おにぎり

 

チィース黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

おひさしビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

DEZERT Drum SORA です。

 

パグパグパグ

 

7月24日になりました。

 

ゾウ

 

今このブログを書いてる今は

7月23日の夜です。

途中で24日になって

今は7月25日の朝5時です。

なんとなく全部書いたので読み直して添削をしています。

 

多分誤字はないでしょう。

夕方です。投下します。

 

真顔

 

何この顔文字ウケる

 

 

ペタしてねペタしてね

 

ウインク

 

 

さくらんぼ

 

フォローしてね

 

フォローしてね…

 

フォローしてね!

 

アメンバーぼしゅう中!

 

ふざけんのやめます

 

 

さてさて

みんなの前で最後に直接顔を見せれたのは

2月29日。

もう半年くらい前。

やばいよね、嘘みたいだよ。

人生でこんなライブできなかったの

初めてじゃないかな?

 

まず…

昨日の夕方発表された通り

延期になっていたツアーが再延期になりました。

本当に、申し訳ない。

このご時世の中で不安なことしかない中で

行けるかわかんねえチケット毎晩眺めて寝てた人もいただろうに

気持ちめちゃわかる俺も行こうとしてたライブ延期になったから…

 

世界はこんな状態だけどもそれでも、スケジュールを開けてくれたり、移動手段や宿泊施設を考えてくれていたりしてくれていた子もいるでしょう。

ごめんね、ほんとに。

 

でさ…

なんで延期せざるを得なくなってしまったのか、

とか

今の気持ち、とか。

千秋が伝えてくれたんだよね、noteで。

俺も同じ気持ちでさ、ほんとに。

だから是非このアメーバブログを読んでくれた君、そして君、そうみんな。

是非千秋のnoteを読んで頂きたい。

リンク貼っておくよ。

 

https://note.com/chiaki_ichinose/n/n1a6a6eb520a0

 

 

うん、俺の気持ちとか言いたいこと

全部千秋が話してくれてるから俺からいうことはもう…ないよ。

 

じゃあ、また。

いつか会えることを祈ってます。

 

 

メロンパンコッペパンコッペパンメロンパン

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーイ!

いやでもなんかブログ書くの久しぶりだから最近の俺が思ったこととかなんか近況とか昔話に浸ったりなんなりしてもいいかい!?

 

もしかしたら話すぎて誰かに怒られるかもしれないけど1秒でも君の時間を奪うならば少しでもハッピーをお届けしたい私大川と申しますよろしくお願い致しまちんたま

 

なんか久しぶりにこうして文章をみんなに向けて書くから

普段しないような話も書いてみることにしようかしら。と、思ったわけでございます。

 

 

 

 

んーと

時をは遡り

 

俺さ、14歳からドラム始めたのよ。

もう今の生きてきた人生の半分以上ドラムたいて過ごしてんだなと今年の誕生日を迎えて思ってさ。

『ホォーン。えぇ!?』ってなったよ。笑

 

 

 

いやー、昔を思い出してみるとね

 

・幼稚園の頃はサッカーを習う。コーチの先生がスパルタすぎて(俺の顔面に向けてボールとか蹴っ飛ばしてきてた。今でも超覚えてる)行きたくないよーと駄々をこねて止める。結果、続かない。

 

・小学生で公文式を習う。英語も少しそこで習い始める。が、外で走り回るのが好きで小学1年の時すでに俗に言う『ばっくれ』『ドロンしようぜ』という良くない行動を兄の友達の影響で覚え、親父にブチ切れられる。結果、続かない。(ていうか今思い返せばそんな教育させてもらえて感謝だよね、親父アザース)

 

・小学生4年生で、野球を始める。友達同士で始めたからか、小学校卒業後も続けるくらい熱中する。

(イチロー大好きでした)

小学生の夢はプロ野球選手

野球で生きていくんだ!と謎に意気込む

中学へ入学。野球部へ入る。

部室に灰皿がある。嫌な予感がする。

体育会系な埼玉は、一年生はバッティング練習をさせてもらえない。そういう世界(お前は新人だからこれをやるのは生意気だとかいう俗に言う差別)が本当に嫌いで、部活に行かなくなる。

が、部室には行くようになる(察せ)

結果、野球を辞める。続かない。

 

・地元の友達が

Janne Da Arc,L'Arc-en-cielにハマる。

その頃はみんな

女子軍は浜崎あゆみ派閥か、倖田來未派閥で別れる。

真のギャル達はfuckJpopと叫び、テクパラという懐かしい響きのダンスを廊下で踊っている。

(今思えば、学校の踊り場でパラパラを踊る女子達、どんな学校だ)

男子軍は

Janne Da Arc、L'Arc-en-ciel、を中心にバンドサウンドというものをどんどん好きになる。

 

そうだなー、

氣志團は俺たちみんなの憧れだった。

なーんかまじあのころの俺たちはどこ行っても何しても勘当されてしまっててね。

邪魔だ、消えろ、迷惑だ、なんで大人達にののしられて。

いやまじGTOかよ「みたいな感じだったんだよまじ笑

 

でも氣志團はなぜかこう、大丈夫だぜ、行こうぜ?って言ってくれてる気がしてたんだよなあ当時。

 

翔さんに憧れて、みんなラークマイルドってタバコに憧れてた。

氣志團が憧れていたという情報からBOOWYも当時流行った。

そんな中俺はもちろんラルクもジャンヌダルクも氣志團もすきだったが、

何故か

『いやーLOUDNESSかっこいいよー。いやーアースシェイカーって知ってる?いやー、時代はXでしょ。hideのトリビュートきいた?hideって、Xのギターだったの知ってた!?ロケットダイブって曲やばくない!?Dir en greyって知ってる?』という、謎にちょっと当時でいう昭和、平成初期?な音楽を好んできいていた。

明らかにみんなからは古臭いと言われていたっけ。

hideさんきっかけに全てが始まり、ブックオフにその頃の雑誌を読みに行ってたっけな。

今はどうかわからんけど立ち読みできたんだよね。

(音楽はGacktさんのMステで弾き語りを見て好きになったよ)

何故か立ち読みしてたはずの本を、

公園で読んでるやつもいたけど。

なんでだろうね。うける。

 

その立ち読みしてた雑誌達がいろんなバンド、アーティスト、教えてくれたんだよね。

 

でそのまんま、少し遠いボロボロのレンタルビデオ屋さんにCD借りにいくわけよ。

懐かしいな、もう潰れてたけど。

 

その頃は地元の友達はもうみんなアイロンパーマ、坊主、パンチパーマもどき、オールバック。ひどい人ニグロ。

ちょっとかっこいいロン毛のやつもいたけど。

みんなの憧れはXJ.CBR.CBX.Z2.と旧車のバイク達。

そんな中化粧してバンドするなんて言ったらみんな

『えぇ~…』っていう感じだったっけ。

みんなが単車乗ってる中、先輩から譲ってもらったゴリラっていう原付乗り回してさー、何故かギター背負いながら。笑

 

…とまぁ、こんな感じで無意識に音楽について話そうと思っても、こんな感じで音楽が好きだから話も長くなっちゃうんだよね。

過去にロックアンドリードとかその他もろもろで話してきたけどさ、

いろんな生い立ちがあってそんな中で14歳でドラムを始めるわけよ。

最初はギターだったんだよね、12歳で始めたんだけど、それもやめちまったんだよ。

ドラムだけ唯一人生で長く続いてるんだよね、今でもやめてないからさ。

 

まぁこんな話以外にもたくさん…なんというか

いろーんなことがほーんとに山ほどあって

今の俺がいるんだけど。

 

ドラムだけなんやかんやずっと続いてるのよね。

 

なーんも続かなかった俺が、今生きてきた人生の半分以上。

 

これってすごいことだよね。

 

 

 

…うん。

 

 

そんな中で半年もライブしなかったの

多分本当に初めてなんだよね。

正しくいうと、ライブできなかった、のがだね。

 

日々動いてる世間の状況下の中で

最初の方はやっぱりなんのこっちゃわからなくてさ。

池袋Black Holeのリハ前、スタッフ同士で

『なんだかすごいことになってますねぇ』なんて話しててさ。

 

なにが?

