野呂エイシロウ オフィシャルブログ「シンプルライフ」Powered by Ameba

放送作家&PRコンサルタントの野呂エイシロウの日常を綴っています。

アメブロオフィシャル化になりました!

どうぞよろしくお願いします。

NEW !
テーマ:

運動をしていて思う。

アップルウォッチで、自分の身体の状態を確かめながら走る。

脈拍数、速度などを調べながら走る。

 

「これは身体とのコミュニケーションだ」

 

ということだ。

自分の身体を可視化してコミュニケーションをとっているのだ。

 

体重を測るのもそうだ。

今朝の体重は95.8キロでギリギリだ。

 

これもコミュニケーションだ。

身体とコミュニケーションをとっているだけだ。

 

他もそうだ。

お金も人とコミュニケーションを取ることができるツールだ。

iphoneは勿論そうだ。

ブログもそうだ。

 

コミュニケーションだ。

全てはコミュニケーション。

 

今朝も身体とコミュニケーションをするために走る。

今日はティラー・スウィフトを聴きながら走る。

 

ボクらはコミュニケーションを取る前に考えすぎる。

とにかく連絡をすればいい。

電話をすればいい。

メールをすればいい。

 

今朝も考えずに遠慮なく、

いろんな経営者にメールをしている。

 

プロジェクトを動かすために必要なことだ。

「嫌われたらどうしよう」

「怒られたらどうしよう」

「無視されたらどうしよう」

などと気にしている場合ではない。

 

もっともっとグリグリいこうではないか。

気にせずにグリグリいこうではないか。

 

考える前に行動を。

それが慣れてくると、突然コミュニケーションが開けてくる。

それがボクの毎日だ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Yesterday I exchanged business cards with 17 people,
Things at a company.
Because I am going to a company in the other side, I know the company name 100%.

But
"Yamada of ○○ Corporation"
"Mizuno of ○○"
And most people mention company name.

To the person who exchanged business card at the end
"Kono of the general manager"
I told my job title.

That night, I was with a manager who everyone was doing.
"I am Yamamoto.
I did not say the company name.

So, I also analyzed it.
Then I found out more interesting things.

Many people in large companies tend to name the company first.
Founder says their name first.

Why is it so important? What?

People say from important things.
"Please help me! I am drowned!"
"Dangerous! Hits!"
"Oh yeah! Run away!"

Even if it is not urgent
"I am hungry. Let's eat rice."
"I am tired, maybe I should sleep"
"I like it, that kind place is"
"I will be five minutes late! Because I overslept"
It is usual to tell from important words such as.

By the way, in case of a foreign-affiliated company
It's almost time to give business cards with one hand while talking about just the name.
The thing that is important is me.

People talk about important matters.
So the first thing is important.
Is the company important? Or is it important for me
What?

After all the company is a box.
It is only a box to do work.
The company may also go bankrupt.
It may get fired.
You may change jobs.

At such time, what is important is that,
"Who is that guy!"

It is Noro. I am doing a broadcast writer
.
It is Noro. He is fluffy.
It is Noro. I am doing a consultant.

It is important to have you know yourself.
And it is important to treat yourself at the same time.

Let's say from a name,
Well, as I entered my favorite company, I know the desire to say from the company name, but what should I do when the company abandon you?

It is Yamada of former ○○ Corporation
Shall I say?

The company sometimes forsakes you.
But you never forsake you yourself.
I will stay last.
yourself.

Let's treasure yourself
Let's treasure your name.

From this moment, words change you a lot.

Eishiro Noro
Broadcast writer
Strategic PR consultant
Writer
Essayist

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野呂がまたくだらないことをいい出した。

そんな風に思っているだろう。

 

ある日ボクは思った。

「机の引き出し。なんで全部に物が入っているのだろうか?」

「キッチンの棚。なんでこんなにも物が入っているのだろうか?」

 

人は、いろんなものを入れたくなる癖がある。

本棚は、すべての棚がいっぱいでなければならないと思っている。分類して入れようと思う。

 

「なぜか?」

 

と一年ほど前に気がついた。

「本棚、あいていてもいじゃないか」

と思って、整理整頓をするようになった。

現在二箇所が開いている。

 

最初はちょっと変な感じだったが、

ある時から

「当然だ」

と思えるようになった。

スッキリするようになったのだ。

 

バッグもそうだ。

バッグが大きいといろんなものを入れたくなる。

だが、それは大きな間違いだ。

 

机の引き出しもそうだ。

無理に入れなくてもいい。

 

開いている本棚。

隣には、井上裕之さんの本や、

黒木瞳さんの写真集もある。(笑)

 

どんどん開けてゆこうと思う。

 

机の引き出しも、

1つはつかってない。

スッキリしている。

 

昔は、いっぱいないと嫌だったのだが、

今は、一つでも多く引き出しを開けたいと思う。

 

物が少なくなると選択肢が減る。

 

選択肢が減ると、

考える時間が短くなる。

 

考えるべきことと考えなくていいことがわけられる。

それはこの本にも書いてある。

ぜひとも読んで欲しい。

 

早くなる。

簡単になる。

 

 

一瞬で結論に至ることが大切だ。

時間のムダをなくした方がいい。

ぜひとも。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば陸上100メートル走。

どんどん新記録が出ている。

 

例えば音楽の世界。

どんどん面白い音楽が登場している。

ボクは、マイケル・ジャクソンやマドンナが好きで

昔の曲をよく聴いているが、

ティラー・スウィフトさんなども聴く。

 

映画もスピールバーグの映画が正解というわけではない。

次々と新しい映画が登場し、大ヒットしている。

 

仕事をしていると

「本来なら」

とか

「これが正しい」

という事を述べることがある。

ボクもときどきある。

特に年齢を重ねた人はそのような発言を

することが多い。

 

ボクも言いかける。

 

だが、その瞬間に自己否定をする。

「もっと違うやり方があるはずだ」

と訂正し、更に考える。

 

ボクの考えは正解ではない。

決めつけた結果のようなことを言うのをやめようと

心のなかで訂正をする。

 

そう、正解は進化のブレーキだと思う。

「これが正解だ」と思った瞬間が、

一番よくないことだと反省をする。

 

正解は、

心にブレーキをかけているのだ。

 

正解と思った瞬間、

その他の道が数百浮かぶ。

そんなものである。

 

世の中に正解というのはないのではないか?と思う。

法律だってどんどん変わっていっている。

だから国会がある。

政治家は法律でコントロールしようとやっきである。

 

料理だって次々と美味しい料理が登場してくる。

お鮨だって、次々と美味しくなっている。

それが現実だ。

さらに美味しくしなければならないのだ。

 

テストや試験には正解がある。

だが、実社会では正解はないと言えよう。

 

答えは一つではない。

 

よく

「本来なら」

「そのやり方は間違いだ」

「これが正しいやり方」

的なことを言う人がいるが、

それは、その時点では正解かもしれないが、

近い将来間違っている可能性もあるということだ。

 

何がいいたいか?というと、

正解はないのではないか?

ということだ。

テスト以外に。

試験以外に。

 

「これが正解」とは言うものの、

僕やあなたが世界一ではない。

世界のトップに君臨し続けているなら

正解かもしれないが、

そうでないなら、古くなってしまう可能性もある。

 

世界一の規模をほこるルイビトンだって、

次々と新製品を出すのは、

正解のバッグなどを作ってないからだ。

もっとちがうバッグがあるはずだと懸命に

作っている。

 

Appleが進化し続けるのもそうだ。

スターバックスのコーヒーだって、

美味しくなっているだろう。

きっと。

 

何事も決めつけない。

決めつけた瞬間に

古くなる可能性もある。

今のやり方をすぐにわすれて、

次のやり方に挑戦する。

 

それが何よりも大切だ。

何事も正解がない。

新しいやり方を生み出す。

それが何よりも大切だと思う。

 

正解はない。

正解はブレーキだ。

 

(今日のミーティングで出てきたコーヒー。ポットで結構嬉しかった。でもこれって人件費の節減になると思う。おかわりをすると結構人件費コストがかかる。ワインのボトル売りと同じだ。ポットは顧客の満足度を上げるとともに、人件費削減にもなるはずだ。)

 

広報のコンサルタントをしていて

ボクが口癖のように言うことがある。

それは

「フジテレビに企画の説明をしに行って、死んだ人はいない」

「日経新聞に行って死んだ人はいない」

とよく言う。

 

やるまえに考える人が多い。

考えすぎて失敗をする。

そんなことも多い。

だからこの本を書いたのだ。

 

人の気持ちを考えすぎてブレーキを踏むことが多い。

ぜひともそんなに考えない。

考える前に行動を起こして欲しい。

 

 

広報で成功したかったら、

まずはこの本を読んで欲しい。

いや読むべきだ。

 

いろんな会社の広報さんから、

「名著」と言われる。

自画自賛もあるが、これ以上の広報本を書いたことはない。

 

 

ぜひとも読んでいただきたい。

広報のイロハが全部詰まった一冊です。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アップルウォッチが催促してきた。

昨日は走るのをサボった。

そのせいだ。

 

アップウォッチをバージョンアップしたら明らかに進化している。全然進化している。

バッテリーの減りが早くなったのは気のせいだろうか?

 

ジョギングをするかどうか?

考えない。

以前は考えたが今は考えずに

走る。

 

催促が来たから走る。

ただそれだけだ。

今日は6キロ走った。

 

考えるべきことと

考えなくてもいいことがある。

 

これは考えなくていいことだ。

走ろう。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース