少し前のはなしになりますがフランス革命を題材にした1789-バスティーユの恋人たちを帝国劇場で見てきました
実はこの公演は東京宝塚劇場でも見たものです。もう2年ぐらい前になるのかも。

その時トップスターだった龍真咲さんがマリーアントワネット役でていたり夢咲ねねさんも出ていました。一度やった演目なので練習はやりやすかったのでしょうかね、

それにしても料金はお高め13500円はちょっとね。
宝塚は舞台としては安いほうと聞きましたが確かにそうなのかも

内容いう訳にはいきませんが激動の時代背景に豪華な衣装に舞台、完成された内容にいい物もいたな、満足して心が一杯になって帰りました。

たまには文化的な趣味もいいですね。

宝塚歌劇団

シャンテの前のスタバはなくなってしまったのですね、シャンテの地下の柿安もランチ食べ放題で独身の自分としては野菜など品目が多いのが気に入っていましたがフロアごと改装したようでなくなってしまいました。

目の前に日比谷ミッドタウンもできていましたがなんだか無機質な感じで楽しいのかな??
なんとなく散歩もせずに帰ってきてしまいました。