Dr.Andy-がんのエッセンシャル統合医療専門医・幹細胞再生医療(慢性疼痛・糖尿病)・美容外科専門医
  • 29Nov
    • Gusi International Peace Prize 平和賞 2021の画像

      Gusi International Peace Prize 平和賞 2021

      このたび、新型コロナのため、Gusi International Peace Prize 平和賞2021はフイリピンマニラでの開催は出来なくなりました。開催国はフリリピンマニラからトルコイスタンブールに急遽に変更されまして、11月22日に無事に開催されました。私は、この平和賞の受賞者の一人でしたが欠席致しました。コロナ収束後、賞をもらいに行かせていただきます。https://www.facebook.com/gusipeaceprizehttps://ameblo.jp/dr-andy/entry-12712940561.html詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://ameblo.jp/dr-andy/entry-12712940561.htmlhttps://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_Prizehttps://www.facebook.com/gusipeaceprizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.comがん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。

  • 28Nov
    • 慢性の痛みに悩んでいます。疼痛に対する新しい治療法を教えてください。の画像

      慢性の痛みに悩んでいます。疼痛に対する新しい治療法を教えてください。

      慢性の痛みに悩んでいます。疼痛に対する新しい治療法を教えてください。~ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療~~幹細胞培養上清治療と合わせると、もっと効果的になります~医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、ステージ4がん治療の専門クリニックです。平成元年開設以来、33年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは直径1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療・糖尿病」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。最近よく見聞きする「再生医療」ですが、いったいどんな医療でどこまで進んでいるのかご存知ですか?再生医療とは?「細胞の力」を使って失った機能を取り戻す医療と言われています。再生医療とは、ケガや病気などによって失ってしまった機能を、いわゆる“化合物”である薬でケガや病気を治療するのではなく、人のからだの「再生する力」を利用して、元どおりに戻すことを目指す医療のことです。「幹細胞」と「体細胞」私たちのからだは、約60兆個の細胞からできており、その始まりは、1個の受精卵です。受精卵が細胞分裂(増殖)によって「胚」になり、さらに細胞分裂を繰り返して多種多様な細胞に成長し、皮膚や脳、心臓といった組織や臓器がつくられます。このように、細胞が様々な組織や臓器に変化することを「分化」と言います。一方、細胞には寿命があり、多くの細胞は分化すると増殖することができなくなり、やがて死んでいきます。例えば、肌をこすって垢が出るのは、皮膚の死んだ細胞が剥がれ落ちるからですが、その下にすでに新しい皮膚があるのは、組織の中には、新しい細胞を補充する役目をもつ未分化な細胞があるからです。完全に分化し、皮膚や血液のように組織や臓器となった細胞は「体細胞」、これからいろいろな組織や臓器になれる未分化な細胞は「幹細胞」と呼ばれています。現在、再生医療では、この「幹細胞」や「体細胞」それぞれを利用して、ケガや病気で損傷した部分に移植して組織の再生を促したり、根本的な治癒を目指す「細胞移植治療」が行われています。「幹細胞」による再生医療再生医療で注目されている幹細胞は大きく3種類。現在、私たちが再生医療として受けることができる、もしくは将来その可能性がある幹細胞は、大きく3種類あります。それは、もともと私たちのからだの中に存在している「体性幹細胞」と、胚(受精卵)から培養してつくられる「ES細胞」、人工的に作製される「iPS細胞」、です。この大きく3種類の幹細胞の中で、最も医療への応用が進んでいるのは「体性幹細胞」です。人間の体の中にもともとある細胞を使うため、治療に応用しやすい特徴があります。「体性幹細胞」による細胞移植治療「体性幹細胞」には、いくつか種類があり、その代表的なものに「間葉系幹細胞」があります。「間葉系幹細胞」は、骨、軟骨、脂肪細胞などいくつかの異なった組織や臓器に分化する能力があります。1970年代には骨髄の中にあることが発見されていた「間葉系幹細胞」は、治療が困難な脊椎損傷や肝機能障害などの治療に期待されており、これまで骨髄由来の「間葉系幹細胞」の治療への実用化を目指して、臨床研究が多く行われてきました。ところが、骨髄由来の幹細胞は採取できる量が限られており、移植するには体外で培養し、増殖しなければならないことが多く、感染や異物の混入などを防ぐための幹細胞培養施設(CPC)も必要になります。一方、最近、注目され始めているのが脂肪由来の「間葉系幹細胞」です。2001年に骨髄由来と同等の能力があり、なおかつ、より大量に確保できる脂肪由来の「間葉系幹細胞」が発見されてからは、これを関節軟骨などの再生治療に応用する研究が行われるようになりました。一方、最近、日本の学者により発見された幹細胞培養する際、自然に作られた幹細胞培養上清液は、組織の修復機能を持つことをわかりました。体の各部位、特に、関節の慢性痛み緩和と改善に役に立ちます。当院も、幹細胞培養上清液を取り入れて、膝の痛み、肘の痛み、肩の痛みなどなどを局部注射・点滴の治療を行っております。変形性関節症は、多くの方が悩んでいる慢性疾患の一つです。関節の軟骨が損傷を受けることによって炎症や変形、ひどくなると強い痛みが生じます。変形性関節症の治療は、薬や湿布で痛みを軽減させるか、もしくは手術。マッサージ等で痛みが緩和したという話も聞きます。そんな中、新しく加えるべく治療に、ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療などの再生医療があります。再生医療では、今まで治らなかった病気が治せるかもしれないという可能性が出てきております。~幹細胞培養上清治療と合わせると、もっと効果的になります~人間の体にはもともと修復する能力が備わっています。その能力の元になるのが幹細胞です。幹細胞を培養した上澄み液には、サイトカインと呼ばれるたんぱく質が含まれており、サイトカインには、体内の損傷を受けた組織や細胞を回復させる機能があります。そのような効果がある幹細胞培養上清液を、関節内へ注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。変形性関節症は、痛みを緩和するか、手術を受けるかの、二者択一を迫られることが多く、手術を受けたくない人や手術を受けることができない人は、痛みを我慢していくしかなかったですが、幹細胞培養上清治療という新しい選択が増えることになり、治療の幅が広がりました。詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.comがん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。

  • 26Nov
    • 私は若い時から野球をやっていました。  今は55歳で肘の慢性痛みがありますが治せますか?の画像

      私は若い時から野球をやっていました。 今は55歳で肘の慢性痛みがありますが治せますか?

      私は若い時から野球をやっていました。今は55歳で肘の慢性の痛みがありますが治せますか?慢性疼痛に対する新しい治療法を教えてください。~ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療~医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、ステージ4がん治療の専門クリニックです。平成元年開設以来、33年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは直径1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療・糖尿病」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。最近よく見聞きする「再生医療」ですが、いったいどんな医療でどこまで進んでいるのかご存知ですか?再生医療とは?「細胞の力」を使って失った機能を取り戻す医療と言われています。再生医療とは、ケガや病気などによって失ってしまった機能を、いわゆる“化合物”である薬でケガや病気を治療するのではなく、人のからだの「再生する力」を利用して、元どおりに戻すことを目指す医療のことです。「幹細胞」と「体細胞」私たちのからだは、約60兆個の細胞からできており、その始まりは、1個の受精卵です。受精卵が細胞分裂(増殖)によって「胚」になり、さらに細胞分裂を繰り返して多種多様な細胞に成長し、皮膚や脳、心臓といった組織や臓器がつくられます。このように、細胞が様々な組織や臓器に変化することを「分化」と言います。一方、細胞には寿命があり、多くの細胞は分化すると増殖することができなくなり、やがて死んでいきます。例えば、肌をこすって垢が出るのは、皮膚の死んだ細胞が剥がれ落ちるからですが、その下にすでに新しい皮膚があるのは、組織の中には、新しい細胞を補充する役目をもつ未分化な細胞があるからです。完全に分化し、皮膚や血液のように組織や臓器となった細胞は「体細胞」、これからいろいろな組織や臓器になれる未分化な細胞は「幹細胞」と呼ばれています。現在、再生医療では、この「幹細胞」や「体細胞」それぞれを利用して、ケガや病気で損傷した部分に移植して組織の再生を促したり、根本的な治癒を目指す「細胞移植治療」が行われています。「幹細胞」による再生医療再生医療で注目されている幹細胞は大きく3種類。現在、私たちが再生医療として受けることができる、もしくは将来その可能性がある幹細胞は、大きく3種類あります。それは、もともと私たちのからだの中に存在している「体性幹細胞」と、胚(受精卵)から培養してつくられる「ES細胞」、人工的に作製される「iPS細胞」、です。この大きく3種類の幹細胞の中で、最も医療への応用が進んでいるのは「体性幹細胞」です。人間の体の中にもともとある細胞を使うため、治療に応用しやすい特徴があります。「体性幹細胞」による細胞移植治療「体性幹細胞」には、いくつか種類があり、その代表的なものに「間葉系幹細胞」があります。「間葉系幹細胞」は、骨、軟骨、脂肪細胞などいくつかの異なった組織や臓器に分化する能力があります。1970年代には骨髄の中にあることが発見されていた「間葉系幹細胞」は、治療が困難な脊椎損傷や肝機能障害などの治療に期待されており、これまで骨髄由来の「間葉系幹細胞」の治療への実用化を目指して、臨床研究が多く行われてきました。ところが、骨髄由来の幹細胞は採取できる量が限られており、移植するには体外で培養し、増殖しなければならないことが多く、感染や異物の混入などを防ぐための幹細胞培養施設(CPC)も必要になります。一方、最近、注目され始めているのが脂肪由来の「間葉系幹細胞」です。2001年に骨髄由来と同等の能力があり、なおかつ、より大量に確保できる脂肪由来の「間葉系幹細胞」が発見されてからは、これを関節軟骨などの再生治療に応用する研究が行われるようになりました。「ES細胞」、「iPS細胞」による細胞移植「ES細胞」と「iPS細胞」は、「体性幹細胞」と違い、様々な組織や臓器に分化する能力を持つ万能細胞です。「ES細胞」のほうが先に開発されましたが、「ES細胞」は受精卵が胎児になる途中の胚の中にある細胞を採り出して培養し、作製するため、本来赤ちゃんになれる細胞を利用するという倫理的な問題があります。それに対して「iPS細胞」は、成熟した体細胞にいくつかの遺伝子を入れて人工的に未分化な状態に逆戻りさせた幹細胞です。「ES細胞」と同等の能力がある上に、倫理的な問題を解決したことで注目され、2012年には「iPS細胞」を発明した京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。「iPS細胞」は、2014年に世界で始めて、実際の患者さんへの臨床研究として、網膜色素上皮細胞の移植手術が行われ、実用化への期待が高まっています。将来的には、腎臓や心臓といった臓器を丸ごとつくり出すこともできるのではないかと、大きな期待が寄せられており、根治が難しい病気を中心とした細胞移植治療の研究が進められています。一方で、「iPS細胞」は、万能細胞であるために、意図しない細胞に分化するリスクや、ガン化するリスクも高いため、同時にこれらの課題を解決するための研究も進められています。一方、最近、日本の学者により発見された幹細胞培養する際、自然に作られた幹細胞培養上清液は、組織の修復機能を持つことをわかりました。体の各部位、特に、関節の慢性痛み緩和と改善に役に立ちます。当院も、幹細胞培養上清液を取り入れて、膝の痛み、肘の痛み、肩の痛みなどなどを局部注射・点滴の治療を行っております。変形性関節症は、多くの方が悩んでいる慢性疾患の一つです。関節の軟骨が損傷を受けることによって炎症や変形、ひどくなると強い痛みが生じます。変形性関節症の治療は、薬や湿布で痛みを軽減させるか、もしくは手術。マッサージ等で痛みが緩和したという話も聞きます。そんな中、新しく加えるべく治療に、ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療などの再生医療があります。再生医療では、今まで治らなかった病気が治せるかもしれないという可能性が出てきております。~一方、幹細胞培養上清治療と合わせると、もっと効果的になります~人間の体にはもともと修復する能力が備わっています。その能力の元になるのが幹細胞です。幹細胞を培養した上澄み液には、サイトカインと呼ばれるたんぱく質が含まれており、サイトカインには、体内の損傷を受けた組織や細胞を回復させる機能があります。そのような効果がある幹細胞培養上清液を、関節内へ注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。変形性関節症は、痛みを緩和するか、手術を受けるかの、二者択一を迫られることが多く、手術を受けたくない人や手術を受けることができない人は、痛みを我慢していくしかなかったですが、幹細胞培養上清治療という新しい選択が増えることになり、治療の幅が広がりました。詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.comがん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。

  • 25Nov
    • 変形性関節症の慢性疼痛に対する新しい治療法~ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療~の画像

      変形性関節症の慢性疼痛に対する新しい治療法~ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療~

      がん幹細胞、niche:微小環境のお話は、沢山させていただきました。今度は、いい幹細胞は何できるのかを話してみましょうね!変形性関節症の慢性疼痛に対する新しい治療法~ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療~医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、ステージ4がん治療の専門クリニックです。平成元年開設以来、33年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは直径1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療・糖尿病」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。変形性関節症は、多くの方が悩んでいる慢性疾患の一つです。関節の軟骨が損傷を受けることによって炎症や変形、ひどくなると強い痛みが生じます。変形性関節症の治療は、薬や湿布で痛みを軽減させるか、もしくは手術。マッサージ等で痛みが緩和したという話も聞きます。そんな中、新しく加えるべく治療に、ヒト脂肪由来間葉系幹細胞治療などの再生医療があります。再生医療では、今まで治らなかった病気が治せるかもしれないという可能性が出てきております。~一方、幹細胞培養上清治療と合わせると、もっと効果的になります~人間の体にはもともと修復する能力が備わっています。その能力の元になるのが幹細胞です。幹細胞を培養した上澄み液には、サイトカインと呼ばれるたんぱく質が含まれており、サイトカインには、体内の損傷を受けた組織や細胞を回復させる機能があります。そのような効果がある幹細胞培養上清液を、関節内へ注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。変形性関節症は、痛みを緩和するか、手術を受けるかの、二者択一を迫られることが多く、手術を受けたくない人や手術を受けることができない人は、痛みを我慢していくしかなかったですが、幹細胞培養上清治療という新しい選択が増えることになり、治療の幅が広がりました。がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 21Nov
    • 【あなたの体にいいお話し:ALFIDES有機ヨード(ヨウ素】-その30】の画像

      【あなたの体にいいお話し:ALFIDES有機ヨード(ヨウ素】-その30】

      がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。ステージ4治療専門家としては、このたび、ALFIDESという清涼飲料水と出会い、それを紹介したいと思っております。ALFIDESALFIDESは、天然由来有機ヨードの効用を活かした清涼飲料水です。ヨードは、日本が誇る天然資源であり、海藻類に含まれるミネラルです。またヨードは、統合医療においてがん治療での新しい選択肢として注目を集めています。1..ヨードの種類ヨードには無機ヨードと有機ヨードの2種類があります。無機ヨード:イオン型ヨードで iodine (I−) 例: KI, NaI(ヨウ化カリウムやヨウ化ナトリウム) 無機にはカリウムもしくはナトリウムが必ず入ります。自然資源の中に存在し、基本的に炭素や水素を含みません。有機ヨード:分子型ヨードでiodine (I2) 有機ヨードは海藻や魚など生物個体の中に含まれています。また、うがい薬で知られているポピドンヨードも有機ヨードです。2.圧倒的な殺菌力ヨウ素化合物の最小薬剤濃度を調べたところ、ポピドンヨードやヨード酢酸など有機ヨウ素化合物の最小薬剤濃度は、大腸菌および黄色ブドウ球菌ともに2〜5ppmとなり、極めて低い薬剤濃度で高い殺菌性を示しました。これは銀や銅の殺菌力に比べてもかなり効果的です。反対に、ヨウ化カリウムまたはヨウ素酸カリウムなどの無機物の最小薬剤濃度は300〜600ppmと高く、イオン型ヨードの殺菌力は2けた以上低くなります。さらに有機ヨードである、ポビドンヨード製剤の高いSARS-CoV-2殺効果がいくつかの論文で報告されています。その作用メカニズムは、ヨウ素の酸化作用による被膜破壊と考えられます。SARS-CoV-2を感染させた細胞に0.5%~1%の濃度のポビドンヨード製剤を15秒間から30秒間添加すると、99.99 %以上のウイルスが不活性化されます。COVID-19患者においては(患者数:4人)、1%ポビドンヨード製剤で1分間、うがいをした場合、3時間、唾液中のウイルス量が減少しました。またAustralian Dental Association(オーストラリア歯科医師会)は、歯科患者に対する術前の0.2% ポビドンヨード製剤で、20秒間のうがいを推奨しています。このように、ポビドンヨードうがい剤のSARS-CoV-2に対する殺効果が期待されています。ご参考までに下記リンクをご覧ください。https://www.jda.or.jp/corona/Povidone-iodine-public.html3.ALFIDESの特長このように、高い殺菌力を持つ天然由来有機ヨードを活かし日々の健康維持飲料として研究開発したのが、ALFIDESです。記載の要領で飲用されたときのヨード摂取量が過剰とならないため、世界保健機構(WHO)によって提唱されているヨードの1日分上限摂取量(3mg)を超えないように濃度調整されています。また当商品は、清涼飲料水適合検査及び食品分析センターによる検査を経ているため安全が担保されています。さらに有機ヨードの証左として、ナトリウムも一切含有されていないので、高血圧症や腎臓病の方、また浮腫の方も安心してお飲みいただけます。日々の感染症対策、そして生活習慣病への予防にお役立ていただければ幸いです。4. ALFIDESの効果として1. 免疫力のアップ2. 日々の健康維持3. やる気、元気が出てくるが期待されます。5.使用方法一日1パック(350ml)を内服し、1ケ月分は30パック。1パックは1,320円(税込み)。1ケ月分は、39,600円(送料別)各種ヨウ素化合物 のMBC値(最小薬剤濃度)をしらべた。ホヒトンヨー トヨ ート酢酸または ヨートホルムなとの有機ヨウ素 化合物のMBC値は大腸菌及び黄色フトウ球菌ともに2〜5ppmとなり,極めて低い薬剤濃度の殺菌性を示すことかわかった。こ の結果は,銀 や銅などの 無機の薬剤成分の殺菌力にくらべてかなり効果的のことを示す。一 方,ヨウ化カリウムまたはヨウ素酸カリウムな との無機物のMBC値 は300〜600ppmと高く, イオン型の殺菌力は2けた以上低かった。ヨウ素の供給源になる食品主な植物性食品のヨウ素含有量 (可食部100 gあたり)各年齢別のヨウ素の食事摂取基準(ug/日)(日本人の食事摂取基準2020版)詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 20Nov
    • 【あなたの体にいいお話し:ヨウ(ヨード)素-その30】の画像

      【あなたの体にいいお話し:ヨウ(ヨード)素-その30】

      がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。ヨウ素について、色々と各種ヨウ素化合物 のMBC値(最小薬剤濃度)をしらべた。ホヒトンヨー トヨ ート酢酸または ヨートホルムなとの有機ヨウ素 化合物のMBC値は大腸菌およひ黄色フトウ球菌ともに2〜5ppmとなり,極めて低い薬剤濃度の殺菌性を示すことかわかった。こ の結果は,銀 や銅などの 無機の薬剤成分の殺菌力にくらべてかなり効果的のことを示す。一 方,ヨウ化カリウムまたはヨウ素酸カリウムな との無機物のMBC値 は300〜600ppmと高く, イオン型の殺菌力は2けた以上低かった。ヨウ素の供給源になる食品主な植物性食品のヨウ素含有量 (可食部100 gあたり)各年齢別のヨウ素の食事摂取基準(ug/日)(日本人の食事摂取基準2020版)詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 19Nov
    • 【あなたの体の中に潜むステージ4末期癌の生存率のお話し-その29】の画像

      【あなたの体の中に潜むステージ4末期癌の生存率のお話し-その29】

      がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見!癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。がん幹細胞を育つ「ゆりかご: niche」の復習をしましょうね!このゆりかご:nicheを消滅するのはがん治療の最優先になります。さて、ステージ末期癌の生存率は?あくまでも、ある報告による統計です。全国がん(成人病)センター協議会が行った生存率共同調査で、ステージ4から生存率を年度ごとに%で統計をとったものです。部位ごとによっても、生存率が違いますし、あくまで統計上のものです。1年生存率 2年生存率 3年生存率 4年生存率 5年生存率肺がん 40.7% 19.1% 10.7% 6.95% 4.5%乳がん 84.5% 70.8% 59.4% 47.8% 38.6%胃がん 44.1% 18.9% 10.7% 8.1% 7.2%肝臓 23.0% 8.9% 4.4% 2.5% 1.9%この他、食道がんのステージ4からの5年生存率は12.4%と報告されています。詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 18Nov
    • 【あなたの体の中に潜むがん幹細胞を育つ「ゆりかご: niche、微小環境」のお話し-その28】の画像

      【あなたの体の中に潜むがん幹細胞を育つ「ゆりかご: niche、微小環境」のお話し-その28】

      癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心としたがんのエッセンシャル統合医療の代替え医療も流行っています。がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見がん幹細胞を育つ「ゆりかご: niche」の復習をしましょうね!このゆりかご:nicheを消滅するのはがん治療の最優先になります。がん幹細胞とがん幹細胞ニッチ(がん幹細胞を育む微小環境)は近年のがん研究の大きなトピックスとなっている。. 1990年代後半から免疫不全マウスに移植したときにがん化する、あるいは少ない数でも培養によってがん化する細胞が次々と発見され、がん組織の中にわずかにがんの幹細胞があるという仮説は有力になっている。.ある研究室では、乳がんのがん幹細胞が自ら増殖しやすい環境を作り出す分子メカニズムを発見した。.がん幹細胞は、培養すると直径100 μm程度の球状の細胞塊(スフェア)を形成し、このスフェアはがん幹細胞ニッチとなって、がん細胞を増殖させることが知られている。.詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 17Nov
    • 【あなたの体の中に潜むエクソソームDNAとヨウ素のお話し-その27】の画像

      【あなたの体の中に潜むエクソソームDNAとヨウ素のお話し-その27】

      癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!近年、エクソソームDNAの発見により、ガンの予防、早期発見の可能性が表れててきました。一方、「ヨウ素」を中心とした予防医学・治療も着目されています。我々は、「ヨウ素」を適切に体内に取り込み、必要な箇所に到達させることが「ヨウ素」を有効に機能させることを目指して、研究開発を致しております。癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するためのヨウ素中心とした代替え医療も流行っています。ヨウ素(ヨード)ヨードは、日本が誇る天然資源であり、海藻類に含まれるミネラルです。またヨードは、がんのエッセンシャル統合医療においてがん治療での新しい選択肢として注目を集めています。1.ヨードの種類ヨードには無機ヨードと有機ヨードの2種類があります。無機ヨード:イオン型ヨードでiodine (I−) 例:KI, NaI (ヨウ化カリウムやヨウ化ナトリウム) 無機にはカリウムもしくはナトリウムが必ず入ります。自然資源の中に存在し、基本的に炭素や水素を含みません。有機ヨード:分子型ヨードでiodine (I2) 有機ヨードは海藻や魚など生物個体の中に含まれています。また、うがい薬で知られているポピドンヨードも有機ヨードです。2.圧倒的な殺菌力ヨウ素化合物の最小薬剤濃度を調べたところ、ポピドンヨードやヨード酢酸など有機ヨウ素化合物の最小薬剤濃度は、大腸菌および黄色ブドウ球菌ともに2〜5ppmとなり、極めて低い薬剤濃度で高い殺菌性を示しました。これは銀や銅の殺菌力に比べてもかなり効果的です。反対に、ヨウ化カリウムまたはヨウ素酸カリウムなどの無機物の最小薬剤濃度は300〜600ppmと高く、イオン型ヨードの殺菌力は2けた以上低くなります。さらに有機ヨードである、ポビドンヨード製剤の高いSARS-CoV-2殺効果がいくつかの論文で報告されています。その作用メカニズムは、ヨウ素の酸化作用による被膜破壊と考えられます。SARS-CoV-2を感染させた細胞に0.5%~1%の濃度のポビドンヨード製剤を15秒間から30秒間添加すると、99.99 %以上のウイルスが不活性化されます。COVID-19患者においては(患者数:4人)、1%ポビドンヨード製剤で1分間、うがいをした場合、3時間、唾液中のウイルス量が減少しました。またAustralian Dental Association(オーストラリア歯科医師会)は、歯科患者に対する術前の0.2%ポビドンヨード製剤で、20秒間のうがいを推奨しています。このように、ポビドンヨードうがい剤のSARS-CoV-2に対する殺効果が期待されています。ご参考までに下記リンクをご覧ください。https://www.jda.or.jp/corona/Povidone-iodine-public.html3.特長このように、高い殺菌力を持つ天然由来有機ヨードを活かし日々の健康維持飲料として研究開発をしております。ヨード摂取量が過剰とならないため、世界保健機構(WHO)によって提唱されているヨードの1日分上限摂取量(3mg)を超えないように濃度調整されています。また当商品は、清涼飲料水適合検査及び食品分析センターによる検査を経ているため安全が担保されています。さらに有機ヨードの証左として、ナトリウムも一切含有されていないので、高血圧症や腎臓病の方、また浮腫の方も安心してお飲みいただけます。日々の感染症対策、そして生活習慣病への予防にお役立ていただければ幸いです。4.効果として1.免疫力のアップ2.日々の健康維持3.やる気、元気が出てくるが期待されます。アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 16Nov
    • 【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話しの復習「癌ステージ4」とは?-その26】の画像

      【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話しの復習「癌ステージ4」とは?-その26】

      癌ステージ4と診断されても、諦めないでほしい!癌ステージ4は、癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞(親玉)を消滅するための代替え医療も流行っています。テレビのニュースを見ていて「癌ステージって何?」と思った方も多いのではないかと思います。癌ステージについて詳しくまとめてみました。癌ステージ4の生存率とかかなり気になるところですからね。先ずは、癌ステージがどの様なものなのか分かりやすく説明していこうと思います。癌を診断する時に「クラス」と「ステージ」に分類します。クラスというのは腫瘍の悪性度をⅠからⅤの5段階に分類するものです。クラスの診断が行われた後に、その進行具合がどうなっているかを示すのがステージです。クラスは腫瘍が癌かどうかを見極める分類ステージどれくらい進行しているか見極める分類がというわけです。そして、その癌の進行度合いを判断するのに用いられるのが「TMN分類」と呼ばれる分類法です。「TMN分類」は以下の基準をもとに分かれています。【T】癌の大きさ(広がり)(T0~T4) ”tumor”つまり腫瘍(固まり)で、T0の腫瘍なし(固まりを作っていない)レベルから、がんの大きさと浸潤の程度によりT1~T4に分けます。どう分けるかは、各臓器別に決まっています。【N】リンパ節への転移の有無(N0~N4)“lymph nodes” つまりリンパ節で、N0のリンパ節転移なしから、リンパ節転移の程度によりN1~N4に分けます。数が増すほど遠いリンパ節に転移していることを示しますが、正確には各臓器別に分類します。【M】他の臓器への転移(M0、M1)“metastasis”つまり遠隔転移で、M0の遠隔転移なしとM1は遠隔転移ありの2種類で、このパラメーターはM2以降の数や臓器別の分類はありません。この、TMN分類法を用い癌ステージは判断されるという事です。そして、そのステージの段階は0から4の5段階に分かれ、癌が進行する事でステージが上がる(数字が大きくなる)という事です。癌ステージ分類一覧表で”ステージ4”の症状チェック!上記を見てもらえれば、癌ステージというのが癌の進行状況を判断する為のものだと分かってもらえたとは思います。そして、次に疑問なのは「癌ステージ4」というのはどの様な症状なのかという事です。多くの方はステージ4と聞くと、かなり進行しているという何となくのイメージだけででしょう。実際には以下の通りです。癌ステージ 症状・進行状況0癌細胞が粘膜内に留まっており、リンパ節に転移していない。1癌の腫瘍が少し広がっているが筋肉の層までで留まっており、リンパ節に転移はしていない。2 リンパ節に転移はしていないが、筋肉の層を超えて浸潤している。または、癌は広がっていないがリンパ節に少し転移している。3癌の腫瘍が浸潤しており、リンパ節への転移が見られる4 癌が離れた他の臓器へ転移している為、摘出手術が難しいケースも。放射線や抗がん剤治療も行うケースが多い。最近は、放射線や抗がん剤治療を行わず、がんの幹細胞を消滅するための代替え医療も流行っています。確かに癌ステージ4というのは、かなり癌の症状が進行しているのは間違いない事です。良く勘違いされがちなのがステージ4になると「もう助からない!」、「治療の使用がない!」などと勘違いされがちですが、決してそんなことはありません。癌ステージ4から完治したという患者もいって数の割合でいます。その割合も癌のできる部位ごとに違います。以下は統計上のものですが参考になると思います。全国がん(成人病)センター協議会が行った生存率共同調査で、ステージ4から生存率を年度ごとに%で統計をとったものです。部位ごとによっても、生存率が違いますし、あくまで統計上のものです。1年生存率 2 年 3年 4年 5年肺がん 40.7%  19.1%  10.7%  6.95% 4.5%乳がん 84.5% 70.8% 59.4% 47.8% 38.6%胃がん 44.1%1 8.9% 10.7% 8.1% 7.2%肝臓がん 23.0% 8.9% 4.4% 2.5% 1.9%アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.com

  • 11Nov
    • 【あなたの体の幹細胞を活性化のいいお話いいお話し-その25】の画像

      【あなたの体の幹細胞を活性化のいいお話いいお話し-その25】

      医療法人社団悠健では、がんのエッセンシャル統合医療・再生医療幹細胞(慢性疼痛・糖尿病)・ヒト由来間葉系幹細胞培養上清治療(間質性肺炎)を行っている専門クリニックです。最先端がん治療においては、これまでに、リキットバイオプシー、CTC,  cfDNA, exoDNA, メチル化などなどについて語りました。これらの情報は、最先端がん治療の治療効果を測定するため、欠かせない重要な検査となります。今回は、纏めて簡単にその重要性をご説明いたしますね。再生医療について聞かれること再生医療についていつまでも若々しく、健康で元気に過ごしたい方々のための究極の治療法が、再生医療(脂肪由来間葉系幹細胞治療)です。患者さんの年齢や投与目的、お体の状態に合わせて、最適な治療プランを医師が判断し、ご提案します。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、関東信越厚生局に正式に再生医療等提供計画の受理された医療機関、計画受理番号:慢性疼痛(PB3190020),糖尿病(PB3200114)です。日本では、厚生労働省に認められた、再生医療等提供計画の受理された医療機関でのみ、脂肪由来間葉系幹細胞治療をお受けになることができます。治療法幹細胞は、体の中で損傷、老化した部分を補修し、新しい細胞を増やす「種」になることのできる細胞です。この細胞は、おへそ周りの脂肪にたくさん隠れています。医新会の再生医療では、患者さんのおなかの脂肪を少量分けていただき、取り出した幹細胞を数千万個以上に増やして再び体に戻します。ご予約➔初診・検査➔脂肪採取➔幹細胞培養(4~8週間)➔ご投与(点滴)費用治療のコースによって、200万円~400万円程度かかります。診療日・診療時間毎週月・水・金曜日 13:00~17:00※完全予約制となっております。再生医療外来専用電話(03-3401-0756)にてご予約をお取り下さい。当院の再生医療受診の流れ再生医療Q&A再生医療とは何ですか?狭義においては、ヒト由来の細胞を用いて治療することを再生医療と言います。当クリニックでは、患者様ご自身の脂肪の中から間葉系幹細胞(MSC)を取り出し、それを体外で培養し、ご投与させていただきます。これにより、損傷を受けた組織の“再生”を行います。間葉系幹細胞(MSC)とは何ですか?私たちの体を形作る細胞の中でも、若く元気な未分化な細胞になります。体内では、組織を修復し、健康に維持するために機能しています。MSCは年齢とともにその数が減少することが知られています。培養はどのような環境で行われますか?医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、関東信越厚生局に正式に認可されているCPC(Cell Processing Center: 細胞調整室)に依頼し、幹細胞の培養を行なっております。また、BSEの感染の恐れがあるウシ胎児血清など、動物由来成分を含む培養液は使用しておりません。患者様の大事な細胞をお預かりする以上、安全性には最大限の配慮をもって培養に取り組んでおります。MSCはどこに効いているのですか?MSCの作用機序には国内外で数多くの報告がございますが、まだその全容は解明されておりません。老化などによって傷付いた組織を修復したり、減少した細胞を補ったりする若返り効果が期待できます。健康保険は適応されますか?幹細胞治療は健康保険適用外となります。脂肪はどのくらい必要ですか?脂肪は3~20ml必要です。採取量はこのように少量ですので、採取後の患部の“へこみ”といったことは生じません。採取はどうするのですか?局所麻酔下で、数mm程度おなかを切開し、細いカニューラ(先の丸い採取用針)を挿入して採取します。その後、1、2針縫い、1週間後に抜糸を行います。数週間で傷はほとんど目立たなくなります。採取に痛みは伴いますか?熟練した医師が担当いたしますので、採取に伴う痛みはほとんどございません。採取後にお風呂に入れますか?採取後数日間は患部を濡らさないようにシャワーを浴びて頂き、1週間後からご入浴頂けます。どのように投与するのですか?治療に用いる細胞は点滴用の輸液に懸濁したのち、静脈注射で点滴投与されます。細胞を静脈注射しても大丈夫なのですか?投与の際には安全管理を行なっていますので、問題ございません。静脈に入ったMSCは、極めて短時間のうちに体内をめぐり、修復の必要な部位へと集まり、そこで働きます。幹細胞はがんになる危険があると聞きますが、MSCは安全ですか?iPS細胞やES細胞の臨床的応用にはがん化の壁をクリアすることが大前提ですが、MSCはがん化のリスクが極めて低い細胞です。これがMSCの大きな特長です。安全で利用しやすい細胞ソースとして、脂肪由来のMSCは現時点でベストチョイスと考えます。副作用はありますか?MSCは患者様ご自身の体の一部です。その細胞をご投与するので、基本的に副作用は現れません。ただし、短期的に体が温かく感じるなどの変化がある場合がございます。痛みはありますか?静脈注射での投与中に痛みは全くございません。MSCの投与数はどのくらいですか?数千万個から1億個のオーダーでご投与します。体積にして、小豆粒大から大豆粒大程度の細胞量になります。治療に年齢制限はございますか?当院では、30歳以上の方を対象とさせて頂いております。また、MSCは高齢になるにつれ、体に存在する数、質ともに減少し、培養に時間を要する傾向がございます。脂肪採取からMSC投与までにどのくらいの時間を要しますか?MSCの増殖には個人差がございますが、通常、2~4週間となります。現在は採取から投与まで、4~6週間ほどお待ちいただいております。治療の持続期間はどのくらいですか?1回のMSC投与で半年以上効果が持続する例が多いです。5年以上効果が継続した例もございます。MSCのドナーは本人だけですか?当院では、厚生労働省に受理された再生医療等提供計画に従い、本人のMSCのみを治療に使用します。他者のMSCを利用することはできません。1回の治療でいいのですか?複数回投与が効果を上げるためには良いですが、1回ご投与した後に経過観察を行い、次回投与の予定をご相談いただいております。将来的に再投与をお考えの患者様のために、培養した幹細胞の一部を取り分けて、冷凍保存しお預かりする「幹細胞バンキング」をご用意しております。どのくらいで効果が現れますか?血流の改善など、注射当日から効果が現れる場合もございますが、おおむね3ヵ月以上かけてゆっくり良くなることが多いです。お薬を飲んでいるのですが、幹細胞治療との併用はできますか?現在お持ちの疾患によりお薬が異なりますので、都度お気軽にご相談ください。多くの場合、併用は可能です。MSCは、お薬としての認可を目指し、海外では多数の臨床治験が進行中(一部は認可済み)の治療法です。新しい分野ですので、十分ご納得の上ご検討ください。その他にもご質問、ご不明な点等ございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。バンキングのメリットについて、教えてください。二度目以降のご投与を希望された際に、改めて脂肪を採取し直す必要がございません。また、解凍培養による再投与の場合、脂肪採取手術や脂肪から幹細胞の分離をする必要がございませんので、初代培養よりも低価格で治療をお受けになることができます。解凍培養には2~4週間ほどお時間をいただきますので、再投与をご希望の際にはお早めにご連絡ください。※未承認医薬品であることの明示、入手経路などの明示本治療に用いる幹細胞製剤は医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「再生医療等安全性確保法」を遵守し、再生医療等提供計画に従い、国内細胞加工施設で適法に製剤されたものを利用しています。詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm

  • 07Nov
    • 【あなたの体の中にヒト由来間葉系幹細胞培養上清治療のいいお話し-その24】の画像

      【あなたの体の中にヒト由来間葉系幹細胞培養上清治療のいいお話し-その24】

      医療法人社団悠健では、がんのエッセンシャル統合医療・再生医療幹細胞(慢性疼痛・糖尿病)・ヒト由来間葉系幹細胞培養上清治療(間質性肺炎)を行っている専門クリニックです。効果が期待できる!!幹細胞培養上清治療とは?!医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、スタージ4がん治療の専門クリニックです。平成元年開設以来、32年間、東京六本木にて、地域・国際医療を貢献して参りました。ドクターアンディーズクリニックは、がんのエッセンシャル統合医療を提唱しています。リキッドバイオプシーという血液中を循環しているがん細胞(CTC)を検査出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、リキッドバイオプシーは1㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素(院内調剤)治療は、がんと再発・転移の原因となる抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているがん幹細胞に効くことで注目されています。治療効果・がん細胞の動態等をリキッドバイオプシーでリアルタイムに測定できるクリニックです。ヨウ素療法と共に、がん免疫細胞療法、がん遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、腸内フローラ療法、ヨモギと笹療法、がん患者食事療法等の集学的な療法を用いて、がんの住みにくい環境を創ります。がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。また、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療法第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」、再生医療法第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。細胞培養上清治療とは?!幹細胞を育てた培養液の上澄み部分を培養上清といいます。この、培養上清は500種類以上の成長因子(=特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質)を含む成分を分泌しています。分泌液の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達の物質が大変豊富に含まれている為、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。その培養上清を治療目的に応じて、局所注射、静脈点滴注射、塗布など方法で投与します。そうすると、老化などにより衰えた細胞の回復を後押ししてくれ、美容や疾患に対するさまざまな効果が大変期待される治療法です。また、培養液は感染症のリスクを低減する効果もあるため安心して治療を受けて頂くことができます。それでは、幹細胞培養上清治療によってどのような改善の効果が期待できるのでしょうか??まずは簡単に項目をあげてみました!!・障害部位に治癒促進、疼痛軽減効果…抗炎症に作用するため・動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善効果…血管再生・血管新生に作用するため・肝障害、間質性肺炎に効果…組織修復に作用するため・自己再生能力の誘導効果…幹細胞分化促進に作用するため・シワやたるみの改善と増毛・育毛作用の効果…各種成長因子による美容作用のため・がん細胞の増殖・転移抑制 …エクソソームに作用するため・疲労回復、生活習慣病予防の効果…活性酸素除去に作用するため・アレルギー疾患、自己免疫疾患改善の効果…免疫調節に作用するため・脳梗塞、脊髄損傷に効果…神経細胞修復・再生のため・糖尿病の進展予防幹細胞培養上清治療について少し理解していただけたでしょうか??また、最近は大勢な海外からの患者様は、この幹細胞培養上清治療でクリニックにいらしています。幹細胞培養上清治療について詳しくはhttps://drandysclinic.com/stemCellCulture/文字にすると難しいですが…とても効果的な治療なので興味を持っていただけたらうれしいです。ご質問や治療についてのご相談等は、ご予約はお電話にて受け付けております。診察時間内にお気軽にクリニックまでご連絡ください。お待ちしております。月曜日~土曜日 10時~19時休診日:日曜アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm

  • 06Nov
    • 【あなたの体の中にがん治療の効果を示す大事な情報のいいお話し-その23】の画像

      【あなたの体の中にがん治療の効果を示す大事な情報のいいお話し-その23】

      医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、がんのエッセンシャル統合医療・再生医療幹細胞(慢性疼痛・糖尿病)・ヒト由来間葉系幹細胞培養上清治療(間質性肺炎)を行っている専門クリニックです。最先端がん治療においては、これまでに、リキットバイオプシー、CTC,  cfDNA, exoDNA, メチル化などなどについて語りました。これらの情報は、最先端がん治療の治療効果を測定するため、欠かせない重要な検査となります。今回は、纏めて簡単にその重要性をご説明いたしますね。健常者のCTC数とは、健常者でありながらCTC計測で1個以上検出された方は全体の約8%であり、うち3名に早期癌が検出されました。 このことから、ある調査により提供された癌患者(術後や加療中)、並びに健常者(CTC数がゼロ)と、健常者でありながらCTC計測で1個以上検出された方(未病として区分)を対象にCell-free DNA (以下cfDNA)とTotal exosomeDNA(以下exoDNA)を抽出してメチル化測定を行うことにより、早期がん検出の可能性を調べることは出来ました。cf DNAとは、セルフリーDNAとはどのようなものですか? セルフリーDNA(cell Free DNA , cfDNA)とは血中に存在し、免疫に破壊されたり、アポトーシス(自ら細胞死)した細胞に由来したDNAのことです。 健常者にも存在しますが血漿、血清中のセルフリーDNA(cell Free DNA , cfDNA)濃度は低く、がん患者、妊娠や疾患、ケガや何らかの原因で組織損傷の際にはセルフリーDNA(cell Free DNA , cfDNA)濃度は上昇します。exo DNAとは、がんの早期診断への可能性を示します。多くのがん種で,特異的なエクソソームを体液中へ分泌しているため,他のがん種への応用や,尿などの体液を用いた早期診断 が可能であると考えられる。実際に,がん細胞が分泌する CD147 陽性エクソ ソームが周囲の血管内皮細胞や線維芽細胞に作用し,Matrix metalloproteinase(MMP)活性を上げて,血管新 生や浸潤能などの悪性化へ起用することが報告されて いるエクソソームを用いたリキッドバイオプシーは様々な場面で多くの用途が考えられ,早期診断への可能性も見えてきました。メチル化とは、がん細胞には、様々な突然変異とDNAメチル化異常が蓄積していることがわかってきました。 DNAメチル化は、ほとんどがシトシン(C)で生じ、特に遺伝子プロモーター領域のCpGアイランド(CGという配列が集中して存在する領域)のシトシンが高度にメチル化されることで遺伝子発現が抑制されます。 メチル化が正常に制御されることにより、発生や分化が正常に制御されますが、がん細胞ではがん抑制遺伝子のCpGアイランドが異常にメチル化され、がん抑制遺伝子の発現が抑制されるために、がん化に関与することが知られています。 近年では、DNAメチル化異常は、多様な前癌病変の細胞で起きていること、1つのがん細胞の中でも非常に多くの遺伝子に起こっていることなどがわかってきました。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、これらの検査は基本検査となっております。他については、詳しくはアンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm

  • 05Nov
    • 【あなたの体の中に潜むいいお話し-その22】の画像

      【あなたの体の中に潜むいいお話し-その22】

      <新型コロナウイルス(COVID-19)で認知度が高まった間質性肺炎>ヒト脂肪由来幹細胞の「培養上清液」での治療につて医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、ヒト脂肪由来幹細胞の「培養上清液」を用いた安全な再生医療を行っています。幹細胞培養上清療法はサイトカイン療法とも呼ばれており、幹細胞培養上清液を点滴することにより、幹細胞が産生した培養上清液に含まれる様々な物質やサイトカインが体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。幹細胞培養上清液に含まれる主な成長因子① 皮細胞成長因子(EGF)新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消に寄与します。また健康な肌色にし、肌を滑らかにして若々しくします。新しい皮膚細胞を再生する事で傷口の回復を早めます。② トランスフォーミング成長因子(TGF-α)コラーゲンとエラスチンの構造を強化することで肌の力性を増します。肌の成長を促進し、傷の治癒を促進します。新しい細胞を生産する事でシワを防止し、改善に寄与します。③ トランスフォーミング成長因子(TGF-β)細胞の分化・誘発などの老化を防ぎ、肌のテクスチャーを改善(コラーゲン・エラスチンに関与)します。また、若々しい肌を保ったり、傷跡を残さずに修復したりする因子です。④ 小板由来成長因子(PDGF)損傷を受けた皮膚細胞の再生を促進します。コラーゲン合成を促進し、シワを改善。育毛も促進します。⑤ 血管皮細胞増殖因子(VEGF)VEGFが毛根へ栄養を運ぶ事で発毛を促進します。新しい細胞を生産する事でシワを防止・改善します。肌にエネルギーを与え、肌つやを改善します。⑥ インスリン様成長因子(IGF-1)新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消に寄与します。コラーゲンとエラスチンやヒアルロン酸を増やします。皮膚感触を良くし、顔や体の無駄な脂肪を燃焼させ、毛根を刺激し髪の毛を強くします。培養上清は、組織の受入から細胞培養、培養上清の品質管理に至る一連の工程において、厳格な管理のもと実施しています。高度な品質を担保する為に、厳しい品質管理体制を導入した運用管理体制を構築しています。感染症及びウィルス試験の実施。生物由来原料基準に適合した原料(培地など)を用いて調製。再生医療等製品に向けた技術開発から生まれた技術です。医療法人社団悠健トドクターアンディーズクリニックは、これらの安全な培養上清を利用した治療法をご提供します。幹細胞培養上清液治療は下記の効果が期待できます<障害部位の治癒促進、疼痛軽減効果>抗炎症に作用するため<新型コロナウイルス(COVID-19)で認知度が高まった間質性肺炎>ウイルスが感染して起こる肺炎は、間質性肺炎である事が多く、インフルエンザウイルス感染による肺炎などに特徴的です。肺の間質組織が線維化する疾患の総称とされ、間質性肺炎が進行して肺の線維化が進むと肺線維症となり、線維化した肺胞はガス交換ができないために、呼吸がスムーズにできずに呼吸不全を起こします。<動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善の効果>血管再生・血管新生に作用するため<肝障害、間質性肺炎に効果>組織修復に作用するため<自己再生能力の誘導効果>幹細胞分化促進に作用するため<シワやたるみの改善と増毛・育毛作用の効果>各種成長因子による美容作用のため<がん細胞の増殖・転移抑制>エクソソームに作用するため<疲労回復、生活習慣病予防の効果>活性酸素除去に作用するため<アレルギー疾患、自己免疫疾患改善の効果>免疫調節に作用するため<脳梗塞、脊髄損傷に効果>神経細胞修復・再生のため<糖尿病の進展予防>当クリニックでの脂肪幹細胞培養上清点滴の効果· 以前から続いていた全身倦怠感,慢性疲労が消失した。· 数年前より鎮痛剤でも取れなかった頭部、神経痛が消失した。· EDが改善してきて精力が強くなった。· 慢性の肩関節痛感が消失し、可動域が改善した。· 変形性膝関節症の痛みが軽減した。· 肌の張りや、しわが改善した。· 視野が明るくなった。· 気分が明るくなった、イライラしなくなった。· よく眠れるようになった。· 日々の気力がわいてきた。· 以前から続いていた全身倦怠感,慢性疲労が消失した。脂肪由来間葉系幹細胞培養上清治療<対象治療者>1)本人の同意能力があり、本人により同意が得られる方2)年齢の制限はありませんが、本人が未成年の場合は代諾者による同意を得られる方3)問診、検査等により、担当医師が適格性を認めた方(生命にかかわるような明らかな重篤な疾患は原則対象となりません)その他、選定基準、除外基準がありますので、詳しくはクリニックへお問い合わせください。<治療時間>静脈内への全身投与(点滴)の場合:40分~60分局所注射の場合:20分〜30分<費用>静脈内への全身投与(点滴)の場合:10万円~消費税別途)~局所注射の場合:6万円(消費税別途)〜/1箇所当り<治療等のリスク・副反応>難聴、めまい、耳鳴り、腎障害 、低血糖、感染症、その他(アナフィラキシー反応〈冷汗、吐気、 嘔吐、腹痛、呼吸困難、血圧低下〉、穿刺部の痛み、内出血、神経障害)<治療までの流れ>①事前説明および同意培養上清治療を行うにあたって、治療の目的、安全性やリスク、そして効果について綿密に医師よりご説明します。患者様と医師、両者の合意があって初めて培養上清治療は行われます。②培養上清治療の実施治療目的に応じて培養上清治療を行います。局所注射、静脈点滴注射、塗布などがあります。③経過観察/次回ご来院幹細胞再生治療と異なり、ご自身から細胞を採取する必要がないため、事前の準備なく治療を受けて頂けます。また、点滴療法・局所投与ともに治療は短時間で終了し、終了後すぐに帰宅することが可能です。アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm

  • 03Nov
    • 【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その21】の画像

      【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その21】

      今回は、新型コロナウイルスの仕組みと幹細胞による治療についてです。間質性肺疾患はどんな病気なの?間質性肺疾患とは?間質性肺疾患は、肺の間質という部分に起こるさまざまな病気の総称です。間質性肺疾患は以下のような病気をまとめた呼び名であり、さまざまなものが含まれます。原因不明の間質性肺炎(特発性間質性肺炎)膠原病に伴う間質性肺疾患過敏性肺炎サルコイドーシスなどを含むその他の間質性肺疾患間質性肺疾患のうち、肺の間質に炎症が起こり、間質の壁が硬くなって(線維化)、呼吸がしづらくなる病気を、肺線維症といいます。また、肺がだんだんと硬くなり(進行性線維化)、呼吸機能が低下していく特徴のある病気を、進行性線維化を伴う間質性肺疾患といいます。どんな症状が出るの?間質性肺疾患では長い期間にわたって「空咳」が続いたり、「労作時の息切れ」があらわれたりします。「空咳」といわれる痰の出ない咳が、長い期間にわたって続くようになります。また、肺が硬くなって呼吸機能が低下すると、からだの中の酸素が足りなくなってきます。すると、坂道や階段を上るなどの軽い運動で息切れがする「労作時の息切れ」があらわれます。病気が進むと、疲れやすくなって、着替えや入浴といった軽い動作での息切れも起こってくるため、日常生活に支障が出ることもあります。どんな治療法があるの?治療の目標呼吸機能の低下を抑えて、病気の進行を遅らせることを目標に治療を行います。患者さんと医師が座って会話をしているイラスト肺がだんだんと硬くなる線維化のスピードは、患者さんそれぞれで異なります。病気が徐々に進む場合や、急速に進んで呼吸機能が低下する場合もあります。肺の線維化が進むと、呼吸機能を以前のように回復させることは難しくなってしまいます。そのため、肺の線維化を抑えてできるだけ呼吸機能を保ち、病気の進行を遅らせることを目標に治療を行います。おくすりによる治療間質性肺疾患やその原因となる病気の治療では、肺の炎症や障害を抑える、あるいは肺がだんだんと硬くなって呼吸機能が低下していくことを抑制するために、さまざまな薬物療法が行われます。その他の治療症状をやわらげる治療と悪化の予防呼吸機能の低下が進行した患者さんに対しては、症状をやわらげる目的で、在宅酸素療法が行われることがあります。肺移植病気が進んでしまい、ほかに有効な治療法がなく、特定の条件を満たした場合には肺移植が検討されることもあります。5種類の肺疾患と幹細胞をつかった治療の動向を解説!肺疾患は大まかに5種類ある肺疾患への幹細胞治療は細胞の再生を目的とした治療と幹細胞による免疫調節の2つがある肺疾患の治療に幹細胞を投与した場合に、分化がコントロールできるか、分化した先が修復に必要な細胞になるためのコントロール方法について研究が進められている肺は酸素を取り込み、体内で生じた二酸化炭素を排出するガス交換のための器官です。肺の疾患は、いずれも呼吸に影響するため、重症化すると呼吸が不十分となり、酸素が取り込めたないため深刻な生命の危機に陥ることが多く、疾患は十分な観察と治療が必要なものばかりです。この記事では、肺にまつわる疾患の種類と、幹細胞治療について解説します!1.肺疾患の種類日本人の死因は、がん、心疾患、脳血管疾患の3つが長期間にわたって上位でした。しかし、ここ10年で、肺炎が死因として3位に入ってきています。肺炎で死亡する多くは高齢者ですが、慢性疾患、心臓疾患、糖尿病、肺疾患を持つ人が肺炎を発症すると非常に危険です。肺の疾患名は、かなり細かいものがあります。ここでは、大まかな分類で、5つの疾患を解説します。1-1. 肺炎先に述べたように、日本人の死因で多くの割合を占める疾患です。細菌、ウイルスなどの病原体の感染によって肺が炎症を起こします。他にも、食べもの、飲み物が気道に入った場合や、胃の内容物が逆流して気管に入り込んで、肺の炎症を引き起こす場合もあります。これらは誤嚥(ごえん)性肺炎と言われています。かぜ、インフルエンザが重症化して発症する場合もあります。コロナウイルスに感染した場合の死因は、肺炎が多くを占めます。「肝炎」とは?種類と幹細胞を使った治療を解説!肝炎は、様々な原因で肝臓に炎症が起こる疾患です。肝臓に炎症が起こった結果、全身倦怠感、発熱、黄疸などの症状が現れます。肝炎の原因は様々であり、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、非アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎に分類されます。肝炎においては、幹細胞を用いた治療が多くの研究機関で研究されており、再生医療の進歩と相まって大きな期待を寄せられている疾患治療方法です。この記事では、肝炎の種類と治療法について解説します!1. 肝炎の種類現在、日本人の肝炎で最も多いのはウイル...1-2. 肺結核肺結核という疾患名は、小説などで目にしか人が多いと思います。明治から戦前にかけては国民病と言われるくらいに患者が多かった疾患です。1900年から1940年までは、日本人の死因の1位から3位に常に入っている疾患でした。最近では患者数も昔と比べて少なくなっています。日本では「昔の病気」という認識をされている部分もありますが、現在でも患者は毎年出ています。2010年には約2万人の患者が発生し、約2000人が結核で死亡しています。結核は、肺炎のように炎症性です。結核菌の感染によって肺に炎症が起こる疾患です。結核菌は空気感染するので、患者の管理が非常に重要な疾患です。1-3. 肺気腫喫煙経験のある中年以降の男性に特徴的な肺疾患が肺気腫です。肺胞が弾力性を失うことによって、肺胞壁が変化、破壊される疾患です。最近では男性の喫煙率は低下していますが、肺気腫は増加傾向にあります。これは、昭和、平成初期周辺までは、男性の喫煙が当たり前だった、つまり喫煙率が高かった時代の喫煙者が高齢化し、発症する年れにさしかかっているためと考えられています。昔のニュース映像などで、今ではとても許されないような場所(会議中、公共交通機関など)で喫煙しているのを見た人も多いかと思います。1-4.間質性肺炎新型コロナウイルス(COVID-19)で認知度が高まった間質性肺炎も、重要な肺疾患の一つです。ウイルスが感染して起こる肺炎は、間質性肺炎である事が多く、インフルエンザウイルス感染による肺炎などに特徴的です。肺の間質組織が線維化する疾患の総称とされ、間質性肺炎が進行して肺の線維化が進むと肺線維症となり、線維化した肺胞はガス交換ができないために、呼吸がスムーズにできずに呼吸不全を起こします。新型コロナウイルスの仕組みと幹細胞による治療この記事の概要 新型コロナウイルスはACE2と呼ばれる受容体たんぱく質を媒介して細胞内に取り込まれる 新型コロナウイルスは自己増殖せず、ヒトの細胞メカニズムを使い増殖する 幹細胞投与による自然免疫の向上が新型コロナウイルス治療に対しても期待されている猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、新型コロナウイルスの正体は一体なんなのか?そして幹細胞をつかった新型コロナウイルスの治療に関する情報をお伝えします。新型コロナウイルスとは?コロナウイルスは、1本鎖プラス鎖RNAウイルスに分類されるRNAウイルスで...1-5. 肺がん世界で死亡するがん患者の17%から19%、日本ではがんによる死亡の約20 %が肺がんによるものです。最大の原因は喫煙と言われています。他にもアスベストなどによる発症も確認されています。肺がんは、がん細胞塊がある部分、または治療の方向性からいくつかに分類されています。早期発見による治療が必須で、進行してしまうと治療が非常に難しいがんです。2. 幹細胞を使った肺の治療幹細胞を使った肺疾患の治療は、大きく分けて2つあります。1つは幹細胞が肺の細胞に分化することによって傷害を受けた肺細胞と入れ替わる、つまり細胞の再生を目的とした治療です。もう1つは、肺細胞の再生と、幹細胞による免疫調節です。幹細胞の再生能力については、幹細胞の特性はよく知られていますので、想像しやすい治療です。しかし、一方の免疫抑制については、一般にあまりよく知られていません。幹細胞の特性の一つに免疫細胞の調節があります。これについては、基礎的な研究における分子生物学的な手法で多くの調節システムが証明されています。例えば、ヒト骨髄由来間葉系幹細胞は細胞からTransforming growth factor beta 1(TGF beta1)、Hepatocyte growth factor(HGF)、プロスタグランジンが分泌されます。これらの分泌分子は、免疫に大きく関わるCD4陽性細胞、CD8陽性細胞の細胞増殖を抑制します。また、幹細胞はIndoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)も分泌しますが、この分子が免疫の中心的な役割を果たすT細胞の細胞増殖を抑制します。また、幹細胞は免疫細胞のアポトーシスを誘導すると言われています。アポトーシスは、プログラムされたシステムを使って細胞が自発的に死ぬ現象です。このアポトーシスによって細胞数を調節したり、システムの暴走を防いだりします。肺疾患の多くは、肺の炎症を伴い、炎症の大部分は免疫が関与しています。炎症メカニズムの一つの例を解説します。細胞にウイルスが感染すると、その細胞は感染したことを示すシグナルを出します。そのシグナルを目印にして、免疫細胞が集合してきます。免疫細胞は、ウイルスが感染している細胞を攻撃し、細胞を破壊します。ウイルスは基本的に、細胞内でないと増殖できないので、自分が感染している細胞を破壊されると、増殖中のウイルスは他の細胞に感染できるレベルに作り切れていないので、感染拡大ができなくなります。免疫細胞は炎症性サイトカインを分泌するため、免疫細胞が集まりすぎると、その部分は炎症反応を起こしてしまいます。そこに幹細胞が来ると、幹細胞が分泌する先に挙げた分子と抗炎症性サイトカインによって、免疫細胞の暴走を防ぐことができます。幹細胞はこの機能によって、免疫細胞の感染細胞攻撃と炎症誘導のバランスを取って、過度の炎症を起こすことを防ぎます。感染細胞攻撃には炎症性反応はどうしても必要ですが、どうしても免疫細胞は能力が走りすぎる傾向があるので、幹細胞を治療に投入することによって、バランスを取ることが期待できるのです。そして、再生の治療ですが、肺は一般的に再生しない臓器として知られており、再生医療においても肺の再生についての研究は立ち後れている状態です。治療は肺の移植を柱として行われており、日本では1998年に最初の生体部分肺移植が行われ、それ以来500例以上が実施されています。しかし、実際の患者数と比較すると移植例は少なく、今後もドナー不足などの問題から、生体肺移植は肺疾患全体の治療について改善の柱とはなりにくいと考えられます。肺は、一部が外からの空気に触れる臓器です。そのため、外から入ってくる物質によって損傷を受けることがあります。その損傷が肺がんの原因になる場合があるのですが、多くの場合は損傷した肺の細胞は修復されます。この肺細胞の修復過程で、幹細胞が肺細胞に分化する現象が確認されています。基礎研究と臨床研究の間で常に問題となることですが、生体内で起こっていることのシステムを分子レベルで解析し、そのシステムに従って人工的に再現しようとすると上手くいかない現象がよく見られます。現在肺においては、幹細胞の投与による免疫システムの調節については予測に近い形で幹細胞が役割を果たすと予想されています。しかし、肺細胞の修復のための幹細胞分化については予想通り動いているとは言い難い状況です。現在は、肺、そしてそれにつながる気管を構成する細胞治療のために幹細胞を投与した場合に、分化がコントロールできるか、分化した先が修復に必要な細胞になるためにはどういったコントロールが必要について研究が進められています。アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm

  • 25Oct
    • 【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その22】の画像

      【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その22】

      抗がん剤をはじめとする全身治療の意味 三大療法の中で手術と放射線は、局所のがんが対象ですが、抗がん剤だけが全身治療になります。がんは細胞の単位で存在します。また、がんは進行するにつれて患部から周囲に浸潤していき、やがては血液やリンパに乗って、全身に広がって、そこで転移巣を作ります。 手術や放射線でがんが消えたように見えても、実際には細胞の単位で散らばっています。そこでこれらの見えないがんを叩くために、全身治療として抗がん剤を投与するというわけです。 全身治療は、正確にいうと抗がん剤だけではありません。抗がん剤というと多くの方が想像するのは、分裂中の細胞のDNAを傷害して破壊する殺細胞剤でしょう。がん細胞は、正常細胞よりも頻繁に分裂を繰り返すため、繰り返し使うことでその数を減少させることが出来るのです。 しかし、抗がん剤には分裂中であれば正常細胞も攻撃するという欠点があり、これが重い副作用を招きます。毛根や爪、腸の内壁の細胞は、がん細胞と同様、頻繁に分裂するため、脱毛や爪の変形、嘔吐や下痢などが起こります。また、一番問題なのは、骨髄抑制が起こって、白血球が減少するため、がんを制圧する上では最も重要な免疫が低下してしまうことです。 この課題は、がん細胞を出来るだけ狙って攻撃するしかありません。そこで、近年、新薬の中心となったのが分子標的薬です。がん細胞は、遺伝子の異常が原因で発生するので、特異的に発現する蛋白質があります。これを目印に作用し、がん細胞の増殖を抑制するのが分子標的薬です。がん細胞を直接排除するわけではないので、効果は緩やかですが、一般的な抗がん剤の副作用はありません。 また、女性の乳がんや卵巣がん、男性の前立腺がんなどではホルモンの影響で進行するタイプがあります。こうしたがんの治療としてがんを進行させるホルモンとは逆の働きをするホルモンを投与することがあり、これもまた全身治療といえるでしょう。 さらに、最新の全身治療といえるのが免疫チェックポイント阻害剤です。がん細胞は免疫の攻撃から逃れて生き延びるために、様々な手段で抑制を行います。そのひとつとして免疫細胞の一種であるT細胞の表面にある免疫チェックポイントに働きかけて、T細胞が攻撃出来なくしてしまうのです。免疫チェックポイント阻害剤は、この免疫の抑制を解除し、がん細胞への攻撃を再開させます。 代表的な免疫チェックポイントはPD-1であり、本庶佑博士はこの研究でノーベル医学生理学賞に輝き、そこから誕生したのがオプジーボです。保険診療で行われる標準治療の限界とは?アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm#ヨウ素#がん治療#抗がん剤きつい#癌治療#癌名医#癌検査#肺癌#大腸癌#胃癌#ステージ4#リキッドバイオプシー#癌再発#がん再発#がん転移#乳がん#がん痛い#癌痛い#肩痛い#培養上清#がん治療最先端#ステージ3#高濃度ビタミンC療法#子宮癌#膵臓癌#慢性疼痛#コロイドヨード#脂肪由來間葉系幹細胞 #腰痛#食事療法#がん検査

    • 【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その21】の画像

      【あなたの体の中に潜むこわ~い悪い細胞のお話-その21】

      放射線はX線などを患部に照射し、がん細胞を破壊します。がん細胞も正常細胞と同様、核の中にはDNAがあり、このDNA上に並んだ延期の配列によって、蛋白質を合成し、分裂と増殖を繰り返します。放射線を照射すると、このDNAが傷害され、最終的にはがん細胞が破壊されるのです。 正常な細胞においては放射線でDNAが損傷を受けても、ある程度は修復する機能を持っています。ところが、がん細胞ではこの回復に時間がかかり、放射線を繰り返し照射することで、修復が間に合わなくなり、やがては死滅してしまいます。また、放射線の影響で細胞内には活性酸素が増加します。この活性酸素は細胞を酸化させ(錆びつかせ)老化させるので、がん細胞であってもDNAの傷害を加速させます。 放射線も手術と同様、局所に対する治療です。手術のように体を大きく傷つけることはないので、欧米では数多く行われています。 放射線は、手術のように大きな侵襲はありませんが、患部を狙って照射したとしても、患部までに通過する部分や周辺の部分の正常細胞への影響は避けられません。 従来は、体の外側に目印をつけて、それを頼りにして照射していましたが、CTを使って、がんの位置を正確に把握しながら照射したり、トモセラピーのように単一の方向からではなく多角的に照射し、放射線を集中させたりすることも可能になっています。 また、X線ではなく重粒子線や陽子線を使う施設も増えてきました。重粒子線や陽子線は任意の場所で出力を最大に出来るという特長があります。患部に集中して、強い放射線を当てることで、治療の時間や回数、さらには正常細胞への影響まで減らすことが出来ます。 放射線の場合、手術よりは負担が大きくないので、それだけで根治を目指さない場合でも選択されることが多くなります。がんによって痛みが出たり、体の機能に不具合が出ている場合、緩和のために照射することがあります。また、手術の前に放射線を照射して、がんを小さくして手術し易くすることや、手術後の患部に照射して、取り残したがんに対処することもあります。 アンドリュー・ウォン医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック理事長・院長 医学博士英国籍。国立岐阜大学医学部卒業。元国際ロータリー米山記念奨学生。元文部科学省国費外国人研究奨学生。がんの研究で医学博士号を取得。1989年、六本木に『Dr. Andy's Clinic』を開院。Stage 4末期癌治療・再生医療幹細胞 (糖尿病・慢性疼痛治療)の専門クリニック。日本再生医療学会認定医試験合格日本美容外科学会専門医YouTubeチャンネルhttps://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriberhttps://tokyo-doctors.com/clinicList/59108/苦痛のないがん治療を提供していますhttps://drandysclinic.com/post-6867/http://www.drandy.com/drandyがんに打ち勝つ.pdfがんのエッセンシャル統合医療の特徴https://drandysclinic.com/page-7714/ステージ4がん転移治療に関する学会発表https://drandysclinic.com/post-7743/ステージ4末期がん治療の成功、関連する研究のためGusi World Peace Prize(2021)医学賞は受賞。「がんのエッセンシャル統合医療」と「リキッドバイオプシー」の第一人者。日本再生医療学会正会員日本癌学会会員、他21学会会員再生医療治療を提供しています。http://www.drandy.com/new/drandy再生医療.pdf再生医療の可能性https://drandysclinic.com/page-7651/幹細胞による糖尿病治療https://drandysclinic.com/page-7482/幹細胞による慢性疼痛治療https://drandysclinic.com/stemcell/主な趣味は、生花(錦花池坊流師範資格を持つ)、身体を動かすこと、詠春拳(葉問の大弟子、Bruce Leeの師兄黄順良に師匠),ドライブ、クルーズ、社会奉仕活動、特に国際ロータリー補助金プログラム、子ども食堂に関する活動です。また、70ヶ国に渡る人道的な奉仕活動により国際ロータリーの最高栄誉賞「超我の奉仕賞」受賞、1989https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/a-kudari/ayuki/richou-waga-no-houshi-shou東久邇宮記念賞受賞、2019https://higashikuniprize.org/Gusi World Peace Prize医学賞受賞, 2021https://en.m.wikipedia.org/wiki/Gusi_Peace_PrizeInstagramがん・再生医療部門@drandytokyo03-3401-0756080-4913-8798www.drandy.cominfo@drandy.cm#ヨウ素#がん治療#抗がん剤きつい#癌治療#癌名医#癌検査#肺癌#大腸癌#胃癌#ステージ4#リキッドバイオプシー#癌再発#がん再発#がん転移

  • 24Oct
topbanner