知覧特攻平和会館 | DJOASIS 自主規制なし Powered by アメブロ
2014年07月29日(火) 17時45分10秒

知覧特攻平和会館

テーマ:外出中
鹿児島でのKダブとのライブを終えた次の日
知覧特攻平和会館に足を運んだ。

行く事が決まった時
「原爆資料館の様に悲しく重い空気なのかな」まず、それを思った。
しかし、行ってみるとまったく違う空気だった。
勿論、悲しく絶対あってはならない事。
でも、何かが違った。

天文館にあるホテルを11時にチェックアウト。
快晴。
今回、俺達の世話をしてくれてるイベンターの白尾君の車で出発。
昼食は、ラーメン屋「ふくまん」。
最高に美味しかった。
桜島を左手に見ながら海沿いの道を進む。
自分は、日本全国色々な土地に仕事で行き
その土地それぞれの物を食べ、美しい風景を見て来た。
でも、この日車の中から見えた風景は
「日本にもこんなに奇麗な景色があるんだ、日本ってこんなに美しかったっけ?」
そんな事を思わせるくらい空、海、山、木々
その全ての色や形が鮮やかで、大地の力強さを感じる。
桜島は、まさに薩摩、西郷隆盛がどっしり座ってるかの様に
堂々とそして雄大な姿を見せている。

海沿いから右に曲がり内陸へ向かう。
一つ山を越え、その先の山間の道を30分くらい進む。
山を越える時、山の上の木々の切れ目から壮大な海が見える。
その風景は「絶景」その一言だった。
道を挟んだ山や木々の緑の鮮やかさ、木々の形の美しさ
「こんなに奇麗な風景ってあったかな」
また、そんな事を思いながら外を眺めていた。

知覧に近づくと奇麗に整備された歩道に挟まれた道になる。
その道沿いには、多くの石灯籠が建てられている。
横の小道を覗くと美しく伸びた武家屋敷通りが見える。
ここに向かうまでの山間の道もそう
知覧という場所が地元の人達に愛され、そして本当に大切にされている事が
この町並みを見るとよくわかる。
石灯籠を見ながら15分くらい進むと平和会館の駐車場が見えて来た。

車を降り、有名な「知覧茶」のペットボトルのお茶を飲みながら敷地内へ。
平和会館に向かう前に特攻平和観音堂へ向かう。
その途中、戦闘機「隼」のレプリカが置かれ
その先には、訓練機の実物が置かれている。
敷地内にも多くの石灯籠が建てられ、その間を進む。
道がひらけると目の前に静かに佇む観音堂が見えた。
手を合わせる。
観音像は、小さいがとても穏やかな顔だ。
その観音像の中には、特攻隊としてこの国の為に散った
全ての方達の名前が書かれたものが納められているとの事。

平和会館に入館すると、多くの遺品や特攻隊員達の写真、手紙
そういった物が展示されている。
「悲しい、そして、悲惨な現場」
来たくないけれども来ないといけばい場所、そんな事を思う。
多くの人が残された家族に宛てた手紙を真剣に読んでいる。
「遺書、辞世の句、絶筆」
その全てに書かれた文字は、本当に奇麗な字だ。
そして、文章も美しい。
ショーケースのガラスの中に置かれたその手紙を
来館した人達が横一列に並んで読んでいるんだが
あちこちから鼻をすする音が聞こえる。
とても悲しい出来事で、ここにある手紙が悲しいものであるのは決まっている。
しかし、何かそれと違う事も感じた。
「潔さ」
全ての手紙からそれを感じたんだ。
その「潔さ」にも涙が出る。

今後、あっては、ならない事だと思う。
特攻という思想がマインドコントロールだと言う人もいるだろう。
でも、確実に言える事は
特攻していった方達は、悲しさや納得行かない気持ちで特攻してない。
そういう人も居たかもしれない
でも、ここで残された文を読む限りは、皆国の為に本気で特攻してる。
「必ずや」この文字をいくつも目にした。
そして、皆「魂」の存在を信じている。
特攻隊員達の写真を見ると、どの隊員も笑顔だ。
飛ぶ前日、同じ部隊の隊員達で肩を組み皆笑顔で写真に写っている。
今の日本に無い「潔さ」これが1番強い印象になった。
サムライだ。

原爆資料館と何かが違った。
もちろん「爆撃された場所」という事が大きな違いだが
知覧は、悲しさだけじゃなく神聖さも感じた。
特攻した方達の気持ちが残る場所ではなく
送り出した人達の気持ちが多く残っている場所だった。
知覧に向かうまでの山間の道の美しさも
神聖な場所に向かう道中だった、という事だったのかもしれない。
多くの悲しさも感じたが、自分の気持ちや心を洗われた。

平和会館に置かれた多くの手紙。
この手紙を書いた人達が今の日本を見たらどう思うだろう。
散って行った方達に会う事があったら、俺達は、何て伝えればいいんだろう。
命をかけてこの国を守った人達に見せる顔は、あるんだろうか。

1035
この数字が特攻し戦死した隊員達の数。
後からわかった事だが
敷地内と知覧に向かう道中の石灯籠の数は、1035との事。

戦争や紛争は、なくならないのか。

世界平和。




いささか教授さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース