常人には理解できない「自称リベラル」な人々、「蛇女」の展開とよく似た現象 | 流浪の民の囁き

流浪の民の囁き

映画を通した過去・現在・未来について、なぐり書き


テーマ:

良く分からないが、現政権に不満に人は、いつでも「デモ」をして何がしたいのか。

何より「当たり前の政治」って、デモをしないと訴えられないものなのか・・・。

普通、選挙によって「選択」されたものを民意といい、それに合わなければ、

信を失って「失脚」するのではないか・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動
http://sogakari.com/?p=3369

日時:4月14日(土)14:00~
場所:国会議事堂正門前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/未来のための公共/Stand

 For Truth
協賛:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合/安倍9条改憲NO!全国市民

アクション 集会成功と新聞広告のためのカンパを募っています。
画像
朝日新聞紙面広告

https://i.imgur.com/scMIKJZ.jpg

東京新聞にも
うおおおお!
しかもこれ、特報面。さすが東京新聞👍#国会前大集合 pic.twitter.com/9yDyfWqtZH

— 太安萬侶 (@onoyasumaro) 2018年4月8日

毎日新聞にも
今日の #毎日新聞 。#0414国会前大行動 #0414国会前大集合 pic.twitter.com/ySvnOEgNRW

— はぴお。 (@namitomo130) 2018年4月8日


管理人
ネットの反応
名無し
絶対に国民と言わない
名無し
もうただのアジビラだなw こんなもん金払って読んでると知らないうちに構成員にされてそう。
名無し
公共性ゼロだなw アジビラ
名無し
広告料ちゃんと払ったんね? パヨク割引してないよね?
名無し
意見広告だから、プライスリストにある額よりはお安いと思うよ。
朝日新聞側が内部でどのよーに処理してるかはわからんけど。株主になれば見せてもらえるかもよw
名無し
>Stand For Truth
この文字をよりによって朝日捏造新聞紙面に躍らせるあたり冗談がキツい
名無し
だよなw
サヨクって本当ブーメラン好きすぎだろww
名無し
もう完全に反社会分子やな

(略)

http://anonymous-post.com/archives/22194

 

 

 

 

◆高須院長「反安倍かどうか」で動くことがいちばん危険

──高須院長、住民票を西尾市から移すというのは本当でしょうか?

 高須:そうそう。

西尾市の教育委員会が、前文部科学事務次官・前川喜平さんの講演会を後援していたからね。

僕の税金をそんなものに使ってほしくないから。

──前川氏といえば、天下り斡旋で事務次官を辞職していますし、出会い系バーに通っていた

との報道もあったということで、教育的にいかがなものかとの声も多いですね。

 高須:少なくとも天下り問題は、ちゃんと国民から痛烈に批判されるべき問題だと思う。

たしかに教育上よろしくないと思うね。出会い系バーについては、まあ難しいところだな。

個人的には僕の税金を使った講演会のギャラで、出会い系バーに行かれるのは、嫌だよ。

でも、出会い系バーに行くこと自体は、その人の自由だからね。勝手に行けばいいと思う。

ただ、「貧困調査」のために行っていたというのは、さすがに信じない。仮にやましい行為がな

かったとしても、それは単純に前川さんが女性と仲良くなるのが下手だっただけなんじゃいの?

って思っちゃう(笑い)。まあ、前川さんが行っていた出会い系バーってのは、そんなにいかがわ

しいお店ではなかったみたいだけど、だからって「貧困調査」という釈明を信じてしまうのは、完全

な思考停止だ。「前川さんはシロ」という結論ありきでないと、そんなこと信じられるはずがない。

──前川氏は加計学園問題で、安倍政権を厳しく批判し、「行政が捻じ曲げられた」と発言して

います。

 高須:前川さんが政府を批判することは別に構わないと思う。

でも、「リベラル」と呼ばれるような人々が天下りで官僚を辞めた前川さんを持ち上げるのは、

かなりの違和感だな。「安倍政権を攻撃するためなら、どんな人でも利用するのか?」って思う。

だからこそ「貧困調査」なんていう釈明も信じられるのかな(笑い)。

そういえば、文書改ざん問題で前国税庁長官の佐川宣寿さんが証人喚問に出てくる前も、佐川

さんが救世主になってくれるのでは…みたいに期待していた野党議員もいたでしょ。

本当に安倍批判のためなら誰だって利用しようという考えなんだろうね。

結果的に、佐川さんは何も話さなかったけど、誰がどう考えてもこうなることは分かりきっていた

はず。それなのに野党は佐川さんを議院証言法違反での告発を目指すなんて言ってるんだから、

ちょっと信じられないね。そんな時間の無駄使いのために、国民の税金を使わないでほしい。

どうも「リベラル」と呼ばれる皆さんは、反安倍派かそうではないのかの二元論でしかものを考え

ていないような気がする。どんな考えの持ち主なのか、どんな理想を抱いているのかということは

関係なく、「安倍首相が嫌いかどうか」だけが基準になっているのかな? まあ、これは一部の「保

守派」の人にもいえることかもしれないけどね。

──つまり、単純に「安倍派」と「反安倍派」の対立構造になっているという。

 高須:その傾向が強い。

それに、自分と違う考え方を持つ人を無条件に攻撃する人も多い。そんなものリベラルでも保守

でもない。単なるわがままであり、それこそがファシズムだよ。

本来いくつかの選択肢から、自分の中の正解を自由に選べる状態が「リベラル」であって、「反安

倍かどうか」という固定された基準で振り分けられたものが「リベラル」なのではないはず。そして、

最良の選択ができるように、正しい知識を身につける努力も怠ってはならないとも思う。

さらに、知識を身につける努力を阻むことも許されない。それこそ「反安倍派」というイデオロギー

ありきで、都合が悪い情報を隠蔽し、都合がいい不確かな情報ばかりを声高に叫ぶ人なんかは、

もっとも「リベラル」からかけ離れた人だよ。

僕がツイッターなんかで、誰かと激しくやり合うのは、大抵この部分。間違った認識や意図的に捻

じ曲げられた情報を糾すために、厳しく意見をすることはあるけど、それは「自分と思想が違う」と

いう理由で攻撃しているのではない。自由な思想を抱く権利を剥奪することなんて、誰にもできな

いんだからね。

とにかく「反安倍かどうか」で動くことがいちばん危険なこと。ちゃんと自分で正しい知識を得て、そ

れをもとに正しい判断をしないといけない。それができる人こそがリベラルだよ。

 

NEWSポストセブン 2018年04月07日 16:00
http://blogos.com/article/288981/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

集会成功と新聞広告のためのカンパを募っています

広告を出すのに「カンパ」を募って「集会呼びかけ」・・・。

鶏が先か、卵が先か・・・。に、似ている主義主張。

常人なら、やはり「理解できない」事象の様。

以下のような「主義主張」を唱えられたら、唖然とさせられる。

 

 

自分内なら「常識」であっても、傍から眺めれば「革新」の変化は、人物評も

簡単に変化してしまうものらしい・・・。それって「変節」あるいは「転向」とか

でないのか。

まぁね常人には理解不能でも、自分らはそれで良いなら意見もない。

しかし、そんな人を信頼も賛同も出来ないのは、当然ではないだろうか。

 

この常人には理解できないなんて、映画の内容によっては似通っているのは

ごろごろしている。

そんな中でホラーなのに、失笑してしまう物語展開ってのでは「蛇女」なんてのが

上の「日本市民」には、当てはまりそうだ。

 

 

 

「蛇女」 〇一年公開作。

題名からしたら、観る人は先入観としてイギリスのハマー製映画みたいなものを想像してしまうかも

しれない古典的題材。

これが現代的な主人公としてモデルを当てているから、映像は華やかな場面と、それと裏腹な

湿っぽい古風な家屋敷風情を対比させるから、より「蛇女」の以前のものみたいなオドロオドロを

期待してしまうし、ある程度は効果的な進行だったのが、サスペンスにホラーに、ましてストーカーを

ぶち込んで、最終的には「発狂してしまう主人公」のてんこ盛りとなって、まして数少ない挿入音楽の

エリック・サティに歌詞をつけて歌うちぐはぐさも加味してしまうと、観ている人は頭が割れそう。

恋人となりそうな人の秘密が近親相姦で、妹とのベットシーンやら。

だけに主人公は受け入れられないが、この男が主人公にご執心で、今度は妹がそれに嫉妬し、

ストーカーまがいに主人公に絡んでくる・・・。

でその妹にも秘密があって、なっ、なんと研究している不老不死の妙薬は「母親」のため、そして

妹と表していたのは「母親」だった・・・。

肝心の「蛇女」の場面は、夢落ちで「出番は終わり」で、ラストシーンは「キャット・ファイト」でと、

迫真の発狂演技・・・、もう「だめだぁ」ってな諦めが、感想になってしまうシナリオの凝り方が

間違った方向に観客を導き、失笑と変わって映画は終わると・・・。

折角の「蛇女」の題材が、「女の嫉妬と醜さ」、何より近親相姦の罪深さなんてのはうっちゃりで

バトルへ変化しては、いくら発狂演技が真に迫っても、見終われば「何なんだ、この映画」ってな

感想しかなくなり、常人には理解できないとなる。

まあ、一シーンのみを記憶して仕舞う奇特な人には、それでもいいんだろうけど・・・。

 

 

 

蛇女 [DVD] 蛇女 [DVD]
6,980円
Amazon

 

 

蛇女の脅怖 [DVD] 蛇女の脅怖 [DVD]
5,184円
Amazon

 

                       といったところで、またのお越しを・・・。

djangoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス