ご飯を食べて痩せるハッピーダイエットライフ!

ご飯を食べて痩せるハッピーダイエットライフ!

40代50代と女性の更年期以降は中年太りと体調不良と痩せない悩みを抱える方が多いです。そんな中高年のダイエットは健康法と美容法とアンチエイジングを兼ねた方法がお勧めです。過食と体調不良を改善して楽しく続けることのできるダイエット法を提案しています。

ダイエットを楽しむ方法|船田和成のハッピー☆ダイエットライフ












いつもありがとうございます。

ハッピー☆ダイエットライフの船田です。

 

先日からヤセ菌サプリLakubiを

何度か紹介しましたが多くの方が購入したようです。

 

いろんな方から「買いました!」

というメールや連絡を頂いたので紹介した甲斐があります。

 

やはり具体的な効果がある

サプリ等は人気があるようなのでこれからもお勧めしようと思います。

 

わりと多くの方が購入して頂いたので、

ここで「ヤセ菌サプリの効能」と「効果的な使い方」を再確認しましょう。

 

せっかく購入頂いても

使い方がよくないと効果が出にくいですからね。

 

これはダイエットコーチとして13年仕事をしている、

ハッピー☆ダイエットライフ船田和成としてのアドバイスです。

 

 

 

 

まず「ヤセ菌サプリLakubiの効能」です。

 

このラクビには腸内環境を整える

「ビフィズス菌B-3」と「酪酸菌」入りです。

さらに「オリゴ糖」「サラシアエキス」「植物性キトサン」も入っています。

 

オリゴ糖は善玉菌の大好物です。

サラシアエキスは糖質の吸収を穏やかにしてくれます。

植物性キトサンは食物繊維なので善玉菌が喜びますね。

 

まあこれは「おまけ」の成分で、

大事なのが善玉菌であるビフィズス菌B-3と酪酸菌です。

 

どちらも善玉菌なのですが、

そもそも善玉菌とダイエットはなんの関係があるのでしょう?

 

ビフィズス菌というとヨーグルトを思い出しますよね?

これはヨーグルトを作る乳酸菌が腸内環境を整えるから便秘に良いといわれています。

 

ちなみにビフィズス菌というのは、

乳酸菌という分類の中でビフィズス菌という種類があるということ。

 

つまり乳酸菌には非常に多くの種類があり、

ビフィズス菌という菌にも多くの種類があるのです。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料には、

それぞれ違う種類の乳酸菌やビフィズス菌が入っているのです。

 

ちなみにラクビに入っているのは

ビフィズス菌B-3という種類で森永乳業が使っています。

 

では、なぜ乳酸菌やビフィズス菌が腸内環境を整えるのでしょうか?

 

じつは健康とかダイエットには

腸内環境を整えることが一番大事です。

 

便秘をしていて

ダイエットが成功することはありません!

 

少々のカロリー増なんか関係ないのです。

 

ダイエットや健康で大事なのは

「食べたカロリーや栄養が腸内でどうなったか?」ということ。

 

食べた後に「どのように消化吸収されたか」が大事なのです。

 

じつは食べた食品というのは、

全部吸収されて使われているわけではありません。

 

使われない栄養素や

排出されてしまう栄養素も多いのです。

 

だから「どれだけ食べたか」なんて、

はっきり言って関係なくて「どう使われたか」が問題なのです。

 

便秘や下痢やお腹のハリやガスで悩む方は多いです。

これはじつは「腸内環境が悪化している」という証拠なのです。

 

なぜ腸内環境が悪化していると痩せないのか?

それは悪玉菌が優勢になって腸内環境が悪化するとこうなってしまうからです。

 

「より多く食べたくなり」

「よりジャンクな物が食べたくなり」

「より多くカロリーを吸収してしまう!」からです。

 

では善玉菌が優勢になるとどうなるか?

便の質と量が改善されて「快食快便」でバナナのような大便になります。

 

しかもそれだけじゃないのです。

 

善玉菌は食物繊維を食べて増殖するのですが、

その副産物として有益な成分や栄養素を出してくれます。

 

それが「短鎖脂肪酸」であり「ビタミンB群」なのですね。

さらにカルシウムやマグネシウム等のミネラルの吸収率を上げてくれます。

 

ビタミンB群は体内のあらゆる代謝に関わる重要な栄養素です。

もちろんカルシウム等のミネラルがないと生命維持ができませんから大事ですよ。

 

それが、「善玉菌」の効果です。

もちろん食品からもビタミンを摂取しますが、善玉菌も出してくれるのですね。

 

その善玉菌というのは

ビフィズス菌も入る分類である「乳酸菌群」です。

 

その乳酸菌が出す成分が「短鎖脂肪酸」です。

この短鎖脂肪酸は「酢」にも含まれる成分ですがとても有用な働きがあります。

 

・体脂肪の蓄積を減らし肥満を防ぐ

・全身の代謝を活発にして元気になる

・甘い物や脂っこい物が食べたくなくなる

・野菜や果物など食物繊維の豊富な食材が好きになる

・幸せホルモンといわれる「セロトニン」の分泌を促す

・腸のバリア機能を高めて炎症やアレルギーを防ぐ

・腸管が蠕動活動するためのエネルギーとなる

・短鎖脂肪酸が作られる過程で水素が発生して細胞の老化を防ぐ

・糖尿病を改善するホルモンが増える

・アレルギー反応を抑える

 

すごい効果ですよね!?

まるで万能薬のように健康とダイエットをサポートしてくれます。

 

そして「悪玉菌」が優勢になると、これが逆転します・・。

 

つまり「健康ダイエットは腸内環境を整える」ことが前提です。

この部分を改善しないと、そのあと何をしても痩せないし、つらいだけですよ。

 

特に肥満を防ぐ作用と、代謝が活発になる作用と

腸のバリア機能を高め、セロトニンの分泌を促す、というのがダイエットに効果的です。

 

これらの効果を得るためには「食物繊維」を食べないとダメです。

善玉菌である乳酸菌類は食物繊維の仲間を食べて増える性質があるからです。

 

逆に悪玉菌は未消化のたんぱく質や脂質や糖質が大好きです。

つまり悪玉菌が優勢になると「甘い物」「脂っこい物」が食べたくなるのです。

 

脳に「甘い物や脂っこい物を食べたい」とリクエストしているのです。

 

腸と脳は神経で繋がっていて、

腸内環境の状態によって食欲や精神状態を変える力がありますよ!

 

善玉菌が優勢になると

やはり脳に「野菜や食物繊維の多い物が食べたい」とリクエストを送信します。

 

食物繊維が多い食材は満腹感が得られて、

だからこそ、食べ過ぎることもなく「快便」も得られるのです。

 

食欲というのは「腸内細菌の好み」で変わってくるのです。

善玉菌が優勢になると「食物繊維の多い野菜や炭水化物」が食べたくなります。

 

現代人は「糖質制限」が人気になって

糖質を避ける傾向がありますが「糖質は食物繊維とセット」で食材になっています。

 

ご飯やお芋などは糖質が多いですが、

糖質と食物繊維が一体になって「炭水化物」といわれています。

 

炭水化物を含む穀物や野菜やイモ類を食べないと腸内環境が悪化しますよ。

 

ただ、食物繊維を食べようと野菜を少し位たべても全然たりないです。

厚生労働省が推奨する1日の食物繊維量は女性で18gとなっていますが・・。

 

この18gをサラダ野菜のレタスから食べるには、

なんと1日に4個~5個も食べないと足りないことになるわけです。

 

ここが大事なところで、

健康ダイエットは「いかに食物繊維を食べるか」にかかっているのです。

 

だから玄米や野菜や海藻やイモ類やキノコ類が大事なのです。

 

すべては「善玉菌」と「短鎖脂肪酸」を増やして、

腸内環境を改善して「自然な痩せ体質」にするかにかかっています。

 

運動とかカロリーというのも重要ですが、

それは「腸内環境を整えた」後に考えることです。

 

そうは言っても食生活変更は難しい。

そのような場合はサプリメントも有効なのです。

 

今回ご紹介したラクビというヤセ菌サプリもそうですよ。

そのラクビですが、ビフィズス菌と同時に酪酸菌も入っています。

 

この「酪酸菌」というのは何なのか?

 

酪酸菌というのは、

人間の大腸内で短鎖脂肪酸の酪酸を作る細菌です。

 

酪酸菌も善玉菌の一種になりますが、

有名な乳酸菌やビフィズス菌とは違う種類です。

 

乳酸菌やビフィズス菌は

多くの場合「便通改善効果」を期待して摂取する方が多いでしょう。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料、

そしてキムチやぬか漬けにも乳酸菌が入っています。

 

ところが酪酸菌というのは、

「長寿者」の腸内に多く存在することが分かっています。

 

人間は赤ちゃんの頃は腸内に乳酸菌が多く、

そのため、赤ちゃんの便は酸っぱい感じの発酵した匂いですよね?

 

ビフィズス菌も乳酸菌の一部ですから、

発酵食品=乳酸菌=善玉菌と思っている方も多いでしょう。

 

ところが最近の研究では、

乳酸菌とは別に「酪酸菌」の健康効果が注目されています。

 

酪酸菌の効果としては、

腸管免疫の正常化と癌細胞の抑制があります。

 

酪酸菌が出してくれる酪酸という短鎖脂肪酸は、

腸のバリア機能を高めてくれるので「炎症」「フードアレルギー対策」に良いのです。

 

そして特徴的なのが「長寿者に多い」こと。

長寿者の便を調べると乳酸菌と共に酪酸菌が多かったのです。

 

酪酸菌を増やすにはやはり食物繊維が必要です。

そのため野菜や穀物や豆類を多く食べる方に増えるのですね。

 

長寿者に酪酸菌が多いというのも、

昔ながらの和食を食べ続けたからでしょう。

 

この内容は「21世紀は腸の時代!便のデザインで健康長寿を!」という

国立研究開発法人理化学研究所 辨野義己(べんのよしみ)氏の記事で確認した物です。

 

そしてなんと!

この「酪酸菌」は、とても「ダイエット効果」が高いのです!

 

「酪酸菌配合サプリメントによる痩身効果」という論文があるのですが、

これはいま紹介している「RAKUBI」というヤセ菌サプリメントを使った実験です。

 

一般財団法人日本臨床試験協会が行った実験になります。

 

BMIが23以上の20歳から39歳の健康な女性を集め、

「A群=RAKUBIのみ」「B群=RAKUBIと麹菌」「C群=何もしない」グループに分けました。

 

そして「食事のルール」を決め「運動プログラム」を決めて

12週間にわたって実験をしたので、とても信頼性が高いと思います。

 

食事のルールとしては、

・朝食は必ず食べる

・ご飯は1回150gまで

・野菜から食べ始める

・お酒は缶ビール350mlまで

・食べ過ぎせず20時までに夕食を終える

・期間中に新たにサプリを追加しない

・期間中に薬品摂取や違うダイエットをしない

 

運動のルールとしては、

・毎日ドローイン20回(任意にお腹をへっこませて戻す)

・レッグレイズ10回3セット(仰向けに寝て足を上まで上げる腹筋運動)

・もちろん、何もしないC群の方も実施する

 

期間中に条件に合わなくなった方は除外しています。

そしてちゃんと実施出来た方のみで結果を比べているので信用できますね。

 

その結果、見事に効果が実証されました。

以下はABC群の実験12週間後のサイズの比較です。

 

これは被験者が自分で計測したのではなく、

専門の検査員が数回計測して平均値を出した物です。

 

A群=RAKUBIのみ

B群=RAKUBIと麹菌

C群=何もしない(運動のみ)

 

ウエスト

A群 -4.18cm

B群 -5.58cm

C群 -0.12cm

 

ヒップ

A群 -3.37cm

B群 -4.28cm

C群 -1.17cm

 

体重

A群 -2.8 kg

B群 -3.65 kg

C群 -0.52 kg

 

何も飲んでいないC群の方も少し減っていますが、

やはり酪酸菌配合サプリを飲んで実施した方が効果高いですね。

 

そして「麹菌」を追加した方がさらに効果が高いようです。

 

これはRAKUBIと同じニコリオという会社が製造した

「こうじ酵素」というサプリを食前に飲んだと論文に書かれています。

 

12週なのでまあ3か月位ですね。

食事をある程度コントロールして運動を少し行えば成果がでるということでしょう。

 

乳酸菌サプリはどちらかというと便秘対策です。

痩せるというダイエット効果では、酪酸菌の方が注目ですね。

 

いま注目を集めて研究されているので、

今後は乳酸菌と共に「酪酸菌」も期待される善玉菌ですね。

 

詳しくは「酪酸菌配合サプリメントによる痩身効果」で検索してみてください。

 

つまり「ビフィズス菌は便秘改善効果」が中心で、

「酪酸菌から出る酪酸にダイエット効果がある」ということです。

 

このラクビというヤセ菌サプリは、

便通改善のビフィズス菌と共に痩せる効果が高い酪酸菌も配合しています。

 

だから、他のヤセ菌サプリよりもお勧めなのですね。

これが酪酸菌と酪酸の効能で「ダイエット効果」が証明されています。

 

ダイエットは食事が基本ですが、

やはりサプリメントを有効に使うと効果的ですね。

 

ぜひ使ってみたいと思った方が多いと思います。

じつは、この記事を読んでいる方はヤセ菌サプリを試すチャンスですよ。

 

今なら送料無料の500円でラクビが購入できます。

「lakubi(ラクビ)」というサプリのモニター商品ですがお勧めですよ!

 

ただいまLakubiでは

「初回500円モニター」という企画を実施中です。

 

1袋購入すればそのまま毎月送られてきます。

仮に中止したい時は電話でキャンセルできるから「ホントに500円」です。

 

1か月分が届くので1日あたり17円です。

 

何回購入するという決まりもありません。

まずは1回試しに500円で購入できるモニター企画です。

 

また2回目以降も続ける場合は、

8%値引きで2740円ですから続けやすいサプリですね。

 

よく宣伝しているサントリーなどのサプリは5000円以上しますからね!

 

またサプリの内容は有効成分とカプセルの成分だけです。

毒性のある添加物などは入っていませんから安心して試せます。

 

じっさい乳酸菌や酪酸菌のサプリは、

本当に効果があるかどうかは飲んでみないと分かりません。

 

飲んでみて効果を感じれば続ければいいし、

効果を感じないというなら、止めればいいと思います。

 

これはその方の体質によって違うのです。

 

ビタミン等のサプリは「吸収率に差がある」のですが、

乳酸菌系のヤセ菌サプリは「合うか、合わないか」の違いです。

 

たとえば何日か飲み続けてみて、

便秘や下痢やお腹のハリやガスが増えるなら合わない可能性が高いです。

 

そのような場合は残念ながら、

配合されているビフィズス菌B-3との相性がいまひとつなのです。

 

飲んでも害はありませんが、

腸内環境の改善にはつながらないということです。

 

このような違いは飲んでみないと分かりません。

だからこそ、「初回500円モニター」がお勧めなのですね。

 

体質に合えば腸内環境が改善します。

腸内環境が改善すればダイエット効果が高いのですね。

 

痩せるのには12週間位必要ですが、

まずは「便の状態がどう変化」するかが大事です。

 

便の状態であれば3日も飲めば分かります。

便通の調子がよければ、続ける価値があると思います。

 

そうすれば12週間後にダイエット効果が見込めると思いますよ!

ただし、暴飲暴食を控えて、食物繊維を多く食べ、運動を心がけましょう。

 

 

 

では続いて「ラクビで効果的にダイエットする方法」です。

 

 

ただラクビを飲んでいるだけでも効果はありますが、

やはりダイエットするなら食生活を少し改善した方がいいです。

 

重要なポイントだけ説明すると以下の3点です。

 

・体に害のある太りやすい食材の排除

・食物繊維の摂取方法

・健康で痩せる栄養素の補給

 

いくらヤセ菌サプリを体内に入れても、

同時に太りやすい性質を持つ食材を食べていたら意味がありません。

 

現代にはカロリー以外にも太るリスクのある食材が多いし、

カロリーを関係なしに腸内環境を悪化させる食材も多いのです。

 

まず「小麦粉製品」を避けることが大事です。

そして意外かもしれませんがヨーグルト等の乳製品も避けた方が無難です。

 

小麦製品の中でも特に柔らかいパンは太ります。

パンなら硬い物の方が太りにくいという性質があります。

 

特にふわふわの食パンやロールや菓子パンはよくないです。

これらを食べながら痩せるというのは考えにくいので止めましょう。

 

麺類はうどんや素麺も血糖値を上げやすいです。

蕎麦は良いのですが、日本の蕎麦は7割ほど小麦粉で出来ています。

 

そして乳製品ですが「乳糖」と「ガセイン」という成分がよくないです。

日本人で乳糖を分解して消化できる方は2割ほどしかいないので腸内環境を悪化させます。

 

そしてガセインというのは牛乳のたんぱく質ですが、

これにはアレルギーを持つ方が多いのでお勧めしたくないのです。

 

じつはヨーグルトには両方入っているので、

もしかして便通改善と思っていたのは軽い下痢なのかもしれません。

 

日本人には乳製品が合わない方が多いのです。

乳酸菌やビフィズス菌は漬物などから食べた方がいいですね。

 

そしてなるべく「加工食品」を避けましょう。

加工食品には腸内環境を悪化させてアレルギーの原因になる物が多いです。

 

加工食品というのは基本的に以下の物が入っています。

・精製された糖質の塊である「砂糖」か「果糖ブドウ糖液糖」で太りやすい。

・遺伝子組み換え大豆から油を搾ったカスを使ってたんぱく質のうま味を配合。

・遺伝子組み換えコーンや大豆や菜種を使ったトランス脂肪酸入りの油を配合。

・食べるだけで血圧を上げる「精製塩」が調味料として入っている。

・かならず化学調味料が入っていて代謝の負担になっている。

 

これはほとんどすべての加工食品に共通です。

だから、なるべく加工食品は避けて精製食品から食事を作りましょう。

 

外食する時にも「原料が分かる」料理にしましょう。

加工されればされるほど、栄養価は無くなり、太る危険性だけが増えてゆきます。

 

 

そして食物繊維ですね。

 

もちろんパンや白米にも食物繊維が含まれますが、

これらの精製した白い穀物はGI値を上げやすく太りやすいです。

 

主食にするなら玄米がお勧めです。

玄米を1日常温で水に漬けて発芽玄米にして炊飯した物を食べるといいです。

 

あと食物繊維と言えば野菜ですが、

野菜というと「サラダ」を思い浮かべる方が多いです。

 

サラダもいいのですが「ドレッシングに注意」ですし、

意外と大量に食べたつもりでも食物繊維量は少ないのです。

 

先ほども書きましたが1日に食べたい食物繊維を

サラダで食べようとすると1日でレタス4~5個必要になります!

 

そこでお勧めなのが根菜です。

 

大根、人参、ゴボウ、蓮根、ネギ、サツマイモ、里芋など。

これらの根菜はサラダ野菜と違って食物繊維の塊といっていいです。

 

糖質が心配という方もいると思いますが、

精製された糖質は太りやすいですが、食物繊維と一体になっている糖質は太りません。

 

精製された糖質は食べ過ぎができますが、

食物繊維と一緒になっている糖質は食べ過ぎができません。

 

食物繊維と一緒になっている糖質は炭水化物と言われ、

GI値を上げにくく、脂肪にならずに活動エネルギーとして使われます。

 

一緒に海藻を食べるとなお良いです。

「発芽玄米」「根菜と葉野菜」「海藻」「キノコ類」が大事です。

 

海藻は海苔・昆布・ワカメなど、

乾物として長期保存できるのでお勧めですよ。

 

野菜に比べて二けた栄養素が多いです。

 

つぎに「痩せる栄養素」ですが、

食事に気を付けると共にサプリメントも使うといいです。

 

現代人で不足しがちなのが、

EPA・DHA・アミノ酸・ミネラル・ビタミンABCDEすべてです。

 

ミネラルで不足しているのが

カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄・亜鉛です。

 

現代人で太っている方は、

基本的にみなさん「カロリー過剰の栄養不足」です。

 

栄養が足りないと「体脂肪を燃やせない」のですね。

体脂肪を燃やせないと「甘い物が食べたくなる」のです。

 

これは体の仕組みとして必ずそうなります。

 

甘い物が止められない方は悪玉菌が多いのですが、

ぎゃくにビタミンやミネラルが不足してエネルギー回路が動いていません。

 

そうするとすぐに体と脳がエネルギー欠乏になるので、

体脂肪は使えずに「甘い物」で即席のエネルギーを補給するしかないのです。

 

食事の改善をするのが一番ですが、

頑張って痩せる時はサプリメントも活用するといいです。

 

そうすれば「ヤセ菌サプリのラクビ」が活躍できます。

 

500円でダイエット成功するかもしれません。

 

まだ購入していない方も、ぜひ一度お試しくださいね。

 

この企画もいつまで続くのか分からないので、

「試したいな!」と思った方は、お早めにお申込みください。

 

なお、このサプリは他の所でも当然販売しています。

しかし船田から購入して頂く特典もお付けしますね。

 

私から購入して頂きましたら、

いつでもメール相談をして頂いて大丈夫です。

 

「サプリ購入しました」と

メール等でご連絡頂き、なんでも質問して頂いて大丈夫ですよ。

 

このサプリに関係ないことでも歓迎します。

ヤセ菌サプリは大チャンスなので、ぜひお試しくださいね~!

 

 

◆ヤセ菌サプリlakubi初回500円モニターご案内ページ

 

 

 

★インフォメーション★

 

船田の作成した無料のテキストと

ダイエットのメール講座30日をプレゼント!

↓↓↓

ハッピーダイエットの無料メール講座

 

ハッピーダイエットのサービス一覧とお問合せ

 

 

■質問、感想、いいね!は歓迎です。

■下にあるFBやツイッターのボタンを押すと、

  この記事があなたのタイムラインに自動投稿されます。

■リブログも歓迎です。

記事をあなたのブログで紹介したい場合、

 私も多くの方に読んで欲しいので船田の承認は不要です。

ハッピーダイエットブログTOP