「目指せ!わが子は文武両道」現役整形外科女性医師からのエール

目指せ!わが子は文武両道
「わが子には、勉強もだけど、体を動かすことも好きになって欲しい」
と願うお母さんへ。
文武両道につながる日々の取り組みを、子育て中の現役女性医師としての目線から書き綴ります


テーマ:

おはようございます。

 

1月も半ば。ようやく通常運転に戻ってきたところでしょうか。

今日は硬くても、大丈夫!気持ちいい股関節のストレッチ

の続きです。

 

今日は

オフィスで1分、お尻すっきりストレッチ

 

オフィスでデスクワークを長時間続けると、

腰回りやお尻周りがどーーーんと重くなってくる・・・

 

合間にちょっぴり、股関節周りを伸ばしてみると

ほんの少し、お尻周りが軽くなります。

 

まず、椅子に腰かけた状態で片方の足だけ胡坐をかく。

 

 

このときのポイントは

膝は椅子座面近くまで倒せるといいけど、そこは求めなくてよい。

大事なのは、骨盤を立てて座っていること。

 

まず、ダメな姿勢はこちら。

画像だと、骨盤が後ろに傾いてしまっています

 

 

正解はこちら。

床でのストレッチと同様、お尻の穴の上に骨盤がのっているのを意識する。

背中が伸びているとよりよいです。

 

 

 

 

 

そして

身体を倒す!!

これだと背中が曲がっているだけなのがわかりますね。

 

 

 

骨盤をしっかりたてた状態で身体を前に倒す!

おへそを,、曲げた方の足のかかとに近づけるイメージ。

 

 

お尻の外側の筋肉がじわっと伸びていることを意識してくださいね。

呼吸を止めないように気を付けながら、片足約20秒~30秒。

硬くても、ぜんぜんペタンとつかなくてもいいんです。

1cmでもいいんです。

伸びてるな~~という位置で

ゆっくり呼吸しながら

「伸ばしている」を意識すること。

あああ気持ちがいい~を意識すること。

これだけで

お尻回りが楽になる感覚、きっと感じていただけると思います。

 

 

 

以下の方は、ストレッチは注意です。

・もともと、安静時に股関節に痛みがある

・さらに歩くと(体重をかけると)痛みが増す

・椅子に腰かけられないくらい、もともとの可動域がせまい(屈曲90度以下)

こういった方はストレッチで痛みが増悪する場合があるので

一度整形外科医の診察を受けましょう。

 

また、

ストレッチってそもそも

やったほうがいいの?

そのメリットは?

こちらで紹介しています。

【硬いなりに気持ちよく続けよう!かんたんストレッチ】

 

今日もお読みくださりありがとうございます。

 

身体が伸びて、ここからのデスクワークがはかどりますように♡

 

 

子供は活発で賢く

お母さんはずっと元気でイキイキを応援するメルマガ

ご興味があれば、登録くださると嬉しいです。

2018年春に発行開始します。
こちらから事前登録受付中です↓
https://www.agentmail.jp/form/pg/10013/1/?300115hip

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。
突然ですが
皆さんのお父さんは、お元気ですか?
今日は、私の父の話をします。
 
============
 
ピアスはだめ
一人暮らしなんてもってのほか
娘が夜遅く帰るときは、いつまでも起きて待っている
 
そんな、女子を心配する父でした。
 

しかし私が希望する国公立医学部は、

通学可能範囲である東京近辺の大学は、偏差値が高すぎて手が届かないため

一人暮らしせざるを得ませんでした

 

2回目の大学受験

センター試験であまり貯金ができなかったため

前期は第一希望の大学に願書提出できても

後期は・・・

最も可能性が高かった大学は、札幌

 

母や祖母は

そんな遠くに行くなんて

と目を回し、賛成とは言い難かった

父だけが


合格する可能性が一番高いなら、願書を札幌に出すといい
遠くても。

 
そういって背中を押してくれました。
「何を一番優先しているの?国公立医学部への合格でしょ?」
 



 
結果的には
前期試験で受けた、第一志望の大学に合格できたのだけど
(一人暮らしだが、片道2時間で帰省できる距離)


二回目でありプレッシャーもあったなかで
父が
後期試験まで、やりたいことができる大学を受験させてくれる
安心感というかものすごい感謝の気持ちが根底にあったのを覚えています
 
それからも父は 自分の娘が
結婚するとき
子育てと医師の両立で悩むとき
子供の習い事で悩むとき
優先順位が一番高いのは何?
全部は叶えられないよ。絶対に優先したいのは何?
 
と問いかけてくれます
 
小さな会社の社長も務めた父は
他の人と同じ時間働けない子持ち女性は
勤務者としては同等に扱われない現実を知っている
反面、娘が、子育てをしながら望む仕事をしたいといい続けるのに
心配は絶えないはず・・・
それでも冷静に淡々と問いかけ続けてくれている
一時の感情や周りの意見に流されることなく。
 
おかげで、私は
あ、今自分は彷徨っているなと思ったとき
 
何を一番優先したいの?
と自ら問いかけられるようになりました
 
父の発言
昔から、時に発せられるときは絶対的な権限がある発言でしたが
今でも大きな影響力があるのだなと改めて感じます
 
ものすごく優秀で冷静で、人徳の高い人間なのかというと
よく考えたらそういうことではない。
父が何よりも大切にしていることは
家族が元気でいること。
言葉にも出して、そういいます
そして言動がブレていないから信じられる
その背中は、私が子供の時から変わらない
 
 
 
そんな父は先日、70歳になりました。
 
70歳って、今の世じゃまだ若いって思うけど
からだにあちこち出てくるのも事実
引退し、畑で野菜を育て、好きなように生きる、
健康テレビ大好きの頑固おやじですが
娘に(本気で)健康相談してくるようになってきました
娘の発言を、
まだまだちいさなムスメの言うことではなく
一人のプロの人間の言うこととして
受け止めてくれているのがわかります
時に、健康オタクゆえにいちいち言い返してくるが(笑)
 
 
私が39年間心配かけた分
これからはいっぱい健康バトルしようかなと
 
 
両親て、いつまでげんきでいてくれるかわかりませんよね。
今のうちにいっぱい話をしておきたい。
子供を連れて、父の畑にたくさん遊びに行こう。
 
 

 
==================
私は
病院勤務中は、高齢者の方々を診察することが多いですが
自身が小さな子供を育てながら仕事をしており
子育ても仕事も頑張るワーママさんたちが
元気で楽しく子育てを続けられるよう、発信をしています
 
子供と一緒に柔軟運動をしたり筋トレをすることで
お母さんがいま、肩や腰が凝り固まらずフットワーク良く過ごせますよ!
親子で楽しんで体を動かす方法を紹介していきます
 
メルマガを準備中です。
興味がある方は良かったら事前登録してみてくださいね。
https://www.agentmail.jp/form/pg/10013/1/?300110father
 
 
今日もお読みくださりありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんばんは。

 

正月休み、後半ですね。

お正月、帰省先でごゆるりとされたでしょうか。

 

正月と言えば・・・

恐怖のごちそう地獄(><)

ごちそうを、地獄と言ってしまうのって

悲しい世の中です。

 

さて、お正月

体重が、がががががーーーーーん!

と増えて眼を剥いている方もいるのでは。

 

 

いや、もしかしたら

正月休みどころか、その前から
じわじわ右肩上がりの体重。目をそらしたくなる、体重計の数字。
これは絶対、正月休みが終わったら・・・
主食抜き!夜抜き!!甘いもの抜き!

...

 

するとどうなると思いますか。

 

 

 

胃腸は食べ疲れてるくせに
抑圧された感情は逆に膨れ上がる。
気がつくと、普段は食べない菓子に目がいき
目が行くどころか…気が付くと食べてる(+_+)

 

 

そして、ただ後悔しどん底に突き落とされる。

これは現代最凶のサイコホラー!

 

 

 

痩せたくても、体重計の数字が憎らしくても

急に体重を減らそうと

4日以上、食事量を大幅に減らす(無理に我慢する)のは良くないです。

 

1,2日、食べ過ぎてドンと増えた体重は

その後2,3日の調整で元に戻るので

この期間に食事量を大幅にコントロールするのは

その後増え続けないためには大切。

 

しかし!

正月などのごく短期間で増えたのではなく

良く見ると1ヶ月かけてじわじわ増えているとき

 

これを、

むやみに絶食や置き換えを続けるのは

キケンです。

頭ではわかっていても、

どこかで体の本能が我慢している

むやみに押さえ続けると

 

必ず爆発します。

 

 

お肌の質が悪くなりますし

せっかく目標体重まで落とせても、大きくリバウンドもよくある話。

ダイエットの途中だって、常に本能は、食事量の少なさと闘っている。

ダイエットしよう、量を減らそうと頭で決めれば決めるほど、

 

がーーーーーーっと食べたい衝動が

無意識のうちに手を伸ばしている。

 

食べてしまう、後悔する、

再開するときはまた抑え込んでいる、、、の繰り返し。

 

もし本格的にダイエットしたい、本気で食事量を減らすぞと

ファスティングや置き換えなどをやるのであれば

まずはよく調べて勉強してからやりましょう。

一人でむやみにやらないほうがいいです。

そう、「ダイエットします!」と宣言しても、その内容が

よく知らないで始める、食事量だけ徹底的に減らすダイエットだったら

失敗率が高いです。

体と心を壊します。

1ヶ月かけて増えた体重は

1ヶ月以上かけて戻す・・・くらいのつもりがいい。

そして、1ヶ月1kgが理想。

どんなに頑張っても、月2kgまで(体重50~60kg女性目安)。

毎日必ず、同じ条件で体重計に乗り、

記録しておくのも効果的です。

 

正月前から体重増加傾向、正月でさらにアップ

さあ、一気に痩せよう!と、今年の目標に掲げている方へ。

 

1ヶ月かけて体重が増えたのなら、戻すのは1ヶ月はかけて。

むやみに食事だけ減らさないで。

宣言するのは効果的だけど、できれば、方法も公開しあえる仲間がいるといい。

 

ゆっくりと時間をかけて戻そうと腰を据えていらっしゃるなら

美味しいものも食べながら、減らしていけると思います。

普段は質素に、時にはやや美味しいものを、のペースで。

質素な食事で、数多く勧められているのは

【玄米ごはんと味噌汁】
夕食でも、早めの時間に、
ゆっくり噛んで味わったら
満足感高く、栄養価も高いです。

お味噌汁はギール里映さんの「食べる筋トレ」でも勧められています。

 

また、

骨盤周辺のストレッチは

血流アップ、老廃物の除去、代謝アップが期待できます。

短期間で痩せるのには向きませんが

長期間(数か月単位)かけて

自分の体を作っていくにはお勧めしたい一つの方法です。

 

硬くても気持ちいい!股関節のストレッチ

 

 

お正月が終わって、

さあ、食事量減らして、また痩せよう!!と意気込んでいる方。

どうか、

むやみに食事量を減らして、体と心を壊さないで。

ダイエットするなら、

せっかくのこの機会

新しい体を作り直すつもりで、

からだと向き合いながらやっていきましょうね。

食から目をそらすのは、つまらない生活になってしまいますから。

 

 

 

 

子供がいるお母さん、

自分は、運動やヨガとかでダイエットする暇なんかない!

ご飯減らすしかないじゃない。

でも、ヘタなダイエットで

心はイライラ、お肌はガサガサ。

 

私は、お母さんたちには

食のことで悩んで欲しくない、

食を、子供と一緒に楽しんで欲しいと心から思います。

 

子供は元気で賢く、

お母さんがずっと笑顔で元気でいることを応援するメルマガです。

ご興味があれば、登録くださると嬉しいです。

2018年春に発行開始します。
こちらから事前登録受付中↓
https://www.agentmail.jp/form/pg/10013/1/?300106diet

 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

 

 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

2018年が始まりましたね。

 

ところでみなさん、ストレッチってしてますか?

デスクワーク

お子さんのだっこやおんぶ

からだ中、凝り固まってるでしょう。

 

身体がバキバキの時、

ちょっと体を伸ばすと、体が楽になりますよね。

 

 

今日から

すこしずつですが、

身体が硬くても大丈夫。

お部屋やオフィスでできる、かんたんストレッチ

をご紹介します。

 

============

 

なぜストレッチをするのか?

一般的に言うと

ストレッチとは、体のある筋肉を良好な状態にするために、固く縮んだ筋肉を伸ばし、本来の筋肉の長さに戻すこと。

 

運動前の準備体操の一環として行い、ケガを予防することも重要な目的の一つですが

 

伸ばして柔らかくなった筋肉は

血流を促すポンプ機能が回復

 ⇒酸素や栄養の供給が良好+老廃物を体外へ押し流す

柔らかくなることで、今まで鍛えられなかった筋肉も刺激し

代謝アップ、しなやかな体作りにつながります。

 

肩こり、腰痛改善

姿勢が良くなる

疲労回復

運動不足解消・脂肪燃焼促進

冷え性、むくみ改善

心身リラックス

といった効果があります。

 

ストレッチは、毎日少しずつやると

身体は必ず柔らかくなります。

でも、間違ったやり方でやると

いくらやっても柔らかくならないばかりか

余計なところを痛めたりして、本末転倒に・・・。

それに、

正しいやりかたで、

呼吸に気を付けながら、リラックスして体を伸ばすと

たった数分のストレッチでも、驚くほど体がほぐれて

気持ちがすっきりします。

 

 

ここで注意!頑張り屋のお母さん。

痛いけどがんばれ私!絶対柔らかくするんだ!!!!

という

根性は必要ありません。

(これからバレエ大会に出る、水泳のタイムに今後の就職がかかっている、、、

と言うかたは別です。)

あくまでも、

身体が伸びて気持ちいい♡

というレベルで続けることが大事。

 

こんなスゴイこと、

 

できていなくても、ストレッチは楽しめます。

 

今はすごーく硬くて、

こんなことできないわ!というあなたでも大丈夫。

硬いなりに気持ちいいストレッチを続け

姿勢も美しい、柔らかくしなやかな体を手に入れちゃいましょう!

 

 

これから、

いろんなストレッチを紹介していきますね。

 

年末年始!おうちですわってできる股関節ストレッチ

 

今日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

お母さんがずっと元気でいることを応援するメルマガ

ご興味があれば、登録くださると嬉しいです。

2018年春に発行開始します。
こちらから事前登録受付中↓
https://www.agentmail.jp/form/pg/10013/1/?291231stretch

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

我が家の次女がついに6歳になりました。

 

 

次女がおなかにいるとわかったとき、

私はまず・・・

動揺した。

なぜなら

予定日は、整形外科専門医試験の2週間前だったから。

 

予定日大幅に超えたらやばいじゃないか!

というのが最初にやってきた感情でした。

 

1回目は落ちたので、もう後がない気がしていた。

家族からの「あーあ」の視線を浴びるのではないかと怖かった。

でも

当たり前だけど、家族はみな応援してくれた。

つわりはあったけど、おなかの子はすくすく順調。

おなかのなかから私の腹をけり、勉強を応援してくれた。

そして、予定日超過どころか

5日も早く生まれてきてくれた。

 

======

 

生まれたときの最初の印象は

うわーなんていい匂い♡

赤ちゃん特有のいい匂いだったのかもしれないけど

なぜか今でも、このいい匂いは次女にしかない。

そしてくねくね、もちもちの感触。

最近では、追いかけられるより追いかける(笑)

 

 

寝かせ付けよう!!!

と気張らなくなった母のもとで育った次女は

沿い乳しながら先に落ちる母の隣で

泣きもせず、たぶん母の後で眠りにつく。

 

それなりに発熱や病気もしたが

さっと発熱し、1~2日でさっと下がる、切れ味よく治る。

 

あまり手がかからず

こちらもあまり気にせず(笑)

ぐんぐんおおきくなってくれています。

 

 

大きくなるほど長女へ、自分への負けず嫌い炸裂

長女より早く、歴史人物、都道府県を覚える。

要領いいなこの子は・・・

と思われがち。

 

 

でも違うんだ。

 

 

鉄棒、どうしても逆上がりができなくて

何度もやっていると力が入らなくなって

無念のあまり大泣き・・・を毎日繰り返した数か月。

そうやって、ついにできるようになった。

しまいには、2回連続逆上がりも成功!

 

 

努力しないでささっとできる子、じゃない。

できるようになりたいこと、、

楽しいと思うことに対して

すっごく集中して努力する子なんだなってわかる。

 

 

そして何より母のハートを離さない

次女の決め台詞。

「ママがいい♡」

甘えたくなったら

どうしていいかわからなくなったら

抱っこしてほしくなったら

まっすぐ目を見て、「ママがいい」

末っ子って・・・なんてかわいいんでしょうね!(笑)

 

 

ついに次女は

6歳の誕生日を迎えました。

そして春から、1年生になります。

先月くらいから

保育園でのママいってらっしゃいの儀式が減り

まま、ばいばいと手を振るだけになってしまったのが

実は私が一番さびしいいいい!!

小学校に上がったら

もっとドライになってしまうのでは?

「ママがいい」を封印してしまうのかな?

 

そんなさみしさもあるけれど

ぐんぐん大きくなって

一人の女の子になっていく姿を

一番近くで見られるお母さんは、幸せだなって思います。

 

 

これからもっと、やりたいことが出てくるでしょう。

お母さんから見たら心配になるようなことも

自分で考えて取捨選択していくことになるでしょう。

心配で、ついつい手出しをしたくなるかも。

そんなときも、お母さんができる一番のことは

応援

わが子が私の仕事の一番のサポーターでiいてくれるある以上に

私も次女の一番の応援団長でい続けたいです。

 

 

 

誕生日当日はたいていバタバタするから、

パーティは後日に設定。

当日は、ごはんは普通通り仕込み、簡単なデザートだけ用意。

そうしたら・・・・

 

受けもちの患者さんの手術入室時間が遅くなり、夕方から開始となりました。

 

帰宅はだいぶ遅くなってしまったけど

おうちで家族とごはんとケーキを一緒に食べることができました。

普通通り「おかえりーー、腹減った」と迎えてくれた子供たち。

誕生日を家族で祝うことができるって、幸せですね。

 

 

 

6歳になった次女へ。

いつもママを応援してくれてありがとう。

ありがとうってお手紙をいつも書いてくれてありがとう。

負けず嫌いで甘えん坊のあなたが大好きです。

「ママがいい」って言ってくれて、実はとっても嬉しいよ。

これからも、楽しいことわくわくすること

たくさん一緒にしようね。

 

 

 

今日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。