六本木の美容外科・美容皮膚科・アンチエイジング専門医-Dr.Andy(アンドリュー・ウォン)

六本木の美容外科・美容皮膚科・アンチエイジング専門医-Dr.Andy(アンドリュー・ウォン)

美容と健康のことなら何でも私に聞いてください。国際的な美容専門医のDr.アンディーが『究極・永遠の美』を研究、追及してゆきます。美容と健康のことなら、六本木駅徒歩一分のDr.アンディーズクリニックへ。


テーマ:

 

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは厚生労働省・文部科学省より

「コロイドヨード療法に関する臨床研究(観察研究)」医療施設として、

承認(倫理審査申請管理番号:20180828-01)を受けています。

 

コロイドヨード療法とキレーション療法で免疫力を高めながら:中からがんを戦う、その

ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。様々な医療の現場で従事したことにより命の活性化昨日より明日はもっと元気に豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

がん細胞もエクソソームを分泌します。エクソソームから出てくるマイクロRNAは、がんの発生・転移と関係すると証明されました。最近のコロイドヨードの研究【Expression of miR-100 and RBSP3 in FTC-133 cells after exposure to 131I. (Nucl Med Commun 2014 Sep, 35(9):932-8)】によりますと、コロイドヨードがこのエクソソームから分泌されるマイクロRNAの機能を鈍くさせるようです。そのため、コロイドヨードの効果が注目されています。

がん治療の背景

2012年の日本の死因別の死亡数は、がんが361000人で、1981年から第1位をがんが占めており、約2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという現実に直面しています。しかしながら、がんはいまだ画期的な治療法が見つかっていないのが現状です。
従来のがん治療というと、外科手術や化学療法、放射線治療などです。しかし、これらの治療では思ったような効果を得ることができず悩まれている方が少なくありません。

日本では、手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療が主流で、がんに罹患された方の約85%がこの三大療法を選択します。しかし、アメリカでは8%、さらにはカナダにおいては3%のがん患者しかこれらの治療法を選択していない現実があります。手術をすることで他の組織にがん細胞が散ってしまうリスクもあり、放射線治療を行うことでクラッシュシンドローム(破壊症候群)という現象を引き落とし、組織破壊が進み免疫力が低下します。抗がん剤は元気な細胞を区別することなく殺してしまう場合もあり、いずれもがんを根本から治療させることはできないのです。

当院では、がん免疫細胞療法、がん遺伝子治療ならびにもう一つの選択肢であるコロイドヨードによる治療法をご紹介しております。副作用が少なく、がん化した細胞に効果的といわれるコロイドヨードについてご紹介します。

コロイドヨード療法
現代医療においては、薬の薬効に期待した『対症療法』が中心に行われておりますが、人間が本来持っている免疫力を高め、また自然治癒力を引き出す『根本療法』あるいは『原因療法』が注目されています。コロイドヨードは新陳代謝機能を活性化し、免疫力を高め自然治癒力を引き出す効果が非常に高いです。

 キレーション療法

最近は腫瘍循環器学的、キレーション療法は話題になっております。また、重視とされています。

 体内有害金属は体内の多くの酵素活性を阻害。細胞の代謝が低下します。

タンパク質の合成分解障害

→DNA合成障害、細胞代謝低下

免疫機能低下

 活性酸素の増加で細胞や染色体を酸化しキズつけます。

発癌の誘発

細胞の変性、壊死

免疫機能低下

 

水銀汚染による障害

中枢神経系

感覚障害、難聴、平衡機能障害、運動失調、言語障害、四肢のしびれ、うつ症状、自律神経症状、情緒不安 など

下痢、食欲不振

アレルギー

腎臓・肝臓障害

代謝異常:肥満、皮膚関節

 

鉛汚染による障害

中枢神経系

頭痛、平衡機能障害、運動失調症、神経障害、こん睡 など

循環器系

高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳動脈硬化 など

腎臓障害・肝臓障害

慢性疲労、免疫抑制

下痢、食欲不振

 

キレーション療法で、効果が有効とされる病気

 

狭心症、,冠状動脈硬化、心筋梗塞予防、後遺症、脳動脈硬化、脳出血、脳梗塞、乾癬、強皮症、SLE、慢性腎炎、血栓性静脈炎、パーキンソン病、鉛毒、その他の有害重金属中毒、糖尿病による壊死、動脈硬化症、シミしわの改善、視力の低下、認知症、加齢横斑変性症、白内障。

 

血管の内径を10%広げると、血流は50%も増加します。

 現代社会は、カロリー豊富な食事と運動不足そしてストレス社会で心筋梗塞、脳梗塞などの循環器系の死に至る疾患が増大していますが、その基礎疾患は動脈硬化症です。
動脈硬化で硬くなった血管は血管内腔が狭くなり血流量が減少します。また、傷ついた血管内腔は血栓が出来やすく血管を閉塞する危険性があります。そして、断録がないので脆く破綻して出血を来すこともあるのです。その動脈硬化の固さはカルシウム沈着によるものでキレーションによりカルシウムを減少させ、柔らかくして、血管内腔を広げるのです。

https://soukiganhakken.jp/all/kiration/

https://soukiganhakken.jp/category/new/

https://soukiganhakken.jp/

https://soukiganhakken.jp/new/3061/

 

 

 


テーマ:

 

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは厚生労働省・文部科学省より

「コロイドヨード療法に関する臨床研究(観察研究)」医療施設として、

承認(倫理審査申請管理番号:20180828-01)を受けています。

 

コロイドヨード療法と先進性の水素酸素吸入療法:中からがんを戦う、その③

ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

がん細胞もエクソソームを分泌します。エクソソームから出てくるマイクロRNAは、がんの発生・転移と関係すると証明されました。最近のコロイドヨードの研究【Expression of miR-100 and RBSP3 in FTC-133 cells after exposure to 131I. (Nucl Med Commun 2014 Sep, 35(9):932-8)】によりますと、コロイドヨードがこのエクソソームから分泌されるマイクロRNAの機能を鈍くさせるようです。そのため、コロイドヨードの効果が注目されています。

 

がん治療の背景

 

2012年の日本の死因別の死亡数は、がんが361000人で、1981年から第1位をがんが占めており、約2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという現実に直面しています。しかしながら、がんはいまだ画期的な治療法が見つかっていないのが現状です。
従来のがん治療というと、外科手術や化学療法、放射線治療などです。しかし、これらの治療では思ったような効果を得ることができず悩まれている方が少なくありません。

日本では、手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療が主流で、がんに罹患された方の約85%がこの三大療法を選択します。しかし、アメリカでは8%、さらにはカナダにおいては3%のがん患者しかこれらの治療法を選択していない現実があります。手術をすることで他の組織にがん細胞が散ってしまうリスクもあり、放射線治療を行うことでクラッシュシンドローム(破壊症候群)という現象を引き落とし、組織破壊が進み免疫力が低下します。抗がん剤は元気な細胞を区別することなく殺してしまう場合もあり、いずれもがんを根本から治療させることはできないのです。

当院では、がん免疫細胞療法、がん遺伝子治療ならびにもう一つの選択肢であるコロイドヨードによる治療法をご紹介しております。副作用が少なく、がん化した細胞に効果的といわれるコロイドヨードについてご紹介します。

コロイドヨード療法

現代医療においては、薬の薬効に期待した『対症療法』が中心に行われておりますが、人間が本来持っている免疫力を高め、また自然治癒力を引き出す『根本療法』あるいは『原因療法』が注目されています。コロイドヨードは新陳代謝機能を活性化し、免疫力を高め自然治癒力を引き出す効果が非常に高いです。



水素酸素吸入療法

水素吸入療法は水素ガスを酸素とともに吸っていただく画期的な治療法です。これは日本は全世界で初めての治療法です。 これまで、水素ガスは様々な病気や病状に対して効果のあることが動物実験で示されてきました。また、水素ガスは酸素ガスと反応して爆発する危険があることは広く知られていますが、その危険のない範囲で用いることができるようになりました。水素ガスは体内で様々な有害物質を無毒化できるのではないかと期待されています。 がん患者様には、免疫力のアップは期待あれています。

なぜ水素酸素なのか?
水素酸素吸入による最先端のコンディショニングは自律神経にアプローチしアスリートのパフォーマンスを飛躍的にアップさせます。水素ガス(水素分子)を含む水のことです。(水素分子が水に溶けて水素イオンになることはありません。また水素分子が直接phに影響することもありません。)
現在は、水素ガスを高圧・バブル化して、水に溶存させたタイプと、水を電気分解させて水素分子を発生させて作る水素水のふたつのタイプがあります。
さて、そもそもその水素とは何なのでしょうか。
【水素原子(H)2つが結合して安定した水素分子(H2)。水素ガスのこと。あらゆる物質のなかでもっとも小さく軽くて拡散性がある。ペットボトルやガラスビンなども簡単に通過してしまうほど小さい。常温では無色、無臭。味もしない。宇宙で最初に作られた物質。燃えやすいイメージもありますが、すぐに拡散され。4%以上の濃度にならなければ燃えない。】

 

https://soukiganhakken.jp/all/hydrogen/

https://soukiganhakken.jp/category/new/

https://soukiganhakken.jp/

https://soukiganhakken.jp/new/3061/

 

 

 

 


テーマ:

 

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは厚生労働省・文部科学省より

「コロイドヨード療法に関する臨床研究(観察研究)」医療施設として、

承認(倫理審査申請管理番号:20180828-01)を受けています。

 

コロイドヨード療法と大量自家血オゾン療法:中からがんを戦う、その②

ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックの美容部門では、全身痩身・部分痩身の脂肪溶解メソセラピー、小顔痩せ脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管の硬化療法以外に、もう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認可した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、盛んにエクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

コロイドヨードががん細胞から分泌されるエクソソームから放出する

マイクロRNAの機能を鈍くさせるようです。

なぜ、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)を行うのか?

今回はコロイドヨード治療大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)をご紹介します。 Dr. Andyが以前アメリカ留学の時、湾岸戦争の時に駐ドイツ米軍医(解毒班)のDr. Samuelに教わった治療方法です。Dr. Samuelは現在は帰国し、St Louisで病院を営んでいます。 Dr.Andyはキレーションをはじめ、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)を教えてもらいました。

オゾン療法の仕組みを簡単に説明すると、オゾンガスの中に血液を入れ、血液をサラサラにします。血液をサラサラにすることでその血液が体の隅々まで酸素を運びます。そうすることで体の中に酸化ストレスが加わり、体が本来持っている酸化力や免疫力を高められます。これはドイツの医療で、当クリニックの治療と他院の治療を比べると下記のようになります(病気を対象にする治療です)

オゾンの量が他のクリニックよりも多くなっていますが、このオゾン量の違いはすぐに効果に現れてきます。

全国から末期がんの患者様が救いを求め、たどり着く六本木にある「医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック」。コロイドヨード療法や大量自家血オゾン療法など、治療成果の高い先端医療を導入しています。

 

 

当院

他院

オゾン濃度/ml)

7080

2040

血液採取量(ml)

1,0001,200

50100

体内に入るオゾン量)

70,000100,000

1,0006,000

 

がん治療の背景

2012年の日本の死因別の死亡数は、がんが361000人で、1981年から第1位をがんが占めており、約2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという現実に直面しています。しかしながら、がんはいまだ画期的な治療法が見つかっていないのが現状です。
従来のがん治療というと、外科手術や化学療法、放射線治療などです。しかし、これらの治療では思ったような効果を得ることができず悩まれている方が少なくありません。
日本では、手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療が主流で、がんに罹患された方の約85%がこの三大療法を選択します。しかし、アメリカでは8%、さらにはカナダにおいては3%のがん患者しかこれらの治療法を選択していない現実があります。手術をすることで他の組織にがん細胞が散ってしまうリスクもあり、放射線治療を行うことでクラッシュシンドローム(破壊症候群)という現象を引き落とし、組織破壊が進み免疫力が低下します。抗がん剤は元気な細胞を区別することなく殺してしまう場合もあり、いずれもがんを根本から治療させることはできないのです。
当院では、がん免疫細胞療法、がん遺伝子治療ならびにもう一つの選択肢であるコロイドヨードによる治療法をご紹介しております。副作用が少なく、がん化した細胞に効果的といわれるコロイドヨードについてご紹介します。

統合医療とコロイドヨード療法
現代医療においては、薬の薬効に期待した『対症療法』が中心に行われておりますが、人間が本来持っている免疫力を高め、また自然治癒力を引き出す『根本療法』あるいは『原因療法』が注目されています。コロイドヨードは新陳代謝機能を活性化し、免疫力を高め自然治癒力を引き出す効果が非常に高いです。

がん細胞もエクソソームを分泌します。エクソソームから出てくるマイクロRNAは、がんの発生・転移と関係すると証明されました。最近のコロイドヨードの研究【Expression of miR-100 and RBSP3 in FTC-133 cells after exposure to 131I. (Nucl Med Commun 2014 Sep, 35(9):932-8)】によりますと、コロイドヨードがこのエクソソームから分泌されるマイクロRNAの機能を鈍くさせるようです。そのため、コロイドヨードの効果が注目されています。

https://soukiganhakken.jp/category/new/
https://soukiganhakken.jp/
https://soukiganhakken.jp/new/3061/