人に映っちゃう病気?それは大変そうだなぁ。

 

くらいに思ってました。

 

したら2月のケツの方。俺の大好きな先輩のバンドがコロナの影響で延期になり…

千秋と見にいく予定だったthe Gazetteのライブも中止になりました。(ごめんな、中止になっちまった…)とわざわざ連絡もらいましたが、本当に戒さん、悔しそうでした。なんて返事したらいいか、わからんくらい。

 

それでやっとなんだか自分の心にも

『これ、なんかまじで他人事じゃねえしやばいんじゃねえか?』

っていう実感がありました。

 

でもやっぱり俺は決められたことはしっかり真っ当したい。

きっと千秋もミーさんも、さちゃんも同じだったんだと思う。外は外。俺らは俺ら。

 

世間の動きがわからないけど、この7daysは走りきろう。

そのあと色々世間の様子も見て今後の動きを考えていこう。

とスタッフチーム、メンバーと話していました。

 

3月1日、千秋の誕生日の3月2日

延期せざるを得ない状況に世間がなってしまいました。

 

最後のライブが2月29日。

んでまぁ…3月1日からDEZERTは、

あんまり今までのように鬼のようなスタジオ練習入れなくなったのよ。そりゃそうだよね、なんのこっちゃわからんかったウイルスがどうやら薬はないらしいとか、感染力やばいとか、緊急事態だー、なんていうようになっていたもんね。

 

実はねこういう話したらメンバーは嫌がるかもしれないけど

練習大嫌いな4人が、練習めちゃしてたんだよ、ブラホ7days、5月からの久しぶりのツアーのために。その先の未来のために。

俺練習してます!っていう人全員fuckなんだけどね基本的に。

その俺がここまで言うってガチなんだって思って。笑

スタジオ行きたくないって毎朝思ってたから。笑

そんくらい、スタジオ缶詰だったから。

 

なんであんなにバンドとして練習してたんだろうな。

漠然ともちろん

もっとでかいステージに立つため

だったんだと思うんだけどさ。

まずは目の前のライブをいいライブにしたいって絶対みんな思ってたからだと思うんだなー。

それって演者として当たり前だろ?ってみんな思うと思うんだ。

けど不思議なもんでさ

本番にならないと、ステージに上がらないと

その意識って覚醒しねえんだよ。本当に。俺はね。

 

面白いんだよ、DEZERTって。

そんなスタジオ入るのに

まじでみんな練習嫌いでさー。

ひどい時5時間スタジオ入ってみんなタバコ吸ってた時なんて5時間タバコ吸ってたから。

もっとひどい時なんて、

当時のマネージャーとさっちゃんがスタジオのロビーでカードゲームとかやってたっけなぁ。こんな話したら怒るかな?時効だから‥許してよ。笑

 

んでまぁ、

世間には地下に潜ると言う言葉がありますが

我々は家に篭る、という俺の人生ではまぁなかなか経験しないことを始めざるをえない状況に世間はなっていくのです。

 

ていうかみんな経験しないことだよね。

こんなこともう2度とないんだろうなってすごい思いました。

 

んで、NACK5のラジオもいよいよ、全員出演はできない、と。

 

千秋だけ行くことになりました。

 

これ、俺

みんなの前に顔出せなくなんじゃねえの?当分。

顔おろか、声すらも。

 

いよいよ、まじで実感をしました。

 

かかった人達の辛そうな声をニュースを通じ、本当に色んな症状があり、恐ろしいウイルスなんだな。と…

子供の頃から大好きだった、お茶の間のヒーローも亡くなってしまった。

言葉が見つからない。

 

みんな同じだと思うけどコロナウイルスによって

当たり前だった当たり前を奪われて

テレビをつけたらあれがどーだ、これはどーだ。

ならばこーだ、となんだかみんなプンプンしていて、すごく、すごく切なくなりました。

 

自粛中ランニングしていて

小学校の前を通ると、

『コラ!それ以上人に近づいたらダメ!!』と怒る先生達…

そんなの1年生の頃から毎日言われてたら

『あ、人には近づいたら行けないものなんだ、オッケー』っていう意識がどこかで子供達の脳内に染み付いてしまうのではないのかなあ…なんておもったり…。

 

感染したことないのでもちろん症状がどんなものか、わかったことは言えないけれど僕個人としてはウイルス自体よりウイルスによりこうして優しい世界と、当たり前が奪われていく方に恐怖を感じていました。今もそうです。

 

すると

あれ?これ俺の居場所、なくね?

ってことは…みんなの居場所も…

今なくね?

しかもどうやら、ライブ…できないらしい…

だって、レコーディングも今できないし…

スタジオにすらいけない。

あれ?俺、どうしたらいいのかな。

え?

 

e

 

 

ってなっちゃったんですよ。

いや、普通になりません?

