流浪の民の囁き

映画を通した過去・現在・未来について、なぐり書き


テーマ:

何かにつけ、政権批判に傾注しすぎて、国民から顰蹙を買うメディアの中でも、

このところ、その性根を恥知らずにも披瀝して、国民からどん引きされている

メディアの一角にずいずいと出てきた報道機関に「東京うんたら」がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京新聞のやり方を「桐生悠々なら何と評するでしょうか」 9月12日


日曜の朝、起き抜けに東京新聞を開いたら、長文の社説の見出しが目に留まった。

「桐生悠々と…」。日本人で初めて100メートルの「10秒の壁」を突破した桐生祥秀

(よしひで)選手のことかと、寝ぼけ頭は勘違いをしてしまった。

▼見出しは「防空演習」と続く。桐生悠々は、明治から昭和初期にかけて活躍した反骨

のジャーナリストである。東京新聞を発行する中日新聞の前身の一つ、新愛知新聞で

も健筆を振るった。信濃毎日新聞の主筆だった昭和8年、軍部の怒りを買って新聞界

を追われる。そのきっかけとなったのが、「関東防空大演習を嗤(わら)う」と題した評論

である。

▼当時関東の上空では、陸軍の演習が行われ、多数の航空機が参加していた。

悠々によれば、実際には役に立たない演習である。すべての敵機を撃ち落とすのは不

可能だからだ。攻撃を免れた敵機が落とす爆弾が、木造家屋の多い東京を「一挙に焼

土たらしめる」。悠々の指摘は、12年後の東京大空襲で現実のものとなる。

▼東京新聞はここで、北朝鮮の弾道ミサイルに備えたJアラートと住民の避難訓練を持

ち出して、読者に問いかける。防空演習を嗤った「桐生悠々なら何と評するでしょうか」。

要するに、軍事的な脅威をあおるより、外交努力を尽くすことが先決というのだ。

▼もっとも、評論の内容を知る人は、違和感を覚えるはずだ。敵機の来襲を探知して、

日本の領土に達する前に迎え撃て。これが悠々の主張である。現在の状況にあてはめ

れば、ミサイル防衛の強化に他ならない。

▼東京新聞の社説は、防衛力を高めよ、との評論の趣旨を無視している。

都合のいいところだけを抜き出して、政権批判に結びつける。そんなやり方を「桐生悠々

なら何と評するでしょうか」。

 

http://www.sankei.com/column/news/170912/clm1709120003-n1.html

 

 

 

東京新聞社会部の望月衣塑子記者による菅義偉官房長官記者会見での質問に関し、

首相官邸報道室が東京新聞に注意喚起した問題で、望月記者は14日の官房長官会

見で「産経新聞になぜかリークとして記事が出た」と発言した。産経新聞社は14日、

「事実無根であり、社の名誉と信用を著しく毀損するもので看過できない」として発言撤

回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付した。
望月記者は8月25日の官房長官会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画

に関する大学設置・学校法人審議会の答申について、正式決定・発表前にもかかわら

ず「認可保留の決定が出た」と発言した。
これを受け、首相官邸報道室は今月1日、「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑

応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」として、東京

新聞に対し、再発防止を求める注意喚起の書面を上村秀紀報道室長名で出した。
書面は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたため、

産経新聞は2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」

という記事を掲載した。
ところが、望月記者は14日午前の官房長官会見で「注意文書のことが産経新聞になぜ

かリークとして記事が出て、これまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされた。

個人への誹謗中傷が進んでいる。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷

について、政府はどう受け止めているのか」と質問した。
菅官房長官は「官邸から圧力をかけたことは一切ない。リークした事実も全く承知していない。
ネットの記載については政府はコメントを控えるべきだ」と答えた。

 

http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140010-n1.html

 

佐藤 圭 @tokyo_satokei 

朝鮮学校側の請求棄却、東京地裁 無償化訴訟 | 2017/9/13 - 共同通信 47NEWS
https://this.kiji.is/280573906698356216

広島地裁に続き、東京地裁も不当判決。無償化対象から朝鮮学校を除外した国の処分を

違法とした大阪地裁判決こそが妥当である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここの記者の「目立つ」のは、他の報道機関より「官邸なりの記者たちのルール」無視

からの批判も含めて、それを恥じるでなく、自己分析などするでなく質問に転嫁してしまう

「取材なき質問社会部記者」という特殊な人が、政治を語るという暴挙で他から総スカン

を食らっているという、傍から見たら「こりゃ、ルールを無視しての自己主張の場」の議員でも

なりたい伏線かと、あるいは「特定の人々の擁護」にしか神経をさけない偏った思考の持ち主

の集団が、常識を逸脱したとしても止めようがない体質として会社経営・・・。

この業界も経済活動からいえば、商売が成り立つのは購読者のおかげ・・・、いや広告収入

というスポンサーがあってのことだから、一定の理解は得られているのだろうが、いささか

昔の人の批判精神を曲解されてしまうと、さすがにそれは駄目だろうとなる。

 

関東防空大演習を嗤う 桐生悠々
http://www.aozora.gr.jp/cards/000535/files/4621_15669.html
>航空戦は、ヨーロッパ戦争に於て、ツェペリンのロンドン空撃が示した如く、

空撃したものの勝であり空撃されたものの敗である。だから、この空撃に先

だって、これを撃退すること、これが防空戦の第一義でなくてはならない。

 

他のメディアに批判される引用の錯誤は、わざとかあるいは「自分の信じることしか、

気にならない」人特有の気質か・・・。

このメディアの他の記者の「厚顔無恥」を鑑みれば、後者の気質であるかも・・・。

 

何よりメディアの役割として政権批判も重要だが、それは「足で稼いだ取材力」による

社会に役立てたい使命感からなら、誰でも納得するが、そうでないものは「あっても邪魔

のものは、ない方がよい」という結論が導き出される。

 

これを映画でたとえると、見ている人を不愉快にさせて映画自体の存在感が、

結果的に冷笑されてしまう「タイカス」の主人公並となってくる。

 

 

 

 

「タイカス」 九十八年未公開作

世紀末を間近にして、それらを加味して「災害映画」が多く作られた時期のものだが、

この映画の脚本は破綻していて、主人公の役割がヒーローものとして災害に立ち向かう

でなく、しっちゃかめっちゃかな珍活動で、それらが「地球滅亡」に立ち向かうとかの内容

とのギャップに、いらっとしてしまう。

もっとも低予算らしい特撮のちっちいさやコンピュータ・グラフックも緊迫感を出せないのだ

から、演技だってそれなりだろうし、壮大な地球滅亡から人類を救うための「ノアの箱舟」計画

らしい地下室うんたらも、そこの警備員が死んでしまえば「一人、枠が増えた」だから、もう唖然

させられてしまう。

とはいうものの、低予算な加減は頭からしっぽまでだから、地球うんたら以前に「核兵器」の

問題でも、小型化をつぶれたような倉庫の箱から出すってのに、ぶっ飛んでしまう。

にしてもデニス・ホッパーは、なぜにこんなのに出たのだろう。

それも地球の危機を救う博士役って、善人を演じるんだから、あれまである。

まぁ、地球危機的テイストの割には低予算だから大量のエキストラも用意できずで、

ど田舎の原っぱメインで、そこだけ避難した人を歩かせて、主人公たちが集まって、

そこの「どこでもドア」みたいな掘っ立て小屋に入る映像は、完璧に脱力してしまう

から、デニス・ホッパーの力ない演技も納得出来てしまう。

ラストは数年たった地球の姿に、草原に座る人々が語り合うで終わるのだが、そこが

あの「ノウの箱船」の入り口の草原で、全く変化ない風景なのだもの完璧脱力。

と、こういった危機的映画の主人公の大活躍で、地球は救われたなんてないのだから、

見ている人にとって、全くの役たたずがとつばを吐きたくなる不快そのもの・・・。

だけに制作側は、見ている人を不快にさせたくてこんなのを作ったのか、それともデニス・

ホッパーの出演料が高すぎて、予算を取られすぎて脚本も特撮も予算を削られたか・・・。

予告編はよくできているので、それをリンクした。

まぁ、時間の浪費でもこういったジャンクものが好きな人は、とにかく主人公の言動に

そして特撮やら全体のしょぼさに、腹を抱えて笑っていられるかもです。

 

こういった映画の主人公の言動と同等の価値しかないメディアなんて、なくても良いかも・・・。

 

 

 

タイカス [DVD] タイカス [DVD]
5,076円
Amazon

 

                            といったところで、またのお越しを・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

djangoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。