中島旻保の大人の絵日記

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記

今、テレビをつければ、朝から晩まで、コロナ、コロナ。新型ウイルス、パンデミック、オーバーシュート、ロックダウンなど今までなじみのない言葉が飛び散っている。今日は感染者が何名増えました。亡くなった方が何人出ました。そんな話題ばかりです。東京からの放送も、地元のローカルニュースも、この話題ばかりで、国民はうんざりしている。

多くの人の心が痛んでいます。仕事のストレス、健康への不安などこれからの先行きに戸惑っているのが現状である。これでは、ストレスがたまり、疲れ果て、鬱っぽくなっても無理はありません。唯一のスポーツニュースや芸能ニュースすら、結局コロナの話題で心が疲れてしまいます。

今、若者が、コロナウイルスの情報離れが始まっております。具体的に言えば、もう報道や世間の依頼に耳を傾けず、自らの行動を起こすものも増えつつあるようだ。