だってなんもない草原に…なんなら、焼け野原に俺1人だよ。

いつもそばにいるメンバーもいない、マネージャーもいない。笑

大好きな先輩達も、腹減ったっすって飯たかってくるバカ後輩やバカ弟分たちもいない。

そばには実際、みんないない。

みんなはみんなの家にいる。

会えない。

 

トニースタークだって諦めかけたことがあったように

スパイダーマンだってスパイダーマンをやめたことがあったように

 

すごい人だって、ヒーローだって

同じ人間で

 

時には辛い時も苦しい時もあると。

 

そんなことを思いながら

 

あれ、これ、あれ?

寂しいんじゃないの?これ

 

ってなっちゃったんですよ。

てかまあ

みんな同じだよね。笑

 

 

 

 

 

自分になにができるだろう。

当たり前にこんなことを考え始めるわけです。

 

 

イェーイ!ソラデェース!

今日はー!今からー!マック1万円分食べて、かえれまてーん!やりまーす!

みたいな面白いこととかしたらみんな元気になるかなとか思ってさ笑

そういうバカなこともしようとしたんだけど

 

 

俺がそんなことしてたらキモチワル。ってすげー思うじゃん、当たり前に。笑

 

 

でもみんなを元気にさせたいし、何か動きたい。でも、1人。

 

俺はドラマーだ。

ドラムを叩こう。

荒い映像と、悪い音質だけど自宅の電子ドラムでドラムを叩いてる動画を、インスタグラムのストーリーに上げ始める。

1人でも元気になるならと思い。

いやまぁ俺にできることって、これくらいかなあ、なんて思ってました。

 

まぁそりゃStayHomeなんて世間が言ってる間にですよ。

電子ドラムといえど、普通にうるさいですから。

振動も凄いですしね。

ちょーっと、いや大分ご近所さんに怒られたよ。

いやまぁ本当に申し訳ねえ。笑

まぁそんな事情もありつつ、著作権の問題もありつつ(ネットは特に厳しいよ、カバーも中々厳しかった。ごめんよ)

電子ドラムでのカバー演奏は一旦Stayしました。

 

まぁ…でも

ずっと家にいるわけで

こんなこと2度とないのかなあとも考えたりもするじゃないですか。

 

今まで帰りてえなーとか引きこもりてーなーなんて冗談でぼやいていたことが現実に起きてしまうんですよ。

 

したらやはり欲張りなもので

そういう状況になると

外に出たいなー。

って思うわけじゃないですか。

 

でも、ライブも延期になってしまった。

世間も緊急事態だと。

 

緊急事態宣言中は

これで外に出てなんかあったら、ライブ飛ばしたのに、ファンのみんなに顔向けできねえぞ。

ってシンプルに思ってました。

 

なのでもう引きこもるしかなかったです。

狭い狭い自分の作業部屋の中で

何か新しいことでも手出してみようかな、みんな退屈してるだろうしな。

と思って、できもしないことに手を出すわけですよ。

 

作曲、作詞とかに…。

 

 

 

色々本音で話すとさ

俺ね、今まで作曲、作詞ってさ

もちろん興味はあったんだけど

ドラマーのやるべきことじゃねえって思ってたのね。本当に。

俺がやるべきことはみんなが気持ちよく演奏するためにリズムの土台を作り、支えることだと。

 

10代でバンドを始めたころはカバーばっかりしていた。

いわゆるコピーバンドかな。

 

10代後半で色んなバンドを得て(ごめん色んなバンドの話始めると永遠に終わらないから、またいつか話すよ)

DEZERTへ。

DEZERT加入当時は、

秘密、切断、infection、sister、眩暈

この5曲最初にみんなと合わせたっけな。

 

その5曲がさ、存在することも、当たり前だと思ってたわけよ、当時は。

 

曲があるのが、当たり前。

俺は、ドラムを叩きます。みたいな。

 

耳の穴もドラムの音しか聞くことのできない感じ。他の音は聞いてるようで聞いてない。

 

歌詞もあって当たり前。

当時は千秋がなに歌ってるかは別にあんま興味なし。

加入前、加入直後なんて特にそう思ってた。

 

新曲できました→うん、覚えるよ

 

曲ができたことに対して、なにもなく。

 

いわゆる、

曲作るの大変だっていうのが、まじで理解できないくらいだったんですよ。だってなんちゃってしかしたことなかったから、気持ちがわからないんだもん。

酷い言い方をすると

『歌詞も俺はドラマーだから、別に書く必要ないじゃん?

