BACK IN THE DAYS
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

食い倒れ & DIG in 金沢 (後半)

やはりブログは書くのが面倒だと再認識した52です。

 
こんにちわ。
 
では早速金沢2日目を駆け足でまとめたいと思います。
 
前日にレンタカーが¥2,000/1日で借りれる事が判明。
 
レコ屋のマスターから波の花というものが観れると聞いたので、能登半島をぐるっと回る事に。
 
波の花とは一定の気象条件が揃わないと観れないのですが、詳細はググって調べて下さい(笑)
 
先ずは輪島へ向かうためにのと里山海道をひたすら北上。
 
里山海道は無料の高速みたいな道路で、海沿いを走るので景色も最高です。
 
輪島の手前に能登さと山空港があり、空港マニアのクラさんの要望により立ち寄る事に。
 
ANAが2便のみの道の駅が併設されている小さい空港です。
 
地域のインフラも担っている様で、住民票が取れたり役場出張所もありました。
 
残念ながらスカイデッキが工事中で滑走路が見れませんでした。
 
滑走路の代わりに能登出身の力士遠藤をお楽しみ下さい。
 
空港をあとにして30分ほどで輪島到着。
 
能登さと山空港にて輪島で「ふくごっつお祭り」なるものを開催していると情報をゲットしていたので、輪島の道の駅にて情報収集。
 
一向に開催している気配がありません(笑)
 
係りの人に聞いたところ朝市を開催している辺りのお店でやっているとの事。
 
早速朝市へ向かいます。
 
てか輪島って漁港だったのね。
 
輪島=漆のイメージだったのでビックリ。
 
漁獲高は低いものの、河豚やアンコウが獲れるみたいです。
 
朝市では漆塗りのお箸や海鮮が売られておりました。
 
我々はふぐ丼を食しにお目当のお店へ。
 
ふぐごっつお祭りって事で¥100引き&お箸を2膳頂きました!
 
どの辺がお祭りなのかは全く分かりませんでしたが(笑)
 
ふぐ丼を食した後は波の花を観に曽々木海岸へ。
 
しかし、気象条件が揃わず全く観れず仕舞い…
 
東映映画ばりの日本海の荒波は堪能出来たので、波の花は次回の楽しみにしたいと思います。
 
冬の能登と言えばやはり寒ブリです!
 
昼飯はブリ!と決めていたのですが、輪島の駐車場にいたオッちゃん曰く、今年は氷見でブリが取れていなくて珠州で揚がっているとの事。
 
って事で珠州市へ向かう。
 
程なく珠州市へ到着。
 
先ずはスーパーで情報収集。
 
情報無し(笑)
 
グーグル先生で調べたところ、定食屋を一軒!
 
早速向かい入店。
 
メニューを見るとブリ丼が無い(笑)
 
ブリ丼が無いとなれば長居は無用なのでそそくさ退店。
 
取り敢えず金沢へ向かいながら再びグーグル先生に聞いてみる。
 
すると和倉温泉の海鮮屋さんでブリ丼が食せる模様。
 
温泉も入れるし和倉温泉へGO!
 
1時間ほど走り到着。
 
遅いランチとなりましたが、無事ブリ丼にありつけましたよ。
 
能登海鮮丼みとね
写真で伝わるか分かりませんが、このサイズで小ぶりなのだそうです。
 
通常サイズはどんなんだろうか?
 
ブリは歯ごたえがあるイメージでしたがこのブリは柔らかくてトロける感じでした!
 
寒ブリと言えば氷見が有名ですが、実際は珠州や七尾で獲れたものが氷見で流通しているみたいです。
(氷見産は3割程度らしい)
 
3月までは提供しているとの事なので、お時間ある方は温泉がてらいってみてはいかがでしょうか。
 
おまけ(加賀屋)
ブリ丼を食してご満悦な2人は日帰り温泉へ。
 
和倉温泉 総湯
この日帰り温泉とは思えない門構え!
 
中も天高、広々でお湯も良し!
 
ついつい長湯してしまいました。
 
飯食って風呂入って眠いところですが、台北で飛行機に乗り遅れた前科のある2人なので、眠い目を擦りながら金沢へターンバック。
 
今回はかなり時間に余裕を持たせたので、電車乗る前にもう一度のどぐろを食せました(笑)
 
おつまみセット
新幹線の中で旅の〆に石川の地酒「加賀鳶」を飲んで終了。
 
1泊2日の割には充実した内容だったかと。
 
次回は富山、福井も含めて行きたいなぁ〜
 
 

食い倒れ & DIG in 金沢 (前半)

相変わらずブログを放置の52です。

こんにちわ。

去年はブログの更新をマメにしようと思っていましたが、全然ダメでした(笑)
今年は出来る範囲で更新したいと思います。

1/31〜2/1と20年振りくらいに金沢へ行って来たので備忘録的に。

元々タイへ行こうと思っていたのですが、今回一緒に行った音友達のクラさんから国内も良いと提案があり、去年台北へ行った際に知り合ったアユミちゃんに会いに行こう!となり急遽金沢へ行く事に。

 

仕事より早起きして8:12発のかがやきに乗り一路金沢へ。

 

 

かがやきだと東京-上野-大宮-長野-富山-金沢と最短で到着するのでお勧めです。

 

11時ころに金沢へ到着。

 

 

 

ホテルへ荷物を預け香林坊へ。

 

街をブラブラしつつお目当ののどぐろを食べにアユミちゃんと待ち合わせている「のどぐろめし本舗いたる」に。

 

地元でも人気店らしく、予約が一杯で開店前に並んでくれたアユミちゃんに感謝!

 

一杯ひっかけつつ待つ事10分。

 

超高級魚のどぐろ到着!

 

 

こちらはのど黒めし。

 

店員さんに説明を受けた通りに食す。

 

先ずはそのままで食す。

 

美味しいです!

 

次に薬味を乗せて食す。

 

美味しいです!

 

〆はのど黒出しをかけて食す。

 

美味しいです!

 

グルメリポートは得意でないので美味しいを連打しておきます(笑)

 

のど黒出しが濃厚で、ラーメンで食べても美味しそうでしたよ。

 

腹が一杯になった後は、街を散策していて見つけたレコ屋へ。

 

 

 

外観の写真を撮り忘れましたが、ここは良さげだな!と思わせる佇まいです。

 

所狭しとレコード、CD、本が並んでいます。

 

オールジャンルな品揃えでLP、12inchは今回見てないので分かりませんが、7inchはとにかく安い!

 

レア盤こそないものの、歌謡曲は殆ど¥100!

 

昨今は東京のレコ屋に限らずヤフオクやdiscogsの値段に合わせているところが多い中、この価格で出しているお店は少ないのでは?

 

あまり出回っていない盤も少々ありましたが、相場の1/3くらいの価格でしたよ。

 

こちらで50枚ほど抜かせて頂きました。

 

 

マスターも味のある良い人でした(^_^)

soul,funkのかかるバーを教えて頂いたのですが辿りつけず…

再訪したいお店です!

 

一旦みんなと別れてあたしは別のレコ屋へ。

 

バスにガタゴト揺られ15分ほと歩いて到着。

 

 

カフェと雑貨屋が併設されている「everyday records」さん。

 

お洒落な佇まいで綺麗に陳列されたレコード。

 

こちらでも7inchのみDIG。

 

7inchは少なめでしたが、買い逃していた新譜のレコードがチョロチョロ残っていたのでゲット!

 

中古盤は軒並み相場通りだったので抜かず。

 

品揃えは良かったです(^_^)

 

こちらでは10枚ほど抜かせて頂きました。

 

ホテルへ戻る前にもう一軒レコ屋へ。

 

 

近江市場から近い「レコードジャンル」さん。

 

ここも品揃えが多かったですね。

 

入店して目に飛び込んできた7inch boxを掘り掘りすると、あれ?パンクばっかだぞ?まさかROCK系のお店か?

 

店内を一周すると歌謡曲コーナーがあるじゃありませんか!

 

アーティスト、ジャンルで綺麗に分けられていて見やすかったです。

 

値段は大体相場通りでしたが、中にはこの値段で良いの?!って盤があり和モノを20枚ほど抜きお会計。

 

soul,funk系の7inchが無いなと思っていたら、会計後に発見(笑)

 

もう一度見直して10枚ほど抜かせて頂きました(^_^)

 

black系の7inchはお買い得でしたよ!

 

晩飯の時間も迫っていたので一旦ホテルへ。

 

クラさんがおでんを所望していたので、アユミちゃんオススメの「三幸」へ。

 

平日にもかかわらず満席です!

 

おでんを中心に色々なものが食べれます。

 

日本酒はもちろん石川の地酒!

 

まずは白子ポン酢とタコポン酢にこんかさば。

 

 

白子ポン酢とタコポン酢は言わずもがなですが、こんかさばは初めて食しました。

 

こんかさばとはさばの糠漬けの事で能登の郷土料理だそうです。

(こんか=糠)

 

日本酒と非常に合う当てです。

 

あとは刺し盛り、ブリカマ、おでん、煮込み、みゆき揚げも一気にご覧下さい(笑)

 

 

 

 

 

 

みゆき揚げはお店のオリジナルメニューで、練り物にうどん?を混ぜたさつま揚げの様なもので美味しかったです。

 

散々食い散らかして〆にお茶漬けならぬおでんの出汁漬け!

 

 

これ出汁が効いてて美味しかったなぁ〜。

 

これだけ食べて日本酒も10合以上飲んで¥15,000とは安い!

 

再訪したいお店です。

 

アテンドしてくれたアユミちゃんBIG UP!

 

後半へ続く

 

 

 

 

黒音放浪記 Vol.52

またもやすっかりブログを放置してしまった52です。
 
こんばんわ。
 
連休に遊び過ぎたツケが今ごろ来ております。。。
そんな中、昨晩も終電まで飲んでいたのですが(笑)
 
気を取り直してたまには洋楽のパクリ物をご紹介したいと思います。
 
サントリー金麦のCMでお馴染みの大滝詠一さんの「君は天然色」を
ポップにカバーしているTHE JODELLESという黒人女性3人グループによる「My Boy」
Discogs調べによるとこの1曲のみのリリースの様です。
 
しかし驚くべき事にプロデューサーがKEN GOLD!
KEN GOLDと言えばU.K.シーンでTHE REAL THINGやDELEGATIONをプロデュースした人お方です。
(デレゲの1st〜4thまでは全てKEN GOLD!)
 
たぶんお遊びでやったのでしょう(笑)
 
                                                                        
 

 

                                                                          
 
念のため君は天然色もペタリ。
 

 

                        

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>