上まぶたの脂肪除去の治療風景を撮影しました。

今回の症例は、他院で行った二重の修正です。

数回にわたって詳しく報告いたします。

症例について

 20代女性、数ヶ月前に他院で二重の治療を受けています。軽い眼瞼下垂とかなりの上まぶたの脂肪がありますが、糸だけで行う治療のみ受けています。

治療後から左右差があり、二重のラインが安定せず、徐々に二重のラインが取れてきました。他院では、「永久保証」がついている様でしたが、保証で治療が行えなさそうであったため、当院でモニター患者さんとして治療を行っています。

治療前の状態
症例写真は、次回以降掲載します。
 
治療方針
 ・他院で行った二重治療の糸の除去
 ・上まぶたの眼窩脂肪の除去
 ・眼瞼下垂治療
 ・二重術
 これらの治療を数回に分けて行うこととしました。
 一度に行わないのは、「前回の治療の影響」、「上まぶたの脂肪」、「眼瞼下垂」という状態がある中で、結果をアバウトに予測して治療を行うのではなく、段階を踏みながら患者さんの望む理想的な目元になるため、時間的な猶予をいただきましたので、段階的に行っています。
治療動画と解説
 

 

 
 上まぶたの眼窩脂肪を適量除去しております。上まぶたの脂肪除去の施術動画を見たことがある方には、脂肪が多く感じられるかもしれませんが、通常私はこれくらい摘出します。少量であれば摘出する「意味がありません」。
 

上まぶたの脂肪除去について

過剰な上まぶたの脂肪は、腫れぼったい目元の原因の一つです。適切な量を除去することで、腫れぼったさが改善し、目が開けやすくなることもあります。腫れぼったさの改善や、幅が広い二重のラインを希望する場合におすすめです。

 しかし、末広型の幅があまり広くない二重のラインを希望する場合は、脂肪をとらなくても大抵手術は可能です。ですので、むやみにこの治療を勧めることはありません。よく「他院で脂肪をとらないと戻ると言われたけど取らなくて大丈夫か?」とカウンセリングの時にご質問を受けますが、脂肪を取らなくても大丈夫なことがほとんどです。
 

 また、仮に脂肪をとるとなったら、切開法では傷が大きくなりますので、大量に脂肪を取ることは容易ですが、2ミリ程の小さな傷で大量に脂肪をとるにはコツが要ります。

脂肪を引き出すと幅4、5ミリの状態ですが、



 傷はこの様に2〜3ミリです。

 
当院HPの上まぶたの脂肪除去についてはこちらです。
 
セイコメディカルビューティクリニック鹿児島院|上まぶたの脂肪除去(上眼瞼脂肪除去法)

セイコメディカルビューティクリニック福岡院|上まぶたの脂肪除去(上眼瞼脂肪除去法)

 

治療概要、合併症について

 

治療概要、費用
 上まぶたの脂肪除去
 片目  90,000円
 両目 150,000円 (税抜)
 
合併症、副作用、リスク(カッコ内は私の経験)
 ・皮下出血(時々起こります。真っ赤や紫になることは少なく、数日後に黄色くなります。)
 ・むくみ(翌日にかけ、やや目元がむくむことがあります)
 

その他のページ

ヒアルロン酸シリーズ

宝石ブルー「額を丸くする」
宝石ブルー「目の下のくま」
宝石ブルーアバター化、不自然にならない様に行う「鼻」
宝石ブルー「上瞼の凹み、あご 、ほうれい線」など 
宝石ブルー「手」左矢印6月に全国セミナーを行います。

目こだわりの目の治療

宝石緑その方の自然で最大限に美しい目元を作る「二重など」
宝石緑「目の下の脂肪除去」

まじかるクラウン一番人気の糸リフトなど若返り治療

宝石赤「セイコリフト、セルフロック 、ヒアルロン酸注入とのコンビネーション」

筋肉筋肉を鍛えて脂肪を落とす

宝石紫エムスカルプト (福岡院限定)

テレビYouTube動画

宝石赤Dr.聖子チャンネル

病院クリニック、SNS

旗福岡院
旗鹿児島院
右矢印私のInstagram