ボーカリストが書くもんだから。別にそこの苦労は、しらんよ。笑』

 

みたいな感じだったわけです。

もっというともしかしたらどこかで最近までそうだったかもしれません。

 

でもやっぱり不思議なもので

当時は当時、ドラム以外にもバンドメンバーとして俺がやるべきこと、やっていたこと、あんまり公にしても面白くないから言わなかったけど、細かーい仕事、たくさんあったんですよ。

何個か話すならスタッフなんていない当時、カッコつけて関係者からくるメールに対して

 

DEZERTのマネージャーです。

DEZERTのスタッフです。

とかいもしねえのにそんなこと付け足して

全部俺が返信するとか。笑

 

インタビューの記事を確認して、okですってライターさんに返事したつもりなのに、記事半分消えた状態で世の中に出回ってしまってめちゃくちゃメンバーに怒られたりとか笑

 

他にも色んなミスとかたくさんあったけど当時色んなことして色んな人と連絡を取り合ったりしてたんですねー。

 

よくよく考えたらバレるよ、俺たちメンバーが機材搬入して。

運転もさっちゃんと交代でして。

なんならさっちゃんが一番運転してくれてたかな?

周りにメンバーしかいないんだもん。笑

バカだったんだろうね。笑

気に食わないことは怒る。

他のバンドの人に向かって、

エアコン勝手につけるな、しばくど

とか。笑

 

 

ようは、

曲作り歌詞作りは千秋が。

クリエイティブな事柄(グッズとかその他)はさっちゃんが。

その他細かいものは俺が。

っていう不思議ないいバランスを取れてたんですよ昔。

 

だからまぁ実際色んなライブできたし、

例えば千秋が暴れてボケーコラァって誰かにブチ切れられてもさっちゃんとあやまりにいって、

マッタクモー。。

で済んだこともありましたし…。懐かしい

 

それも逆も然りで、俺がなんかにブチ切れちゃった時は千秋が止めてくれることもあったりして。

まぁいつも真ん中にさっちゃんがいてくれたりもしたからだったりとか

まぁいろんなこともあったなぁ。まぁ脱線しそうだから置いておこう。

 

 

まぁ最近みーちゃんは運転免許をとったみたいだよ・・・

今なんだ・・・笑

 

 

まぁ当時、各メンバーが、

各メンバーのやるべきことがあるって

思って生きていたんですよね、今もそうです。

それの集合体がバンドであって

DEZERTだと思ってます。

 

昨日も憧れてるバンドのインタビューで、

大好きなドラマーの人が

 

惚れた奴らと音出すのがバンドやと思うから

 

っていってました。

 

臭い話ですが、俺うようきょくせつあったけど、

メンバーに惚れてるなあ、とこの自粛期間中に自分で曲作り、歌詞を書いてみたりと。。

そんなことをしてみると

うちのメンバーってすげーのな。

って改めて思えるきっかけになったんですね。

 

要は惚れ直すわけですよ。

こんな苦労してたのか、約10年間も。と。

 

話は戻ると、

 

 

電子ドラムをバカスカ叩きまくると苦情がくる。笑

だとしたら、曲作りをしてみよう、という流れになり自粛期間中は曲作りの勉強を中心に過ごしていました。

 

その間、気分転換にオンラインゲームをやってみたり…映像の勉強もしてみたり。写真の勉強もしてみたり、色んなことに手も出していました。

その話は後で…。

 

色んなことをしているうちに

5月2日に近づいていました。

俺の全てを始めるきっかけになった人の命日です。

 

まぁ毎日家にいるわけですから、曲作りの勉強といいつつ曲を作れてるのか作れてねえのかあんまわかってねえ感じで作っていると

いつのまにかにROCKET DIVEを弾いていました。

 

懐かしいなあなんて思って、スコアを段ボールから取り出して、コピーし直しました。

 

昔の自分の環境と違って弾くだけじゃなく、今のパソコンで弾いた音を録音できるから、撮りながらコピーしてました。

 

なんかそしたらいつのまにかカバー作品ができてしまいました。

 

それで急に思い立って遠足動画も撮ろうってなりました。

 

動画も編集してみようってなりました。

 

なんか、出来ちゃいました。

物づくりの完成したあの興奮をまた教えてもらいました。

 

この調子で、なんか色々できんじゃねえかなあなんて久しぶりに自分にワクワクしてました。

何年経ってみても、まだ俺にこんなワクワク教えてくれるのかと。まだどこまでも連れて行こうとしてくれてるのかと。

そう考えると、嬉しくて嬉しくて。

 

気がつくと取り憑かれたかのように

曲作りを5月2日にしていました。

 

曲は完成しました。

今はまたいつかのためにと、冷凍しています。

 

色々考えた結果、今だからできることをやろうということになり。

youtubeチャンネルを作ることになりました。

 

その一発目で、5月2日に完成した曲をyoutubeにあげようと思いました。

 

でも、俺が俺の名義で一発目で自分の曲をあげるのに、激しい曲じゃねえのは…なんかなぁ。

っていう気持ちも膨らんだりしました。

もちろん千秋のアドバイスもありまして、そういう風に思うようになりました。

 

昔作っていたDAMAGEDという曲を、再構築することにしました。

映像も添えて。

 

5月2日に完成した曲をどうしても外に出したくてインスタライブで一回弾き語りしました。

それだけでどこか心はスッとしました。

ありがとうございますと、ちゃんと言えた気がしました。

 

その作品は俺の中でとても大切な作品となって今俺のパソコンで眠ってます。

 

いつか、何かで世に出せたらいいなと思ってさらに磨きをかけようかなとも考えてます。

俺にとって大切な曲になったので…。

 

その勢いのまんま、色んなことに挑戦していると、インスタライブで千秋と曲作り、歌詞を考えるという普通やらなそうなことを急にやり始めてしまいました。いつも通り急に、無計画で。笑

 

そこで昔書いた俺の歌詞を千秋にみんなも見ている配信で見せて聞かせて、書き直していくという作業をしていました。

 

その時にできた感性、感じたこと、書きたいこと、また曲にしてみようと思いました。

 

何回も何回も歌詞を書き直して、伝えたいことがこんなにもあるのに、曲に乗せて、歌詞にすることがどれほど難しいか…すごく、すごく身に染みて分かってきたのです。

 

何回歌詞を書き直しても

んー、ちょっとこれは…とかすごい葛藤があって、進めなかったんです。

 

今思えばそれもそうですよ。

さっき綴った通り、歌詞を書くのも曲を書くのも興味はあったけど、俺にはしらん。って思ってたりもしてた人間ですから。

産みの苦しみなんて、しらないまんまだったわけで。ドラム以外のね。

 

ちなみにその曲は、まだ歌詞が完成してません。

もうずいぶん時間が経ってます。

 

曲は千秋がアレンジしてくれて、すごい素敵な曲に仕上がったんです。

あとは歌詞だけなんだけど…

触っていくにつれて伝えたいことが明確になっていって、とても難しくなっていって

気分転換に違う曲も作ってみようともして、作って壊して、の繰り返しを今でも過ごしています。

 

気分転換にオンラインゲームを逹瑯さんとやってる中で、歌詞書くのって本当に難しくて、すごいことだってやっと身に染みてわかったんです。

って相談したら、逹瑯さんなりに、とてもわかりやすく素敵で素晴らしい、アドバイスをくれました。俺は本当に幸せなんだと思いますよ本当に。ヒーローがたくさんいるんですもん、周りに。

 

 

けどね、

俺、才能ねえよ!とか

俺やっぱセンスなくね?普通に

え、俺なに?は?ゲームも弱いし、なんなん?

え?笑

俺ってなんなん?

 

 

おれってなんなん

 

 

 

 

 

くらいに弱気になったりとか

そんな時とかも

今でも当たり前にありますよ。

 

けど

 

 

いつか俺を救ってくれたヒーローのように

ヒーローたちのような強さを持てたらなっていう希望だけ捨てないで今も曲を書いてます。

なんのためかはわからないけど、必ずいつかどんな形でも俺の曲、世に出せたらなってすごく思ってます。

作ることによって色んな気持ちがわかるようになるので…続けていきたいです。

 

今こうして書いたように…

今まで感じたことない苦悩と感動とか自粛中にすごい感じられるようになったんです。

今まで知らなかった感情です。こればかりは。

 

曲はあんまり自粛中世には出せませんでした。

自分の力不足です。弱さです。

ごめん。

 

 

だけどね

それらの感情、製作者の苦悩、葛藤、作詞のパワー、作曲のパワー、思いを伝えるという計り知れない素晴らしい感情

音楽のパワー

 

曲作り、作詞、映像編集、カメラワーク、挑戦したクリエイティブなこと全てを通じてそれらのことを身に染みてわかった俺が

 

DEZERTで叩くドラムってどうなんだろうって

自分自身ですごく楽しみになってました。

 

ドラムの技術とかそんなんじゃなくて

(技術も絶対大事です。表現するために技術が必要だと俺は考えてます)

 

なんかあんなカッケェ曲達と

前向きになれる素敵な歌詞と

それを人に届ける

その強さを弱さも含めた強さというか。

なんかよくわかんねえけど

なんかが身に染みてわかった気がして

 

それをもし、もし

 

背負えて

 

バンドの一番後ろでドラムを叩けて

 

みんなのこともドラムとして支えることができたら

 

 

すごく考えるようになりました

 

 

そのためになにが必要か、考えると

 

 

ライブだ

 

ってなるんですよ

 

どうしてもライブが

 

必要だと。

 

 

考えました。

 

 

でもごめんね。

やっぱり、実現できなかった。

 

延期になっちゃった。

 

ごめんね。

 

なんかわかんないけどムカつくんだよね。笑

誰に怒ればいいかもわからない。

ましてやいい大人が怒れば解決するっていう思考も自分に対していい加減にしなさい。

って思う。笑

 そして

誰も悪くないからね・・・。

 

だからまぁ辛いのは俺だけじゃなくて

 

きっと俺よりみんな辛いもん、わかるよ。

 

俺さ、23日の夜

好きなバンドの配信ライブ、見たよ。

泣いたよ。

画面の向こう側だろうが、なんだろうが、俺たちはお前らのそばにいるって言ってた気がして。

泣いたよ。

 

なんで泣いたか考えたよ。

 

これ、生で聞けたら、泣くとかそういうんじゃなくて、すごい感情が爆発して色んなことになってたんだろうなっておもえたから泣いてたんだと思ったよ。

 

だから、みんなが辛い気持ちも俺わかる気がするんだ。

 

でも、ごめん夏のツアーも、残りのブラホも、リキッドワンマンも延期になってしまったよ。

 

先のことを約束するのもちょっとびびっちまう世界の中で1つだけいうなら

 

やっぱライブしたいけど、できなかったよ。

 

だからいつかもしまた会える時になったら、あの頃大変だったね、でも、大変だったからこそ思えたこともあったね。

だから今こうして生きてここにいられてるね。

そんなこと、音楽とドラムで伝えられたらいいな

 

その日のために、いつかのその今日のために

 

やっぱりめげずに自分のやるべきこと探して、やり遂げるために願晴ってみるよ。

 

って今すごく思ってますので重い腰を上げてまた色々tryすると決めました。

 

生きてまた会いたいです。

諦めないで、また会える日を願ってどうか

みんなが無事で

どうかまた笑顔で

会える日だけを楽しみに

 

ライブができないクソつまんない世界で

もう少し願晴るよ

 

SNSもあんまり更新できなくてごめんね。

なんか、なんて言えばいいかわかんなくなっちゃってさ。

 

俺なりにまた色々やってみるよ。

 

この暗いトンネルはいつまで続くかわかんないけど

生きてる限りはきっといつか綺麗な光見えんじゃねぇかなって

そう信じてまた進んでみるべー

なんてまたこうしてブログ書いて俺思えてます

みんなありがとう

 

また遊べる日まで元気でいてほしい

元気じゃねぇならまた会える日まで踏ん張ってほしい

「もしまた会えたら絶対全部俺のドラムで負の感情全部吹っ飛ばす」

そんな言葉を強く言えるようなかっこいい人になれるように

俺もガンバっから

みんなもどうか、少しでいいから

希望捨てないで、辛いなら辛いでもいいから

いつか会える日願って

どうか、いっしょに・・・願晴ろう、

 

関係ない話もしちゃったけどキリなくなるからこの辺にしとく。

 

いつかまたみんなと遊べる日が必ずくるって気持ちは伏せないで

信じて俺もみんなと同じ気持ちで

待ってます。

 

またね。

読んでくれてありがとう。

 

てかこんな長く色々書いたけど

千秋のこれ読めば、なんかホッとしますよね。

https://note.com/chiaki_ichinose/n/n1a6a6eb520a0

俺なんかのブログより、こっち読んでね。笑

 

 

 

ゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

 

I'm going to collapse if I don't keep wishing that I can see you once again so let's do it,,,

 

DEZERT Drums SORA