今日は3月3日、桃の節句(ひな祭り)です。

ひな祭りに食べるものといえば、ちらし寿司、潮汁、ひなあられ、ひし餅、甘酒などがありますが、最近ではひな祭りケーキといったものも目にするようになってきました。

和であれ、洋であれ、ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う意味が込められています。

 

皆さんもぜひ、各々の家庭に合ったひな祭りを楽しくお過ごし下さい♪

 

 

さて、今日のテーマは『上手な間食の摂り方』です。

 

間食は『甘い物を食べる』というイメージがありますが、本来の意味は

・食事で不足したエネルギー・栄養素を補給するためのもの

 ・仕事の気分転換や生活にうるおいを与えてくれるもの

と言われています。

 

時間や量の目安は・・・

・1日200kcal以下が目安

・減量中の方は、100kcal以下を目標に

・午前中か、遅くても午後4時頃までに摂取

・食後3時間後か6時間以内に(おおよそ食事と食事の間)

 

間食の種類・・・

ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養素が含まれているものがおすすめです!

  ◆バナナ、みかん、リンゴなどの果物

  ◆ヨーグルト、チーズ、牛乳などの乳製品

  ◆おにぎり、サンドイッチ、ミニお好み焼きなどの軽食

 

体重が気になる方や糖尿病など血糖値が高い方は、甘い物の摂りすぎには注意しましょう。

また、甘い物でも洋菓子→和菓子→果物にすると、エネルギーは削減でき、栄養素が補えます。飲み物も牛乳、豆乳、野菜ジュースなどがおすすめです!

 

このように間食は、食べ過ぎないように量や回数を調節したり、不足している栄養素が摂取できる種類を選んだりすることが大切です。

 

皆さんも一度、間食を摂っている時間帯や内容を見直し、上手な間食の摂り方を取り入れてみて下さい。