ギラの日本を護りたい!


ギラのブログ記事は、リンク・転載・ご自由にどうぞん(o^▽^o)
ダウンポチッ               ダウンポチッ              ダウンポチッ
読者登録してね    フォローしてね     きたよ♪してね!(オレンジ)
いつも見てくれて ありがとうございます。とっても感謝です。ギラの感性を通して 皆様に、喜んでいただける記事を目指してます何かひとつでも、気付きになったり喜んでもらえるとうれしいです。 じつは、コメントをいただけるとすごく喜びます♪頂いたコメントは、ちゃんと全部読ませていただいてます。本当は、頂いた全部のコメントにちゃんとコメント返しをしたい気持ちはあるんですけど、忘れたり、返せる人と、返せない人がでてきますし、なにより多忙により大変恐縮なのですが一律コメント返しについては現在しておりません。決して無視であるとか、嫌っているとか、絡む気が無い訳ではないので、ご理解と応援 宜しくおねがいします
NEW !
テーマ:
ども
ども
ギラです。

まずはこちらの動画ニュースをご覧下さい。




南米からメキシコを超えて
アメリカへ移民爆弾が大量に押し寄せている。

いやぁー日本って本当に 海に囲まれてて
大陸や半島と 陸続きじゃなくて良かったと痛感する。


この南米の奴らってさ
自分達の生まれた国に対してさ
祖国やら、愛国心やらのカケラもないんだろうね。
だから自分達の国を自分達の手で
なんとか良くしよう とかは思わないし やらない。

国というのは先人達の努力の結晶の上に
成り立っており、今がある。

先人達、祖先達が、血と汗を積み重ねてきて
今の私達の国の福祉や制度や安全や保障が有る。

そこに、自分達の国が良くないからといって
とっとと切り捨てて、もっと快適な国に不法に逃げ込もう
としている連中なんだよ。

他人の積み重ねてきた努力にさ
横入りしてただ乗りしようとしている輩って事。

トランプが公約してたメキシコとの国境に
壁を作るって話、実際にやった方がいいと思う。

正式な手続きを踏まずに、不法に入国してこようとする
土人は、射殺しても良いレベルだと思う。

移民は、放置すると数が膨れ
勝手に自分達の価値観を持ち込み
先人の方の努力や風習や習慣を無視して
権利ばかりを主張してくるようになり
最終的には国そのものを内部から破壊させます。


日本は陸の地続きじゃないから解り難いですが
実質的には、安倍晋三が今現在推進しているのは
これとまったく同じことをやろうとしていると
気付いてほしい。





安倍晋三の推し進めている売国政策・亡国政策には
国民はきっちりと「反日政策はやめろ!」と
声を上げるべきだと思う。

というわけで
またぬん
ギラ


テーマ:
皇后陛下お誕生日に際し(平成30年)





宮内記者会の質問に対する文書ご回答

 
この1年も,西日本豪雨や北海道の地震をはじめとする自然災害など様々な出来事がありました。今のお立場で誕生日を迎えられるのは今年限りとなりますが,天皇陛下の退位まで半年余りとなったご心境をお聞かせ下さい。



皇后陛下

 昨年の誕生日から今日まで,この1年も年初の大雪に始まり,地震,噴火,豪雨等,自然災害が各地で相次ぎ,世界でも同様の災害や猛暑による山火事,ハリケーン等が様々な場所で多くの被害をもたらしました。「バックウォーター」「走錨」など,災害がなければ決して知ることのなかった語彙にも,悲しいことですが慣れていかなくてはなりません。日本の各地で,災害により犠牲になられた方々を心より悼み,残された方々のお悲しみを少しでも分け持てればと思っています。また被災した地域に,少しでも早く平穏な日常の戻るよう,そして寒さに向かうこれからの季節を,どうか被災された方々が健康を損なうことなく過ごされるよう祈っています。
 そのような中,時々に訪れる被災地では,被災者の静かに物事に耐える姿,そして恐らくは一人一人が大きな心の試練を経験しているだろう中で,健気に生きている子ども達の姿にいつも胸を打たれています。また,被害が激しく,あれ程までに困難の大きい中で,一人でも多くの人命を救おうと,日夜全力を挙げて救援に当たられる全ての人々に対し,深い敬意と感謝の念を抱いています。

 約30年にわたる,陛下の「天皇」としてのお仕事への献身も,あと半年程で一つの区切りの時を迎えます。これまで「全身」と「全霊」双方をもって務めに当たっていらっしゃいましたが,加齢と共に徐々に「全身」をもって,という部分が果たせなくなることをお感じになり,政府と国民にそのお気持ちをお伝えになりました。5月からは皇太子が,陛下のこれまでと変わらず,心を込めてお役を果たしていくことを確信しています。
 陛下は御譲位と共に,これまでなさって来た全ての公務から御身を引かれますが,以後もきっと,それまでと変わらず,国と人々のために祈り続けていらっしゃるのではないでしょうか。私も陛下のおそばで,これまで通り国と人々の上によき事を祈りつつ,これから皇太子と皇太子妃が築いてゆく新しい御代の安泰を祈り続けていきたいと思います。

 24歳の時,想像すら出来なかったこの道に招かれ,大きな不安の中で,ただ陛下の御自身のお立場に対するゆるぎない御覚悟に深く心を打たれ,おそばに上がりました。そして振り返りますとあの御成婚の日以来今日まで,どのような時にもお立場としての義務は最優先であり,私事はそれに次ぐもの,というその時に伺ったお言葉のままに,陛下はこの60年に近い年月を過ごしていらっしゃいました。義務を一つ一つ果たしつつ,次第に国と国民への信頼と敬愛を深めていかれる御様子をお近くで感じとると共に,新憲法で定められた「象徴」(皇太子時代は将来の「象徴」)のお立場をいかに生きるかを模索し続ける御姿を見上げつつ過ごした日々を,今深い感慨と共に思い起こしています。

 皇太子妃,皇后という立場を生きることは,私にとり決して易しいことではありませんでした。与えられた義務を果たしつつ,その都度新たに気付かされたことを心にとどめていく - そうした日々を重ねて,60年という歳月が流れたように思います。学生時代よく学長が「経験するだけでは足りない。経験したことに思いをめぐらすように」と云われたことを,幾度となく自分に云い聞かせてまいりました。その間,昭和天皇と香淳皇后の御姿からは計り知れぬお教えを賜り,陛下には時に厳しく,しかし限りなく優しく寛容にお導き頂きました。3人の子ども達は,誰も本当に可愛く,育児は眠さとの戦いでしたが,大きな喜びでした。これまで私の成長を助けて下さった全ての方々に深く感謝しております。

 陛下の御譲位後は,陛下の御健康をお見守りしつつ,御一緒に穏やかな日々を過ごしていかれればと願っています。そうした中で,これまでと同じく日本や世界の出来事に目を向け,心を寄せ続けていければと思っています。例えば,陛下や私の若い日と重なって始まる拉致被害者の問題などは,平成の時代の終焉と共に急に私どもの脳裏から離れてしまうというものではありません。これからも家族の方たちの気持ちに陰ながら寄り添っていきたいと思います。

 先々には,仙洞御所となる今の東宮御所に移ることになりますが,かつて30年程住まったあちらの御所には,入り陽の見える窓を持つ一室があり,若い頃,よくその窓から夕焼けを見ていました。3人の子ども達も皆この御所で育ち,戻りましたらどんなに懐かしく当時を思い起こす事と思います。
 赤坂に移る前に,ひとまず高輪の旧高松宮邸であったところに移居いたします。昨年,何年ぶりかに宮邸を見に参りましたが,両殿下の薨去よりかなりの年月が経ちますのに,お住居の隅々まできれいで,管理を任されていた旧奉仕者が,夫妻2人して懸命にお守りして来たことを知り,深く心を打たれました。出来るだけ手を入れず,宮邸であった当時の姿を保ったままで住みたいと,陛下とお話しし合っております。

 公務を離れたら何かすることを考えているかとこの頃よく尋ねられるのですが,これまでにいつか読みたいと思って求めたまま,手つかずになっていた本を,これからは1冊ずつ時間をかけ読めるのではないかと楽しみにしています。読み出すとつい夢中になるため,これまで出来るだけ遠ざけていた探偵小説も,もう安心して手許に置けます。ジーヴスも2,3冊待機しています。
 また赤坂の広い庭のどこかによい土地を見つけ,マクワウリを作ってみたいと思っています。こちらの御所に移居してすぐ,陛下の御田の近くに1畳にも満たない広さの畠があり,そこにマクワウリが幾つかなっているのを見,大層懐かしく思いました。頂いてもよろしいか陛下に伺うと,大変に真面目なお顔で,これはいけない,神様に差し上げる物だからと仰せで,6月の大祓の日に用いられることを教えて下さいました。大変な瓜田に踏み入るところでした。それ以来,いつかあの懐かしいマクワウリを自分でも作ってみたいと思っていました。

 皇太子,天皇としての長いお務めを全うされ,やがて85歳におなりの陛下が,これまでのお疲れをいやされるためにも,これからの日々を赤坂の恵まれた自然の中でお過ごしになれることに,心の安らぎを覚えています。
 しばらく離れていた懐かしい御用地が,今どのようになっているか。日本タンポポはどのくらい残っているか,その増減がいつも気になっている日本蜜蜂は無事に生息し続けているか等を見廻り,陛下が関心をお持ちの狸の好きなイヌビワの木なども御一緒に植えながら,残された日々を,静かに心豊かに過ごしていけるよう願っています。


ソース宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/21

------------------------------------


えっと 
言いたい事や突っ込みたい事は色々ありますが・・・

肯定的にとらえるか?
否定的にとらえるか? で
大きく見方、受け止め方も変わってくると思う。

できるだけ中立的に考えて言わせてもらっても
まずこれだけは言える。

えらい雄弁やなぁ~ 毎年毎年。
そもそもこの雄弁さが勘違い皇后を顕していると思う。
あなたは、天皇の妻であり、天皇陛下ではありませんよ。
民間から皇室に入った平民皇后ですよね。
国民はこのように貴方が雄弁に政治や思想などを
語る事を別に望んでいません。
あなたには香淳皇后の様な「控え目の美意識」など
微塵も無いようで、毎年誕生日にはここぞとばかりに
雄弁に知識をひけらかし政治的信条を吐露しますね。
はっきりいって「勘違い」としか思えませんよ。
それに気づかないのでしょうね。

ギラが気になった点には、赤字にしていますが
やはり「天皇」を「仕事」だと思ってた様ですね。
仕事だと思うからこそ、高齢だから役目が果たせないから
引退という考えになるのもうなずけます。
そもそも天皇とは職業や仕事ではありませんよ。
天皇とは御存在であり、定年はありません。
この根底の前提が狂っているからどうしようもない。

現憲法に定めの無い、「譲位」を強行なさり
勝手に「退位」して天皇の位を退くのですから
何故に、東宮御所に移り住むのですか?
本来であれば、東宮御所は、皇位継承権2位であり
皇太弟となられる秋篠宮殿下がお住まいになられるべきです。

しかし 秋篠宮殿下を「皇太弟」にはさせず
意味不明な「皇嗣殿下」という称号をつくりだし
そして あくまで「内廷皇族」にはさせませんよね。

秋篠宮殿下が、皇太弟となり、内廷皇族になると
何か ご都合が悪い事でもあるんでしょうか?

