森屋のおせち販売開始☆

テーマ:
10月8日台風も去り晴れました。。

さて、年末です。
今年も森屋のおせちの予約を開始します☆


森屋のおせちとは??

関西老舗珍味問屋である森屋では、もともと取引先に1年の感謝をこめて森屋のおせちを作り販売しておりました。

おせちと言ってもただのおせちではありません。

珍味問屋ならではの食材がいっぱい詰まっております。

縁起物の子持ち昆布や、あわび、マツタケ
そして極上珍味の「からすみ」も一腹まるごと入っています

只今先行予約受付中!!
からすみの数に限りがありますので、お早めにご購入ください

↓↓↓販売ページはこちら↓↓↓


珍味ドットコム店長日記-oseti







AD

7月27日 晴れ


久々の更新です。


ちょっと食材探しに出ておりました。


珍味ドットコムのモットーは『珍しくおいしい味』


今回はいい食材がみつかりました。


『卵』です。


毎日食べてるって??


いやいや、卵って鶏の環境によって全然味が変わってくるのです。

(栄養素は言えません。まだ比較できてませんので)


養鶏場が生産量にこだわっているか、味にこだわっているかで卵の味は全然違います。


それで、味にこだわっている養鶏場を紹介していただいたので、行って来ました。

初の養鶏場見学。行った人にしかわかると思いますが、すごい臭いだったのですが、

(それでも通常の十分の一くらいの臭いとのこと。それじゃあ他の養鶏場って・・・??)


そして、今朝採れたというたまごが↓


珍味ドットコム店長日記-tamago


黄味と白味の間にちょっと色がついた白味があるのですが、この部分の出っ張りの率(ハウユニットというらしいです)が強いほど、新鮮ならしいのです。


なるほど見事なハウユニットでした。


げんきなたまごだから、黄味をつまんでも崩れないとか、いろいろ特徴はありますが、

やはり気になるのは味です。


『醤油はいらないの??』

と養鶏場の方には言われましたが、そのまま食べてみることに。


黄味の色のとおり。

濃厚です。


『臭みがないのがウリ』と伺っていましたが、正直一般の卵と食べ比べてみないと臭いはよくわかりません。


でもこの味なら、

たまごかけご飯で醤油はいらないかも。


…というくらいたまごの味がしっかりついています。


養鶏場のおじさんの話によると


『やっぱり、鶏が元気だとたまごも元気。餌と生活環境をきちんと整えて鶏がストレスなく卵を産めるようにすればおいしいたまごを産んでくれる。昔田舎で飼っていた鶏はどの鶏もこれくらいおいしい卵を産んでいた。でもスーパーにたまごが並ぶようになると、みかけだけにこだわった大量生産のたまごを作る養鶏場が増えてしまった。今の世代の人がスーパーのたまごが普通だと思ってしまっていることが残念』


なるほど、昔はたまごはおいしかったらしいです。


自分はスーパーのたまご世代なのでわかりませんが。。




以上。


珍味ドットコムでたまごを扱うかどうかはまだわかりませんが、おいしいたまごの通販をはじめる予定です。

また告知します☆。





AD

下北放浪記

テーマ:
6月15日曇り

最近、すっかりブログを怠ってました。
もう忙しくて忙しくて☆

可能であれば

珍味を買ってくださった方の感想をお待ちしております☆


さて、日記。

ワタクシ、その日暮らしなもので、その日最初に誘われた人と飲みに行くのですが、
土曜日は最近引越しをした友人に呼ばれました。

『東北沢』

・・・下北のとなりだから、まあまあの町だろうと思っていたのですが、行ってみると住宅街で飲み屋はあまりありません。
(いや、ありますよ。おいしそうなお店が数件。でもお酒飲みがそこに入ってしまうと相当な金額になってしまうので入る勇気がなかったのです。)

なので、下北まで歩くことにしました。
なるほど、10分くらい歩くともう下北。

そしてやたら繁盛している『ビール190円』(180円だったかな・・・?)のお店を発見!!

満員だったので3階の仮設プレハブのような飲むことになりまして、
そこがいい雰囲気↓↓

珍味ドットコム店長日記


ちょっとしたビアガーデン気分です。
何よりビールが安い!!

但し、食べ物はやたら高かったです。。。
飲んで食べると結局同じ・・・。

おそるべし下北スタイル。

ちなみに、帰り道で王将を発見!!
なんと行列が・・・。

西の人間にとっては王将に行列というのは正直びっくりです。

以上







AD