3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

今回は、私の本業である不動産について少し話してみようと思います。




まずは、最近の不動産市況について言うならば、レジデンスに関してはおおよそ元に戻った、という感覚を持っています。




ここ数日で、不動産業者さん何人かと話してみても、そう感じているようです。




3月から6月位までは、本当に取引件数が減っていたみたいで、給付金を得たと言っている業者さんもあるので、昨年対比で半分以上の売り上げ減、ということになりますね。




まあ、こういう感じで取引自体が減っていたので、安くなっていたのか高くなっていたのか分からないというのが、私の感触です。




私の場合は、今年は本当に良い案件が出て来たら動くというスタンスですから、まあ、この期間は動いていないですね。




まあ、近況はこんなところです。




それでは本題に入りますが、これは私もそう思っていたのですが、良い物件は不動産業者さんが抑えてしまうので、中々、我々大家側には情報が流れて来ない、というのが定説ですが、そうでもない、という話ですビックリマーク




不動産業者に良い情報が入った場合に、他に抱えていいる案件が無ければその情報を活かすのですが、他にも案件を抱えていれば、手を出しようがない、という事もあります!!




そういう時に不動産業者さんはどうするかというと、知り合いにその情報を流したり、買えそうな人にその情報を流すのですね。




不動産業者さんの気持ちを考えたら分かるのですが、いちいちレインズに載せるよりも、紹介したした人が購入しれれば、手間が省けますし、加えて仲介手数料も入ってくるということになります。




不動産のポータルサイトで情報を見つけるのも良いのですが、上記のように流れて来た情報は、本来は業者さんが手掛けても良さそうな案件ですから、良い案件の可能性が格段に上がります。




では、そういう情報を得るためにはどうすれば良いかという事ですが、これは地道な行動しかないんですねあせるあせる




これも不動産業者の気持ちを考えれば自ずとわかることです。




買えそうな人に情報を流そうとする時に、一度名刺交換をしただけの人には、持っていかないですよね。




既に物件をいくつか持っていて、尚且つ、少なくとも何度か話したことがある人に情報を流すはずです。




不動産のポータルサイトに載っている情報が、あまり良くないのは、こういう理由ですね。




それでも、自分では購入しない又は購入できない業者さんの場合は、レインズやそういうサイトに情報を流すこともありますので、目を通す必要はありますけどね。




私が購入した物件も、レインズで探したものは幾つもあります。




「そんなに良い物件なら不動産業者さんが買うはず」、と思いがちですが、とんかつ屋さんに「美味しいなら、自分で全部食べるはず」とは思わないのと同様、不動産業者さんが買わないこともある、ということを私たちは知った方が良さそうですね。




そういう情報を入手するためにも、地道に行動する事が大切ですね。