目覚めの扉 〜Great Awakening〜

目覚めの扉 〜Great Awakening〜

マスコミが報じていない情報やQアノン情報をなど、英語で見聞きした情報を紹介していきます。

初心者の為のQ情報!


「サイババが帰ってくるよ」というポニョさんのサイトにQ情報を詳しく、かつわかりやすく書いて下さっていますので、どうぞそちらもご参照くださいビックリマーク

Qって誰?

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6e4f75e905e4e2b7ab0d9d8f764caeb7

支配層への挑戦状

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/5d5e544ce5d09df9cbbf2ab8658c5f30

復活したケネディの反撃

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169

ケネディJrからのメッセージ

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/ea53a5e741fbe546e987533c2555597f

トランプの背後にいるイルミナティ

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/0ea148fe44669c7dd7047c590db0dda9

壮大なプラン

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/07bdab729c8571b622d5782723848228

今がチャンスだ

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/b89bf3e6987ed036949caf6dcd22ee0e




🍐果林&樹林🦒 のツイッター
https://twitter.com/japanawakening

🍐果林&樹林🦒 のYoutube  
https://www.youtube.com/channel/UCAB_m0TH0XrAQjBmGrR1sMA

皆さん、こんにちは!

果林です!

 

ご無沙汰なブログです。

 

Qが、FoxニュースのTucker Carlsonが番組で述べた冒頭10分間のビデオのリンクを載せ、良く視聴するようにとポストしました。YouTubeはこの動画をすぐに削除してしまったので、私たちはいま見ることができません。

 

が、しっかりバックアップをとって保存している人たちがいるので、見れます。

https://www.brighteon.com/698d3b99-e937-48a7-9f82-3d3a188d2b7d

 

 

 

パンデミックがなぜ、なかなか収束しないのか。

大統領選の年に起こる出来事は、ほぼすべて、選挙のために起こる。

ロックダウンや、メディアの偏向報道、すべて、シナリオ通りに行われている。

 

大まかですが、訳しました。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

CARLSON: 

今、起きているコロナを始め、様々な混乱は、11月のアメリカ大統領選挙妨害のために起きています。すべて、関連しています。

 

今、アメリカの多くの人が家の中に閉じ込められ、仕事を失い、恐怖と不安に晒されています。春から、国の行末を心配し始める人たちが増えました。コロナウィルスパンデミックの時期と重なります。

 

コロナウィルス のダメージが強まるほど、トランプ大統領の再選が遠のきます。

人々が不安を抱けば抱くほど、民主党の力が強まる。これは、事実です。なので、民主党は、できる限り、人々を不安に陥れ、秩序を乱します。民主党は、この戦略を大統領選がある11月まで続けます。それが、彼らの選挙戦略なのです。

 

コロナウィルス の対応について、現場で対応する医師たちの会議がありました。彼らは、コロナウィルス の治療について希望がある意見を言いました。トランプ大統領がその件についてビデオをツイートし、17 millionsの人々が視聴しました。しかし、これが、民主党を怒らせました。大統領選の年に、科学的証拠により人々の不安を軽減させることは、ジョー・バイデン 勝利の可能性を無くすからです。だから、そのビデオをYouTubeやTwitterから削除しました。不利だからと言って、情報を操作することは、昔は考えられないことでした。しかし現在、大統領選が迫り、都合の悪いニュースを民主党は消すことができます。科学的事例を、隠すことができるのです。これは、中国共産党がしていることと同じです。

 

今、アメリカで、googleやFacebookなどから圧力を受けず報道できるニュース機関はほとんど残っていません。Foxは、その数少ない報道機関の1つです。私たちは、YouTubeでは流せないけど、ここで皆さんに事実を報道できます。

 

Dr. Bob Hamilton

“大事なのは、子供たちが感染を広めているのではない、ということ。大人たちが扇動しているのです。子供たちは学校に行けます。心配もいりません。私たちは、恐れから行動すべきではありません。科学に基づき行動すべきです。そうすべきです。“

 

Carlson:

Dr. Bob Hamiltonのこの証言は、狂っていません。これは、確たる科学に基づいた証言です。むしろ、これは世界中の医者、研究者の意見でもあります。子供たちは、コロナウィルス感染拡大 の都合のいいツールではありません。世界中で、1つとして、生徒から教師に感染したというケースはありません。それもあって、多くの学校がこの秋から学校を再開します。でも、アメリカだけ違うようです。

 

アメリカは、秋に大統領選挙があります。子供たちは、ジョー・バイデン 勝利のために犠牲になるのです。以上のことが、今の実態です。でも、それは私たちが知ってはいけない事実なのです。

 

DR. STELLA IMMANUEL, PHYSICIAN:

新型コロナウィルスは治る。ヒドロキシクロロキンで治る。

死ぬことはない。

 

Carlson:

本当かどうかわからない。

 

ただ、世界中の、現場で働く医師たちがヒドロキシクロロキンを処方していることは確かだ。以前、この番組でもインタビューを行った。初期にヒドロキシクロロキンを処方するのがいい、と。これは良いニュースだ。

 

ヒドロキシクロロキンに関して、科学的に話がまとまらない。しかし、科学というのはそういうものであり、過激なフェミニスト理論ではない。

 

科学は常に進化している。検証を進めてわかることがある。それが科学というものだ。

 

残念ながら、現実は政治利用されている。

 

DR. STELLA IMMANUEL, PHYSICIAN:

私からDr. Fauciへのメッセージは、あなたが最後に現場で患者に聴診器を当てたのはいつですか。あなたが、毎日私たちが行っているように患者と向き合っていたら、私たちのこのフラストレーションがわかるでしょう。私たち現場の医師たちのように、今、アメリカの人々を感じるべきです。

 

気づいてください。彼らはあなたに耳を傾けています。彼らに、希望を与えるべきです。

 

Carlson:

 なんと、この発言が民主党を怒らせた。Dr Fauciを名指しでけなしてはいけない。なんせ、彼は、実のところ何も知らないパペットだから。

 

そんなことを声高に言おうものなら、あなたを黙らせる。Fauciは、バイデン の選挙キャンペーンで欠かせない存在だ。なので、11月まで、どんなに狂ってることをしてようが、Fauciは絶対なのだ。Fauciを批判したら、あなたはインターネット上から消される。

 

だから、Dr. Immanuelはインターネットから消えた。Googleは、そういった掃除を、ウハウハと喜んでやるのだ。

 

“The Daily Beast”紙は、Dr. Immanuelへの攻撃を始めた。アフリカで医学の学位を取得した際犯罪があったなどの話を持ち出し、しまいには、彼女は魔女を信じている、とまで報道した。

 

大統領選の今年、Dr. ImmanuelのようなDr Fauciに賛同しない者たちは、消されるということだ。

 

(省略)

 

 

検閲はいつも間違っている。検閲は、公衆衛生を良くするためではない。実のところ、公衆衛生を脅かす存在だ。

 

DR. JEROME ADAMS, U.S. SURGEON GENERAL:

世界保健機関やC D Cが確認したこと。それは、マスクは推奨できないということだ。マスクを正しく使用しない場合、病気になる確率が高まる。

 

Carlson:

マスクが義務付けられているところがあるというのに、これは一体どういうことだ?

 

私たちが、知れば知るほど、結果は変わってくる。実際の科学者たちはそのことを理解している。巨大テクノロジー企業は、そんなことは気にしない。彼らのゴールは、真実を隠すことだから。彼らの目的は、選挙結果を操作すること。公衆衛生を守ることではないのだ。

 

公衆衛生のことでもなければ、科学でもない。権力だ。歴史上、GoogleやFacebookほど権力を持った者は存在しない。

 

権力を持った者は権力を乱用し、絶対的権力を持ったら、人は絶対に乱用する。

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

 

果林