外貨 資産運用 ドル箱

金融・外貨・株式・経済などについて


テーマ:
国内株式型

主に国内の株式に投資している投資信託になります。
日本で上場している株式銘柄は4000銘柄以上ありますが、いろいろな手法で銘柄を選んで投資しています。
東京証券取引所(第一部)に上場している株式にまんべんなく投資しているものや、今後の成長が期待できるベンチャー企業だけに投資しているもの、環境に対する取り組みが積極的な会社を選んで投資しているものなど、投資対象によってさまざまな種類があります。



グローバル株式型

主に外国の株式に投資している投資信託になります。
世界中の株式に幅広く投資しているもの、アメリカ、ヨーロッパなどの先進国の株式を中心に投資しているもの、中国、インドなどの新興国の株式に投資しているものなどがあります。
日本の株式市場が軟調なときでも外国株式市場では堅調な値動きをすることもあります。
そのような外国株式への投資を簡単にできるのも投資信託のメリットです。
国内株式型と違い、為替の動きの影響を受けますが、その影響を小さく抑えるように運用する投資信託もあります。



国内債券型

主に国内の債券に投資している投資信託になります。
債券には、国が発行している国債のほか、都道府県や市町村が発行している地方債、企業が発行している社債があります。
金利が上がると価格が下がるという、債券独特の特徴があり、債券を発行している会社の信用度が下がると価格が下がることもあります。
MMFやMRF、公社債投信など、株式への投資は全く行わず、安全性の高い債券のみに投資する投資信託もあります。



グローバル債券型

主に外国の債券へ投資している投資信託になります。
アメリカ、ヨーロッパなど主要国の安全性の高い国債だけを選んで投資しているもの、安全性が低い(格付けが低い)会社の債券で利回りが高いものを選んで投資する投資信託もあります。
グローバル株式型と同じように為替の影響を受けます。



バランス型

株式や債券、不動産投資信託に投資している投資信託になります。
国内のみを対象とするタイプと、海外のみを対象とするタイプ、国内外の両方を対象とするタイプがあります。
株式と債券は値動きが異なることが多いため、株式だけに投資している投資信託よりリスクは抑えられることが多いです。
色々な投資信託を組み合わせる手間を省き、資産の分散、地域分散を同時に行える投資信託といってもいいでしょう。


株で儲からない投資家がやってみたほうがいいこと
米国株連続増配銘柄
私立高校学費負担軽減制度
リストラ 退職
分散投資 インデックス投資 グローバル企業
ワンルームマンション投資は都内が成功のポイント
サラリーマンのネット副業
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
国内債券の満期までの期間は2年、5年の中期国債や10年の長期国債などが主流ですが、外国債券は期間20年、30年などの「超長期債券」の品揃えも豊富にあります。代表的なのがゼロクーポン債(割引債)です。
長期の資産運用などに向く商品なのではないでしょうか。

ゼロクーポン債は額面金額より安い価格で発行・販売され、満期に額面金額が戻ってきます。
途中の利払いはありませんが、販売価格と額面金額の差額が利子に当たります。
米ドル建てやユーロ建てのほかにも、新興国の債券もあります。
ゼロクーポン債のメリットは複利効果を期待できること。
満期の長いゼロクーポン債は、複利効果が大きく期待できるのも魅力です。

株式投資で儲からない
米国株 高配当銘柄
学費の負担を軽くする
リストラからの再就職
おすすめの株式投資
ワンルームマンション投資
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
債券とは、国や地方公共団体(都道府県、市町村)、金融機関、事業会社などが、多くの人から多額のお金を集める(借り入れる)際に、借りたお金の返済や利息の支払いなどを約束にするために発行する証券のことです。

人がお金を借りるときは、借用証書を貸し手に差し入れます。その意味では、債券は、借用証書のようなもの、ということができます。



債券投資 固定利付債と変動利付債


固定利付債(確定利付債)
満期日まで、あらかじめ決められた固定(確定)の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を「固定利付債(確定利付債)」といいます。
固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。ほとんどの債券は、固定利付債となっています。


変動利付債
債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を「変動利付債」といいます。
変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。そのため、前回よりも利率が高くなることもありますし、低くなることもあります。
日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。

先取り貯蓄何度も何度も確認してしまうお金を借りる

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんは、たくさん種類のある生命保険から、どのように保険を選んでいるでしょうか。

生命保険と一言に言っても、掛け捨てタイプのものや、給付金などが戻ってくるタイプや、貯金も兼ねた積み立ての商品もあります。
保険のこととなると、どうしても素人にはわかりにくいものですから、実際に見直しをしている方も少ないと思います。
結婚した当時に加入して、何年もそのままにしているご夫婦も多いでしょう。

保険の販売員さんも顧客の保険が続く限り、自分の収入に繋がりますから、見直されて他社に乗り換えられると困るということもあり、一度、加入するとそれを続けるようにするのではないでしょか。
また、販売員さんの中には、出産などのライフスタイルの変化によって、生命保険にオプションをつけるようにすすめてくる人もいますよね。
確かに、良かれと思ってすすめてくれるのでしょうが、本当にその保険が自分の生活、自分の環境に合っているのか、それは自分自身しかわからないと思います。

長い間、払ってきた保険料が高くて、見直してもらったら、保険料が安くなったというケースもあるのです。
実は掛け捨てのほうが良かったとか、オプションは不要だったとか、見直しをしてみると新たな発見があるはずです。

みなさんも、今、加入している保険は本当に必要な種類の保険なのか検証してみるといいでしょう。
保険の比較や検討もつい面倒になる気持ちもわかりますが。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
これから住宅ローンの借り入れを考えている人は、その種類について理解しておくことが大切です。

住宅ローンの毎月の返済が滞って延滞状態にならないようにしなければなりません。
借り入れする前に、まずは銀行で相談することです。
延滞にならないためには返済計画をしっかり立てることです。
収入と支出、支払い金額のバランスを取らなければなりません。
収入に見合った住宅ローンでなければ、ちょっとした支出増で延滞をすることになるでしょう。
延滞してから銀行に相談するよりも、早めに銀行に相談することを推奨します。

住宅ローンの延滞は急にわかるわけではありません。
数年前から、いずれ延滞になるだろうということは予想できるのではないでしょうか。
しかし、返済が滞ってしまう方のほとんどが延滞になるまで放置してしまうことが多いようです。
住宅ローンは短期間のローンではありません。
20年、30年のローンであることを忘れてはいけません。
その間には仕事や家族構成の変化など、様々なことがあります。
新たな出費も必要となることでしょう。
大げさに言えば、住宅ローンの返済計画を考えることはライフプランを考えることになるのです。

金利についても考えておいたほうがよいでしょう。
金利には変動金利か固定金利かの違いがあります。
20年後の経済がどうなっているかを知っている人はいません。
変化に対応できるようにするためには、返済に余裕を持っておくことが大事です。
少し負担が重くなっても、家計全体として吸収できるようにしておきましょう。
家族、または夫婦できちんと計画を立てましょう。
収入以上の贅沢をしてはいけません。

機関投資家運用資産規模資産運用失敗パターン
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投資の種類の1つとして、簡単に始められるバイナリーオプションという取引があります。
今この簡単さがうけてとても人気が高くなっています。
バイナリーオプションのどのような所が人気の理由なのか、メリットを挙げてみたいと思います。

まず「簡単取引」という事が挙げられます。
設定条件の価格より上がっているか下がっているかを決めるだけですので、難しい手法を取り入れる必要が無いのです。
その為に取引が初めての方でもすぐに始める事が出来ます。

バイナリーオプションは取引が全て24時間以内の短期だということなので結果がすぐにわかります。
損失が1日以内に分かりますので、どの位損をしたかなどをドキドキしながら待つ必要が有りませんので比較的楽に取引できるのではないでしょうか。

取引開始時に、最大どの位利益を得る事が出来るか、最大どの位損失を出す可能性が有るのかという事を把握できます。
それ以上に得る事も損する事も無い為に、リスク管理をしやすいというメリットが有り、難しい手法をわざわざ取り入れなくても良いというメリットもあります。

もちろん値動きが小さくなる事も大きくなる事も有りますので、予想に反して値動きが小さくて利益が少ないという事もあります。
途中でも清算する事が可能ですので、利益が早く分かって安心とできるというメリットもあります。

色んなメリットがバイナリーオプションにはありますが、簡単でリスクもコントロールしやすいのではないでしょうか。
証券会社によってサービスを色々提供していると思いますので、ご自身の手法に合った証券会社と取引を試してみてはいかがでしょうか。

収入を増やす方法収入源の種類お金を増やすノウハウ収入の増やし方都内ワンルームマンション投資成功する中古ワンルームマンション投資マンション投資失敗マンション投資成功ワンルームマンション投資リスク不動産投資サラリーマン外国為替動向経済指標雇用統計外国為替相場動向FXファンダメンタルズ分析外国為替動向経済おすすめ資産運用資産運用サラリーマン副業おすすめ副業ネットビジネス

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「年金改正」というには痛みの伴う項目が多いものの、制度の破綻のほうが国民の痛みが大きく、制度を守り、最小限の痛みでとどめる対策がいくつも講じられているのが年金改正です。
主に政治的判断により先送りされることが多いものの、いつかは避けては通れない年金改正の項目があります。
ほぼ確実に近い将来実現すると思われ、若い世代は織り込んでおくべき公的年金改正の今後の動向についてです。


物価下落時の年金引き下げ

物価上昇時に年金額もアップさせることは、国の年金の重要な役割のひとつです。
100円のパンが150円になったとき、年金額も同程度アップしなければ実質的なカットになってしまうからです。
将来的インフレになったとき、2%アップしたら、年金は1.1%アップするようにして少しずつ年金をカットする予定(マクロ経済スライド)があるのですが、デフレは想定しておらず、デフレ時に年金額は据え置きとしていました。

ところが、デフレが続き物価下落が続いてしまったため、すでに累積7兆円の「払いすぎ」が生じてしまいました。
2012年10月からこれを調整する予定でしたが、政治的な問題で解決していません。
ただし、この点はほぼ間違いなく解消されることになるでしょう。
約2.5%の年金カットが、すでに年金受給をしている世代に対して行われます。
すでに年金をもらっている世代からすればカットかもしれませんが、現役世代からすれば負担増に歯止めがかかる一歩ということになります。

OL株式投資OL株 投資株式投資銘柄選び株儲かる株式投資ブランド生活必需品セクター銘柄KXIエネルギーセクター銘柄資産運用方法お金を増やす方法分散投資 資産運用REIT分散投資
資産配インカムゲインインデックス投資外国株式投資外国株購入外国株ETF海外ETF米国株式トップダウンアプローチ方法生活必需品セクター株式投資海外ETF利子収入債券のリスクETF債券外国債券インデックス米国国債投資米国株買い方お金持ちになる方法外国債券老後の貯蓄お金の増やし方 債券株式投資サラリーマン副業おすすめ副業ネットビジネス投資信託おすすめETF投資資産運用



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
FX(外国為替証拠金取引)は店頭取引から大きく伸びてき経緯がありましたが、2005年7月に東京金融取引所が「くりっく365」を開設したことによって、取引所を通じてのFX取引が始まりました。
さらに2009年7月には大阪証券取引所が「大証FX」をスタートさせ、取引所を通じてのFXも徐々に認知度を上げてきたという感じになっています。

現在、FXには店頭取引と取引所取引の2種類があって、店頭取引の場合、FX取扱業者が投資家に対してレートを提示します。
投資家は、そのレートが妥当と思ったら、売り買いの注文を出します。
取引所取引である くりっく365の場合は、複数のマーケットメイカーと呼ばれる業者がレートを出して、そのなかから投資家にとって一番有利なレートが採用され、投資家に提示されるしくみになっています。
取引所取引の場合は、提示されるレートに競争原理が働くから、その意味でも投資家にとっては有利といえそうです。
また、取引所取引に参加しているFX取扱業者が倒産したとしても、投資家が預けている証拠金は全額、取引所が管理しているから、倒産によって証拠金が投資家の手元に返却されないというようなリスクはないと言っても良いでしょう。

マーケットメイカーとは、「市場における価格を作り上げる人」という意味です。
株式市場の場合は、不特定多数の投資家が参加し、特定の銘柄の売りと買いの需給バランスによって株価が形成されますが、取引所取引型のFXの場合は、複数のマーケットメイカーが取引所にレートを提示するしくみです。

老後資金退職金運用米国債券投資
外国債券投資米国株銘柄新興国ETF外国株購入
キャッシングプロミス融資今すぐお金を借りる

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
指数算出の浮動株反映とは

近年のTOPIXには「浮動株反映」と呼ばれる、大事な工夫がされています。
まず、指数の算出に使う「指数用株式数」は次の式で計算されます。
指数用株式数=指数用上場株式数×浮動株比率
浮動株比率とは、一般的に、市場で流通する可能性の高い株式の割合のことです。
東証では、有価証券報告書などから、上場株式数のうち固定的に所有されていると見られる株式数を推計し、残りを浮動株として扱っています。
浮動株比率は変動するため、企業の決算期毎に定期的に見直しを行うほか、企業がコーポレートアクションを行なう際などにも適宜見直しを行うなど、できるだけ実際に市場で売買される可能性のある株式だけを計算対象とする努力がなされています。
これは、インデックスを利用した運用の利便性を向上させるための工夫です。
日本企業の場合、取引関係の維持のためなどで持ち合い株式が少なくありません。
つまり、これらは「市場で売買される可能生の低い株式」ということもできるでしょう。
そうした固定された株式の比率が高い銘柄(浮動株比率が低い銘柄)をインデックスに含めて算出してしまうと、インデックスファンドが買う場合に、市場で売買される少ない株数をめぐって買い集めた結果、需給要因で株価が上昇し、株価の値動きを過度に歪めることにつながる恐れがあります。
インデックスに連動するはずのファンドの買いが、インデックスを動かしてしまう懸念があります。
そこで、東証を含めインデックスの算出者は、上場株式のうち浮動株だけを指数に含めるため、浮動株化した株式数(指数用株式数)でインデックスの算出を行なっているのです。


TOPIXの多様化

ところで、2007~08年に発生した世界的な金融危機を経て、年金基金など機関投資家の世界では、株式投資の核をグローバル株式の動向に連動させる方向へと見直しを進める動きがあります。
先進国の経済が足踏み状態であるのに対し、新興国経済は金融危機後も力強い復活を遂げ、成長軌道に戻りました。
さらに今後も中長期的な成長が期待されることから、新興国への資産配分を増やしていこうというものです。
しかし一方で、企業情報の詳しさや株式取引の安全性、さらに為替リスクの面において、日本の投資家が投資するうえでもっとも安心できるのは日本市場である、という見方も根強く存在します。
加えて今日では、TOPIXシリーズも多様化が進んでいます。
規模別・業種別・スタイル別など、派生したインデックスが数多く存在し、それらをベンチマークとしたETFも複数上場されています。
常に市場で売買可能なETFであれば、機動的かつ多分散なポートフォリオの構築にも有効です。
投資家による株式運用の多様化、高度化が進んでいくうえで、こうした派生インデックスの活用、とりわけETFを用いた運用が、今後注目を集めていくのではないでしょうか。

老後資金の貯蓄サラリーマンの副業米国債券投資社債購入方法
老後の必要資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券ETF
海外株式購入消費者金融申し込み不動産投資 失敗お金借りる即日
お金借りる キャッシング即日老後のお金即日融資 お金借りる方法

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
公社債投資信託には、長期の公社債を中心に運用する投資信託(長期公社債投信)、安全性の高い短期公社債を中心に運用する投資信託(MMFなど)、証券総合口座用投資信託(MRF)などがあります。

MRF
信用度が高く残存期間の短い内外公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、安定した収益の確保を目指して安定運用を行っています。
なお、組入れ有価証券および金融商品の平均残存期間は90日以内としています。
MRFは、毎日決算を行い、運用実績に応じて運用収益の全額を分配します。
分配金は、税金を差引いたうえ、1ヵ月分をまとめて原則として、毎月の最終営業日の前日の基準価額で再投資します。
MRFは証券総合口座専用の投資信託です。
申し込みは1円以上1円単位(1口=1円)で、いつでも申し込みが可能で、申込手数料はありません。
解約単位は1口単位で、いつでも解約でき、解約手数料はありません。

MMF
主に日本の国債、政府保証債、および指定格付機関から上位の格付を得ている有価証券・金融商品に投資します。
安定した収益の確保を目指して安定運用を行っています。
毎日決算を行い、運用実績に応じて運用収益の全額を分配します。
分配金は、税金を差引いたうえ、1ヵ月分をまとめて原則として、毎月の最終営業日の前日の基準価額で再投資します。
1円以上1円単位でいつでも申し込みができます
申込み単位は、1円以上1円単位(1口=1円)で、いつでも申込でき、申込手数料はありません。
1口単位でいつでも解約が可能で、解約手数料はありません。

外貨建てMMF
外貨建てMMFは、海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。
高い格付けを有するCP(コマーシャル・ペーパー)、銀行引受手形、通貨国の政府等が発行した証券などの短期金融商品で運用されています。
外貨MMFの申込みは、米ドル建ての場合1口(通常は1セント)単位ですので少額から始められます。
満期がなくいつでも出し入れ自由です。
分配金は毎日計算され毎月末に自動的に再投資されるため、1ヶ月複利の効率的な運用ができます。
外貨建てMMFは、米ドル建てのほかユーロ建てや豪ドル建てのものもあり、通貨分散が可能です。
また、外貨建て金融商品の償還金や売却代金などを外貨のまま外貨MMFで受取ることができますので、受け皿としても利用できる便利な商品です。

外国債券購入株式銘柄外国債券ETFインデックス投資
外国為替の動向外国株式インデックス米国債券投資
米国債 購入新興国投資債券投資

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。