おおさかPHの会

おおさかPH(肺高血圧症)の会は、大阪の国立循環器病研究センター(肺循環科)で治療をしている肺高血圧症患者と患者家族が対象の患者会です。

肺高血圧症には、特発性、遺伝性、慢性血栓塞栓性、その他の病気からなどの、様々な肺高血圧症があるけれど、希少な病気である事には違いない。
治療法や症状も違いがあるけれど、お互いのことを知り(一般の方々よりも肺高血圧症のことを知って)それぞれの治療に向かっていければ良いのではないかと、PH=肺高血圧症 の会 と名付けることになりました。

院内の肺循環科の医師の先生方や看護師の方々、その他の医療関係者の方々のご協力を賜りながらも、会の運営は(特発性や慢性血栓性の)患者本人達で行なっています。


おおさかPHの会



おおさかPHの会として正式に活動する前から食事会や患者交流会を行い、おおさかPHの会の設立と運営に努力した友人のお参りに、病友達と行ってきました。
会を総括していた彼女が居なくなって、役員は会を運営していくことに不安がありましたが、、、1年が過ぎました。
そして平成が終わり、令和を迎えようとしています。
1人1人は微力で、出来ることは限られていますが、次の役員の方々にバトンを渡すまで、一生懸命務めていくつもりです。


天国から見守っていてね。