こんにちは。
ピラティス担当のじんじゃーです。ニコ

近頃は、バレエクラスのお客様がピラティスを受けに

見えられることが増え始めました。ドキドキ
 

ピラティス初心者のみなさんはとても不安な気持ち。。。
ピラティスって『良い』らしいけど、実際にはどんなことを

するんだろう?キョロキョロあせる

身体が硬いけどできるのかな?ガーンはてなマーク
腹筋が全然ないんだけれど、大丈夫かな?ショボーン汗

クラスに着いて行けるかどうか心配…ニコあせる

などなど。。。

そのようなお気持ちはよくわかります。
けれど、何も心配はいりませんよ。


↑今ではこんな動きもできますが…


ピラティスに出会う前、それはそれはひどい姿勢でした。
酷いO脚でしたし、腰は反り返り
頭は前へ落ち(ストレートネック

という首です)、肩は巻き太ももはパンパンだし…。

(もちろん、今もまだ身体を変えている途上ですニコニコ

そのわりに、体力には変に自信があったので、
ピラティスも、すぐにできるだろうグラサンビックリマーク

なんて思っていました。あせる(阿呆ですねショボーン
 

そのため、私がピラティスを始めた頃は、

使うべき筋肉は全く使えていませんでした。ガーン汗
今から思うと、それは筋肉がほぐれていない、つまり

リンパが流されていない状態で力づくで身体をなんとか

動かそうとしていたからだと思います。

 

↑リンパマッサージは大切です。呼吸が楽になります。

 

ピラティスは『体幹!』というイメージが強いかも知れませんね。

ピラティスの教科書にはピラティスのABCとしてこんな項目が

挙げられています。

A アライメント(身体を止めているときと動かしているときの骨の配列)

B ブリージング(呼吸)

C コア(横隔膜、骨盤底筋、多裂筋、腹横筋の4つ)

 

↑TYE4®(たいふぉー)を使うと骨の配列がわかりやすいです。

 

体幹とコア、とは少し違うものなのですが、少なくとも

ピラティスのABCの中には、骨の配列(A)や呼吸(B)とも

入っています。

そしてコア(C)と呼ばれるものの中に入っている横隔膜と骨盤底筋は

呼吸(B)とともに動きますから、正しい姿勢(A)で呼吸(B)をする

というこれだけで、もうそれはピラティスなんです。

そのため、腹筋が…ショボーンあせるという心配は無用です。

 

↑シルクサスペンションは、空中で身体を動かすため、

コアの場所がわかりやすいです。


じんじゃーの考えるピラティスのABCの解釈はこうです。

A 筋肉そのものではなくて、筋肉を正しい動きに導くための
正しい骨の配列を覚え、何度も感じて自分で導く力を養う。

B 細胞の一粒一粒や内臓をあたため、筋肉をやわらかく

使うための呼吸をする。

C 力んで筋肉を引き締めるのではなく、心を穏やかにして

臍下丹田のあたりに心地よく自分の意識を集める。

 

Cが一番大変な部分なのですが。。。

 

身体で理解することも大事ですが、心が納得しないと

身体がどこかぎくしゃくしてしまうものです。

クラスでは、どんどん質問をしてくださいね照れ
 

自分の質問で、クラスの流れが止まってしまうのでは…

こんなことを訊いて恥ずかしくないか…

わからないのは私だけかも知れないから今はとりあえず

まわりに合わせよう…

そんな風に疑問や不安を抱いたまま身体を動かしては

せっかくの動きも効果が半減してしまいます。ショボーン

罪悪感を感じながらケーキショートケーキを食べるようなものです。

せっかくのレッスンですから、楽しみましょう!

 

いつでもお待ちしておりますニコニコラブラブ
 

体験レッスンは1500円!左矢印クリックで詳細へハート

ふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボン

でんわ06-6718-6688

ayae-りぼんオフィシャルサイト

 

駅近3分関西1の大規模スタジオ
ふんわりリボンスタジオ えりぼんふんわりリボン

地下鉄谷町4丁目駅・地下鉄谷町6丁目駅徒歩3分

谷町筋沿い近い
シャワールーム<<ハート>> 防犯カメラ完備スマイル
未経験者大歓迎です初心者マーク

 

ふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボンふんわりリボン