KENTARO OCHIAI'S OFFICIAL BLOG

KENTARO OCHIAI'S OFFICIAL BLOG

ラジオDJ 落合健太郎のオフィシャルブログ



KENTARO OCHIAI



FM 802

"21:00-23:48 MON-THU"
【ROCK KIDS 802】
-OCHIKEN Goes ON!!-


(Chillin' Sunday)
15:00-18:00



ZIP-FM

《 RADIO SNEAKER'Z》


RADIO! ラジオ!RADIO!ラジオ! RADIO!


dj_ochikentwitter




テーマ:
〜更新が遅く、まだ着いてなかったのか!という
しまなみ海道サイクリング記〜



朝6時30分アラームが鳴る前に
目が覚めた。

さて、2日目。
思ったより筋肉痛は無いが、
お尻の痛みは激しい。

お尻というか、関節部分。

普段なら食べない朝食も旅館だと
食べたくなる。

The 和食!


さぁ食べたら早速出発!

本日の行程は
大三島
↓↓
伯方島
↓↓
大島
↓↓
来島海峡大橋
↓↓
今治
↓↓
名古屋
↓↓
生放送

という生放送には絶対に遅れては
ならないプレッシャー。
昨日は雨雲、今日は生放送に追われる
スケジュール。

弟に話したら
「え、生放送?マジで?」と素で引かれた

大三島には大山祇神社という
とても歴史のある神社があって、
ここをお参りしてから出発することに。


とても立派な神社。

ここには天然記念物の「クスノキ群」がある


国宝認定された甲冑の多くがここ、大山祇神社に
収納されている。






さぁ気持ちを引き締めて
Day2、出発!
お尻が痛いっ!



まずは伯方島を目指す!

昨日のご褒美下り坂を登り、
大三島橋へ。


遠くに見えるのは昨日渡った多々羅大橋かな?




今日はいい天気になりそうだなー。
余裕のあるうちに写真。
まだ眠そう、、、





朝の海は静かで気持ちが落ち着く。

もうすぐ大三島を抜けて伯方島へ。

さぁ次は

「伯方島」


テーマ:
#大阪で大きな地震がありました。
皆さま、無事だったでしょうか?
怪我などありませんか?
まだライフラインが完全に
復旧していないところもあるみたいです。
一日も早く平穏な日々に戻りますように。

時間があいてしまいましたが、
「しまなみ海道記」続きです。

生口橋でエネルギーチャージ完了!

ペダルを漕ぐ脚力も復活!

ここから今日の最終チェック、
「大三島」を目指す。

「多々羅大橋」


橋長1480メートル
とても美しいデザインの橋。

この橋の途中で愛媛県、今治市に入る。


あと39キロ
ちょうど半分くらい。

橋を渡り、大三島に入る。

ここは「サイクリストの聖地」と呼ばれる
モニュメントもあるのだが、
雨雲が迫って来てるので寄らずに
宿に向かう。

お気づきだろうが、ほとんど観光はしてない。


だって素人だから。
雨ニモ負けずはなりたくない。


弟は意外にタフでグイグイ進む。


さて、大三島。

ここは愛媛県内最大の島で、
観光スポットもたくさんある島。

国宝を多数所有する由緒正しき神社、
大山祇神社もある。

宿もこの神社近くに取っているので、
ルートは島の真ん中を走ることに。

メインの道路から
一本入った道は走りやすく、車も来ないので
走りやすいのだが、ゆるーーーーーい
上り坂が続く。

これが徐々に体力を奪っていく。

見た目にはそんなに坂に見えないのだが、
漕いでいると進まない。


そして、お尻が相当に痛い(;_;)

「ビール、ビール」と頭の中で
コールしながらゴールを目指す。

峠を越え、下り坂のご褒美タイム!
人生の下り坂は嬉しくないが、
自転車の下り坂は最高に気持ちいい。

そして、夕方5時前に目的地である
「旅館 茶梅」に到着。


サイクリスト達も多く利用する宿で、
自転車はガレージで管理してくれる。

出迎えてくれる宿の方達も
優しく、とても気持ちの良い宿。

ここから送迎バスで近くのスパ、
海洋温浴施設 マーレグラッシアで
汗を流す。

疲れた身体を癒してくれる。
ここのジェット風呂の勢いが凄かった!

そして、待ちに待ったビール🍺

瓶ビールを宿の方にお酌してもらう。


くーっ!!!!
うめーーっ!!

料理も最高。
アコウの刺身、美味しかったな〜


オコゼの唐揚げも美味!


この日は食べて、部屋に戻って
弟と飲む予定だったが、
ビールと日本酒少量でめちゃくちゃ眠くなり、

夜10時30分には爆睡。

翌日は早いスタートを目指す。
起きた時の筋肉痛に怯えながら
寝ます!

テーマ:
尾道を出発し2時間。
3つ目の島「生口島」に向かう。
因島から生口橋を渡るのだが、
橋までの坂道が相変わらずエグい。


とてもデザインが美しい橋。
ここを渡ると生口島。


金運の良さそうな弟のバックパック。
ただ、本人曰く
「重いし、暑い」そらそうだろうね。

尾道を出発してから2時間以上。
時刻は1時となり、お腹も空いた。

生口島でお昼を食べることにした。

島の中心街は「瀬戸田」
ここには飲食店もあるらしい。

水路がいたるところにあり、
美しい景色に癒される。

ここ生口島はレモンの栽培で有名。
自転車を漕いでいると
レモン畑やみかん畑を発見。
40分ほど走ると中心地に到着。

自転車を停めて観光地を歩いてみる。
レモンが売っていた


疲れた身体にレモンの酸味が効きそうと思い
購入すると「甘いっ!」
美味しいレモンだった。

ここ生口島は「タコ」と「アナゴ」が有名。
(タコと言えば「ねごと」の蒼山幸子さん、さっちゃんとかたまらないだろうなー)

とにかくお腹が空いたので
営業中のお店に入ってみる


僕は「穴子の一本揚げ丼」
弟は色々入ってるスペシャル丼をオーダー

デカイっ!
丼からはみ出しまくり!

丼越し!
かなり豪快!
そして美味い!

お腹も満たされ、宿までも、あと一つ橋を渡った
大三島ということもあり、少し気持ちに余裕が出て来た。

そう言えばひたすら自転車を漕いで来たので
観光も何もしていない。

お店を出てすぐの所に
「耕三寺」というお寺があった。

入場料一般1400円❗️
高いっ!

しかし、どこも観光していないのは、、、と
入ること。



なんだか凄いぞ。
色んな要素が入ってる。

実業家、耕三寺耕三が建立。
「日光東照宮?」的な要素

京都の五重塔?
コンセプトが渋滞してる!


そして、
ここの最大のスポットは
「未来心の丘」

インスタ映えスポットとしても
有名らしく、検索すると色々出でくる。

が、僕ら兄弟はそんな前情報は知らず、
1400円❗️という安くはない入館料を払い
入ってみてその値段を納得した。

とにかくやりすぎなのだ!

未来心の丘に行くまでに、

とんでもないものがあった。
耕三さん、何故…?


では、そこを動画でどうぞ。



「洞&窟」
無数の仏像が並ぶ。
ちょっと怖い、、、


謎すぎる、、、

この洞窟を抜けるとそこには、、、


マジでビックリした。

ここを抜けると「未来心の丘」へ。


ここが凄い。
日本人芸術家が作った
巨大な作品。

なんじゃ?
巨大なオブジェ。


そびえ立つ大理石

もはやコンセプトが分からない、、、

「PINK FLOYDのアルバムジャケットみたいだ」
と弟が言ってたがまさしく。

プログレッシブな作品である。
見方によってキスをしようとしてるようにも、

BBQで使うトングのようにも見える。


なんだか北斗の拳に出てきそうな雰囲気



耕三寺、堪能。

次は多々羅大橋を目指す!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス