NHK Eテレにっぽんの芸能http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/に出演致します。

是非ご覧ください。
以下番組詳細

7月 20日(金)午後11時
(再)7月 23日(月)午後0時

囃子の鬼才・堅田喜三久

小鼓や太鼓を演奏する囃子方の人間国宝・堅田喜三久(かただ きさく/82歳)を特集。気迫あふれる演奏と奔放な人柄が魅力的な喜三久氏。長唄などの古典作品の演奏だけでなくオーケストラやジャズバンドとの共演を重ねるなど、古典の枠を超えた演奏活動を60年以上にわたり続けてきた。血のにじむ努力を続けた若き日の思い出や遊び心にあふれた喜三久流の音楽のことなど、レジェンドならではの貴重な話を聞く。圧巻のスタジオ演奏のほか、懐かしい資料映像もお楽しみいただく。

ノボさんの家、子規庵に行ってまいりました。
{2C55F318-4991-439C-B678-2C2761FAA849}

11月24日の演奏会での『竹の里歌』その作者である正岡子規がなくなるまで、住んでいたお宅です。病牀六尺の世界が広がっていました。鶏頭はもう時期を過ぎていましたが、ススキや、糸瓜等作品の中に自分が入り込んだような感覚で、なんとも感慨深く時間を忘れてしまいました。
{2769004A-8E26-47D1-884E-BAF72393F53D}

{C562AB9B-3D81-44CB-8B71-6503163EEB4B}

{971F4A38-0A7D-4135-AE8B-B8F5F0158968}

{8A4B5FEC-FFFD-450A-9C09-453E5EBEB29F}

{F8245F33-4C50-490D-8BCA-B6EB3C25E738}

{0B2A302E-282C-49ED-B211-CA686097A009}

正岡子規が今の時代にいたなら、
ツイッターでさえずっていただろうなぁ