春を感じさせる今日の青空のように

嬉しい報告がありました音譜

昨年から腹痛に悩まされ
学校に通えなくなった女の子
学校にも行きたいし

お友達とも遊びたいショボーン

 

小児科へ通院するが痛みが消えず

お母さんから去年、相談がアリ
治療してみることに
初回は痛みが2日間でなかったと
学校行けるかもとビックリマーク

でも、そんな簡単にはショボーン

2回目施術後は1日だけ

痛みがなくなっただけだったと
なので大きな病院で
取りあえず検査するが異常なし

割と幼いころは原因不明なことが多い様
ただ、原因が不明なのに薬を出されても??

なのでお母さんは、他の治療を
色々と試したのですが良くならず

そんな時、メタロンという測定器の
情報をしり予約とり測定し

まぁ=ビックリするほど
食事だけでなく環境に繋がるものまで
測定されます

そして連絡が来て自律神経かもと・・
整体で楽になっればと
久しぶりに来てみますかと・・・
幼い子の割には頭が異常に重く
頸椎も張りがずごかったです

これは辛かっただろうとショボーン

前回は全身の調整をしましたが
今回からは自律神経に集中し

頭蓋骨調整と頸椎調整、
胸椎のみを施術をしました

週1回の状態で2回ほど
1回目で4日間痛みがないと
2回目も持続できていて今はおーっ!

学校に通っているとお母さんから
喜びの連絡をいただきました

びっくりホント良かったね~
スゴク嬉しい報告でした

痛みがあれば大人だって辛いです
幼い子はなおさらです
大人と違い相手に上手く伝えることが
中々出来ませんからね
キャシャナ体で良く頑張ったと思います

お母さんもお子さんのために
諦めず、情報が入ればとにかく
試して仕事もやめお子さんに
付き添い努力した結果ですね音譜

学校も丁度、新学期に入ったので
タイミングも良かった
良い知らせを受け心がウキウキですラブラブ

最近は食品などの記載項目を
確認するように

 

割と周辺には体を脅かすものが
少しは知っていても

まぁ~普通に売れれているから
大丈夫とおもっていましたが

添加物や農薬が必要以上に
・・・・


最近は若い女性の生理不順や
子供達の体調不良が・・・
検査をしても原因が分からないなど

一度、食生活や環境を見直してみましょう
今は大丈夫でも
少しづつ体に蓄積し

5~10年後には体調が優れない
そんなことが起きる前に

少しでも避けられるものは
知っていたほうが良いかと

 

最近では
生理が2年間も来なかった方が
あることを注意したら

2年ぶりに整理が・・・
直ぐには順調にならないでしょうが
少しづつ良い方向に向かっていると
ヨカッタですねラブラブ

健康予防を学び始め
こんなにも体に負担をかけてることが

食にしても環境にしても多いと
先ずは知ることは大事ですね

皆さんも

将来の健康を考えましょうねニコニコ

 

“スマホ脳過労” 

忘れぽくなったり、イライラしたり、
脳が活性化しなくなる脳過労
びっくり
 
最近増えていてご自分では気づかない
そこでデトックが必要だとニュースにビックリマーク

デジタル・デトックスのコツ

身近な、今日からできる

デジタル・デトックスというのものがハッ
例えば

・お風呂、トイレ、寝室にはスマホを持ち込まない

・『食事中』『会話中』はスマホを慎む

・皿洗いなど無心になれる単純作業を行う

・散歩やひなたぼっこを積極的に行う

・四季折々の食べ物や行事を大切にする

 

など、ほんのささいな習慣でも効果的

なんだそうですよ

 

スマホというのは、本当に今、皆さん

利用されていますし、暮らしになくては

ならない便利なツールになっていますよね

 

どうつきあっていけばいいのでしょうか?

