鹿児島旅ラスト!目的の日本のこれからのスポーツを考える会 | 観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています


テーマ:

昨年11月の九州旅もいよいよラスト。

かなり濃厚な内容にしてしまい、もう年も変わって2月になってしまいました。

この旅の目的は「全国スポーツ推進委員研究協議会」に参加するため。

実はこの3月で1期目の任期を終えることとなっています。

引き続き来期も務めさせていただこうと思っています。

ただ所属しているだけではなく、ちゃんと推進委員としても成長しなくてはいけません。

特に私は、競技の現役ではなく、指導できる立場にもいません。

そう、人よりも多く勉強していかなくては、市民の皆さんに顔向けできませんからね。

鹿児島という遠方に出かけることになってでも、得るものは得る!

それが私には必要なのだと、勝手に思い込んでいるわけです。

とは言え、私の本業は観光とホスピタリティのコンサルタント。

今回の全国大会の分科会の話題に、「スポーツと地域」がありましたので、これは行くしかないと、迷うことなく鹿児島に行くことを決めました。

・・・・そしてこれまでの様な、濃厚な九州旅となってしまいました!

鹿児島と言えばの黒豚とんかつをお昼に食べて、会場である鹿児島アリーナへ向かうため、シャトルバスの乗り場である鹿児島中央駅へ。

 


行列がありましたので、迷うことなくすぐに見つけることができました。

結果ではありますが、このシャトルバスに乗る事で開会時間ギリギリになるという、運営側の読みの甘さが浮き彫りになるのでした。

公共の交通機関を利用して行けば30分程度のところ、シャトルバスを利用すると1時間・・・

バスの数が足りていなかったのではないかと。

私自身は、早めに着く予定をしていましたので、開始のギリギリに到着できましたが、遅刻者も多数。

ざわざわが止む間もなく開幕した全国研究協議会でした。

 


まぁこの様な会では“あるある”ですが、お偉い様方の長いお話。

私的には、現場と御上の方々との考え方の差が知れたのは、面白かったですが。

アテネ五輪水泳金メダリストである、柴田亜衣さんのお話は大変為になりました。

小さな一歩一歩の積み重ねが、スポーツを続ける原動力であるという事。

その一歩一歩の目標設定にスポーツ推進委員が役に立つことができれば・・・

 


2日目の分科会では「スポーツと観光が結び付いた地域の活性化を目指す」をテーマに、各地のスポーツ観光の事例をご紹介いただきました。

うぅ~~ん、もう少し掘り下げた話を期待していたのですが、観光ではなくスポーツを的にあてた会ですので、この程度でしょう。

私が期待していた内容を聞くことはできませんでした。

ただ、その期待を除けば、スポーツが地域に与える影響と価値を知れたのは、大変興味深いものとなりました。

1週間じっくり時間をかけて、長崎・熊本・鹿児島を巡った九州旅も終えるときを迎えました。

鹿児島空港に着いたころには強めの雨が。

着陸する飛行機の巻き上げる水といったら・・・

大変いい天気が続いた今回の旅。

最後の最後で雨が降ってくるあたり、今回は運も良かったのかなと思いました。

 


全国からスポーツ推進委員がやってきているわけです。

空港にもたくさんの推進委員、そして飛行機にも。

鹿児島ですから、さつま揚げとラーメンをお土産に、今回の旅を終えました。

観光とホスピタリティのコンサルタント石田宜久さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス