でびノート☆彡

でびノート☆彡

映画監督/演技講師 小林でび の「演技」に関するブログです。

 

いや~2022年は暑くなったり寒くなったり、戦争があったり、大変な一年でしたね。冬が本気出してきた今日この頃、いかがお過ごしですか?

 

12月17日(土)に今年最後の参加者公募の演技ワークショップを開催します。

今回のテーマは「考えこまずに感覚で演じる!」です。

 

芝居を初めて何年かたった俳優さんたちからよく聞くのが「演技をするのが辛くなった」「なにが正解なのかわからなくなった」・・・など、芝居をするのがなぜか苦痛になったいう話です。

オーディション等々で常に評価され審査される立場にいる俳優さんは、たしかに「なにが正解か」「何が求められているのか」「それを私は出来るのか」を日々ついつい考えこんでしまいますよね。

芝居を始めたばかりのころはあんなに毎日楽しかったのに!何も考えずにただただ演じることが楽しかったのに!

 

ボクは思うのです。「考えるからわからなくなるのだ」と。

 

ボクは芝居はスポーツとかと同じだと思っています。脚本というルールの範囲内で思い切りプレイする。でもサッカーでも卓球でもバスケでも、フィールド上で考え込んでたらうまくいかないですよね。素晴らしいプレイをするのはいつも「感覚で動く」選手たちです。

変化しつづける状況に瞬時に対応するのには「いちいち考えて」いたのでは遅れてしまいます。「思考して動く」ではなく「反応で動く」が必要・・・俳優もそうだと思うんですよね。「いちいち考えて」演じていたら芝居はどんどん説明的に、段取りになってゆくばかりですから。

 

「考えこまずに感覚で演じる!」これが今回のキーワードです。

とにかく楽しく、しかも作品のオーダーから逸脱しない芝居を演じましょう。

 

 

「考えて考えて、すべて捨てる!」

 

演劇に関する名言で「家で脚本を徹底的に読み込んで、いろいろ考えて、で現場ではそれをすべて捨てて演じなさい。」というのがありますよね。ボクもそれは賛成です。

脚本の読み込みという準備は何よりも重要。なのでこの時は思い切り「頭を使う」べきだと思います。でも、現場に入ったらそれをすべて捨てる・・・あれ?

すべて捨てちゃったら、じゃあいったい何を頼りに演じればいいの???

 

その具体的な方法を、このワークショップで体感しましょう。

で、最終的にはスポーツ選手のように「感覚でプレイする」を目指します。

これはめちゃくちゃ楽しいことですよ。「芝居を楽しむ」を取り戻しましょう。

 

「1時間の座学+1時間のエクササイズ+2時間の台本の演技」

計4時間の演技ワークショップです。詳細は以下になります。

 

【でびノート☆彡主催「考えこまずに感覚で演じる!」演技ワークショップ☆】

日 時:12月17日(土)13時~17時

場 所:都内某所

参加費:5000円

参加資格:俳優さん、もしくはなんらかの表現者の方。

 

参加希望の方は以下のメアドまで、写真付きのプロフィールを添付したメールでご応募ください。 bananavspeach@gmail.com (小林でび宛て)
参加希望の理由などもメールに書いていただけると嬉しいです。

(お問い合わせ、ご相談なども同じメアドまで)ご応募お待ちしてまーす。

 

 

【パワハラ・セクハラ対策。コロナ感染対策】

ワークショップを楽しく円滑に進めるための、セクハラ・パワハラ対策は以下になります。
 ① 性的な内容を含む脚本を使用しません。
 ② 俳優同士の身体が接触するような芝居をさせません。
 ③ 会場に女性スタッフを置いて、いつでも相談できるようにします。
 ④ 参加俳優のマネージャーさんが希望する場合、見学を可能とします。
 ⑤ 参加者の個人情報を、主催側が私的に使用しないことを約束いたします。

そしてコロナ感染対策として以下の3点を、あらためて徹底いたします。
 ① 座学はマスク着用。演技時はマウスシールド着用。
 ② こまめに換気のための休憩時間を設けます。
 ③ 参加人数を少人数にします。

みなが安心して参加でき、楽しくそして意義ある学びの時間にしましょう

 

考えることも大切、でも感じることも大切です。

2022年を、「考えこまずに感覚で演じる!」演技ワークショップで〆ましょう。 ご応募お待ちしてまーす。

 

小林でび <でびノート☆彡>