7月も最終日!そろそろ梅雨明けか?(もうそろそろ明けたっていいでしょう!?)という今日この頃。夏の限定茶を淹れ始めてかれこれ1ヶ月!今回はすっきりと柚子の香る冷茶を淹れてみましょう。和漢植物茶のいわしやさんの夏の限定「柚子嵐茶」ですよ!山北町の嵐地区の茶畑で収穫したお茶(だから“嵐茶”というそうです)に、小田原産の柚子の皮をブレンドした“地元愛満載”のお茶です。

合わせるお菓子は、某カルディで発見!そのネーミングに釘付け!になってしまった「塩バタかまん」です。パッケージの商品名を見てむむむ!っと手に取ってみたところ“さっくりとした塩バタークッキーにまろやかなカマンベールチーズクリームをサンドした”とのことなので、即採用!!

早速スタジオで淹れていきますよ!「柚子嵐茶」は、水出しがオススメとのことなので、レシピ通り、大匙山盛り1杯のお茶を冷水ポットに入れて水500〜600mlを注ぎ浸出。パッケージを開けるとふわっと柚子が香ります。浸出は1時間くらいということなのでいつもよりちょっと早めに仕込み始めて定刻で浸出完了!です。

やってきたのは”いつもの”N(名誉)助手。着席するなり「水色はすっきりしてますね」とまずは水色から。「いただきます!」と一服。「お!柚子がすっきり!キリッとしてますね」といきなりシャッキリした表情に!「形に例えると、薄い平たいお皿ですね。お皿は専門ではないのですが、洋食屋さんのお皿という感じでしょうかね?」と妙に皿についてつっこんで語るN助手。品の良い磁器のお皿のよう?なのかしらね??「暑い日にごくごくと飲みたい感じです!」と、結構気に入った様子。

そして、「塩バタかまん」です。「名前すごいですね」とやはり商品名に食いつくN助手。「塩が漢字で、バタがカタカナで、かまんが平仮名って、目をひきますよね」といいつつ個包装の袋を開けるN助手。「結構ふっくらとしたクッキーなんでボリュームある感じです。この時期、やはり“塩”って塩分の補給とかにも良さそうですね」と実食。「バターがすごく香りますね。そしてしっかり塩味もしますが、カマンベールクリームは割とさっぱりした感じでしょうか。あまり重たくないので夏向きかもしれません」ともぐもぐ。

「一緒にいただくとー」と、また一服。「さっぱりと水分の補給をして塩分もエネルギーも補給できる感じです」と着地!

次回はもう梅雨明けているかしら?梅雨明け一番の冷茶はどんなお茶を淹れようかな?

四連休真っ最中ですね。予定通りだったらオリンピックの開会式だったんだなぁ!と思いつつ、長引く今年の梅雨空を眺めています。そろそろ梅雨も明けるし!と始めた今年の冷茶シリーズも3回目!ですが、梅雨明けにはあと一息!というところでしょうか。

今回は、小田原の老舗・江嶋さんの夏の限定茶「夏の深むし茶」を淹れていきましょう。“急須で出す冷濃い水出し”とパッケージにあるので急須で淹れてみましょう!美味しい淹れ方もパッケージの裏に図解で載ってます。

合わせるお菓子は、某カルディで発見した「ひとくち黒糖くずもち」です。こんにゃく粉とくず粉を使用とあるので、冷茶に合うぷるぷるもっちりな食感を期待!

早速スタジオで淹れていきます。パッケージの説明によれば、水出し1分で浸出できるというのでそんなにお手軽でいいのかしら?と思いつつ浸出。期待を裏切らない深蒸しらしい水色です。そこへやってきたのは、“いつもの”N(名誉)助手。「きれいな水色ですね。下にお茶の葉が積もっていますが、澄んだ緑色です」と水色を語り一服。「やさしいですね。清流のような澄み切った感じです。形はなく、ひたすら澄んだ流れです」といつになく美しくまとめていきます。「ごくごく飲むこともできるし、じっくりと味わうのもできる感じですね」とさらに語るN助手(このお茶気に入ったらしい)。

続いて「ひとくち黒糖くずもち」です。「よくある醤油とかソースとかの小袋的な感じですね」とまずは外観から。個別パックの雰囲気が何気でソース焼きそばのソースっぽく見えなくもない?!「切り口の切れ込みから開けて、チュルッと押し出していただく感じですね」と食すN助手。(これって、某コンニャクゼリー的な感じ?!)「黒糖と言っても、信玄餅などの黒蜜よりはだいぶライトな感じでぷるぷるっとしています」とな。

「一緒にいただいてみると〜」と言ってさらに一服するN助手。「清流の清い感じは変わりませんね。やさしいけれど何者にも影響されない強さを感じます」と着地!

山の清流のような水出し茶!高原の日差しの中で飲みたいかも?!(笑)

さて、次回はどんなお茶?

冷たいお茶を淹れ始めたところに“梅雨寒”ですね。うーん悩ましい!ですが、今回も淹れていきますよ!足柄茶の夏の限定茶!水出しがオススメという「蝉時雨」です。100g 1,080円。前回の「夕涼み」よりはリーズナブルですが、こちらもかぶせ茶を使ったお茶ということですよ。夏のお茶らしく、こちらはパッケージに急須を使う水出しの方法が書いてあります!ので、この方法で淹れてみましょう。

茶葉10g(大さじ2杯)を急須に入れ、湯のみ茶碗2杯の水を注いで4、5分。早く飲みたいときはお茶の色がよく出るまで振り、回しつぎしてお茶を絞り切る!とあるので試してみましょう!

合わせるお菓子は、「エリーゼ 抹茶」です。“さくっと軽い歯ざわりのウェハースで香りたかい抹茶クリームを包み込みました”とパッケージにあるのでこちらも楽しみ♪

早速スタジオで淹れていきます。さすがにこの涼しさなので氷は使わずにウォーターサーバーの冷水だけで淹れますよ。レシピ通りに浸出して準備万端!そこへやってきたのは”いつもの”N(名誉)助手。「水色がしっかりしてますね!濃い山吹色です。」とまずは水色から。そして一服「うぉおー!ガツンときますね!重量感ある球体です。砲丸投げの球的な感じですね」といきなり助手ワールド全開!たしかに骨太感ありますね。わずかな時間でもしっかり進出する感じ。かぶせ茶独特の風味もしっかりします。

そして、「エリーゼ 抹茶」です。「これは、なんと例えたらいいんでしょうね。まんま某エリーゼ!ですね。棒状のウエハースに抹茶クリームが挟まっているという表現でしか語れませんね」と、(ラジオゆえの)形状の表現に苦心している模様のN助手。そうこうしながら“サクっ”と実食。「お!意外と軽いですね。クリームもライトな感じです」とな。「で、お茶と一緒にいただくと。。。」ともう一服。「お茶の強さは変わらないですね。ウェハースの軽さでちょっとワンクッションという感じですかね」と着地。(なるほど!)

さて、次回はどんな冷茶?