犬服を手作りしよう

犬服を手作りしよう

犬服は、今や多くの愛犬が着ています。
可愛い犬の服だって、実は自分で作れちゃう♪

犬の服を手作りしよう!
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
トイプードルやチワワ、ミニチュアダックスフンドやシーズー、豆柴にヨーキーなど、小型犬の飼い主さんは、犬服をショップで選ぶのにも苦労することは少ないかもしれませんね。

しかし、犬服を手作りするとなると、小型犬は大変なんです。

$犬服を手作りしよう!

小型犬の犬服だから、作業するのが簡単だというイメージがありますが、背側・胸側・袖を縫い合わせるだけでも、生地が小さいのでミシンの扱いが難しくなります。

ちょっとしたズレで失敗したり全体のバランスを崩してしまうので、小型犬の犬服づくりは難しいのです。

大型犬の犬服であれば、生地も大きいのでノビノビ作業できるんですが、小型犬はより緻密な作業スキルが要求されてきます。

しかし、小型犬は多頭飼いしている飼い主さんも多く、同じ生地でお揃いの犬服を作る場合などは、小型犬の犬服は使う生地が少ないので低価格で済みます。

人によって違いますが、「はじめの1~3着は失敗してもいいや!」くらいの気持ちで作ると、あっという間に上達します。

犬服作りもお料理と同じで「いきなりテキパキこなす」のは難しく、経験していく中で上達して行きますので、まずは1~3着作ってみてはいかがでしょう。

小型犬の飼い主さんで、初めて犬服にチャレンジしたいという初心者の方にオススメなのは、いきなり犬服の本を参考にしないことです。

犬服の本は、犬服を図面のように掲載して作り方を教えてくれる教材なのですが、女性にとって「図面を理解する」のはかなり難しいことなので、お金に余裕のある人は犬服の教室に定期的に通うことをオススメします。

しかし、犬服作りにお金も時間もかけられない方や、近所に犬服教室がないという方には、自宅で犬服作りが学習できる「手作り犬服教室DVD」という、犬服デザイナーが映像で犬服作りを教えてくれるDVDの教材がよいでしょうね。


犬服の本と違って、犬服デザイナーの手元をテレビやPCの画面で見ながら作り方を学べるので、本当に初心者向きの学習方法です。

小型犬の飼い主さんの中で犬服作りの初心者の方は、手元がわからないと犬服づくりに苦労されます。だから、自分にあった学習方法でマスターするべきでしょうね!

●小型犬の犬服のメリット
小型犬の犬服を作るのに、生地が少なくて済むので原価が安い。

●小型犬の犬服のデメリット
犬服の面積が小さいので、細かい作業が要求される。

●初心者向け学習方法
「犬服教室」に通うか、「手作り犬服教室DVD」で学ぶ。

⇒ 理想の犬服を手作りしちゃおう


テーマ:
中型犬というサイズ分類に入る、柴犬やコーギー、ボーダーコリー、ビーグルですが、昔に比べると、室内で飼われていることが多く、お洋服を着せてもらっている子を見かけることが多くなりました。

$犬服を手作りしよう!

室内で飼われている犬たちは、もはや人間の子供と同じように扱われている子も多いので、室内用のお洋服やパジャマと、お散歩や外出用のお洋服と、それぞれ区別されているとか。

柴犬やコーギーなどは、特に抜け毛の多い犬種なので、犬服を着せてあげることで、抜け毛があちこちに飛散するのを軽減できますので、飼い主さんとしても着せておきたいところでしょう。

春から夏に抜けては、柴犬やコーギーだけでなく、多くの犬種が換毛期によって、それはそれは驚くほどに毛が抜けてしまいます。

中型犬は小型犬に比べると、体もひとまわり、ふたまわり大きいので、抜け毛の量もやはり多くなります。

しかし、いざ抜け毛軽減のために、犬服を着せるとなると、中型犬用の犬服はあまり可愛いデザインもないですし、数も多くありません。

そこで、最近は手作りしている飼い主さんも多いようです。

柴犬といっても、最近は小ぶりな子も多いですし、逆にガッチリ骨格の柴犬もいますので、既製品だとなかなか合うサイズがないのです。

手作りなら、愛犬に合ったサイズが作れるので、せっかく買ってきた犬服のサイズが合わず、お金を無駄にするぐらいなら、最初から手作りしたほうがいいですよね。

最近では、犬服の作り方がわかるDVDも販売されているそうで、本を見て作るよりもわかりやすく、簡単に犬服が作れるような内容になっているそうです。

私の友人でも既に数名がそのDVDで愛犬に犬服を手作りしてあげています。

これからは、おしゃれな中型犬を街中で見かける機会が増えるかもしれませんね。

⇒ 理想の犬服を手作りしちゃおう



テーマ:
ミニチュアダックスフンドを飼っている我が家では、お散歩時には犬服が必須アイテムとなっています。

$犬服を手作りしよう!

なぜなら、ミニチュアダックスフンドは足が短いので、お散歩から帰ってくると胸のあたりが汚れてしまうのです。犬服を着せておくだけで、汚れ防止になるんですよ!

また、夏場は太陽の照り返しやアスファルトの熱をダイレクトに伝わってしまうのを防ぐために、一旦水に濡らして固く絞った犬服を着せてお散歩に行きます。個人的にはノミ・ダニ予防にもなるのかな~と思っています。

また、これはミニチュアダックスフンドに限ったことではなく、黒い毛の犬の飼い主さんはご理解いただけると思うのですが、夜の散歩は黒ワンは闇にまぎれてしまうので色々と危険ありますよね。

我が家もブラックタンなので、夜のお散歩時には明るい色の犬服を着せて、車や自転車の運転者からも見やすいように安全対策をとっています。

また、獣医さんに聞いたお話なのですが、ミニチュアダックスフンドはヘルニアになりやすく、腰を冷やさない方が良いとのこと。ソファから飛び降りただけでヘルニアになる子もいるらしいので、冬場には家の中でも犬服を着せています。

ファッション性だけではなく、健康面・安全面からも犬服が見直されてきていて、人間の洋服をリメイクしたり、生地を買ってきて手作りする飼い主さんも増えているようです。

我が家でも犬服を着せることが多いので、ほとんど人間のお下がりの洋服を使って、ミニチュアダックスフンドの犬服にリメイクしています。

もし、犬服を作ったことの無い初心者の方が、はじめて犬服作りにチャレンジするなら、DVDで犬服作りが学べる「手作り犬服教室DVD」という教材がオススメです。

私も本屋で犬服本を立ち読みしてみましたが、難しそうだったので本を買うのを諦めました。そして、近所の犬服教室をネット検索しているときに見つけたのがこの教材ですが、すぐに犬服の作り方をマスターできました。

愛犬を守るのも飼い主の務めです。是非、可愛い犬服を作ってあげてくださいね!

⇒ 理想の犬服を手作りしちゃおう

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス