つれづれ養生訓 ~ 神戸から中医学の健康の知恵のお届け ~

つれづれ養生訓 ~ 神戸から中医学の健康の知恵のお届け ~

健康であるためには、自然であることが一番です。
そのためにいろいろ試されたりしていると思います。
そのひとつに中国医学の智慧をお届けします。
中国医学は、素晴らしい医学です。その中の生活に密接した部分の智慧をお届けします。



フーフーです。
マスクで蒸れたんでしょうか?
鼻が真っ赤になっています。

この時期には多くなりますね。
鼻が赤くなるやつ。
これは、足の冷えから。
鼻の頭は、胃と連動しています。
もし、足が冷えたら。
胃の経絡も冷えて、気血が巡りません。
そして、胃の経絡の中に熱がこもります。
いわゆる胃熱証です。
胃酸が分泌され、お腹が空く人もいらっしゃいます。
その際に、鼻の頭と胃が連動しているんですが、鼻の頭が赤くなることあります。

はい、ではこの原因は
・食べ過ぎ
・足の冷え
・お腹の肉
これによって経絡の流れが悪くなり、上にのぼったから、鼻に出て赤くなります。

対策は、食事の軽減化。
足のマッサージ
これの鼻の赤いも1つのサインです。しっかり読み取って頑張ってください。

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大



フーフーです。
だんだん寒くなってくるとお風呂も良いですね。
効果的な入り方ありますか?

寒くなってくると、温かいお風呂、いいですね。
それだけでも充分な気もしますが、やっぱりせっかく浸かるなら、より効果的に。

お風呂の作用として、まずは散寒作用。冷えた体を温めてくれる作用です。
そして、血行をよくします。
あとは水圧によって、浮腫を上にあげる作用もあります。

この時期に注意しなくてはいけない入り方。
皮膚がすごく冷えて、つめたく固くなってしまっている方で、浮腫の多い方、注意です。
お風呂の力で、体が温まり、全身の血流がよくなります。
そして、あわせて体の浮腫も上にもぼり、浮腫は軽減されますが、水蒸気のような感じで頭の方にのぼります。でも、皮膚が冷えて固いので、頭の方に熱い水蒸気が溜まる感じになります。すると、頭がぼーっとするとか、ひどいと胃の経絡に入り、吐き気もします。いわゆる湯あたりになります。一般的には、この手前でしんどくなって、お風呂から出ます。長くお風呂の入れない方ですね。

さて、こんな方にもおすすめケア。
湯船に浸かりながら、小顔マッサージです。
顔からの発汗や皮膚呼吸がきちんとできるとのぼせや赤い顔になりにくい。だから顔のマッサージ。


胃の経絡に沿って、顔のマッサージしてみてください。
皮膚を柔らかく溶かすような感じです。早すぎず、深すぎない。
皮膚がしっとりしてきたら、いいですね。汗も出てきたら最高です。

ゆっくり浸かって、芯まで温める。顔の経絡もしっかり流してください。
余裕があれば、足の浮腫もマッサージするとなお良いです。

そして出たら、湯冷めしないように早くお布団で、寝てくださいね。

ちなみに夏の時は、冷水で頭を冷やすと言うことをするんですよ。

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大

 フーフーです。
風邪の季節になってきました。
いろんな種類があるけど、風邪ってなんですか?

中国医学では、風邪というと病気の状態を表すものでは無いんですよ。
体の正気を損傷する邪気の一種類で、風邪(ふうじゃ)のことを表します。
これは、体に入ると気の流れを混乱させます。
スピードアップしたり、停滞させたり、違う方向に流したり。
そして、ほかの邪気(熱とか寒さとか、ウイルスまでも)を体の中に運んでくる働きもあります。
特徴は、病気の変化がいろいろ。熱だと思ったら寒気がしたり、咳が出たり。
進行するスピードも速い。

こういう邪気のことを風邪というんです。
でいつの間にか、その病邪を指していたのが、その病邪にやられてる人の病理表現を風邪というようになったんです。

この風邪は、一般的には外から入ってきますが、実は中から生まれることもあるのは、豆知識です。

そして外から入ってくる時は、汗を出して追い出すのがベストです。
その汗のかきかたは、人によっても違います。
漢方薬がいい人、お風呂がいい人、布団で寝るのがいい人。
工夫してみてください。

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大

 

肝斑について聞きたいです

 

フーフーです。

肝斑ってどうやってケアしたらいいですか

と言う質問が来ました。

 

肝斑は中国医学では、肝経とセットである胆経にできるシミの一種です。

シミの概念も中国医学では、血瘀といって血の流れの停滞と考えます。その停滞から水分が乾燥してしまったものです。

 

肝経や胆経に血が停滞するには、肝鬱気滞と言って血の流れが悪い体調だったと思われます。どのような理由でその肝鬱気滞が出るのかというと、甘いもののとりすぎ、睡眠不足、疲れすぎ、冷え、イライラするストレス。などが多いです。

顔が冷えに当たりすぎても、起きることあります。

 

そしてケアの方法ですが、血が滞っている状態なので、あったかくして解かします。

その部位だけではダメです。全体的に蒸しタオルなどで顔をあっためる。お風呂でもいいですし、運動で顔から汗をかくと言うのもいいです。

 

そして、マッサージ。

顔の中心から肝斑の所を通って、皮膚のすぐ下を脂肪を溶かして、溶けた脂肪で肝斑を流し出すようなイメージ。

時間をかけて、ゆっくり行います。骨の上まで強くするとあまり効果ないです。

 

血の流れの悪さが原因なので、運動するとかお風呂を長くするとか、全身からのケアもわすれないでください。

 

 

817939642303920

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 



セミナーもあちこちで開催しています。
まとめて情報をご案内いたしますね。
全てzoom参加ありですので、全国どこからでもOKばかりです。

■11月21日14:00~16:00 福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル
『大切な人の健康を自分で守りたい方の中医学講座』
https://www.facebook.com/events/344656210287858


■11月22日 ①10:00~12:00   『子育てや産後の心を大切にする方法』
          ②13:00~16:00    『個別の簡単な診断方法&個別相談』
          産前産後サポートセンター心ゆるり  福岡県小郡市乙隈506-3
https://www.facebook.com/events/2753435734916882 
    
   
■11月24日 10:00〜12:00    道の駅レスティ唐古・鍵 奈良県磯城郡田原本町大字唐古70-1
         『中国伝統医学で診る乳がん』
https://www.facebook.com/events/378604829934141

■12月9日 20:00~22:00 オンライン
    『内容詳細打ち合わせ中~♪』

■12月13日 14:00~16:00 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側
       『「中国医学で体質を知ると病気がみえる」ことをみなさんに 知ってもらいたい診断学セミナー1/3』


■12月15日火曜日 10:00〜12:00 はしお元気村 奈良県葛城市
『子宮がん・子宮内膜症・更年期障害・卵巣がんなどの婦人科系疾患の原因と対策』
https://www.facebook.com/events/817939642303920

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大

 

 

フーフーです。
びっくりしました。
急に蕁麻疹出来たんですよ。
なんで?

蕁麻疹には物理的な蕁麻疹もあれば、季節性のものもあります。この時期に冷えと関係して出来るものが寒冷蕁麻疹です。
赤みが出たり、痒みが出たり。お風呂に入ったりすると緩和する方もあれば強くなる方もいらっしゃいます。

原因は浮腫と冷えです。

場所によりますが、太ももの前に出来る方、胃の経絡です。足のすねが冷えて血行不良。しかし食後や甘いもののおかげで胃が熱を持つ。経絡を通じて流したいが浮腫で流れない時に太ももの前に出来ます。このときはすねマッサージと、胃のケアですね。


他には太ももの後ろと内股。ここは腰の浮腫が原因でこの部分に血が止まった。流れないからかゆいがでます。下腹部、腰を温めてからよーーくマッサージです。
日頃の運動も大切です。 このタイプは、腰と背中、お腹に出ることも多いです。これも腰の浮腫が原因で血行不良から。


腕のところもあります。前腕なら、手のひらが冷えて血行不良。
腕の上腕三頭筋のと頃なら、肩甲骨の周辺のコリや浮腫からの血行不良ですね。

いずれも経絡途中のどこかで冷えが入り浮腫を固くしたために起きる血行不良が原因です。
暖めてむくみを流してあげることが解決に繋がります。
 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大

 


フーフーです。
朝晩冷えてきました。
日中部屋の中は、割と暖かいんですけど。

そうですけど、足の冷えに注意してくださいね。
足には胃の経絡が走っています。
すねのところ。
特にこの部分に冷えを感じたら、割と手遅れ気味です。

この経絡は、胃に直結しています。
すねが冷えると、胃も冷えます。
消化が悪くなる、時には反発してめっちゃ食欲が出る。
そのくらいなら良いんですが、制御できない時に冷えて胃が固くなって、嘔吐。そして食べた物が押し出されて未消化の下痢。あときゅーっと痛みが出ます。
時には足の冷えから発熱もあるんです。

さらに外食なんかで、食べ過ぎていたり消化の悪いものが多いと最悪。
特に最近はコロナ対策で、換気よすぎて足元寒いところ、多いですよ。

レッグウォーマー、厚手のソックス。もうブーツも出してもらって良いですよ。
靴下はいて寝るとかも、してくださいね。
足の冷えから来る胃腸風邪予防です。
オーバーくらいでちょうど良いです。

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大


フーフーです。
立冬過ぎると寒くなってきましたね。

そうですね。
寒くなってくると身体の不調も出やすいので、気をつけないとダメですよね。

一番やっかいなのは、昼と夜で温度の差が激しいこと。
何を着て良いかも悩みます。

特に足下には注意して下さい。冷えが足から入ると冷えのぼせになったり、胃の経絡疾患が発生してきたりします。
こんな時、寒邪は外から入ってきたものなので、足元ゆったりぽかぽかの足浴なんかが良いです。温まる入浴剤などを入れるのも良いです。

他にもあります。エアコン問題。
昼夜の寒暖の差が激しいときに、部屋の足元に寒気が留まりやすいです。
暖かい空気は上に留まりやすいのです。
これ、結構色んな病気もとになりやすい。顔の赤みとか、全身の痒みのもと。空気は攪拌しなきゃダメですね。

あと体質によって必要な温度も違います。自分の感覚を大切にすること。寒い時は寒い時で表示温度に関係なく暖房に頼る。寒いなと思った時は天気予報のお姉さんに頼らず、自分で服装を決める。
これって大切なことですよ。

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大

フーフーです。
これからだんだん冷えてきます。
これからの食べ方について教えてください。

はい、食養生も季節によってもちろん変えます。
食材を変えるだけではダメですね。
この時期には、こういう体質にしなくてはダメというコンセプトが重要です。
そして、それも体調に合わせたり、胃の状態に合わせること。

まず、夏と冬の違いでは、夏は発汗してデトックスが必要な季節。すると血をサラサラにする必要があります。そして胃に物が多くなると熱化するので、あまり良くないのです。甘いものなどは夏は控える。


では冬は。あまりサラサラで水くさいものですと、吸収はしやすいですが、熱化できずに冷えむくみになりやすいです。消化に時間がかかるものだと胃に血も集まり、手足に血が流れにくいです。これも人によっては良くないですよね。


どうするのが良いか。
味がしっかりして、消化のいいものをとる。
例えば、じっくりエキスの出た鍋。煮込んだシチュー。こういったものはすごく適していると思います。
そして適度に血を濃厚にするために適度に糖質も摂るのも、この時期は必要です。
 

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大


フーフーです。
中国医学も時々、雑誌でもその名前を見るようになってきましたね。
勉強するのに大切なことをもう一度おさらいさせて下さい。

そうですね。中医学のメソッドを用いた本も出てきていますね。
嬉しいことです。
中国医学の大切なことを幾つかまとめますね。


・道が大切
この道とは、道理であり、原因のところから結果まで全て繋がっていると言うこと。
これを用いて、中国医学では診断をしたり、治療をします。
だから効くかどうかわからない治療などしてはいけないんです。
逆に言うと受け継がれてきた治療は、全て効く(ちゃんと勉強した方限定の話です)。それのエビデンスをわざわざ研究するのは、西洋科学の方にしてもらって中医の方はしないのが普通です。道に外れた治療をしないから。


・鬼は殺すな
病気をやっつけるのではない。生活の道理に従って体調が変化しているだけ。治療しに行くんじゃない治理するんだ。というのは大切です。病気を治すのではなく、治す方法を伝え生活習慣からコントロールする。これが大切。


・病症は全て現象。
体に出ていることは全て現象。道理に従った当たり前のこと。それから元の原因を知り、改善すること。そんな病気も原因がわかれば対策も思いつきます。


・あきらめない
中国医学で原因のわからない疾患はない。ならばどんな患者であろうと原因はあります。そして今に至る全貌が見えたら、何らかの対応も考えられるはず。患者が望む言葉は大丈夫だけ。


・三因原則を守る
天からの影響。天気や四季、いろいろですね。地の影響。風土による影響もあります。そして人の問題。年齢、体力、いろいろな事柄が人それぞれ違います。それも考慮に入れること。


・生涯勉強
文字通り。


まだあるけどとりあえず思いついたのは、こんな感じ。

 

 

______________________

中医師今中の動画はこちら

 

 

 

『「胃のむくみ」をとると健康になる』

 

 

中医師イマナカのプロフィールはこちら

 

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
 

整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ

Facebookやってます。今中健二で検索してみてください。


中国医学Labo同仁広大