ドルフィン企画~瀬戸内海クルーズのご案内~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-31 22:46:38

嫌な事

テーマ:ブログ
今月は色んな事がありすぎて、激動の一か月だった。
年明けから「この仕事を始めてから初めて」が続いていたが、今月になってますます「この仕事を始めてから初めて」や「生まれて初めて」が続いた。

でもそのほとんどが嫌な事で、その一つに当日の昼12時前になって「広島みなと夢花火大会」の中止が決まった。
ここまでにも沢山の花火大会の中止が決まり、またその1時間後には翌日開催予定だった宮島管弦祭の中止も決まり、商売での影響は避けられない事態となった。
しかし、この花火大会と管弦祭の中止を受けてすぐさま御手洗へ帰り、本来参加できない予定だった御手洗夏祭りの夜回しへ参加した。

御手洗に移住して10年目で初めての参加となった。
今までは毎年、宇品の花火大会と重なっていて、参加する事はできなかったのだ。

この御手洗の夏祭り夜回しを楽しみにしていた人の一人が宮本国也さんだ。
夜回しの時は、宮本さんが船の模型を作っていた作業場の前を櫓が通るので、祭りの日は提灯をぶら下げて櫓が来るのを楽しみに待っていた。

そんな宮本さんには大変お世話になった。
船宿跡にお客さんをご案内すると、御手洗が栄えていた頃の話を楽しそうにお客さんに聞かせてくれ、その間私は休憩できた。
実体験を面白おかしく話してくださるので、お客さんは皆、興味深く宮本さんのお話を聞いていた。

また、仕事以外の時でも色んな話を聞かせてくれた。
特に全国でも数少なくなった和船を作る船大工さんだった宮本さんの船に関する話は、とても興味深いものがあった。
また御手洗で最高のエンターテイナーだった宮本さんはプライベートでもきちんとしていて、綺麗な生き方をしていたので私は密かに尊敬していた。
若い時に相当苦労されていらっしゃったのか、周りにあまり迷惑をかけないように常に気をつけていたように勝手に思う。

凹んでいる今の私に、宮本さんのように生きていける自信はない。
ただ、宮本さんが教えてくれた様々な知識、清潔感のある生き方を少しでも自分のものにしてゆきたいと思う。

ありがとうこざいました!
宮本国也さん。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
2018-07-07 08:20:09

初経験!

テーマ:ブログ

ブログに「滑った!転んだ!」は書かない!と常々豪語していたが、さすがに暇なのでアップします!


既に岡山駅滞在が12時間を経過したが、まだ最低でも6時間以上は滞在しないといけないようだ…


昨日はツアーがあり、「船は雨に影響受けない」と常々豪語していただけあり、行程は順調に進んだものの、港に着くと電車は止まっており、急遽バスを用意してもらってお客様は岡山駅に移動する事になり、私も便乗して岡山駅まで来た。

その後、お客様は名古屋へ新幹線で帰ったものの、広島方面の新幹線は12時間前から1本も出ていない…

岡山駅で弟と一緒に夕食を食べたが、大阪方面の新幹線は運転再開したので、弟は家に帰ってしまった…


人生初の「駅寝」を経験した!


学生時代に旅行中の宿泊手段の1つとして聞いていた「駅寝」

結局学生時代にも経験しなかったのに、この歳になって初経験するようになるとは思わなかった…


辛いけど、噂では我が家への道は土砂崩れで通れないかもしれなく、今日中にはどうやら帰れそうにはなさそうだ…



2018-05-07 21:03:11

広島県尾道市「向島」

テーマ:ブログ

しまなみ海道の島の中では最も地味で、観光名所の少ない「向島」は恐らく今までブログで取り上げた事は無いような気がする。


瀬戸内海の島の中ではかなり特徴的な島であり、とにかく本州へのアクセスが良すぎるので、その先にある因島や生口島から見るとほぼ島の面影は無いが、本州から見るとやはり島の雰囲気が残っているような、二面性がある島だと思う。

瀬戸内海には他にも本州との橋が無料になっている島はあるが、それらの島は無料の橋でさえいざ渡った瞬間に強烈な「島」の自己主張を激しくしてくる。

しかし、「向島」にはそんな激しい自己主張は無い。

初めてしまなみ海道を渡った人の中には、あまりに自己主張がなさすぎて、向島の通過に気がつかない人もいるくらいだ!(笑)


そんな「向島」がこの度、ひょんな事から強烈な自己主張をし、突然全国的に有名になってしまった。

島とは言え、コンビニもドラックストアも銀行もスーパーマーケットも何軒もあって、ほぼ本州並みの生活水準があり、瀬戸内海の島では珍しく、広島銀行辺りは日中はずっと渋滞しているような島で、多分島の人もたまに島に住んでいる事を忘れそうな島なのに…


今回の件は、改めてまだ「向島」は島である事を再認識させてくれた。

島であるがゆえに、簡単に非常線を張る事ができた!(笑)


しかし、他の島に比べて他の島では大して問題にならないような事が大問題になった。

一つ目は島の人口が多すぎて、逃走に有利になってしまった事。

他の島ではもっと早くに住民からの通報が期待できたかもしれない。(笑)

二つ目は、本州へのアクセスの依存度が高すぎ、そこで検問をしたために大パニックになってしまった。

音戸大橋で検問をしても恐らく同様の問題が起きただろうが、今回は尾道大橋を通過する路線バスは運行打ち切りや迂回などの対応をせざるを得なかった。


とにかく瀬戸内海の島と言えば皆同じよう思われがちだが、この特殊な「向島」に今回、他の島と同じスキルを求められた事が色んな意味で大変だったように思う。


私もこの期間中に何度もしまなみ海道を通過したが、向島へ降りないようにしていた。

だかどうしても向島に行く用事があり、検問にひっかかる覚悟をしていたら、前日に向島は解放された。


ちなみに私にとっての「向島」は、親から右と左を教えてもらった思い出の島で、津部田から吉和方向が右で、大浜方向が左と教えてもらった。

その定期航路も因島大橋開通と同時に廃止になった…




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス