赤十字救急法短期講習

テーマ:

みなさまこんにちはニコニコ

透析室ブログ委員です。

 

8月末の伊達市日中の気温は26℃くらいにがなることもありますが、

陽が落ちると一気にひんやりしてきます。

患者さんの中には朝ちょっとだけストーブを点ける・・

なんて方もちらほらいらっしゃる今日この頃です。

 

 7月末に障がい者病棟と療養病棟の七夕まつりに

素敵な歌を披露してくれた、

『バレーボール少年団 伊達レモンズ』さんが、

今回は赤十字救急法短期講習会に、参加してくれました。

参加者は小学1年生~6年生までの15名の団員と、

指導者、保護者の8人の計24名です。

 

講師は赤十字救急法講師の松浦係長と社会課竹中課長です。

 

スポーツ少年団ということで、熱中症とその対応についても講義しました。

参加したみなさんは、熱心に話を聴いていました。

その後胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使用について

モデル人形を使って実際に行ってみました。

 

1年生はまだ力が足りなくうまく胸骨圧迫されませんが・・・

とても真剣です。

 

高学年はかなり上手にできます。

こちらも真剣です。

小学生の時から経験することでいざという時に思い出して

躊躇せずに救命する意識ができればうれしいです。

 

 

 

最後の質疑応答ではたくさんの質問がありました。

胸骨圧迫で肋骨はどうなるのか?

子供の時はどうしたらいいのか?

熱中症時の有効な飲み物についてなど

特に,1年生が熱心に質問していました。

開始してから1時間を過ぎていたのですが、

最後まで真剣に参加してくれました。

 

松浦係長もいい刺激になったと満足気でございました。

 

伊達レモンズさん、参加ありがとうございました。

 

今回の記事担当は透析でした!

 

 

 

 

 



人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

AD