あの伝説のブランドGRASSのメンバーと40年ぶりに再会の巻 | 小西良幸オフィシャルブログ「ドン小西の水玉モード」Powered by Ameba
2012-08-05 23:03:14

あの伝説のブランドGRASSのメンバーと40年ぶりに再会の巻

テーマ:パーティー、イベント

実は僕、自分のスパーブランド「FICCE UOMO

をたち上げる前にあるアパレルで働いていた事があるんだキラキラ


もう、う~んと昔。long long ago,,,,の話昔にかっ


もうかれこれ40年も前になるかな~笑顔(色無し)



小西良幸オフィシャルブログ「ドン小西の水玉モード」Powered by Ameba

[六本木の一億というレストランで会は行われた。一億も40年前に出入りしていた我々の馴染みの店。左はシルバースプーンの初期のメンバーの岩立マーシャ、その隣は去年の末にクローズしたアムリタのサンペイ、僕、田中蕾・・・・]


原宿の小さなビルの3階に「GRASS」というお店があったのだ。

本社は広尾で、その広尾の本社に勤めていたんだ。


本社といっても、外人の住む、庭付きのクラシックな一軒家おうち


応接室には暖炉とピアノ、会議室にはビリヤード台と一見風変わりな会社だったかお


当時は一世を風靡した会社で、顧客には国内外の有名ミュージシャンや、芸能人、当時のファッションリーダー達に絶大な支持を持たれていたんだきらきら


ここ数年前にブームだったローライズダメージジーンズ、パッチワーク、ビョー付き・・・ジーンズや、それにロンドンブーツデニムロンドンブーツ


それなんかは、みんなこの「GRASS」が日本では流行らしたんだよきらきら


実はあの俳優の舘ひろしも僕の同期だったんだよ!+


そしてその当時ファッションは遊びと音楽が一緒になっていた時代。


毎晩のように、僕たちは六本木や赤坂の夜のクラブやディスコに出没し、そこで感じたものを、色や形に置き換えて洋服を作っていたんだ幸


我々のファッションが時代を動かしていたといっても過言じゃないと思う。


ところがだよ、今じゃ業界のほとんどの人間がデーター収集やファッション雑誌のパクリで服を作り、デザイナーはデザイナーでいつまでたってもコムデギャルソンの崇拝する人が多く、頭もよくないのに理屈や理論でデザインをしたがる顔



だから、今のファッションは人の心に響かず、時代もひっぱっていくことはできない。



それに最近思うんだが、10年20年と年が経過するごとに業界の人のファッションのダサいことといったらありゃしない。


とても、ファッションを発信している人たちとは思えないもんな白猫 げんなり

おっと、話が苦言中心で随分長くなっちゃったが、そんな「GRASS」の初期のメンバーが仲間の一人の死をきっかけに40年振りに集まった。



そうして、若かった僕らが目をぎらぎらさせながら時代を作ることに燃えていた40年前の思い出話を肴に、みんなでおいしいお酒を飲んだんだビール


ほんと40年なんてあっという間。


「昔はよかった」じゃないんだよRO-イヤイヤ


まだまだこの先も、花火を何発でも打ち上げてやるぞってみんなで思いながらね笑3


小西良幸オフィシャルブログ「ドン小西の水玉モード」Powered by Ameba


[真中はGRASSの『BOSS』こと山田氏、左がコムデギャルソンの田中蕾、右は『金魚』こと石原氏。]



小西良幸オフィシャルブログ「ドン小西の水玉モード」Powered by Ameba

[座っている真中は一億のマスター、山田さんに僕、一番右が舘ひろし、田中蕾、ホットスタッフの永田君に、石原さん、北川さん、岩立マーシャ、讃平、一番左はようこさん…]

don-konishiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース