津和野・萩・宮島

テーマ:
津和野・萩・宮島画家さんのブログ-国宝 瑠璃光寺
初日12時に羽田空港ANA67便広島空港 13時30分着即瑠璃光寺にバスで71時間30分位で到着、ここの五重塔は日本一との事
へぇ~、スケッチ。それよりやたらと瓦屋根の立派な家が多いですね。
        -1-
 さすがは、長州と思い宿へ、宿は、湯本観光ホテル西京5階の511室、急ぎお風呂へ、ややぬるめの温泉、夕食は3階桐の間、女将らしき旅の芸人が宴会場でなにやら歌っている、最後は、一座を観に来てねとの事、静かに名物のいかのしゃぶしゃぶ会席を食べながらビールに舌鼓、部屋に帰り寝るもすぐ起き一座を観に行く、すでに絶好調でなにやら胸にお客がお金を入れている、これでは、無料の意味が解る・・・

2日目、朝5時45分お風呂へ、食事コンベンションホール鳳凰にてバイキング、この日は、忙しい秋吉台・津和野、初めに秋吉台は全員で写真、セールスが上手い、45人中44人購入全員の写真に観光コースの案内が乗っている・・・
スケッチ、津和野見てから、その後沙羅の木松韻亭、うずめ飯1050円急ぎ食べ、外に飛び出す、 
       ―2-
何処に入ったか解らない、私はもともと、ここが目的で有ったので津和野は、チェクしながらガイドの話を聞く但し間に合わないと判断し一部歩きながらスケッチ時間一切なし、戻ってバスにすぐ発車  松陰神社、ここは、前にも来ているので気楽に散策、その後萩に向かう、
窯元見てホテルに



        -3-

  ただ今萩焼実演中です。
萩グランドホテル天空、私たちは、本館5階
543室、ここでも、お風呂に入り食事、2階常磐の間18:00よりふぐ会席、ここで、木内ご夫妻と出会う、お隣の席にすわって、自然的に会話が弾む中で、あれ!!私知っている・・、木内様も解ったみたいで懐かしく会話が進み気が付くと全員部屋へ、私たちだけが盛り上がっていた。その続きも543室で、スケッチを渡す。
         -4-
最終日は、錦帯橋に8時出発
前日より仲良くなっていた木内様と所々雑談しながら

    
        -5-
錦帯橋にて遠藤・野口。佐々木の3人絶好調、

逆側からも一枚、川に錦帯橋の影が入っている
ここから、噴水を見、白ヘビの所まで進む
眼だけ赤く、気持ちの良いものではない、
しかし、お金には不自由しないとの事、なるべく関わりたくないが、話のたねに見ることにした。
頭上には、萩城のお城が見えた、噴水も元気よく吹き上がっていた
        -6-


木内様と共に宮島へ・・・
三日目宮島のだいこん屋 
     弥山膳1050円思ったより今一歩
あなごをごはんにのせタレをかける・・・
皆様は聞くと、バラバラに食事に行き、広島焼き、お好み焼き、牡蠣を食べたり結構楽しんだみたい、私は、五重塔と千畳敷に行きスケッチ、
ここは、毛利の本陣 昔、陶の殿様がまさかと
       -7-
思い油断の結果敗北する。
厳島合戦の古戦場である。搭の岡
スケッチを終え待ち合わせ場所に急ぐ、そうすると仲間の1人がおかしいとの事心配しながら帰路に着く広島空港17時20分発羽田へ
到着後ハプニング発生本人のため、なにが有ったかは記入せず。おわり
平成24年2月27日佐々木義文記入

しばらのご無沙汰です。

テーマ:
いよいよ投稿開始、いままでは、絵画出品をモナコ・スペイン・ドイツやっと落ち着きました、国内も本日で山脇学園のロビー(アンゴラ)が終了。今後の予定、新横浜プリンスホテルペペ2Fエレベーター側面12月1日より1か月ぐらい。被災地応援チャリテーも予定(私が岩手県出身のため、売上金一部をじかに盛岡市にそこより被災地にお願いする予定になっております。但し売上が無い場合そのかぎりではありません。
2012年4月10日より15日宮城県立美術館県民ギャラリー 題名 光の展覧会 仙台 2012 出品します。 監修 佃堅輔・中野中・長谷川栄・青木伸一・ポール・フロート となっております。
東北方面の皆様ぜひご覧ください。入場無料になっております。