ガーベラガーベラ簡単な自己紹介はこちらからガーベラガーベラ


今日、夫が一足先にチリに戻りました。

私と息子は空港までお見送りに行きました。

息子と夫はそれはそれはとても仲良しで、息子を置いて先にチリに戻らなければならない夫は、数週間前から息子に、

「お父さんは先にチリに帰るよ」

と言い聞かせていました。

その度に息子は

「嫌だ、3人(お父さんとお母さんと自分)で帰る」

「お父さん行っちゃやだ」

と言い、

お父さんを泣かせていました。


そして今日。


空港でいよいよお別れの時、

息子は泣くのを一生懸命こらえて、お父さんに「行かないで」と言いました。


私は息子はきっと泣くだろうな、と思っていたので、泣くのを我慢していたことに驚きました。

成長、したなぁ。

今、まさに「寂しい」っていう感情を彼は経験を通して学んでいるんだな、と思いました。

私ももちろん寂しかったのですが、どこか息子の成長が喜ばしくも思えました。


息子はこの先、色々な出会いと別れを経験することになりますが、都度寂しさを乗り越えて成長していって欲しいです。

一方のお父ちゃんは涙腺崩壊3秒前の状態でした。機内で泣いたかな。


いつも夫と息子と3人で電車に乗る時は、息子を真ん中に横並びで座るのですが、

空港からの帰りの電車で息子と2人で座っていたら、息子が誰もいない自分の右側を指差して、

「いつもはここにお父さんがいるのにねぇ」

と何気なく言いました。

私はその言葉で危うく涙腺崩壊になりそうでした。ちょっとずつ、お父さんがいない寂しさと向き合って受け入れていきましょうね。

と思ったら、

その後、息子は陽気に鬼太郎の歌を口ずさんでいました。


家族バラバラにならざるを得なくなり、まじでコロナが憎いですが、

憎い憎い言っていても何も始まりませんし、

逆に在宅勤務がなかったら、夫は毎日息子と一緒に夕ご飯を食べることも、お風呂に入ることもできなかったでしょうし、

何よりこれだけの時間、家族一緒に過ごせたのは、コロナ前では考えられなかったので、

前向きにしばし母子生活を頑張りたいと思います。


ちなみに成田空港はガラガラでした。

さみしー。






※※インスタ始めました。このブログ以上に自己満足に走った内容です。チリ生活はほぼ関係ありません。興味のない方には全く面白くない内容ですが、よければどうぞ→ こちら


※※