ええ わかりますよ。
秋篠宮殿下が、皇太弟となり内廷皇族となった暁には
愛子さまが、皇太子になる目が完全に閉ざされますものね。
どうしても愛子様を皇太子にしたいという思惑があるなら
今回の事も うなずけます。

育児は眠さとの戦いだったとかおっしゃってますが
皇室の伝統を破壊して、ご自分が子育てしたいと
ゴネて、わがままを押し通した結果でしょうに。
何を今さら・・・・

上皇后などという、珍妙な称号になり
退位はしても、「引退」「隠居」はせず
内廷皇族に留まり、権威と予算だけは維持したまま
今後も公務という名の元に
色々と出かけまくるつもりなのでしょう。

だけどね
退位後に、韓国に謝罪に行きたい などと
言い出すのは絶対にやめて下さいね。

というわけで
またねん





テーマ:
ども
ども
ギラです。

チベットは中国ではありません。
ウィグルも中国ではありません。
中国が侵略し乗っ取りました。

だからチベット人の事を
中国の中のチベット族と呼び
ウィグル人の事を
中国の中のウィグル族と呼び
対外的にその国々を無かった事にして
弾圧しています。

これは現在進行形で続いている事実です。

そして日本では全く報道されないから
多くの日本人が知らない事が
中国の違法臓器収奪の実態です。



まずは3つの動画をご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓






映画ヒューマン・ハーベスト(予告)


取り返しのつかないことをしてしまった‥
中国で臓器移植の手術を受けた3人の台湾人患者と家族は、知らぬ間に殺人に関与してしまったのではないかと、良心の呵責にさいなまれています。
2020年には世界一の臓器移植国をかかげる中国ですが、いまだに、自らが宣言する臓器供給源をはるかに上回る手術を行いながらも、臓器の出所は明らかになっていません。
これらの臓器について、専門家は、不当に投獄された良心の囚人がその出所になっているとの物的・人的証拠を収集し、彼らは臓器のために殺害されていると指摘しています。
中国臓器移植の闇にスポットをあてたドキュメンタリー映画『ヒューマン・ハーベスト』は、アメリカ放送界最高峰のピーボディ賞を受賞しました。
中国臓器移植ツーリズムに、日本の人々がかかわることへの警鐘を鳴らす


各地で、この実態を元に制作された映画
「ヒューマン・ハーベスト」の無料上映会が行われてる様です。
詳しくは
 ↓ ↓ ↓
http://www.stop-oh.org/jyoueikai


日本では報道されない
異常な支那(中国)の臓器狩りの実態について
まずは知る事から始めなければなりませんね。


関連記事
中国の弾圧


こんな異常国家が
日本を差し置いて
国連の常任理事国なんですよ。

この狂った世界が今の地球の現実です。


というわけで
またぬん
ギラ


テーマ:
ども
ども
ギラです
久しぶりに皇室関係の記事を書きますよ。

今年平成30年 2018年は
皇紀2678年です。
神武天皇即位紀元2678年に当たります。

つまり私達の国 日本は
現存する地球上の国で最も歴史と伝統のある国です。




アメリカごときは、240年程度です。
支那(中国)ごときは、70年程度です。


さて
日本の皇室の皇統は、神武天皇から
男系男子で、その神のDNAを受け継いできた。
これが歴代の天皇陛下が今につながっている。

これこそが
私達日本国民にとって 天皇家が
唯一絶対の尊い存在である根拠となっています。

けれども
根本的な話をしますと
そもそも、本当に歴代の天皇陛下が
今の125代 平成の明仁天皇陛下まで
さらには次代の徳仁皇太子まで
間違いなく、神武天皇からの神の男系男子の
DNAが受け継がれて流れているのか? 
という事は、私達一般国民には誰にも解りません。

様々な噂があるのも事実です。
幕末に入れ替わったなどの眉つばの説もありますし
今でも偽物存在説も数多くあります。

しかし、今日のこの記事では
その点については触れません。

大事なのは、
私達一般国民は、今の皇室、今の陛下、皇太子が
本当に神武天皇からの男系男子直系のDNAを
受け継いでおられるのか?は
誰にも解らないという事実です。
確かめようがありませんからね。

というわけで 大事になってくるのは
その体(てい)です。

その体(てい)
つまり、ちゃんと今の陛下も皇太子も
神武天皇から男系男子直系のDNAを受けついで
おられるという体(てい)を護る事が大事になります。
真実は皇族の方々以外は知らないでしょうし。
だから本当の事はもはや重要じゃないんですよね。

その体(てい)を保つ為に重要になってくるのは・・・

皇室の方々と、我々一般国民との「信頼・信用」です。

我々一般国民から、皇室の方々を拝見して
その発言や行動、振る舞いが、
尊敬・信頼・信用に値するのであれば
自動的に、皇室を敬い、尊ぶ気持ちが育ちます。

例え仮に、今の陛下や皇太子が、実は神武天皇からの
男系男子の直系DNAが途絶えてた方だとしてもです。

この情報化社会の今、私達国民は、テレビ・新聞・雑誌
からだけではなく、ネットからも様々な情報を取れます。
北朝鮮や支那(中国)のように情報統制してる独裁国では無いのでね。

私達、日本人、日本国民はバカではありません。
自分達の目で見て、自分達の頭で考え、判断します。
盲目的に信じる事などしませんしやってはいけません。
盲目的に信じるのは、下手すると宗教です。
冷静に情報を総合的に判断すべきです。

ところがどうでしょう?
今の皇室をウォッチしている人なら解りますが
今の皇室、特に内廷皇族らの発言・行動は
おかしな事ばかり。
はっきり言って信用できない事のオンパレードです。

つまり私達国民と皇室の関係の根底にある「信じる気持ち」
というベースそのものが崩れています。
これは因果応報、自然な事です。

国民から「信じる気持ち」が消えてしまった皇室には
尊崇の念やありがたいと感謝する気持ちも消えてしまい
大切なご存在とは感じられなくなり、ひいては
本当に本物か?偽物ではないのか?
ちゃんと神武天皇からの男系男子のDNAを受け継いで
おられるのか?という部分が気になりだします。

皇室教の頭の固い古くからの信者の人達は
それでも今の皇室・皇族を擁護します。
マスコミが悪いんだ・・・・
宮内庁が悪いんだ・・・・
だから皇族の方は可哀そうとか被害者だとか

そう思いたい気持ちもわからなくもないですけど
はっきりいってそれは違うと思います。

歴史と伝統破壊であり憲法違反であり
何よりも天皇の責任放棄である生前退位を強行なさる今上陛下


被災地が苦しんでいるのにコンサートは欠かさない皇后陛下
体調が・・・という理由でずっと公務をなさらない皇太子妃殿下
色々な疑惑がつきまとう皇太子殿下
色々なタイプが居るように見える愛子内親王殿下
小室などとの結婚を許そうとなさる秋篠宮家

もうすぐ平成は終わりを迎えますが
昭和の頃と比べると、良い事が何ひとつもない
経済的にも失われた20年以上で国民は貧困化が続き
天災・大災害ばかりの平成です。
この、ろくでもない平成が終わりを迎え
さらに悪化するであろう次代が待ってます。
めまいがしますが、それでも前を向いて
生きていくしかありません。
このどうしようもない今を横目で見ながら
様々な事を、笑い飛ばす強さをもってね。


まとめると
今の皇統が本当に神武天皇からの神のDNAを
受け継いでいるのかは誰にも本当の事は解らない。
だから、国民の皇族を信じる気持が大事になる。
けれど、その皇族方が、信用を失うような事ばかりを
している今、この国民が信じる気持ちのベースが
失われてしまっている事態になっている。
これは国民が悪いのでは無く、皇室が悪い。
因果応報という事。
このままでは国民と皇族の信用関係が失われ
皇室が破滅に向かうのではないかと心配です。


