エキストラ・エクストリーム2018 レポート | ドッグライフプランはしもと日記

ドッグライフプランはしもと日記

「人も、犬も、犬を飼っていない人も快適なまちづくり」をテーマに大阪市内を中心に活動中! 日々の活動を紹介していきます!


テーマ:

2018年12月16日、静岡県富士宮市「朝霧アリーナ」にて「エキストラエクストリーム・ハイスピードフェスタ」を開催しましたキラキラ

 

このイベントは、ハイスピードをテーマに、普段は行わないレイアウトやルールの競技を行うスピンオフイベントですチョキ

 

受付の様子ルンルン

当日の気温は午前がマイナス、午後も一けたとの予報ガーンでしたが、昼過ぎからは時折晴れて暖かい時間もありました爆笑

 

午後には富士山も顔を出してくれました富士山

 

開会式の様子カラオケ

 

最初の種目「ハイスピード・ストレート」の準備ができています。いつもは弧を描くように設置するハードル20基を、まっすぐセット!!全長71mは変わりませんが、こうしてみると長く感じますびっくり

エントリーした皆さんは、待たせてスタートしたり、一緒にダッシュしたり、色々な作戦で臨んでいましたキラキラ

 

さらに、2種目目の「ハイスピード・フラッグ」の準備も完了していて、フラッグ3セットが並んでいるのも確認できます。全48本、緊張の連続の競技となりましたルンルン

 

三種目目は「ハイスピード・ハーフ」。

ハードルの数が通常の半分の10基になり、今年の決勝進出者はエントリー不可の、初心者でもエントリーしやすい種目ですラブラブ リードの着用、犬に触れる、手に物を持つ、といった、通常は失格になるルールも、この種目に限ってはノーペナルティキラキラ

 

それもあってか、初参加の方が多く、エクストリームの楽しみを感じていただけたように思いますチョキ

 

4種目目は「ハイスピード・リバース」です。

通常の、弧を描くコースですが、スタートとゴールが逆。つまりいつもの方向とは逆走する形になる競技びっくり

逆走にも違和感を覚えずスムーズに走るワンちゃんもいれば、途中で立ち止まり、逆走し、いつも通りの方向に走り出すワンちゃんもいたりと、個性がでた種目となりました爆笑

 

最後の種目は「団体」です。4頭1チームでの合計タイムを競います。

ゴールで仲間が迎えたり、スタート前に円陣を組んだりと、皆さん楽しんでいましたラブ

 

最後は「サンテジア賞」として、「次亜塩素酸生成水サンテジア」と「だるま」をかけての“負け残り”じゃんけん大会を行い、終了となりましたチョキ

 

初めての試みでしたので、進行・運営には改善点が多々ありましたアセアセが、110頭、220エントリーのワンちゃん、飼い主様にはお楽しみいただけたラブラブようで、早くも「来年の開催希望」というお声を頂戴していますおねがいお願い

さらに運営を洗練し、来年も開催できたらと思いますキラキラ

 

ご参加の皆様、ありがとうございました

 

SPCIAL THANKS

 

Eukanuba - メインスポンサーとして色々なグッズ制作、上位のメダルの作成、ご参加者へのドリンク券のご提供、参加賞・上位入賞賞品のご提供ほか

デビフペット株式会社 - 参加賞および上位入賞賞品のご提供

サンテジア次亜塩素酸水 - 会場内消臭セットおよびサンテジア賞のご提供

ピエロ本舗 - 参加賞(愛犬用おしぼり)のご提供

剣建設株式会社 - 機材を材料費だけで修繕

 

各種目の紹介

ハイスピード・ストレート(ミニ・オープン)

参加料 1頭3000円

通常は弧を描くように設置するハードル20基をまっすぐに並べます。

それ以外のルールは通常のハイスピードと同じです。

 

ハイスピード・フラッグ(ミニ・オープン)

参加料 1頭3000円

障害物はフラッグ16本を3セット。

スタートからゴールまでのタイムを競いますルンルン

失敗したらそのセットの1本目からやり直し。

 

ハイスピード・ハーフ(ミニ・オープン)
参加料 1頭2000円

初心者向けのハイスピード。

ハードルの数は通常の半分の10台。

2017年2018年の決勝進出者(特別招待は除く)はエントリー不可です。

また、リード付き可。ほぼ全面ネットで囲むなど、初心者向けのルール。

 

ハイスピード・リバース(ミニ・オープン)
参加料 1頭3000円

通常は時計回りのコースですが、スタートとゴールを入れ替えて逆走トライアル!!

ハードルの配置は通常の地区大会のハイスピードと同様、弧を描くように設置しますキラキラ

 

ハイスピード・団体(ミニ・オープン・混合)

参加料 1頭1000円×4頭

通常のハイスピードコースで、4頭の合計タイムを競いますルンルン

ミニ4頭の部門、オープン4頭の部門、ミニ2頭+オープン2頭の部門を開催。

同じ部門で同一犬が二回走ることはできません(例:ミニで1回、混合でもう1回走るのは可)。

ハンドラーは何度走っても可(例:同居犬4頭でハンドラーは1名というチームも可)。

ハードルの配置は通常の地区大会のハイスピードと同様、弧を描くように設置します。

 

公式ページはコチラ>>

doglifeplanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス