Dr.Yamada's Dental Diary (ドクター・やまだの歯科日記)

はじめまして。


神奈川県相模原市にある山田歯科医院
(相模原ペリオ【歯周病】インプラントセンター)の医院長していますドクター・やまだです。


日本歯周病学会専門医です。


このブログを通して当院や私、ドクターやまだがどんな歯科医師、人間なのか?を知る上での参考になれば幸いです。


どうぞよろしくお付き合い下さい。


【ご注意】

このブログ内の画像・文章には著作権を有しております。
無断での引用、転載は固くお断りいたします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

健診・検診とメンテナンス

みなさんこんにちは。
 
昨日は朝から爽やかなお天気でしたね。
 
朝、ジョギングしてデスクワークなどしていました。
 
 
走るのは良い気分転換になります。
 
上のような道端の花を撮るのも楽しみです。
 
 
今日、政府が非常事態宣言を解除するか諮問中ですが、ご来院も徐々に増えています。
 
「不急の治療は先延ばしに」という言葉が先に独り歩きしたように思います。
 
症状がなければ大丈夫と判断される場合も多かったのではと思います。
 
 
「健診」は健康診断。
健康かどうか・病気の危険因子があるか否かを確かめること。
1次予防。
 
「検診」はある特定の病気にかかっているかどうかを調べるために診察・検査を行うこと。
2次予防。
 
とされています。
 
相模原市のお口の健康診査は「健診」になりますね。
 
 
歯周病治療が一通り終了したあとは相談の上、「メンテナンス(メインテナンス)」に来ていただいております。
 
メンテナンス(メインテナンス)の間隔は患者さんの自己管理能力、磨き方がうまく行っているかどうかで決まってきます。
 
歯周病が中等度又は重度の場合、管理がうまく行っていないと再発、重症化することも多いのです。
 
再発、重症化するとこれまでの努力が無駄になる場合もあります。
 
「メンテナンス(メインテナンス)」は健診・検診とは違いますので自己判断なさらずにご相談ください。
 
 
 

ドクターズファイル

こんにちは。
 
今日も肌寒いですね。
 
21日の昨日、大阪や兵庫県など関西では非常事態宣言が解除されましたが、関東では解除されませんでした。
 
しかし、解除されても油断はせずに感染対策をしながら新型コロナウイルスと共存していく日々が続くでしょう。
 
患者さんもキャンセルも少なくなり、ご来院していただいております。
 
我々も気を緩めず対策して参ります。
 
 
さて過日、医科、歯科の診療所を紹介するサイト、「ドクターズファイル」さんの取材を受け当院、私の記事が公開されております。
 

当院のHPをご覧いただいた方は気が付いているかもです。

 

当院のこと、私のことが記事で紹介されていますのでお時間と興味がありましたらご覧ください。

 

また専門としている歯周病についてのトピックス記事もありますので合わせてお読みください。

 

 

 

 

治療前のうがいについて

こんにちは、みなさん。

 

今週は急に寒くなりましたね。

 

寒暖の差で体調を崩されませんようにお気をつけてください。

 

 


 

さて、うがいは風邪などの対策に有効です。

 

新型コロナウイルスに対するうがいの効果についてはエビデンスのもととなる検証、論文がまだないのでWHOも効果があるとはうたっていません。

 

また新型コロナウイルスに効果があるうがい薬もまだありません。

 

ですが目や鼻、口などの接触感染経路を考えると、全くうがいが無駄ではないと思っています。

 

 

少なくとも口腔内を清潔にすることには役立っています。

 

日本学校歯科医会のページで東京歯科大学名誉教授 奥田克爾先生が「処置前の抗菌性洗口液によるガラガラ嗽をさせる」ことを推奨されています。

当院では現在お互いのため治療前にポピドンヨード液によるうがいをお願いしております。
 
ポピドンヨードは医療現場に多く使用されているように多くの細菌やウイルスに効果がある殺菌有効成分です。
 

マウスコロナウイルス(マウス肝炎ウイルス,MHVA–59 株に対する ポピドンヨード(PVP-1)製剤の高い殺ウイルス効果についての論文があります。

 
イソジンと聞けばよく分かるかと思います。(イソジンは現在製造会社が明治からムンディファーマに移行しています)
 
ちなみに正しい濃度で使用することが大事です。
 
またヨードアレルギーの方は禁忌です。
 
味は今一つかもしれませんがご協力お願いします。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県歯科医師会「歯科医院受診は新型コロナウィルスの感染リスクを高めるか?」

所属する神奈川県歯科医師会からみなさんへいくつか有益な情報が発信されました。

 

一つ目は「歯科医院受診は新型コロナウィルスの感染リスクを高めるか?」

 

歯科医院の受診は、きちんとした対策を取っている歯科医院であれば、新型コロナウイルス感染において他の行動に比べてもリスクの高い行為ではないと私も思います。

 
これまでもこのブログで書いてきましたが、誤解を生じるような報道により治療のタイミングを逸してしまうことは患者さんに不利益を生じます。
 
かかりつけ医にぜひご相談なさってください。
 
 
 
歯磨きや舌磨きをしてお口の中の衛生状態を改善しましょう。

  日本歯科医師会からは国民向け動画こんな時期だからこそ歯磨きが大事!も。


参考になさって下さい。



神奈川県歯科医師会からの7つのおねがい

おはようございます。

週末がやって来ました。


所属する神奈川県歯科医師会から昨日、みなさんへ「神奈川県歯科医師会からの7つのおねがい」がリリースされました。


ご覧いただき新型コロナウイルス対策や口腔ケア、受診の参考にして下さい。


また、今朝の神奈川新聞、日本経済新聞には神奈川県歯科医師連盟の広告もあります。


お困りの時はかかりつけの先生に相談して下さいね。


日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」

今日は日曜日、歯科医師会の夜なべ仕事続きでデスクワークからのスタートです。

 

朝、情報収集をしていて日本赤十字社のサイトのこちらのページに行きつきました。

 

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」というページです。

 

http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html


より引用)

 

3月28日とずいぶん前にリリースされていました。

 

ですが今も続く恐怖からの偏見など今でも大事な情報だと思いました。

 

お時間があるときによろしければどうぞ。

 

新型コロナウイルスばかりに目が行きがちですが、心のケアにも目を向けたいものです。

GW明け2日目、うれしかったこと。

今日はGW明け2日目の診療でした。

 

今日は電車で通勤、私が感染することが医院には1番影響大ですが…
 
電車やバスで通勤してくれているスタッフもおりますし、同じ気持ちも共有しなければと思います。
 
 
線路わきの花もきれいに咲いていました。
 
 
収束にはまだ時間がかかるでしょう。
 
前にも書きましたが「正しく理解して正しく怖がる」は大事ですし、それを踏まえて電車通勤もマスク装着、ソーシャルディスタンス確保、物を触らない、などリスクかい対策をして実行しただけです。
 
昨日から色々なこと、医療人としての使命、患者さんやみんなの安全、スタッフと相談し、治療再開。
 
きちんとお電話をいただいてのキャンセルも入りましたが、逆に急患患者さんや初診患者さんもいらして診療枠は埋まりました。
 
ありがたいことです。
 
 
「3密」を避けるためには時間的余裕を持った診療スケジュールが必要となるため、診療時間はこれまでと同じですが拝見できる人数は2/3ほどになっています。
 
ゆったりとした時間と空間での診療なのでマスク越しですが患者さんとのお話する時間もあり、よい気分転換になります。
 
在宅勤務も2か月近い患者さんもいらして、久々の外出ということでした。
 
皆さん頑張られていらっしゃいますね。
 
 
今日は2人の遠くから来院された患者さんから「先生も大変ですね。」というねぎらいのお言葉とともに皆さんでとお菓子をいただきました。
 
マスコミの報道で歯科治療、歯科医院が危険というイメージを持たれている方が多いかと思っていました。
 
感染のリスクは私たちの方が高いことなど、ちゃんとご理解していただいていることがわかってとてもうれしかったです。
 
 
歯科衛生士へのリスクを考え、今は私がほぼメインテナンス処置をも担当しています。
 
診療予約枠は減らしてますが、私は今までより忙しくなってます(笑)
 
初心に帰って頑張ります。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

土曜日
 

手作りマスクをプレゼント

当初の非常事態宣言は5月6日まででしたね。
 
ということでGW休暇中に色々調べたりして、今後の診療体制について考えをまとめていました。
 
当院にはスタッフとのLINEグループがあり、5月8日の診療開始前に私の考えをワードのファイルで伝えました。
 
3枚にわたるファイルだったので読むのも大変だったかも(^^;
 
一方、家内はGW中スタッフへプレゼントするマスクを作っていました。
 
 
診療用は備蓄できているものの、我々も衛生資材が入手しにくい状況にあり、仕事用をプライベート用に使うことはできません。

 

手紙を添えて渡しました。

 

みんな喜んでくれて当日早々に使い始めてくれました。

 

 
今日は追加でその手作りマスクを収納するケースを渡しました。
 
マスク外面は汚れますし、鞄にそのまま入れると中が汚れますので。
 
これまた好評でよかったです。
 
 
事前に匿名でのアンケートを実施し、その結果を踏まえて今後の診療体制を決めました。
 
異論はなく再スタートできたのはよかったです。
 
これからもスタッフの意見を取り入れながら頑張ります。
 
 

 

各歯科医師会からの情報発信

神奈川県歯科医師会はじめ各地区の歯科医師会から新型コロナウイルス感染症に関する情報が発信されています。

 

 
神奈川県歯科医師会でも新型コロナウイルス対策室が設置され、既に会員歯科医院のみならず一般の方々が閲覧できる「歯科医療機関における新型コロナウイルス感染症への対策指針Ver.2」が公開されています。
 
日々情報が発表、更新されますので、今は新型コロナウイルス対策室のメンバーの尽力によりVer.4がリリースされようとしています。
 
千葉県歯科医師会から県民への情報もわかりやすい動画があります。
 
お時間があるときにご覧になってみてください。
 
「正しい知識を持ち正しく恐れる」ことは大事だと思います。
 
 
 
 
 

今日から診療開始します

みなさんおはようございます。

今朝は冷え込んでいますね。

当院のGW休暇も明け、今日から診療開始します。


GW休暇中、今後の診療方針を考えていました。

これまで通り、感染対策を行い、「3密」を避ける環境、余裕ある予約枠とし診療を行ってきます。

診療内容は個別に状況、状態ご相談して行って参ります。

受診に迷われている場合はまずはお電話にてご相談ください。

お口の健康は感染症予防や全身の健康、維持増進につながります。

また、マスコミ報道されている検診とメインテナンスとは意味合いが異なります。

歯周病のメインテナンスは症状の悪化を防ぎ、良い状態を維持するために必要な治療です。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>