ゆめうつつのアリア 〜おんなをひらくカウンセラー/手紙屋 宮本朋世のブログ〜

ゆめうつつのアリア 〜おんなをひらくカウンセラー/手紙屋 宮本朋世のブログ〜

カウンセラーをお仕事にしております。
「セクシャリティを開花させ、囚われから自由になる。」
そんなことをテーマにしております。

手紙を書くことをお仕事にしております。
わたしのまなこはあなたをうつすから
わたしの言葉はあなたのうつくしさを奏でます。



昨夜の朗読会を記録したものを聴いていたら、いつの間にか眠っていた。


ほんの数十分だったように思うけれど、ずいぶん深く眠ったようだった。


自分の声に寝かし付けられるとは。


読ませていただいたものがたりの、持つ力ゆえか。




今日は朝からしっかりとした雨で、また風も強く、しっかりと長袖を羽織ったのだけど、20度超えの気温の割には肌寒く、すっかり身体が冷えてしまった。


息子氏は、

「そんなに寒いなら、僕が冬に着ていたものを貸すよ」

と言ってくれた。


すてきな男性に育っており、母はうれしい。

わたしが食べきれないご飯も、いつの間にか食べてくれていた。

たのもしい。





昨夜。


朗読会を終えて画面を閉じる。


からっぽになってしまったように感じた。


それは今までに無い感覚で、

すうっと暗い穴に落ちるようで、


「ああ、いやなところに行ってしまう。」


そう思った矢先、二の腕がほんわりとあたたかいことを感じた。


からっぽなのではなく、満たされた、のかもしれない。




満たされることと、からっぽになることは、

なぜかどこか似ているように思う。



たとえば、言葉をうしなう、というところが。



そんなとき、自らをたすけるものは、

ぬくもりなのかと腕に触れてみる。





やわらかさ、あたたかさ。


それに混じる、せつなさ、かなしさ。




紫陽花のような色をした金平糖を、ひとつぶ囓った。




まだ雨の音は続いていて、明日はどれだけあたたかくすれば、冷えずに済むのだろう。




✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


女としての生きにくさを感じるあなたさまへ。

おんなをひらく個人セッション。

6月日程】「色気・魅力・セクシャリティ開花の個人セッション」



宮本朋世のカウンセリングご感想は、

こちらの「ご感想の部屋」よりご覧くださいませ。


ご質問・ご感想・あなたさまの想いはこちらから。


わたしのプロフィール


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


ゆるくゆるく、やさしく、あまく。



セクシャリティを花開かせて、囚われから自由になる。

カウンセラー/手紙屋   宮本朋世