スマホは便利で使いたい

でも、

“使われ”てはだめガーン

 

例えばメールが来たら音が鳴る音符

SNSでメッセージが来たら音が鳴って

音が鳴ったら見に行くは完全に

“使われ”ている状態ですそうではなくて

意識的に「自分が使っているんだ」

使い方を工夫するんだそうです音譜

 

スマートフォンをスマートに使っていく

という意識でいて

デジタル・デトックスまではいかなくても

影響を少なくしていけるんじゃないかと
ニュースで伝えてました

確かに・・気をつけましょう

今日は汗ばむくらいでしたね
気温が高くなると辛いのがマスク
マスクの中は蒸れますから
皮膚の毛穴が心配ショボーン

特に鼻の頭や小鼻の周辺
毛穴が開きイチゴのようにあしあと
だからといって

洗顔料でゴシゴシは刺激を与えてあせる

肌には逆効果

軽くクレンジングでお化粧おとし
蒸しタオルを顏に当てて
モチロン火傷しない気持ち良い温度でね音譜

少し置いてから洗顔フォームを泡立て
優しく顏に乗せチョット放置
泡が毛穴の汚れを分解してくれます

長く放置はダメですよあせる
その後にぬるま湯で肌を擦らないように
何回もゆすぎます、タオルで拭くときも
ゼッタイハッ
擦らないでビックリマーク肌に摩擦や刺激を与えるので
よくないですよ
赤ちゃんの肌を触るように優しくねニコニコ

その後が大事
これからの時季は冷蔵庫に化粧水を
入れて置いて洗顔の後
何回も塗布します
水分補給です乾く前にシューと何回も

5回以上はするといいです
面倒ですが、毛穴がキューとしまってくれ
肌に潤いが
でも、油分も補給してね
乾いた外気に水分を吸収されてしまうから

クリームなどで予防してね音譜

足の裏は多くの汗腺が発達していて

比較的汗をかきやすい部位なんですね

 

また、靴や靴下で覆われる足は汗で蒸れやすく

不快な臭いの原因になることも少なくないです

足の裏の汗は多くの方を悩ませることがありますが

中には乾燥が生じて不快な随伴症状を引き起こすことも

 

あしあとかかと部分が乾燥してひび割れ、痛み

あしあと足の裏の一部が乾燥して皮膚が厚くなる

あしあと足の裏だけでなく体が全体的に乾燥して

  ぽろぽろと皮が落ちるようになった

 

先ずは、清潔にし汗をかいたら豆に

靴下やインソールを取り替えるとか
洗ったあとは、足と爪にも

保湿クリームで保護

 

 

このな症状がみられた場合、原因は?

足の裏の乾燥は、足の裏の皮膚に生じる病気が

原因てことも?

原因となる主な病気て・・・

 

乾皮症(かんびしょう)

皮膚の水分保持量が低下することで生じる病気です

加齢や空気の乾燥などが原因のことが多く

皮膚の乾燥やカユミ、痛みを引き起こしたり

 

掌蹠角化症

しょうせきかくかしょう

足の裏や手の平の皮膚の角質層が分厚くなり

かさかさと乾燥した状態になる病気です

発症原因は、遺伝によるものと悪性腫瘍などの

病気によるものに分けられるそうです

 

足の裏に発症した場合は、皮膚が分厚く

硬くなることで歩行時などの外力によって

ひび割れが生じ、痛みや出血を引き起こす

こともショボーン

白癬症(はくせんしょう)

皆さんも知ってる水虫カビの一種です

白癬菌が足の裏の皮膚に感染することで

発症する病気

趾間にジュクジュクしたカユミを伴う

湿疹ができるタイプと、足の裏の皮膚が肥厚して

硬くなるタイプがあります

後者のタイプでは、カユミなどは伴いそうです

皮膚が過度に乾燥した状態となり

ひび割れを引き起こしやすくなるそうですよ

 

魚鱗癬(

ぎょりんせん)

 

皮膚が過度に乾燥し、表面が魚のうろこのように

ぼろぽろと剥がれ落ちるようになる病気で

生まれつきの遺伝によるものと、

悪性リンパの病気が発症の引き金になっている

ものもあるそうです

症状の現れ方や重症度は発症原因によって

多くは全身の皮膚に高度な乾燥による皮膚の

肥厚や発赤を生じるのが特徴だそうです

ナドナド
放置してて病気にならないよう
普段から気をつけ、みるようにしましょうね音譜