ドアクローザー日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

注文数のピーク月

ドアクローザーは毎年、1月が年間の売上のピークです。

今年は巣ごもりの影響もあり、嬉しい悲鳴が続いています。

 

さらに追い打ちをかけて大雪。

仕入れ品が通常よりも3~5日くらい遅く入荷します。

 

弊社販売の90%は在庫して、早めの手配を心がけております。

但し、特別対応品は少々時間がかかりますが、ご容赦のほどよろしくお願い申します。

 

 

ニュースター、ミワ製の交換の場合、まずは上記のアームセットのジョイントを外します。

その商品によっては、ネジがきつく締められている場合もあります。

 

ネジはゆっくりと回してください。

ネジの十字穴がしっかりと合うドライバーを使用することが肝要です。

 

 

取り付けでの注意事項2

ドアクローザー取り付けで絶対に聞いてほしい「注意事項」 

<ドアクローザーの取り付けで一番間違える点>

長い間、ドアクローザーの販売をさせて頂いて下記の2点の間違いが最も多いです。

 

1、アームセットを分離しないで取り付ける。

 

 

その結果

リンクが斜めに取り付ける。

又は取り付け不可状態になる。

 

                      下矢印 正しい取り付け

 

 

2、ストップ装置を専用スパナで強く締めない。

 

 

結果

ストップがかからない。

 

 

 

 

MIWAドアクローザー

MIWAドアクローザーは2021年3月で生産中止です。

ミワ製のマンション型などの特殊タイプは他社にも交換できる機種がございません。

 

リョービの万能型でも交換不可です。

交換予定のユーザー様は早く手配された方が良いと思います。

 

戸建て住宅の玄関ドア用

トステム、YKKAP向けはリョービにて対応可能機種があります。

 

今更ですが、ミワの取説は個人が取り付けにはかなり不親切です。

こちらをご参照

   ↓

まず、アームセットのジョイントを外しての作業になります←ここが記載されていません。
https://www.drcloser.jp/toritsuketyuui/

 

積水ハウスの玄関ドア用ドアクローザー

 

 

積水ハウスのドアクローザーは積水ハウス純正品での交換になります。

 

一般規格品との違い

1、ブラケットの取り付け寸法が規格品(76:40)では異なります。

 

2、本体はトルクアップ品です。

規格品ではパワー不足でドアが最後まで閉まりません。

 

この間、何かの記事で規格品で本体のみ交換したと。

ブラケットは既存を使用。

 

ブラック色のドアクローザーで本体のみ、シルバー色で交換ならアームやブラケットと色がアンバランス。積水ハウスに住むほど人が、それはないと思いました。

 

 

トステム玄関ドア用ドアクローザー

三協アルミの玄関ドア

アルミサッシメーカーの三協アルミ

現在は三協アルミと立山アルミが合併して三協立山株式会社です。

 

その三協アルミの時代の玄関ドア用ドアクローザーの話。

三協アルミの玄関ドアのドアクローザーを外すと裏板を止めているネジが見えます。

 

 

 

赤丸印です。

 

このネジがあると、リョービの取替用ドアクローザー(S202P)は使用不可です。

固定金具が当たり、取り付けできません。

 

Dr.クローザへ既存ドアクローザーの画像を送信頂ければ、ボルトオンで交換できる機種をご案内いたします。

https://www.drcloser.jp/kanzenhosyo/

 

 

 

 

            

 

 

 

 

NEWSTAR マンションBLドアクローザー

ホームページのNEWSTAR欄にマンション型の平成タイプを追加しました。

https://www.drcloser.jp/newstar/newstar-man/

 

 

 

【見分け方】

本体~NEWSTARの刻印・BLシール

アーム~BL-1の刻印

 

同じドアクローザーにてご用意できます。

 

 

 

REGNO ドアクローザー

 

RYOBIドアクローザー REGNO

 

7年前に製造は中止になっております。

プレートを使用してまったく同じ取り付け穴で交換できる機種があります。

 

<注意点>

本体プレートを必ず、スライドさせて取り付け穴を確認ください。

正規の位置でビス止めしていないとNGです。

 

↓の上下に矢印があるところが本体取り付けネジ部分です。

 

RYOBI LIMITED 469

 

リョービ製ドアクローザー

本体裏の刻印469

 

同じ機種は製造が中止ですが、同じ取り付け穴の後継機種があります。

 

 

ブラケット491

 

本体469とブラケット491で仕様がわかります。

まったく同じ取り付け穴の後継機種があります。

 

販売価格9,350円(税込み) 送料無料

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>