というわけで
またぬん
ギラ


テーマ:
どもども
ギラです

安倍総理の事を もう
安倍総理とか、安倍さんとか あまり
呼びたくないんだよね。

何故かというと、愛国者・保守を偽装した
売国奴であり反日でありネオグローバリストだから。

だから 安倍 と呼ぶ事にしたのだけれど
安倍と呼び捨てにする事による弊害もある。

一国の首相を呼び捨てにするべきで無いという
正論を言ってくる人もいるけれど それ以上に厄介なのが

安倍総理の事を「安倍」と呼び捨てにすると
反日パヨク 左翼の連中と同じ穴のムジナと
勘違いされてしまう側面があるという事。

反日左翼が 安倍憎し で 安倍と呼び捨てにするのと
同じと思われては、こちらの品位まで下がってしまう。

愛国者として、反日的な政策を邁進するから
そういう輩を 呼び捨てにしているだけなのだが。

だが、普通の読者には、その違いまでは
解らず、呼び捨てにしている事実だけに目が行くのだろう。

だからこれからは、安倍と敬称無しで呼ぶのではなく
安倍晋三と 呼ぶ事にしようと思う。

---------------------------

さて本題ですけれど

先の自民党総裁選で
安倍晋三と石破の二拓だったわけけだけど
どっちも糞なのだが、どっちの糞にするかの選択で
安倍晋三が再選しましたね。

けど 国民は良く考えた方が良い。


安倍晋三が、このデフレ最中の日本で
また消費税再増税強行を明言している事を。

どう考えても、やってはいけない事を
強行しようとしている人を応援する気?



私達は、きちんと現実を直視しなければならない
安倍晋三が移民政策をガンガン推進
しているという事実を。















他に良い人が見当たらないから
安倍晋三しかいないから
仕方ない?

それはそれ
これはこれ
問題を混同してはいけない。

仮に安倍晋三を支持するというなら
安倍晋三の この点は 支持するが
この点については 猛反対する。
だから、支持しつつも売国政策には
猛抗議・猛反対の声も同時に挙げていく。
というのなら 話はわかる。

たしかに野党が糞過ぎる売国反日ばかりだから
まだ安倍晋三がまともに見えてるだけだけど
安倍晋三も立派な、日本を貶める輩だよ。

このデフレの日本において
今、消費税再増税をした方がいいと思う人は
どうぞ安倍晋三を 支持して下さい。

しかし消費税再増税すべきではないと思う人は
その事を声を上げて下さい。

私達の消費税再増税反対の声が大きくなれば
また世論の風を見て、安倍晋三は再延長するかも
しれませんが、今のままでは、再増税を強行実施を
絶対にしますよ。

姑息な手を使う安倍晋三
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201808/CK2018082802000143.html
安倍政権は来年十月に予定する消費税率10%への引き上げを巡り、増税の可否を判断するための有識者会合を開かない方針を決めた。

これまで、開いていた、消費税増税の可否を判断する有識者会合を、今回はやらない形で逃げた。
もし会合を開けば、今回もこれまで同様に、消費税再増税をすべきでは無いという意見がでるのが明白だからだろう。

つまり、実態経済がどうであれ
安倍晋三の中で消費税再増税は強行する姿勢の表れだと思う。
非常にやる事が姑息で汚いなと思う。
国民に対して非誠実であると思う。
そこまで日本人を苦しめたいか 安倍晋三よ。


-----------------------------

それから 憲法改正において
安倍晋三に期待している人は一旦冷静に考えた方が良い。

確かに今の、日本国憲法は、敗戦後にアメリカGHQが
日本に押し付けた憲法であり、戦後一度も改正される事もなく
間違いなく、日本を縛り付ける鎖になっているので
間違いなく、憲法改正はやらなきゃいけないのだが・・・


安倍晋三の元で行われる憲法改正が
改善になるとは限らないよ。
憲法改正した結果、「改悪」になる可能性すらある。
憲法を改正すりゃいいって話ではなく、
改正の内容が日本人にとって「改善」にならなければ
全く意味が無い。
というより、改悪になるなら
憲法改正をしなきゃよかったって事にすらなりえる。
その可能性を考えておいた方がいい。


ギラは安倍晋三という人間を信用していません。
だから常に、最悪の事態を考えて警戒します。

いまだに 安倍晋三に期待し
きっとギリギリでまた消費税増税を
延期してくれるはずだ・・・と
淡い期待をしている人には
どんだけお人好しで、甘いんだと言いたい。

それはあなたの希望的観測に基づく根拠の無い願望です。
もっとシビアに冷静にリスクを考えて判断すべきです。


●関連記事
安倍政権は嘘つき内閣である



とにかく
消費税再増税だけは絶対に阻止
しなくてはならないと思う。






というわけで
またぬん
ギラ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス