ダイビング器材のオーバーホール(メンテナンス)は1年に1回か100ダイブごとに1回が目安!

レギュレーター+オクト+インフレーター+ゲージスイベル部
レギュレーター+インフレーター+ゲージスイベル部

キャンペーンで工賃\1,000引き

(1月31日受付分まで)

レギュレーター、オクトパス、インフレーター、ゲージスイベル部などのメンテナンスが必要な器材は、1本も潜らなくても1年に1回か、100ダイブごとのオーバーホール(メンテナンス)をお勧めします!

{B53DA561-A26D-4B9A-91B4-E0A92483B313:01}

外観からは気が付かなくても、金属部分は錆などによる腐食が発生している場合があります。
右が腐食しているフィルターです。
シリンダーとの接続部分についています。

また、Oリングなどの内部パーツはゴム製のものが多く、劣化しやすいので定期的な交換が必要です。
大切な器材だからこそ、オーバーホール(メンテナンス)をして器材のコンディションを最適に保ちましょう!

◆別途交換パーツ代がかかります。

◆ワランティーシステムの付帯しているメーカー商品で、前回のオーバーホール(メンテナンス)より1年を過ぎた商品には保障パーツが有料となる場合がございます。

ワランティーカードをお持ちください。


◆オクトパス付きインフレーター(SプロAIR II、TUSA、DuoAir等)の工賃は上記オクトパスの料金となります。



また軽量とホースに圧がかからないフレックスホースへの交換や

自分にあったマウスピースの交換もおすすめします。