」

「それで、向こうの宇宙の創造主は何と答えたのですか。」
「彼等は、彼らなりの考え方で、皆さんの宇宙に入って行ったことを説明してくれました。
彼等は決して悪意があって行ったのではない事を皆さんにも理解してほしかったようです。
そしてゲートを閉じることを認め、自分達の方からもこれ以上関わらない事を約束してくれました。」
「私達の宇宙に入り込んできた3人の創造主はどうするのですか。」
「彼等は、このような事を見越して送られた創造主のようでしたので、私達の方で光に返しました。」

私はこのことがこれ以上大きな問題とならずに解決したことを嬉しく思いました。
今回関わってきた宇宙は今までの宇宙とは異なり、第20評議会の創造主でも対応できない宇宙ですので、今まで、私達のアセンションを妨害してきた宇宙とはレベルが異なります。
彼らがもし、本気で私達のアセンションを妨害しようとしてきたら、創造主とスターピープル達の長い間の苦労は一瞬で吹き飛んでいたことでしょう。

しかし気掛かりなことがあります。
異なる宇宙から私達の宇宙に流れ込んできた異質なエネルギーの処理を早く行なわなければ、私達の宇宙は大きくバランスを崩したままです。
スターピープル達からの報告では、光40%台の世界と光50%台の世界の境目が大きく崩壊し、エネルギーが乱れているようです。

「創造主よ、異なる宇宙との間のゲートが閉じたことはよかったのですが、すでに入り込んできている彼らの宇宙のエネルギーは、一体どうしたらよいのですか。」
「そこが大きな問題です。
皆さんの宇宙の創造主では、このエネルギーの処理はできないのです。
その為に、このようなエネルギーの処理を得意とする創造主の皆さんをお呼びしてありますので、TAKESHIさんゲートをお借りして、地球の物理世界のエネルギーの処理を行ないたいと思っています。」

第21評議会の創造主がそう言うと、今まで見たこともない鮮烈な光をもった創造主達が、すっと私の体を通り抜けるようにして、地球の物理世界に入ってきました。
「彼らはいったいどんな創造主なのですか。」私は思わず聞き返しました。
「彼らは、皆さんの宇宙の創造主ではありません。
非常に高度に洗練され進化した宇宙の創造主の皆さんです。
時折、このように異なる宇宙同士が接触して問題を起こしますので、その問題の対処をすることを得意としている創造主です。
彼等にお願いして、皆さんの宇宙の中に流れ込んでしまった異質のエネルギーの処理を行なってもらう事にしました。」

彼らは、非常に美しく力強い光を私達の宇宙に流し、異なる宇宙から流れ込んできたエネルギーを浄化しています。
もちろん、今回「メデユゥーサのような創造主」から復讐のターゲットにされた私と恵理さん、そして私の家にひらかれた大きな闇のゲートもきれいに片付けてくれるようです。
病院に入院した恵理さんも点滴を受け、少しずつ症状が回復しているようです。


アセンション・ブック 最新刊 発売
AB42 新しい夜明け5 生まれ変わる宇宙と未来  2018年7月


地球のアセンションはようやく終わりを迎えるかと思われましたが、最後になって姿を現した「異なる宇宙の創造主」によって地球のみならず天の川銀河全体が彼らによって完全に支配されていたことが判明、光の創造主とスターピープルそして私達は天の川銀河の真の独立とアセンションをかけて、彼らとの壮絶な戦いが始まりました。

現在アメブロに掲載している「アセンション最終章」の次のシリーズです。
大天使による光のピラミッドが、どのようにして生れてきたのか、
地球人が進化できなかった、本当の理由をあなたは知ることになります。

こちらからご購入ください。  500円
アセンション・ブックのダウンロードはこちらから
エンライトメント・クリスタル
別の宇宙の創造主の侵入 生まれ変わる宇宙と未来PART2



別の宇宙の創造主の侵入 生まれ変わる宇宙と未来PART2

美輝の創造主が私に言います。
「TAKESHIさん、問題はこの「メデユゥーサのような創造主」を誰が復活させたかです。
犯人が逃げないうちに急いで探してください。」
私はその言葉に我を取り戻し、「メデユゥーサのような創造主」の取り調べは他の創造主にお願いして、彼女を操っている創造主をさらに探すことにしました。
「ピカフラシュ、この創造主につながっているエネルギーラインをさらにたどってくれ。」
私の言葉を聴くと、ピカフラシュはすぐに動きだし、深い闇の中に入って行きました。

私達も、ピカフラシュを追い、闇の中を走り回ります。
すると、そこに今まで見たこともない存在が3人現れてきました。
私は第8評議会の創造主にこの存在の事を尋ねました。
「TAKESHIさん、この存在は創造主のようですが、私達の宇宙の創造主ではありません。
私達とはかなり異質のエネルギーを持っていますので、近づくと危険です。」

おそらくこの3人が、先ほど第20評議会の創造主が、今まで触れたことが無い未知のエネルギーと呼んでいたものの正体かもしれません。
私達の宇宙の創造主達とは大きく異なるエネルギーに多くの創造主が沈黙してしまいました。
そこに第20評議会の創造主が現れると、この3人の創造主達を自分の光のベールで包み、他の創造主達に影響が出ないように、彼らのエネルギーを隔離しました。

「第20評議会の創造主よ、この者達は一体誰なのですか。
私達の宇宙の創造主ではないとのことですが、すぐに捕まえて光に返したらどうですか。」と私は第20評議会の創造主に尋ねます。
「TAKESHIさん、彼らは、エネルギーからいっても、私達の宇宙の創造主ではない事は確かなようです。
おそらく光40%台の地球に、異なる宇宙との新しいゲートが勝手に開かれたのではないでしょうか。
今まで皆さんに関わってきた宇宙は、私が作った大宇宙の中の異なる宇宙でしたので、私の判断ですべての事が行なえましたが、彼らは私が作った大宇宙とは異なる宇宙から来ていますので、私だけの判断では彼等の処理ができませんのでしばらくお待ちください。」
そういうと第20評議会の創造主は、彼らを連れて消えていきました。
きっと第21評議会の創造主やさらに上の創造主のもとに相談に行ったのでしょう。

しかしながら、彼らを捕まえる事ができたおかげで、彼等が私達の宇宙の創造主に行なっていた意識のコントロールが解けてきたようです。
光の創造主に続いて、光40%台の創造主達も、彼らの呪縛から目覚めてきたようです。
私ととても仲が良い「闇の創造主を統治する創造主」が、すぐに私のもとにやってきました。
「TAKESHIさん、本当に申し訳ありません。
私としたことが、異なる宇宙の創造主とはいえ、自分の意識をコントロールされて光40%台の世界を守ることができませんでした。
すぐに光40%台の世界を調べてみると、異なる宇宙との間に大きなゲートが開いており、今でもその宇宙のエネルギーが流れ込んでいます。
もうすでに光40%台の世界は、彼らの宇宙のエネルギーに満ちていますので、彼らの支配下にあるといってもよいでしょう。
早く、このゲートを閉じなければ、彼らの宇宙から他の創造主もやってくるかも知れません。」

光の創造主と光40%台の創造主が、新しく開いたゲートの前に集まり、ゲートを閉じようとしますが、なかなかうまく行きません。
その時、第20評議会の創造主とさらに上位の創造主達が、私達のもとに戻ってきました。
第21評議会、第22評議会の創造主達は、光40%台の世界にあけられていたゲートを光で閉じています。
さすがに、いくつもの異なる大宇宙を統括する創造主です。
私達の創造主がいくら試してもふさがらなかったゲートがどんどん小さくなっていきます。

創造主達はゲートを閉じ終わると光40%台と光50%台の世界に流れ込んでいるエネルギーの浄化を始めましたが、こちらは、異なる宇宙のエネルギーが物理世界にまで入り込んでしまったために思ったようには進まないようです。

第20評議会の創造主が、私達のもとにきて今回の件を説明してくれました。
「TAKESHIさん、そして皆さん、私達が気付かないうちに、異なる宇宙とのゲートが開かれてしまった事に私も驚いています。
このゲートは、私が、自分が分離した闇との統合を図っている間にひらかれたようです。
私が、闇との統合を図っている間、私達の宇宙は、一時的に闇のエネルギーが強くなりとても不安定な状態になっていました。
その為に、彼等が来た宇宙との間に共鳴関係を起こしてしまったのです。
通常であれば、その様な事くらいでゲートは開かれないのですが、私達の隙をついてゲートを開かれてしまいました。
先ほどの3人の創造主を送り込んだ宇宙の創造主達は、光と闇の統合を行なっている私の様子を見て、私達の事がとても幼く稚拙に見えたのでしょう、自分達の宇宙の創造主を派遣して、私達がどのような対応をするか試してみたかったようです。
彼らは、私達の宇宙と接触したときに、最初に「メデユゥーサのような創造主」に出会いました。
そして彼女から私達の宇宙にかかわる合意を得て、光40%の世界にゲートを開いたようです。
「メデユゥーサのような創造主」も、私が闇との統合を終えたならば、自分もやがて光に返されると思ったのでしょう。
異なる宇宙から来た創造主達と出会った時に、自分の事を助けてもらおうと考えたようです。
「メデユゥーサのような創造主」は、もし自分が光に返されたなら、自分をもう一度生まれ変わらせて私達に復讐することを手助けしてほしいと彼等に頼んだのです。」

「それで「メデユゥーサのような創造主」はふたたび生まれ変わって、私達に復習してきたのですね。」
「そうです。
しかし、私達に復讐する為に「メデユゥーサのような創造主」は、彼等と大変な約束をしてしまったのです。」
「それはどういう事なのですか。」多くの創造主が私達の会話を真剣なまなざしで聴いています。
「「メデユゥーサのような創造主」」は、自分を生まれ変わらせて私達に復讐したならば、この地球と地球が属する宇宙を彼等が支配しても良いと約束したのです。」

この言葉に多くの創造主が驚いています。
「あの3人の創造主達は、光40%台の世界の創造主だけでなく光50%台の創造主達に対しても、意識をコントロールしていたのは、自分達がこの宇宙を支配しようという考えがあったからですか。」
「ある意味そうだったと思います。
彼等が来た宇宙は、私達の宇宙よりもはるかに大きくて古い宇宙です。
私達よりも、優れた力を持った創造主達も沢山いますから、私達の宇宙そのものを乗っ取る事も決して難しい事ではありませんでした。
しかし、私達の宇宙に送り込まれた創造主は、彼らの宇宙の中では最下層の創造主でそこまで大きな力を持っていない創造主だったのです。
力を持っていないといっても、私達の第1評議会や第2評議会の創造主達に比べると、創造主達のマインドコントロールを一瞬にして行うほどですから、私達とは問題にならないほどの力を持っています。
しかし、本気で私達の宇宙を手に入れるつもりなら、もっと力が強い創造主を大量に送り込んできたでしょう。」

「そうですね、彼らの宇宙の創造主が本気を出して来たら、私達は全く太刀打ちできなかったことでしょう。」
と私も答えます。
「という事は、彼等にしてみれば、私達の宇宙を手に入れようという気持ちはなかったと思われます。
この宇宙の創造主達は、私達の宇宙がどれほど成熟しているのか、あるいはこのような危機の時に、どれだけしっかり対応できるのか見てみたかったのだと思います。」
「その様なことをして、彼等に何か利益があるのですか。」
「利益などは創造主には関係がありません。
ただ、成熟していない宇宙は、ときおり他の宇宙に迷惑をかける時がありますので、私達にもっとしっかりとした宇宙を創造するように警告をしに来たのかもしれません。」
第20評議会の創造主はすこし悔しそうな表情を浮かべます。

「しかしそのために、かってに私達の宇宙にゲートを開いて、入ってくることは許されないはずです。
彼等は、創造主としてのルールを破ったのではないですか。」
「いえ、彼らは正当なやり方で、私達の宇宙に入ってきました。
例の「メデユゥーサのような創造主」が彼等に許可を与えたのです。」
そういうと第20評議会の創造主は、言葉を閉ざしてしまいました。

しかし、このあたりで恵理さんの体の様子は更に悪化して、座ってもいられない状態になってきました。
スピリチュアル・レベルでは原因が解決したとしても、物理世界では、その影響はまだ残っています。
いえ物理世界でのサイキックアタックの影響は、これからが本番と思ったほうが良いかもしれません。
このままでは危険ですので、創造主との話を打ち切り、彼女とお腹の中の子供の安全のために、すぐに病院に行く事にしました。

私達の体のメンテナンスをしてくれているクワトロ星人も、異なる宇宙の創造主達の異質なエネルギーが恵理さんや私の体にたくさん入り込んできているために、手の施しようがなく、せめて物理世界での診療を行なうように進めてくれています。
また、いつも私達の体の不要なエネルギーを浄化してくれるレインボースターピープル達も、異なる宇宙のエネルギーを処理することができないようです。

私達が、急いで行きつけの病院に行くとすぐにかかりつけのお医者さんが診てくれました。
原因ははっきりしないようですが、腎臓に大きな炎症が起こっており、胃腸もだいぶ弱っているようです。
お医者さんは、恵理さんにすぐ緊急入院を指示し、そのまま入院することになりましたが、もう少し来るのが遅ければ、切迫流産の可能性もあったようです。
もし、この「メデユゥーサのような創造主」と異なる宇宙から来た創造主を見つけることが、もう少し遅ければ、お腹の子供に大変な問題が起きていたかもしれません。
そうなると、創造主達の太陽種族を生みだす計画に大きな問題が生じることになります。



アセンション・ブック 最新刊 発売
AB42 新しい夜明け5 生まれ変わる宇宙と未来  2018年7月


地球のアセンションはようやく終わりを迎えるかと思われましたが、最後になって姿を現した「異なる宇宙の創造主」によって地球のみならず天の川銀河全体が彼らによって完全に支配されていたことが判明、光の創造主とスターピープルそして私達は天の川銀河の真の独立とアセンションをかけて、彼らとの壮絶な戦いが始まりました。

現在アメブロに掲載している「アセンション最終章」の次のシリーズです。
大天使による光のピラミッドが、どのようにして生れてきたのか、
地球人が進化できなかった、本当の理由をあなたは知ることになります。

こちらからご購入ください。  500円
アセンション・ブックのダウンロードはこちらから
エンライトメント・クリスタル
アセンション・ブック 最新刊 発売
AB42 新しい夜明け5 生まれ変わる宇宙と未来  2018年7月


地球のアセンションはようやく終わりを迎えるかと思われましたが、最後になって姿を現した「異なる宇宙の創造主」によって地球のみならず天の川銀河全体が彼らによって完全に支配されていたことが判明、光の創造主とスターピープルそして私達は天の川銀河の真の独立とアセンションをかけて、彼らとの壮絶な戦いが始まりました。

現在アメブロに掲載している「アセンション最終章」の次のシリーズです。
大天使による光のピラミッドが、どのようにして生れてきたのか、
地球人が進化できなかった、本当の理由をあなたは知ることになります。

こちらからご購入ください。  500円
アセンション・ブックのダウンロードはこちらから
エンライトメント・クリスタル
甦った闇の創造主 、生まれ変わる宇宙と未来PART1

TAKESHIです
アセンションブックの最新刊「生まれ変わる宇宙と未来」がもうすぐ発刊されます。
今日からは新シリーズでアセンションの状況をお送りしたします。
時期的には5月6月の話ですが、この時期に、今までのアセンションが180度ひっくりかえるような事件が起こりました。
それは、私達の地球だけでなく天の川銀河のすべての生命、スターピープルもダークピープルも含めて、私達すべての過去と未来を大きく揺るがすような出来事でした。
私達の地球と宇宙は、5月から6月の間に劇的な変化を起こしたのです。
それは、今回からご紹介する、私達とは異なる宇宙に存在する創造主達と私達が繰り広げた壮絶な戦いの物語です。
今回から4回分は前回のアセンションブックからのご紹介です。


甦った闇の創造主 生まれ変わる宇宙と未来PART1

5月になってから、前章でご紹介した新たに生み出された種族の救出活動を行っていたのですが、その頃から、私達の体調が少しずつおかしくなってきました。
家にいても落ち着かなくなり、夜もゆっくりと休むことができなくなってきたのです。
スターピープル達に原因を聞くと、捕らわれていた種族のスピリットの多くが光40%台の世界にいた為に、私達の体にも光40%台のエネルギーが流れ込んできたのでしょう、と答えます。

スピリチュアルの世界では、完全に分離が終わったとはいえ、物理世界ではまだこの2つの世界の人々は交流できますので、私達も光40%台の世界に生きる人々と関わる事になります。
その関わりは、仕事や日常生活での関係であれば大した問題はないのですが、スピリチュアル的なレベルの関わりになると、私達と相手のスピリットは深い関係を築きますので、その人をとおして、その人が存在している世界のエネルギーが私達に流れ込んでくることになります。

特に、相手の人が様々なヒーリングやスピリチュアルな活動を行っている場合は、その裏に潜むダークピープル達が、その人のスピリットを自分達から奪われないために、その人のゲートを通して私達にサイキックアタックをかけてくることがあります。
今回は、その様なことが無いように、ダークピープル達には、私達が光40%台の世界にとどまる事を希望するスピリットを無理やり、光50%台の世界に連れていく事はないという事を約束して、スピリットの救出を行なっていますので、彼等が私達にサイキックアタックをかけてくることはないはずです。

しかしながらゴールデンウイークの後半になると、私達の体調不良は更にひどくなります。
私は頭が締め付けられるような感じや腹痛が続きます。
私の仕事がらとても大切な右手の親指にも痺れるような痛みが走ります。
そして恵理さんは、妊娠している体に大きな負担がかかってきているようです。
腹痛だけでなくお腹がはり、背中や腰にも耐えがたい痛みが走ります。
これは、放っておいたらお腹の子供にも大きな影響が出そうです。

美輝が生まれる時も、地球のアセンションを妨害しようとする闇の創造主からサイキックアタックを受け、胎盤の機能不全に追い込まれ、危うく美輝の生命を奪われそうになった事がありました。
その時は、緊急の帝王切開で低体重ながらも、何とか美輝を生む事ができたのでよかったのですが、闇の創造主達は太陽種族が生まれないように様々なアタックを仕掛けてきますので注意が必要です。

私達は気になって第8評議会の創造主や「闇の創造主を統治する創造主」に、まだ闇の創造主が残っているか聞いてみました。
「TAKESHIさん、私にはその様な創造主がまだ残っているようには思えないのですが、一体どうしたのでしょうか。」と「闇の創造主を統治する創造主」は答えます。
確かに、アセンションもまもなく終わろうとする今、その様な闇の創造主はもうすでに処理を行なっていなくなっているはずですので、私達にこれだけのサイキックアタックがおこる原因が理解できません。

私達は、ロッド星人や太陽種族のフレッド等いつものメンバーを呼びだして、私達に影響を及ぼしている原因をしらべてもらいましたが、彼等にはその原因がつかめないようです。
「TAKESHIさん、私達には、TAKESHIさんや恵理さんを苦しめているエネルギーが特別あるようには見えないのです。
これもTAKESHIさん達が光40%台の世界の人々に関わっているために、物理世界の人々の感情や依存心が、恵理さんの体に影響を与えているのではないでしょうか。」

ロッド星人はいつもの言葉を繰り返しています。
しかし、私達には、ロッド星人達の対応が少しおかしく感じられます。
もしかしたら、スターピープル達の行動を妨害して、私達に影響を与えているエネルギーを見破らせないようにしている可能性もあります。

私は急いで上位のスターピープルや各評議会の創造主達を呼びだして調べてもらいますが、誰も確固とした原因がつかめないようです。
私は頼みの綱である第20評議会の創造主を呼びだします。
私達が生きている宇宙だけでなく多くの宇宙の全てを司る最高レベルの創造主ですから、彼が調べて分からない事は今までありませんでしたし、通常の創造主では入れない場所にも彼のスピリットの一部は自由に入る事はできますので、私達に起こっている事の理由が分かるはずです。

私達が第20評議会の創造主を呼びだした時、彼は何かを一生懸命調べているようでした。
「第20評議会の創造主、一体どうしたのですか。
私達は、このところ体調が悪く、大変なサイキックアタックを受けているのではないかと思います。
このままでは新しく生まれてくる龍治の生命も危険にさらされるかもしれません。
一体何が起きているか教えてもらえませんか。」
「TAKESHIさん、実は私達も異常なエネルギーを感じて、その原因を探っているのですが、まだ分からないのです。
私も触れたことが無いエネルギーが、皆さんの地球に入り込んでいる様なのです。」

私は一瞬、「しまった!」と思いました。
第20評議会の創造主にとって未知のエネルギーが私達を襲っているという事は、私達の宇宙とは異なる存在が関わってきている可能性があります。
私達が気付かないうちに、地球のアセンションを覆すような大変な出来事が裏で起きているようです。
ロッド星人や多くの創造主達も、そのエネルギーによって意識をコントロールされ、何も気づかない状態にされている場合があります。
これは見逃してしまうと、恵理さんの体と子供の命が危険にさらされてしまいます。

その時、近くで美輝が大きな声を上げて泣き始めました。
このような時は、美輝のスピリットに自分の一部を降ろしている創造主が何かの情報をつかんでいる可能性があります。
美輝のスピリットの元となっているのは第18評議会の3人の創造主の1人である「パワーの創造主」ですが、物理世界に近い世界の探索や処理を行なうために、あえてこの地球にそのスピリットを降ろしているのです。

私達は美輝の創造主を呼びだします。
「TAKESHIさん、恵理さん、私達、創造主でさえも予想をしていなかったことが起こっています。
すぐに探索を始めてください。
その間、私が相手のエネルギーを遮りますから、見つけることができるはずです。」
私はすぐにピカフラシュを呼びだしました。
ピカフラシュは、ある意味、機械のような性質をしており自分の意思を持ちませんから、他の創造主からの意識のコントロールを受けずに、忠実にエネルギーを追いかけることができる唯一の存在です。
今回は、このピカフラシュに、私達の希望の全てをかけてみることにします。

ピカフラシュはすぐに恵理さんのお腹や背中に影響を与えているエネルギーを調べると、その発信元を探すためにある方向に向かって走り出しました。
恵理さんもさらにひどくなるお腹の痛みをこらえながら、ピカフラシュの行く先を霊視します。
そして第20評議会の創造主をはじめ、多くの創造主達が恵理さんのビジョンを通して、何が起きているか調べています。

やがてピカフラシュが、1人の闇の創造主を見つけました。
まるでメデユゥーサの頭のように、何匹もの蛇がその創造主の頭から首を持ち上げ、怒りに満ちた息を吐きかけてきます。
その姿を見た多くの創造主達が驚いています。

「TAKESHIさん、この創造主は、多くのヒーリングやスピリチュアルな活動を利用してたくさんの地球人やスターピープル達のスピリットをとらえていた創造主でしたね。
この創造主は、私達がすでに光に返したはずなのに、ここにいるという事は、誰かが彼女を生まれ変わらせたか、過去にさかのぼってこの創造主を連れてきたか、どちらかでしょう。
しかし、光40%台の世界には、その様なことができる創造主はいないはずですが、」

私はすぐに光40%台の世界を担当する「闇の創造主を統治する創造主」を呼びだしましたが、彼はこの創造主が復活したことも、40%台の世界が新たな闇のエネルギーに襲われている事にも気づいていないようです。
あれだけ用心深く、闇の創造主の事を知り尽くしている「闇の創造主を統治する創造主」さえも、未知のエネルギーから意識のコントロールを受けてしまっているようです。

しかしこの「メデユゥーサのような創造主」が復活していたとするならば、私達に対して、これだけ強力なサイキックアタックを仕掛けてくる理由は分かります。
この創造主は、私達によって光に返されてしまったので、光の創造主は勿論、私達に対しても大きな怒りを持っていますので、私達に復讐してきても不思議ではありません。
しかし、そのサイキックアタックが彼女だけのエネルギーであれば、光の創造主やスターピープル達もすぐに検知できたはずです。



自分の人生を取り戻すこと、「6大天使の光のピラミッド」の感想より

TAKESHIです
今日は「6大天使の光のピラミッド」の感想からご紹介したいと思います。
感想を頂いたKさん、ありがとうございました。


TAKESHIさんの誘導で
なんだか赤っぽい険しい山が見えてきました。
そして、マントを頭からスッポリ被ったとても恐ろしい黒い存在。
そして多分過去の私であろう亡くなってしまった私。
この恐ろしい存在は、私が生きてる中で何者かに支配されているような感覚を生み出したような存在。
私の身体を通して、人々に威圧感を与えるような感覚が時々あったので、なるほどと思いました。

今度は海に身を投げた女性。
夜の海を見てると、時々闇に呑まれるような感覚で怖かったことを思い出しました。

大天使たちの優しい光のピラミッドと、ちらつく黒い影の人たち。
その人たちがだんだん遠くに見えなくなっていきました。
そう言えば私は、本当に心から笑った事がないかもしれません。ずっとダメな人間、変り者扱いされて怯えているのに
強いふりしていた。

そんな心が少しずつ溶けていくような
身体の力が抜けて、涙が溢れてきました。
本来の、私のまんまで生きていきたいと強く思い
けれど心は柔らかく爽快で霧が晴れたような感じです。
そして大天使たちとTAKESHI、エリさんに感謝します。

ありがとうございました。

***********
TAKESHIからのメッセージ

今回のアチューメントを行っていると、皆さんの過去世が思った以上に、皆さんの今の人生に大きな影響を与え、皆さんが自由に生きていくことを妨害していることがわかりました。
それは、皆さんが幸福に生きることだけでなく、皆さんの夢や理想を打ち砕いていくのです。
そして、その過去世の中にとらわれてしまったあなたのスピリットは、本来のあなたから分離され、暗い闇の中に閉じ込められてしまうことがあります。
その状態ですと、重い病気にかかったり精神的な疾患や問題を抱えることもあります。

そこまでいかなくても、幸福な家族が作れなかったり仕事や人間関係で常に問題を抱えたりします。
毎日がそのような日々の連続ですと私達は生きる気力も人間として成長しようという気力も失ってしまい、誰かに依存したり、世の中の流れに身を任せるだけの人間になってしまいます。

そのために、自分にとって不要な過去を切り捨て、ネガティブな感情に惑わされないようにしなくてはなりません。
そして自分の失われたスピリットの一部を取り戻し、肉体的精神的にも充実した人生が送れるようにしてください。

ご興味がる方は、「大天使の光のピラミッド」の記事をよく読まれてからお申し込みください。


梅雨も明け始めた9日
家族で里帰りをしてきました。
6月は、恵理さんの実家に帰るついでに東京ディズニーリゾートに行ってきましたが、今回は長崎県佐世保市にある私の実家に里帰りです。
10月になると次の子供が生まれるので、しばらくは帰る事が出来ませんので、里帰りしてきました。
そして里帰りしたついでに行く場所は、ハウステンボスです。
私も恵理もテーマパークが大好きですが、今回も大変なゲート処理が待っていました。

今回は楽しい写真のご紹介。
ハウステンボスにちょうどピカチュがやって来てくれました。


最近のみーちゃんのマイブームはディズニーとポケモンです。
1歳半の幼児がポケモンにはまっているのも不思議なのですが、みーちゃんはアマゾンプライムの動画で初期のポケモンのテレビシリーズをずっと見て楽しんでいます。
生ピカチュに会えて大喜び。


そしてみーちゃんとママが大好きなものがもうひとつあります。
それがハウステンボスのミュージカルです。
ハウステンボス歌劇団は宝塚歌劇団からも人が入り、目覚ましく上達しています。

そしてこの日、ハウステンボス歌劇団とともにミューズホールで公演を行っていたのがこちらの劇団、演目は奇跡の薔薇、
私達が想像していた以上に素晴らしい歌と踊りでした。
内容は、美女と野獣のベル達の娘の物語です。
とても面白い内容でした。
気になる方はハウステンボスのホームページをご覧ください。

初夏の恵み

テーマ:
鹿児島では梅雨も明けようとしています。
私の家の花壇でも美味しそうな初夏の恵みが実っています。
私の大好きなブルーベリーです。


この季節になるとこのブルーベリーを食べたくなるのです。
私の家には3本のブルーベリーの木がありますよ。


そしてこちらはミニトマト。
ミニトマトは初めて作ったのですが、天候も悪い中、しっかりと育ってくれました。
これからどんどん収穫できると思います。

奥様もみーちゃんも大喜びです。
TAKESHIです

「光のピラミッド」のアチューメントを始めてから1週間たちました、
毎日3名ずつ、私と恵理で協力しながら行っています。
アチューメントを受けられた皆さんのほとんどが、まだ自分のスピリットを統合できずにいます。
自分自身のスピリットを大切にすることができず、自分自身を憎んだり、自分への自信を無くしてしまったために、自分のスピリットの一部を手放したり、闇の存在達にとらわれたりしています。

このアチューメントでは、そのような状況を解決しながら、その方の過去世を見ていきます。
そして、その人に不要な過去世やその方の意識進化の妨害をしている過去世を見つけ出し、その人から分離していきます。
それらの過去世は、仕組まれた過去世ですので癒すことはできません。
しかし、その過去世を分離することによって、その方の精神状況や、いまおかれている立場を改善することができるのです。

このアチューメントは本来ならば、光の世界に行くべきである人達を救い出すためのアチューメントです。
もうラストチャンスといってもよいかもしれません。
この機会にできうる限りたくさんの人を、光が多い世界へと連れて行きたいと思っています。
まだ一度も私達のアチューメントを受けたことがない方も歓迎いたします。

それでは、「6大天使の光のピラミッド」を受けてくださった方の感想をご紹介します。
Kさんありがとうございます。(1部編集してあります。)

お申し込みはこちら 宇宙の光予約サイト



TAKESHI 様、エリ様

本日は大天使のピラミッドのアチュンメントをありがとうございました。
わたしは20年以上前からいろんなヒーリングを受けていましたが、
今回は今までにないものでした。

ずっと自分の中に何か使う必要があるエネルギーがあるような気がしていましたが、
それが何か感じるわけでもなく、見えない存在からメッセージが聞こえるわけでもなく
自分はスピリチュアルに憧れながら、そう言う素質はないものだと思っていました。
数年前から前に感じていたような、ハートが温かくなるような愛の感覚が感じられなくなり
わずかに感じていた見えない存在達のサポートも感じられなくなり、
習ったレイキも感じることができずする気もなくなり、
何も感じなくなってしまったわたしは
アセンションの記事を見るたび怯えました。
何も感じられないわたしはアセンションから外れていると。
TAKESHI さんのブログを見るたび、恐れが出ました。

去年12月エリさんから大天使ザドキエルのアチュンメントを受けて、大きく変わったことがありました。
それでもまだわたしはネガティブに引き戻され、鬱っぽくなり不安症になっていました。
みんなアセンションしてしまってわたしだけ1人取り残されてしまうのか?
わたしはこれからどうなるんだろう?
不安と恐ればかりに囲まれました。
体調も前より体力がない感じで、動悸がしたり体の右半分に力が入らなかったり、もっと不安になりました。
ネガティブな思考ばかりに囚われていました。

そんな中6月中頃大天使ザドキエルが気になりだしました。
そうだ、アチュンメントを受けたのに、ちっともサポートをお願いしたりしていなかったなと。
そんな時また、TAKESHI さん達のブログを見ました。
またアチュンメントを受けてみようかな、と思っていました。
見始めた時まだこのアチュンメントはありませんでした。
わたしはTAKESHI さんからイエスとマリアのアチュンメントを受けようかなと思って、申し込もうとしましたが、
申し込みのボタンを押すときになってなんとなくやめました。
そしてまた違う日にブログを見た時、このアチュンメントが新しく出たのを知って
手が勝手に動くように、トントンと予約していました。2日後の予約です。

わたしはずっと自分の人生の目的はなんなのかと思って来ました。
今日のヒーリングでたくさんのことがわかりうれしかったです。
紫のピラミッドの下に囚われた愛は戻ったのでしょうか?
でも囚われるのには自分の弱い部分があってそれに付け込まれたのだと思います。
わたしは自分に本当に自信がないんです。
でもこれからはもっとしっかり本気で自分を大事にして信じて自信をつけていかなくてはと思いました。

今日は本当に濃いヒーリングでした。
2時間くらいたったような気がしましたが、1時間とちょっとでした。
ヒーリング中は涙がたくさん出て、終わったあと鏡を見たらスッキリした顔をしていました。
しばらく放心状態でした。自分の周りが明るい感じがしました。光が包んでくれていたのでしょうか?
離れ離れになった仲間達に会えるといいなと思っています。

またお二人からアチュンメントを受けるのを楽しみにしています。

ありがとうございました!


TAKESHIです

今回の突然の大雨と洪水によって悲しくも無くなられた方、けがをされたり住む家を失われた方が、安らかな日々を送ることができるように祈っています。
そして家族や友人たちが、この災害に巻き込まれた方達の心と魂が癒されますように、大天使達に祈りを捧げたいと思います。

「偉大なる大天使達よ、偉大なる光の存在達よ、
悲しくも、命を失われた方達を安らぎの世界へお導きください。
そしてけがをしたり、家を失った方たちの心と体を癒してあげてください。

地球に生きる多くの人たちが、地球の環境と心を一つにして
大きな災害が起こらないようにお導きください。」

私達は、いつでも災害が起きた時は、その災害の悲惨さに焦点を当ててしまいますが、私達がいつでも平穏な気持ちで生活し、怒りや憎しみなどの感情を発散させることがなければ、地球の環境も今よりも安定して、火山噴火や地震、大洪水などの自然災害が起こることも少なくなると思います。

普通の方には、私達の感情と自然災害との関連は全くないように思えるかもしれませんが、実は大きなつながりがあるようです。
特に地震や火山噴火、そして長期にわたる大雨は、私達の心の中にあるネガティブな感情(怒り、憎しみ、妬み、不満、恐怖、悲しみ、自己否定など)の発散と深い関係があります。
人間の心の奥底にある感情のエネルギーはとても大きいものです。
その感情は、私達人間の行動の原動力ともなりますが、ネガティブな感情から生まれた言動は、ネガティブな結果しか生み出しません。
そして、そのネガティブな感情は、地球の多くの生命や地球自身のエネルギーを不安定にさせてしまいます。
その不安定さから、地震や火山噴火なども起きるのではないかと思っています。

これは人間の目には見えないことですので、誰も信じる人はいないかもしれません。
しかし、スピリチュアルな世界で起きていることを少しでもかいま見ることができるのならば、私が言っていることも分かってくださるとおもいます。

どうか、自分自身の感情を自分でコントロールすることができるようにしてください。
自分の心の中でどのような感情が動き、その感情をどのように発散しているのか、注意深く見つめてあげてください。
そして、穏やかな地球を守るために、自分たちの心からネガティブな感情を光で浄化し、愛と喜びの感情に満たしましょう。

アセンションをむかえた地球、アセンション最終章38

ときどき、地球のアセンションが起こると全てが一度に変わって素晴らしい世界になるのだと思っている人がいます。
私も、以前はそう思っていましたので、アセンションにとても大きな希望を抱いたものでした。
特にアセンションが進むにつれ、ダークピープルや闇の創造主からのサイキックアタックで死にそうな目に合ったこともありましたし、私の会社もスタッフが辞めたり売り上げが急降下して倒産寸前まで行きましたので、地球がアセンションすれば、全てが変わる、全てが変わってほしいと、必死で願っていたものです。
人は苦しくなればなるほど、誰かにすがりたくなります。
そのころの私達もすがるような思いでアセンションのために働いていました。

それでは、地球のアセンションが完了するとどの様な変化が起きるかを、私なりに説明してみたいと思います。
スピリチュアルな世界ではもうすでにアセンションは終了していますので、大きな変化が起こりました。
地球や地球が属している宇宙を荒らしまわっていた「闇の創造主」の多くが光に帰り、私達の宇宙を統括する光の創造主達による宇宙の仕組みが完成したようです。
そして闇の創造主に捉えられていたスターピープルや地球人のスピリットも解放され、私達の宇宙は健全な成長を迎えることになります。

しかしながら、私達の地球はアセンションが完了しても全てが一度に変わるわけではないのです。
他の星の場合は、その星に住む種族たちの意識は一つに統合されており、種族が成長した証として、その星ごとアセンションしますので、新しいステージに入る事をその星に住む全ての人達は喜びをもって迎えます。
しかし、地球のアセンションは、地球人がアセンションの事をほとんど知りませんので自分達に何が起きているか理解する事が出来ません。
そのために、地球では、多くの人たちが共に住む物理世界が一度に変わることはありませんでした。
地球のアセンションは、他の星のアセンションと違って、異なる波長をもつ人々を分離する事からはじまったのです。

最初は、創造主達も地球人全てをアセンションさせて、地球人の種族そのものを進化させようと考えていたようですが、地球人は様々な価値観を持っており愛の度数も人によって全く違います。
地球人としての進化を望まず、欲望のままに暮らしたいと考えている地球人も多数いました。
しかも、地球には多くのダークピープルがかなり昔から入り込んでおり、地球人をコントロールしたり、地球人と一体化して地球の物理世界を支配していたのです。

スターピープルや光の創造主は、闇の創造主によって、その力を抑え込まれておりましたので、十分に活躍することが出来ず、地球は闇の多い世界になってしまっていたのです。
このままでは地球人を進化させるどころか、彼らによって捉えられたスターピープルや地球人のスピリットさえも助け出すことが出来ない状態でした。

創造主は、その現実を見て、地球人の全てをアセンションさせるのではなく、地球人として進化していく資質を持っている人だけを救い出しアセンションさせるしかないと考えたのです。
そのために、光を多く持った地球人や愛の度合いの高い地球人、純粋で優しい心を持った地球人を地球の物理世界から助け出すことをスターピープルに命じたのです。

地球のアセンションは、地球をいくつかのパラレルワールドに分け、様々な価値観を持つ人々や異なる波長を持つ人達を、それぞれの地球に分離することを第1目的とすることにしました。
そして地球人として進化を望む人達や光が大きい人達、愛の度数が高い人達を光が多い地球へと送り、そうではない人達と異なる世界へ分けることにしたのです。
そこは光51%以上の世界ですから、光の創造主達が統治する世界となります。

同じ地球人でも、自分のことばかり考えている人や経済的な利益ばかりを追い求めている人、他人を支配したり他人の物を略奪することに喜びを覚えている人達は、スターピープルたちがどれほどメッセージを送っても振り返ろうとしませんので、彼らは今までと同じ地球に残り、今までと同じような世界で暮らすことになります。
このような人達の生活や人生は今までとは何一つ変わることがありませんのでアセンションが起こっている事には全く気付きません。
これが「物理世界での人々の分離」と呼ばれているものです。

「物理世界での人々の分離」を簡単に説明すると、皆さんが中学校を卒業して、次にさまざまな学校に行ったり就職したりすることに似ています。
中学校までは、どのような子供達であっても同じクラスで同じような教科を学びます。
全ての子が分け隔てなく生きることができます。
これが今まで、皆さんが生きてきた地球の在り方でした。
皆さんがどの様な人であったとしても、全ての人と同じ物理世界に生きることが出来ました。
そして考え方が全く異なる人とも自由に会って会話をしたり学び合うこともできたのです。

しかし中学校を卒業すると、皆さんは自分の目的や価値観に合わせて様々な学校に行ったり、就職することになります。
もっと勉強して大学に行きたいと思う子は普通科に行きますし、工業や技術を学びたい子は工業高校、農業を学びたい子は農業高校、社会に出る準備をしたい子は商業高校に行きます。
芸術や音楽など特別な技能を身に着けたい子はその様な学校に行くか自分独自で修行します。
あるいは進学せずに、会社などに入社して社会に出る子もいます。
どの道を選択しても自由ですし、どの道が良いとか悪いという価値判断もありません。
ただ自分が行きたい道に進むことになるだけです。

地球のアセンションも同じです。
今の世界がよいと思う人もあれば、もっと争いが多くサスペンスな世界が良いと考える人もいます。
あるいは、経済的、政治的に成功して、もっと豊かになりたいと考えている人もいます。
あるいは、豊かな愛の世界に行って地球人として進化したいと考えている人もいるでしょう。
現在の地球のアセンションは、それぞれ自分達が望む世界に分かれて歩みはじめた状態です。

これから、皆さんは自分が望む世界で生きていくことになります。
しかし自分の意識と行動が伴わなければ、自分が望む世界に行く事はできません。
いくら光が多い世界に行きたいと思っていても、自己中心的な生き方や他人に依存するような生き方をしていては、決して光の世界に行くことはできません。
また憎しみや怒りの感情、不安や恐れ、悲しみの感情に支配されていては、愛に満ち溢れた人々と同じ世界に行くこともできません。
皆さんが、どの様な願いを持とうとも、現在の自分に見合った世界に行くことになります。

しかし、光の多い世界やアセンションした世界についたからといって、そこがまるで楽園のような素晴らしい世界であるわけではありません。
最初は、あなたが今まで暮らしていた世界とほとんど変わりない世界です。
その現実にがっかりする人もいるかもしれませんが、アセンションが完了するとすべてが変わる、という期待はすべて捨ててください。

アセンションした世界は、初めから理想の世界があるわけではなく、これから作り上げていかなければならないのです。
しかし、そこに生きている人達は、愛の度数が高く地球人の意識進化を望んでいる人達ばかりですので、今までとは異なる素晴らしい未来が開けてきます。
一緒に生きているだけでも、楽しい気持ちが伝わってくることでしょう。
そして、あなた自身が多くの仲間達と共に、すばらしい未来を作り上げていくのです。
だれかが、自分のために光の楽園を作ってくれると考えている人は依存心が強い人なので、初めから光の世界に入ることはできません。

1人1人が、光の世界を作り地球人として意識進化してスターピープルになっていく事が大切です。
その為に必要なことは、私達の友人であり、教師であるスターピープル達が指導してくれることになっています。
光が多い世界では、先ず地球をサポートしてくれるスターピープル達との交流も始まるでしょう。
彼等は何時でも注意深く私達の事を見守り、地球人がアセンションしていく事をサポートしてきました。
私達は、常に彼等の助けを受けていたのですが、彼らの事は全く知らずに過ごしてきたのです。

光が多い世界では、皆さんの心の準備ができたら、スターピープルとのファートコンタクトも行なわれることになっています。
皆さんが、スターピープルに対する恐れや不安、そして助けてもらいたいという依存心を捨て、地球人の進化のために、良き先輩としてアドヴァイスをくれる存在であると理解したとき、ファーストコンタクトは行われます。
それ以前にも、スターピープルは皆さんの夢の中に現われたり、潜在意識に働きかけて、皆さんの意識が活性化していく事をずっと助けていました。
彼等の助けがなければ、光の世界に行ける地球人は本当に数えるほどしかいなかったことでしょう。

しかし、光が多い世界では、数年のうちにスターピープルが地上に姿を現し、私達の新たな進歩のために様々な面で協力してくれることになります。
それは、今よりも簡単に他の星々へと行けるような宇宙工学だけにとどまらず、私達の生活をさらに進化さえていく様々な技術や考え方、新たなシステムをつくるための価値観などを地球人が見出していく事を支えてくれます。
そして、地球人は大いなる意識の目覚めを迎えるのです。

しかし、その為には、私達地球人が乗り越えていかなければならない問題がいくつもあります。
多くの国に分割されている地球が、ひとつに統合されていかなければならない事や「愛」を基本とした教育と社会的なシステムを作りあげていかなければならないことです。
そして、それらを実現するためには、私達1人1人が宗教や国境、人種や考え方の違いを全て乗り越えて、共に助け合えるような地球意識を身に着けていかなければならないのです。
それが、地球のアセンションの次の目的です。