どもることを吃音なんて呼び方をします。

どんな感じかと言えば・・・

「ありがとうございました」



「あ・あ・あ・ありがとうございました」

こんな調子で喋ってしまう。

そもそも、どもってしまう原因って一体なにがあるのでしょうか?

この症状が出ると友達にバカにされたりしますよね。

仕事では、支障がでることもあるでしょう。

ですので、早めに対策しておきたいところでしょう。

では、どもってしまう原因には何があるのか?

これには、いくつかの要素が考えられるんですね。

主に挙げられるのは・・・

・不安

・緊張

・トラウマ

これらがあります。

例えば、大勢の前でスピーチをするとしましょう。

この場合、誰でも緊張するでしょうし、不安になる人もいます。

特に吃音がある方の場合、普通の人以上に不安や緊張状態が強くなります。

また、以前、喋っているときにどもりが出てしまい、みんなに笑われた。

こんな経験があると、それがトラウマとなってしまいます。

どもってしまう原因には、これらの事が考えられるわけですね。

では、対策としてはどうすればいいのか?

原因が、不安や緊張やトラウマなので、それらを取り除くことが重要です。

ですが、心理的な要素が大きいので簡単に取り除くことは難しいでしょう。

ちなみに吃音・どもりを改善させるプログラムというのもあるんです。

なぜ、重度の吃音で悩んでいた私が大勢の前で普通に喋ることができたのか?

そのヒントをお伝えしています。

⇒どもって困る人はコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR:簡単な吃音の治し方!