e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした分析・コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです

e-Patent Blogへようこそ

本ブログでは、e-Patent.netと連動して、身近な特許・ニュースな特許の紹介、知財情報検索・調査や知財情報分析・パテントマップやアイデア創出・発明創出に関する動向を発信していきます。

現在はnoteを中心に情報発信をしておりますので、こちらもご参照ください。

イーパテントYoutubeチャンネル
調べるチカラ、分析するチカラをつけるための動画コンテンツや、様々な方とのトークセッション
チャンネル登録よろしくお願いいたします!

★2019年12月26日発売:「特許情報調査と検索テクニック入門 改訂版
★2018年1月13日発売:「調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術
★2016年11月4日発売:「特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版
★2015年10月30日発売:「特許情報調査と検索テクニック入門

ご連絡は nozaki@e-patent.co.jp まで
Amebaでブログを始めよう!

7月1日は弁理士の日。

 

弁理士の日について | 日本弁理士会

 

毎年ドクガクさんこと弁理士の内田さんが弁理士の日記念ブログ企画を行っていますが、今年のテーマは「知財業界での夢と希望」です。

 

弁理士の日記念ブログ企画2021 | 独学の弁理士講座 -弁理士内田浩輔監修-弁理士の日記念ブログ企画2021

 

そもそもなぜ知財業界に入ったか?

 

「知財業界での夢と希望」について語る前に、まず私自身がなぜ知財業界に入ったのか?を説明したいと思います。

 

というのも、私自身知財業界に入ろうと思って、大学院を修了して知的財産関連サービス企業である日本技術貿易(NGB)に就職したわけではないからです。

 

私がやりたかったことは調査・分析やコンサルティングでした。

 

〇〇総合研究所や外資コンサルなどに入りたいな。。。と思って就職活動をしていたのですが、当時リクルートが大学院生向けに配布していた紙の就職雑誌の「その他コンサル」というカテゴリーに〇〇総研や△△総研と並んで、日本技術貿易が掲載されていました。

 

業務内容を見ると「調査・分析」と書いてあり、

 

2001年4月 知的財産に特化したシンクタンク「IP総研」設立


とあったので、なるほどシンクタンク機能もあるから応募してみるか。。。という軽い気持ちでエントリーして、(いろいろありましたが)採用していただき、知財業界に入りました。

2002年4月入社ですので、早いもので約20年近く知財業界に生息していることになります。

調査・分析・コンサルティングを通じて達成したい夢や希望は何か?

 

というわけで、”知財業界での”という限定付きではなく、調査・分析・コンサルティングを通じて達成したい夢や希望があった上での「知財業界での夢と希望」になります。

端的にいえば、

情報収集・情報分析をより活用して欲しい

となります。

身近な例では、新しいパソコンを買うとき、新しい家電を買うとき、家を買うとき、引っ越し先のマンション・アパートを探すときに情報収集しないで決める人はあまりいないと思います。

企業の現場においても、事業戦略策定や新規事業創出、M&Aなど様々な場面で情報収集・情報分析を行っていると思うのですが、こと企業の現場においては情報収集・情報分析を行わずに、空気によって意思決定がなされてしまうこともあるのではないかと感じています。

よくセミナー・講演で「大本営参謀の情報戦記」という本を紹介するのですが、

 

 

情報を軽視するとどうなるかは歴史が明らかにしているとおりです。

経済産業研究所の「企業において発生するデータの管理と活用」を見ると、

 

 

全社的なデータ利活用を推進する部門や担当者を設けていない企業が半数以上を占めています。

もちろん情報収集・情報分析ですべてが明らかになるわけではありませんが、組織的に体系的に情報収集・情報分析を行い、データドリブン・データ駆動型になっていかなければ今後の企業の競争優位性は維持・発展できないのではないかと考えています。

なので繰り返しになりますが、、

情報収集・情報分析をより活用して欲しい

が知財業界に限定しない場合の夢・希望になります。

結局、「知財業界での夢と希望」は何か?

 

それでは、知財業界に限定した場合の夢・希望はどうなるかというと、

知財情報(特に特許情報)をより活用して欲しい

となります。2017年にイーパテントを創業した際の会社のモットーとして

知財情報を組織の力に®

としたのも、その想いを反映しています。

最近ではIPランドスケープというキーワードの認知度が上がってきて、有料の分析ツールを活用した分析事例などを見る機会が増えました。

一例として旭化成の「中期経営計画 “Cs+ for Tomorrow 2021” の進捗について」で取り上げられているVALUENEXの俯瞰マップがあります。



それでは、有料の分析ツールを活用しないと特許情報の活用はできないのか?というと、私はそうは思いません(もちろん有料の分析ツールを使った方が分析作業を効率化できますし、有料分析ツールでしかできない分析はあります)。

先日の知財実務オンラインでも貝印の地曵さんが”庶民派”IPランドスケープと題して講演されていました。

 

 


詳細はこちらの動画を見ていただければと思いますが、(マップ事例を見ると有料ツールを使っているようですが)「難解なデータや解析を使わない」でも特許情報を経営・事業へ活用できることを示されています。

無料データベースであるJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)と、パソコンにインストールされているMS Excelを使うだけでも十分に分析はできます。イーパテントYoutubeチャンネルでも
 

 

 

 

のような一連の動画をアップしているのも、中小企業やベンチャー・スタートアップ、特許事務所の方々など有料データベースやツールを導入できない方にも「知財情報(特に特許情報)をより活用して欲しい」という想いがあるからです。

ただし・・・

 

知財情報(特に特許情報)をより活用して欲しい」というのが私の夢・希望ではあるのですが、知財情報や特許情報だけで何でもわかると言いたいわけではありません。

情報収集・情報分析に組織として取り組む際の1つの情報源として、企業情報、マーケット情報、財務情報、法律・規制情報など様々な情報の中の1つとして知財情報・特許情報も組み込んでいただきたいと考えています。

どういう状況になったら「知財情報(特に特許情報)をより活用している」ことになるのか、明確なゴールが見えているわけではないのですが、いくつか思いつくところを列挙すると、

 

・MBAの「情報分析」関連科目の中に特許情報が含まれる
・経営層・事業部門やマーケティング部門など、知財以外の部門の方々から「特許はちゃんと調べた?」という発言が普通に出てくるようになる

 

といったところでしょうか。

キモは「知財以外の部門」というところです。知財関係者は知財の重要性、そして特許情報の重要性について重々理解していますので、知財関係者内だけでクローズしているのではなく、それが知財以外の関係者にも波及してこそ「知財情報(特に特許情報)をより活用している」状態に近づくと考えています。

さいごに宣伝

 

8月4日に弁理士の日記念ブログ企画者のドクガクさんをゲストにお迎えして、イーパテントYoutubeチャンネルでライブ配信を行います。

 

 

 

 

企画に参加された方々の「知財業界での夢と希望」ブログを見ながらいろいろとトークしていきますので、ぜひともご覧いただければ幸いです。

既に1月3日になりましたが、あけましておめでとうございます

 

今年の目標は

  1. 赤本増補改訂版出版&黒本(赤本実践編)執筆着手
  2. 情報発信(note・YouTube)のマネタイズ
  3. 特許出願1件以上

の3つとしました。

 

1.赤本増補改訂版出版&黒本(赤本実践編)執筆着手

 

 「特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版」の増補改訂ですが、本来であれば昨年4-5月に原稿を仕上げる予定だったのですが、コロナでモチベーションがなくなってしまい。。。 あと実践編の黒本もそろそろ執筆着手します。

 

 

 

 

2.情報発信(note・YouTube)のマネタイズ

 

昨年から本格稼働したnoteYouTubeですが、無料での情報発信も継続しつつ、noteの有料マガジンだけではなくコンテンツでのマネタイズを本格化させたいと思います 一昨年コケてしまったPatent Fast Reportのコンセプトをうまく活用したいと思っています

 

3.特許出願1件以上

 

昨年、奥村さんがファシリテーターを務めた明細書作成ゼミで特許明細書の書き方を学びましたので、今年は前々から温めてきたアイデアを特許出願したいと思います(仕事とは全く関係ありません)

 

 

これまでと同様に、TwitterやFacebookなどのSNS、およびYouTubeやnoteを通じた情報発信は継続していきますので、よろしくお願いいたします。

 

なお、イーパテントYoutubeチャンネルの新年第1弾は今晩21時から「新年・元旦に関する特許出願状況を調べてパテントマップ作成【ライブ特許検索&ライブ特許分析】」となります。お時間あればぜひライブでご視聴ください

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

例年は11月上旬に北の丸公園の科学技術館で開催される特許・情報フェア&コンファレンスですが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、12月1日よりオンライン開催が始まっています。

 

 

 

イーパテントでもオンラインブースを出展しており、

  • イーパテントの会社・サービス概要
  • イーパテントのOJTコンサルティングサービス
  • 新規事業開発のための特許情報分析活用事例-花王のヘルシア緑茶
の3点のPDF資料をアップしております。
 
「新規事業開発のための特許情報分析活用事例-花王のヘルシア緑茶」については、今までのパワポ資料のデザインを外部業者に依頼して一新しており、保有技術をベースに新規用途を探索するための基本的な考え方や分析手法について解説しています。
 
 
ぜひともオンラインブースにお越しいただき、ダウンロードいただければ幸いです。

2020年11月10-11日にVALUENEX株式会社と共同で企画したDX & IP Forumを開催いたします(参加費無料)。

https://www.valuenex.com/dxip2020

詳細はDX & IP Forumのウェブサイトをご覧いただきたいと思いますが、基調講演は

  • 11月10日 旭化成株式会社 知的財産部 部長 中村栄氏
  • 11月11日 意識低い系DXコンサルタント マスク・ド・アナライズ 氏

となります。基調講演以外にも以下の豪華8社の企業プレゼンもありますので、ぜひともお申し込みください。

11月10日

  • VALUENEX 中村 達生氏「DX時代のレジリエンスを高める情報解析」
  • Patentfield 村上 直也氏「R&D部門で可能な研究開発テーマにおける初動期段階の特許調査・分析」
  • テックコンシリエ・インプリメント 湯浅 竜氏・ジムウイン 望月 俊一氏「特許事務所の業務自動化セミナー~自動化を成功させるキーマンは「特許事務員」にあった~」
  • ユーザベース 伊藤 竜一氏「知財を企業価値に変える~組織間Dxにより、経営と共通言語で、多角的に分析する~」


11月11日

  • e-Patent 野崎 篤志「DX時代に通用する知財情報分析スキルの考え方と当社ソリューション」
  • PatentSight Japan 齋藤 昭宏氏「DX時代の技術トレンド:PAI特許分析からの考察」
  • サン・グループ 藤本 周一氏「DX時代の特許事務所、特許調査会社、知財教育会社のあり方と役割」
  • アスタミューゼ 大澤 理恵氏「技術情報の料理法~ヒト・組織・技術・投資の流れから予測する未来~」

Youtubeのプライベートチャンネル"新"特許・知財よもやま話-調査・分析系中心-でも、このDX & IP Forumを取り上げておりますので、ぜひご視聴いただければと思います。

 

 

 

2020年6月29日に外国出願支援サービス主催で「出願・権利化担当が知っておきたい特許情報分析とその活用」というオンラインセミナーを開催させていただきました。

今回は10月と11月の2回にわたって、特許情報から見た最新テクノロジーのトレンドとその特許分析する際の考え方・コツについて紹介するセミナーを企画しました。

10月29日(木)15:00-16:00
特許から見る人工知能・量子コンピュータに関する最新トレンド

https://www.fipasinc.com/fsem1029.pdf

11月26日(木)15:00-16:00
特許から見るフードテックに関する最新トレンド

https://www.fipasinc.com/fsem1126.pdf

いずれも参加費無料となっております。

1時間のショートコースのセミナーですが、

  • 特許出願状況から見たトレンドについて
  • 特許分析する際の考え方・コツ
    • 分析対象範囲の考え方
    • 検索式の組み方(検索式については講演資料に掲載)

を解説いたします。10月29日についてもまだ定員に余裕がありますので、ご興味ある方はぜひともお申し込みください。