東京2020ロードレーステスト大会、市民ボランティア参戦で見た! | 観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています

 

東京2020のロードレースのテストイベント。

市民ボランティアで行ってきました。

 

府中市にとって、そもそも東京都にとっても初めて市街地の道でロードレースを開催する事になった東京2020。

 

このテストイベントは非常に重要なリハーサル。

 

うぅ〜ん、準備がまだまだ不足でしょうか・・・

 

私がいたポイントの周辺は一方通行も多い箇所。

 

今日に限って言えば、選挙の投票所への導線になる場所でもあって、慣れている市民ボランティアに任せてもらえる方が良かった点もありました。

 

オリンピックにつながるわけですから、各団体の事情というものあると思いますが、ちょっとお粗末。

 

規制のレイアウトも、都?競技団体?がやったのかな?

府中市がやるんだったら、もっと上手にできていたと思います。

(桜祭りや商工祭りなどの知識・経験があるので)

 

 

この通りはお店をやっている方も多いので、徹底的な周知も必要だったかとも思いますし。

 

もっともっと、もぉーーっと、練りこんでいかないと、本番でも混乱が起きてしまう、そう思いました。

 

なかなか生で見ることがないロードレース。

 

ここから富士スピードウェイまで行くと思うと、アスリートすごいですね。。。