先生とお話2

先週の土曜日、お義母さんの主治医の先生とお話してきました。


結論から言って・・・


お義母さん、まだまだ病気なようです。(ノ∀`)




お義母さん、先生には


子供が産まれたら、すぐ同居を始める


と、言ってたみたいです。


最初に同居の話を始めた、今年3月ごろの予定では、


来年夏頃ぐらいからの、はずなんですが・・・?


さらに・・・


みんなが勝手に決めちゃって、

自分ひとりだけ取り残されている


とも言っていたようです。


同居の話になると、いつも・・・

お義母さん:「あなたが決めて~(´∀`)」


と、私に何でも決めさせようとしたお義母さん・・・


先生の前と、私たちの前では明らかに人が違うんですけど?




環境の変化で、病気の再発を心配していた先生。


そりゃーそんな風に聞いてたら、同居は無理って言うわけです。


先生の診断でも、ずいぶん良くなっていたお義母さんですが、


そんな風に話を作り変えてしまうようでは・・・


まだまだ治療が必要なようです。(´・ω・`)




とりあえず先生とお話してよかったことは、


お母さんの病状(症状)が、変化しているということが、わかったことでしょうか?


それを含めて先生の方も診察にあたっていただけるようです。


同居の方も、何度も同じ事を繰り返して聞かせて、


じっくりゆっくり時間をかけて、進めて行くなら


先生からの許可もおりました。


(↑わたし的には、許可して欲しくなかったけどw)


とりあえず、同居の話は一歩前進したのかな?