生まれ持った気質について

テーマ:

今日は元々生まれ持った気質についてなんですけど、私は「どうして性格や雰囲気って人によって違うのかな?」ということについて常日頃から考えるタイプでして、思う事が多々あるのです。


例えば3人兄弟で同じ環境で育っているのに、甘えん坊もいればしっかりしてる子もいる。
長女はしっかり者だと言われるけど、そうでもない長女もいらっしゃるので、もうこれはお腹に「命として宿った時点で」気質が決まっているのではないか、という結論に至ったのです。


スピリチュアルな話になってしまって申し訳ないんですが、オーラが見える人がお腹にいる赤ちゃんを観たら、赤ちゃんによってそれぞれオーラの色が違うらしいのです。

その時の気持ちや体調でもオーラって変わると言われているので、もしかしたらお腹の中で赤ちゃんが怒ってたら赤で、寂しかったら青とかあるかもしれないですけど、
持っている「気」のようなものがもしかしたら性格に影響を与えているかもしれないと思うのです。



気質に弱い・強いがあって

その上に+α経験や自己意識が積み重なって構成されているのではないかというのが私が性格について考えてきた結論です。



目立つことが好きな場合、自分が目立てないといじけてしまうし自分が輝けることが大切なのですが

目立つことが好きな方は、周りの人にもスポットライトを当てることができるようになると、より輝きます

そして、目立とうとする自分が好きになれます。

これを成熟した人、または、共存。と私は呼んでいます。

(気質 +α 経験と自己意識。)


いつもと違うことをする時って、負担になったり、億劫になったりするのです。

ですが普段しないパターンを選択することによって世界は広がります

(気質 +α 経験と自己意識。)


そして、矛盾しますが
持って生まれた気質を生かすには

持って生まれた気質と反することをする必要があるときがあるのではないか、と思うのです。

 

 

性格のせいにして挑戦をしないでいつものパターンに甘んじていると、
「自分〇〇な性格だから。」と決めつけてしまい、〇〇な性格で在り続けるということになるから。


だからこそ、敢えて普段自分がしないチョイスをしてみる。


例えば普段自分が着ない服を着てみる。
女らしくないと自分のことを思っている方がいてその事が気になるのであれば
敢えてキャンキャンに載ってるような王道女子コーデを参考にするといいです。

 

もしかして「これはこれで、いいじゃん。」と思えるかもしれないし、自分評価は低くても他人からは「似合う!そんなあなたも素敵!」と言われるかもしれない。


「あっ、いいじゃん。」と思えた時、そこに壁も敵も概念もなくなります。


「有りだな。」と思える事が増えて世界を受容できた時、この世界にいる喜びがまたひとつ増えるから。






もう少し性格について続けたいと思うのですが、長くなりそうなのでお付き合い頂ける方はどうぞチャンネルはそのままで読み進めて頂きたいのですが


果たして持って生まれた気質(性格)は変えられるものでしょうか?


どうしてこんな話をしているかというと

コミュニケーション能力が低いとか、自分に自信が持てないとか、どうしても言い方がキツくなってしまうんだ、とか。


〇〇が苦手。〇〇ができない。〇〇じゃないとダメ、みたいな苦手意識と婚活は対峙することがあるのです。

(婚活以外のプライベートでもそうですが、一応このブログは婚活について書いていくブログでもあります)


思うに、持って生まれたものを最終的には「自己受容」していくのですが

受け入れるにも順番というものがあって、自分が食べやすいように調理したり咀嚼する行為がワンクッションで必要になってくる。

 

 

自己受容する前に通り道として「思い込み」があるので喰わず嫌いをするわけなんですけど、

そういう時は、無理なんだけど衣をつけてあげれば食べられるや、みたいに工夫をしてみたりする。

 

 

「牡蠣は無理だけどが、カキフライはいける」「シメサバは無理だけど。焼きサバ好きなんだよね。」みたいに。


そういう工夫を重ねて、「サバはダメ、牡蠣もダメ」という思い込みはとさよならをすると、残ったものがその人の流儀だったりスタンスになります。

工夫と挑戦無くして、流儀もスタンスもへったくれもないのです。色々やってみたその結果が「This is me!!」なのです。



そして、断捨離するときに、捨てるものに「ありがとう。」と感謝をながら捨てると、物とお別れがしやすいようなんですが、思い込みを外す時も「ありがとう。」と思い込みを外せるといいです。
「今までこの思い込みが私を守ってくれた。」と、感じられると、その性格がその人の長所に変容していくから。




愛という字が「受ける」+「心」であることは周知の通りかと思うのですが、
本当によく出来た漢字だ、と惚れ惚れする事があるのです。

 

 

受け入れるってなかなか骨が折れる作業でもあるので、好きな調理方法を選んで、

煮るなり焼くなり蒸すなりして構わないと思います。

調理方法やスパイスに関しては個人の聖域であり、それを受け入れることもまた愛なので。(愛って言いたいだけ。)


先日「無理して自分を統合しなくていいんじゃない?」という視点からブログを書いたのですが↓ 


色んな顔を持っていることが魅力なのに、自分の魅力を消すような努力はしないほうがいい



「性格を変えたい、自分を変えたい!」と強く思ってる方もいらっしゃると思うので、追記書かせて頂きました。


移動のお供に、暇つぶしに、酒のお供に、トイレのお供にして頂けると幸いです。

まとまりがないのですが、以上になります。

 

 

 

 

 

■運営会社オフィシャルサイト■

ディーズエージェンシー株式会社

 

■結婚相談所ディーズクローバー■

ディーズクローバー結婚相談所

 

■お試し体験婚活システム■

http://taiken-konkatsu.net/

 

♡ディーズエージェンシー株式会社 新事業♡

http://www.ds-ag.net/special/s1tower/

 

♡美活ホワイトニング♡

マハロ新宿御苑前ホワイトニング事業